資格とっ太郎のブログ

宅建と行政書士を半年で合格したのがプチ自慢(笑)の資格とっ太郎です。
今はネットで起業してビジネスをやっているので、資格の勉強方法だけでなく
独立開業のためのビジネス情報なんかも記事にしていきます(`・ω・´)

■合格率1ケタ%の国家資格を最短で合格したある方法とは?■
効果を実証した驚異の独学勉強法を全て無料で公開中




テーマ:

どうもこんにちは、資格とっ太郎です。

 

 

先月2つの新講座をスタートして、一気に受講生も増えて頑張っているところなんですが、

 

最近、

 

「メールが届いてないんですけどどうなってるんですか?」

 

という問い合わせをいただくことがあります。

 

 

ご存知の通り、僕の教材や講座は、全てご登録いただいているEメールアドレスへ送信しているので、メールが届かないとコンテンツを受け取ることができません。

 

で、稀に僕が送り忘れているということも無くはないんですけど、

 

ご連絡いただいたケースのほとんどは、

 

“メールの受信設定が正しくなされていない”

 

ことが原因で、送ったメールが迷惑フォルダに振り分けられていたり、メールサーバーの方で弾かれていて届いていなかったり、ということが99%です。

 

 

で、この問題のやっかいなところは、「届いてないですよ」とご連絡いただいて、僕がそれに対して返答をしても、その返答すら受信されない可能性がある、ということです。

 

(それも想定して、複数のメールアドレスから送信を試みますが、それでも届かないことが本当に稀にですがあります。)

 

 

当事者からすると、代金を払ったはずの教材は届かないし、連絡しても無反応だし、

 

「えっ、もしかして詐欺!?」

 

なんて思ってしまうかもしれませんが、落ち着いて迷惑メールフォルダを確認し、

 

そしてご使用のメールの受信設定を確認し、

 

全てが問題ないことを確認したうえで僕の元へ改めてご連絡ください。

 

 

特に、今実施している民法講座と、昨年実施した独学実践会の時は、

 

Gmail使用者

 

からの上記の問い合わせが8割くらいでした。

(どうやら僕の講座とGmailとの相性はなぜだか非常に相性が悪いみたいです・汗)

 

 

申込みの自動返信メール。

入金確認メール。

 

ここまでは正常に受信できているのに、講座がスタートした途端に迷惑フォルダの方に分類される、なんてこともあります。

 

Gmailの迷惑メール振り分けルールがどうなっているのかわからないので、僕のほうではどうすることもできず、受信者ご自身で設定していただく以外に方法がありません。

 

Gmail使用者の方は特にご注意ください。

 

 

Gmailの場合は、講座の配信用メールアドレスをアドレス帳に登録すれば迷惑ブロックされることは無くなると思うので、今は正常に受信できていたとしても将来的に突然振り分けられないように確実に設定しておいて頂ければと思います。

 

(※追記、さらに設定で「フィルタ作成」をして「迷惑メールにしない」設定が必要みたいです。)

 

 

Gmail以外のユーザーの方も、迷惑メール振り分けソフトとか、携帯アドレスの使用者の方とか、割合は少ないですがGmail以外でも同様のケースは発生しているので、

 

 

「受信設定は確実にお願いします!!」

(本当に、切実なお願いです・涙)

 

↓設定方法はこちらを参考にしてください。

http://46mail.net/

 

 

・・・というわけで、上記の原因で僕と音信不通になっている方が僕のブログへアクセスするかもしれないので、念のためここでも注意喚起をしておきます。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日記」 の記事

テーマ:

つい先日、今年の電験3種の試験が行われて、僕が運営しているECMの受講生や電気塾の塾生も多く受験されたんですが、自己採点ベースでの結果報告をいただくかぎり、

 

ほんっっと~に、みなさん、しっかりと勉強してくれているみたいで、今年も結果は上々です。

 

 

中でも、特に僕がうれしく思うのが、

 

“電気は全くの初心者”

 

っていう状態からECMで勉強を開始して理論に合格してくれるパターンです。

 

 

僕は仕事柄、全くの電気素人の方のサポートもECM等でするんですけど、やっぱり一番大変なのは初心者です。

 

それこそ、電流の分流とか、電圧の分圧とか、初歩の初歩の知識も全くない状態からECMで勉強をスタートしてサポートを開始することなんてのも珍しくないんですけど、

 

やっぱりめっちゃ大変です。

 

1つの演習問題で10往復くらいメールをやり取りしてやっと正しい方向で理解できた、なんてことも過去にはありました(汗)

 

そういう状態からでも、「継続」さえすれば電験3種に合格できるんだ、ということを体現してくれて、僕も負けてられないなぁ、なんていうモチベーションが高まっていきますし、

 

そういう喜びの声を生で聞けたり、急激な成長の現場に立ち会えるのって、単純に嬉しいです(笑)

 

それには

 

“どんな初心者でも正しいやり方で継続してくれれば必ず合格できると信じて疑わない”

 

ことを、僕と受験生がお互いに共通の認識で持っている必要があるのですが、

 

その想いを持ち続けている限り、やっぱり合格できます。

 

逆に、自分自身で自分の事を疑っちゃうとダメ。

 

そういう人もやっぱり少なくないんですけど、合格する人としない人の違いって、最初の知識レベルとか理解力とかほとんど関係ないです。

 

知識よりも「意識」。

 

ここが一番大事です。

 

 

ちょっと話がそれてしまいましたが(^^;

 

やっぱり、初心者の状態から合格するって、それだけ凄い事だと思うんですよね。

 

ぶっちゃけ、こういう事を言ってしまうと語弊があるかもしれないんですけど、

 

そもそも電験3種を電気初心者が独学で合格するのって、もうほぼ不可能だと思うんですよね。本来なら。

 

だって、市販の試験対策テキストなんて初心者が読んでも全く理解できないくらいの簡素な解説しか書かれていないし、電気の参考書ってやっぱり「専門書」なので、到底素人には理解できないです。(僕が読んでも「難しいなぁ」と感じくらいですから・笑)

 

だからどうしても、専門学校とかに通いながら、とか、電気の仕事をしながら、とか、そういう人でやっと合格の可能性が出てくる、というレベルになってしまうと思います。

 

そしてそれに拍車をかけるように、最近の本試験は定型的なパターンの問題の出題が極端に少ないので、「過去問+解説暗記」という手法がほとんど通用しなくなってきています。

 

これは実際に問題を見てもわかりますし、

 

僕があれだけ「やめましょうね」と言ってきたにもかかわらず、「つい過去問と解説ばかりやってしまう勉強方法になってました」という受験生は軒並み厳しい現実を突きつけられていることからも明らかです。

 

特に近年だと「理論」はその傾向が顕著です。

(逆に、最難関といわれる「機械」のほうは、まだ定型的なパターンの問題も多いので暗記でも比較的合格しやすい。あくまで「比較的」ですが。)

 

 

 

そういう状況の中で僕が、

 

「本当の意味で初心者でも“理解”できる教材を作りたい」

 

と思って、2年前に作ったのがECMなんですけど、

 

その当初の目的も、実際にこうやって合格してくれる人が多くなればなるほど、やっぱり僕としても嬉しい気持ちになってきますし、

 

本当にあの時ECMを作る決断をして良かったなぁ、と思います。

 

もちろんこれには、僕の努力だけでなく、実際に受験してくれる方々の努力があってこそ実現できることなので、本当に頑張ってくれた方には感謝です。

 

 

ではでは、もうすでに僕をはじめ、僕の周りの受講生の方も来年の試験に向けて準備をスタートしているところですので、また来年に向けて頑張っていきましょう!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、超久しぶりのブログ更新になります。資格とっ太郎です。

 

 

つい先日、ネットでふとこんな情報を知りました。

 

人は、17歳の頃に聴いていた音楽と同じテイストの音楽を一生聴き続ける人が多いんだそうです。

 

「あ~当てはまるわ~w」

 

って思った人はおそらく少なくないはず(笑)

 

 

で、それだけなら「あっそう」で終わっちゃいそうな話題ですけど、実はこの中にはかなり重要な事実がはらんでいるんです。

 

それは、

 

“人生の価値観が17歳でほぼほぼ固まってしまう”

 

ということ。

 

逆に言えば、17歳という時期が人生の価値観を決める上ではかなり重要な時期になりうるという可能性を示しています。

 

17歳と言えば、僕は高校2~3年生の頃ですけど、

 

言われてみればちょうどその時期は、頑張って勉強して資格(電験3種)を取得した時期で、

 

そして長い年月を経た今は、電験3種の教材を作って売ったり、受験生のための塾を運営したりする仕事をしているわけで、

 

“17歳で人生の価値観が固まる”

 

というのもあながち間違いじゃないかもしれません(笑)

 

 

しかも、17歳のころにはすでに「いつか起業したい」っていうのを思っていたし、周りの友達とかにも公言していた時期。

 

そして、今の(起業した)僕がいる。

 

 

う~ん。

 

“17歳で人生の価値観が固まる”

 

「あながち」というレベルではないなこれはw

 

 

僕はよく、本当に自分がやりたいこと、得意なこと、やるべきこと、を見出すために、

 

“プレインダンプ”

 

という作業を(自分にも他人にも)おススメしていますし、Infinityという企画の中ではブレインダンプを必須課題にしています。

 

Infinityオリジナルのブレインダンプの課題をやってもらった人の中には、

 

「やるべきことが見つかった」

「人生の方向性が見えた」

「もう迷いはなくなった」

 

と、絶大な効果を感じた人は多いものの、中にはあまりピンと来なかったり、もやもや感が残ってしまうなどの消化不良感が消えない人もいました。

 

そういう場合は、ブレインダンプの際には「17歳の頃の自分」を思い出しながらやってみると、それらが見つかるいいきっかけになるかもしれません。

 

 

逆に、今の自分が“17歳の価値観”に縛られていることもあると思います。

 

・勉強のやり方

・人付き合い

・仕事との向き合い方

 

などなど。

 

が、そういうのは所詮“17歳の時の自分”が勝手に持ってしまった価値観でしかないわけで、それに縛られる合理的な理由はないわけです。

 

自分も世の中も常に進歩(変化)している。

 

価値観は、抱くものであって縛られるものではない。

 

今までの価値観に縛られないためにも、「17歳を振り返る」というのは良い機会になるのではないかと。

 

 

ではでは、今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。