記事削除のお知らせ

テーマ:
資料としてACLセントラルコーストマリナーズ参戦記は残しますが全て削除しました。
AD

シドニー旅行記 第3回

テーマ:
そろそろしつこいと言われそうな旅行記も3回目。
ゴスフォードから午前様だったので、この日はゆっくりと街めぐりすることにした。
シドニー中心街はそんな広くもないので、徒歩でも十分に網羅できる。

true
ホテルの窓からの景色。
シーズンオフで空いていたのか、いい部屋に回してもらえた。

true
昼メシ(兼朝メシ)はMYERというデパート地下にあるフードコートで取った。
フードコートは英語がダメでも何とか注文できるからいい。
マクドナルドとかなじみのある店もあるし。

true
Oportoとかいう現地でよく見かけたバーガーチェーンのセット。
トリ肉のバーガーでとても美味だった。日本にも上陸しないものか。

true
これもデパートのビル。QVBというらしい。
地震が少ないせいかこういう凝った彫刻のある建物が良く見られる。

true
こちらは教会。
イースター前日だったので人大目だった。
っていうかイースターってなに?

true
こちらも教会。セントメアリーズ大聖堂。
中はとにかく豪華なステンドグラスで装飾されていた。
お祈りしている人も多数見かけられ、無神派の俺は場違いな雰囲気。

true
で、次はシドニータワーに登るために中央公園っぽいのを縦断。
ド平日の真昼間から昼寝してる人が多数いる。
・・・仕事は?


でもってシドニータワー
なんか日本から来たらしい高校生の集団がいた。
最近の修学旅行はカネかかってんなオイ。
一番高い建物なのでかなり広範囲まで見渡せた。
最後にアップにしたのは、おそらく2000年五輪のメイン会場。

true
マーケットシティ。
中ではやっすいTシャツとか怪しげなグッズを売る屋台みたいのでいっぱいだった。
R4とかも売ってたしちょっとアングラな所だったのかもしれない。

true
歩くの疲れたのでモノレール移動に変更。
中心部を巡回してるので便利。ただし片周りしかしないけど。

true
晩飯は1日ぐらいは豪勢に・・・ってことで肉盛り合わせにした。
串焼きみたいになってるのはカンガルーの肉。
動物園であんなやる気のない感じだからこんなになっちまうんだよ。

あ、なんかオチもつかなくなってきた。
こんな羅列ブログでいいんだろうか。
AD

ゴスフォード旅行記

テーマ:
今回の旅行の主目的のひとつだったアジアチャンピオンズリーグ観戦記

true
まずシドニーセントラル駅から電車に乗る。
片道6ドル(500円弱)と90分も乗る割には格安。
駅の写真を撮り忘れたため外観の時計台の画像

truetrue
そんで90分ほど電車に揺られて目的地のゴスフォードに到着。
メイン通りに店は連なってるけど高い建物がほとんどない準田舎町って感じ。

true
で、徒歩10分ほどで試合の行われるブルータンスタジアムに到着。
開門が試合開始1時間前と聞き、早く来すぎたことにはじめて気づく。

true
嫁が「ビール飲みたい、今すぐ飲みたい」と騒ぎ出したので、
適当な店に入って「びーるはどこでかえますか」と精一杯聞いてみたところ
「そこにあるバーでビールを持ち帰りで頼めばスティーブが売ってくれるさHAHAHA」
と、陽気に教えてもらった。スティーブってのは嘘だけど。
画像の変なぬいぐるみは嫁がいつも持ち歩く謎の物体。
謎の物体はともかくこのクニのビールは旨かった。日本のとは後味がだいぶ違う。


true
スタ横の建物ではこんな感じで試合告知が行われていた。
とりあえず日本相手ってことでテッパンヤキ屋を推したいらしい。
このテッパンヤキ屋の人は1人日本語が話せる人(というか日本人)がいた。
2枚目の画像はそのテッパンヤキ屋が無料配布していた肉とチャーハン。
意外とうまかった、肉やわらかかったし。


スタジアム広場前の隅のほうではサーカスが来ていてウシとかラクダを放っていた。

truetrue
時間が経つにつれて夕日がきれいな感じになってきた。
スタの向こう側が海なので風も気持ちいい。
広場横には小学校らしきものもあり、外壁には地元チーム応援のバナーが。

true
開門時間が近づくと、広場では日本フェアらしきものがはじまった。
なんか少ない情報からマネされたらしいスモウレスラーとかがいた。
あとなんかカラテ演舞コーナーとかもあったけど鎖鎌振り回してた。
それたぶんカラテじゃない、といいたかったけどやめておいた。

true
折り紙コーナーなどもはじまった。
「地元学生が鶴を折ってみんなに配る」という企画だったようだが、
何故か折り紙に参加してしまううちの嫁(右)と川崎サポブログ界で有名な某女史(左)

true
マリナーズの子供向け応援グッズ配布所らしい。
受付のねーちゃんに逆撮影された。

true
そろそろ開門時間なので入り口に移動してみると、地元サポが続々集まってきてた。
オーストラリアのサッカー人気はあまり高くないものの、このチームは熱狂的なサポを持つ方らしい。
ちなみに、現地のスポーツTVを見る限りオージーフット・ラグビー・クリケットが3強のようだった。
オージーフットやクリケットはルールわかんないけど。

true
チケットの値段はあんま日本と変わらんな。
このスタジアムはアウェイゴール裏がない構造(替わりにオーロラビジョンが設置)なので
俺らはバックスタンドのアウェイ寄りに集まることになった。

true
このスタの名前の「ブルータン」とは現地のビール会社らしく、スタでは遠慮なくビールが飲めた。
酒が好きなウチの嫁もご満悦。下の物体2つは気にすんな。
まぁ、このブルータンってビール会社は日本人的にはいろいろ問題あるとこなんだけど
このブログは平和的志向なので触れないこととする。

true
試合が始まると何故か川崎コアゾーンに現地の人が。
どうやら富士通現地法人の社員たちらしい。
ノリが良くて俺ら以上に飛び跳ねてた。

truetrue
試合展開としてはJリーグではありえないくらいのボロ勝ちムード
Jで警戒される戦術が海外ではノーマークだからやりたい放題である。
現地急造川崎サポも大ハッスル。

true
で、俺はというとこういう旗を振り回す作業をしておりました。
つーか2本しか旗出てなかった。もっと来るって聞いてたのに。
ちなみにこの旗、飛行機の荷物預けの行き帰り両方で不審がられた。
まぁ・・・当たり前か。

true
不甲斐ない試合ブチ切れたのか、現地サポが発炎筒を使用。
久々に生発炎筒見たわ。日本じゃ出禁食らうから使えない。
ホームアウェイサポ間に緩衝帯もないので何度かマリナーズサポに攻め込まれた。
川崎だから軽く追っ払われる程度で済むけど鹿島や浦和だったらどうなるんだろう。

true
つーかこのスタ、ピッチが近くて超見やすいわ。
ボロくてもこれならいいな、某競技場もこんな感じにしようぜ。

true
試合は5-0で終了。
テンションの上がった現地民に囲まれるてとながしの図。

truetrue
選手たちお疲れ。この後、帰国中2日で清水アウェイ戦で0-1敗北。
誰だよこのスケジュール考えたやつ。できるわけねーだろ。

true
試合終了後は終電に乗ってまたシドニーへ。
ホテルに帰ってきたのは午前1時くらいになってしまった。
まぁ、ボロ勝ちだったからあんま疲れ感じなかったけどな。
試合後は相手サポの人からも「ぐっどげーむかわさぁ~きー」とか
「しーゆーあげいーん」とかフレンドリーに声かけてもらえて嬉しかった。
今思えばタオルマフラー交換しておけばよかったなぁ・・・


<番外編>
true
現地の日本フェアで配布していた日本紹介の冊子。
裏表紙の高尾山はわかるけどやっぱ表紙はアキバか、アキバなのか。

true
アキハバラ詳細マップとかあった。
中身は当然英語なんだけどそんな中に箱関連のアイテムを発見した。

true
・・・アイマスなんだけどな。
つーか誰だこの冊子編集した奴。
同人誌紹介のサンプルが東方だし十中八九ニコ厨だな、間違いねぇ。
AD