ミュシャ展へ

テーマ:
おはようございます。
今朝はお天気で太陽サンサンなんですが、風が凄く冷たいです。((((;゚Д゚)))))))

三連休の1日は六本木の国立新美術館で開催されている、『ミュシャ展 』へ友人Oさんを誘って行って来ました。
{9D357A61-8CDC-4B08-9ED6-3633F585D7C6}


某局でミュシャ特集を組んで放送した効果もあり結構な人、人、人!
でも、平日でも混んでいるらしいという事なので、放送後にしては混んでないかも。
(^O^)/ どっちやねん

ミュシャと言えば、最初に思い浮かぶのは
美しい植物文様で縁取られた女性像が有名ですが、
今回のメインは 『スラブ叙事詩』

見上げるほど大きな絵画は圧巻です。
{B79308EF-0C3B-4BEB-9F5C-CCC6948E4DC5}

{EAE5CAC8-E38F-425E-8546-E7D0DDF2C74A}

{479798B4-E664-409B-96EB-B46DB1F1F111}

{7266BFC7-F191-49FC-8803-6A298C345F82}

{C8320784-FBFA-4A8D-86DB-85727C01FDB3}

{461511C4-4D24-4CEC-B8C6-84A78147DC66}

{DCF3A447-BB9D-4239-88C0-E44E89F43D2B}

{C5A613C7-38A0-4C11-8035-BB01D544F89C}

誰が主役でもなく、ボンヤリと浮かぶ人びと、そしてこちらを見る刺すような眼差し。
絵画の情景に見入っていると違い世界へ足を踏み入れてしまったような感覚にさえ陥ってしまいます。

ミュシャは1911年から16年もの歳月を費やして、スラブ叙事詩を完成させたのですが1926年の完成当時、人々の反応は微妙だったそうです。
我が祖国の為に役立ちたいと言うミュシャの心意気に反して、既に独立を勝ち取った人々の愛国心は薄れつつありミュシャの絵画は色褪せて見えたのでしょう。
本当に大変な作業だったでしょうにね。。。


現実の世界に戻り、ミュシャ展の後は星乃珈琲店でスフレパンケーキを食べました。

実のところ私は星乃珈琲店に来たのは初めてなんです。
スフレやケーキも美味しそうで迷いましたが、ここはやはりスフレパンケーキでしょと言う事で!
スフレパンケーキ、美味しかった(゚∀゚)
{747BE2FD-94E7-461F-8778-4E1CFB791F19}

家に戻ると、腹ペコニャンコが…。
ニヤニヤはい、はい、只今ご用意致しますよ。
{A272B386-FA2F-4BB9-BD57-71BB8DE7610B}

今日も素敵な1日をお過ごし下さいね!
AD