トルコノトリコ♪

いんちきトルコのご紹介


テーマ:

昨日は衝撃の「イギリス、EU脱退」ニュース、吹き荒れましたね。

 

        

 

国民投票で、離脱派を主導したボリス・ジョンソン前ロンドン市長!

この方に注目してみました(゚▽゚*)ニパッ♪

 

        

 

今アメリカ大統領選を賑わしてる誰かさんに似たパツ金のおっちゃん。

じ~つ~は~!じいちゃんがオスマントルコ帝国時代の内務大臣アリ・ケマルですって~~~!ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

 

このパツ金、トルコ人の血が流れてるっ!

ロンドン市長選の時には、トルコ人コミュニティを訪れては、「トルコ系であることを誇りに思ってる!」なぞ、ノタマッてたらしい・・・( ̄  ̄;)

 

しかし、今回のEU離脱を引っ張る際、引き合いに出したのは「トルコ」!

 

「このままEUに加盟していると、7700万人のトルコ人が押し寄せる!」恐怖キャンペーンを展開したらしい・・・。

 

        

 

7700万人って・・・。そりゃ怖そうだけど・・・(・ε・)ムー

国民投票前には、デイヴィッド・キャメロン首相に「トルコが決してEUに加盟しないことを保証する」よう、ひたすらお願いしてたらしいし (゚ペ)ナンナンダ?

 

しかし、イギリスはEU加盟国だけど、シェンゲン協定(パスポートやビザなしで入国できる協定)には入ってないので、パスポート・コントロールはあるワケで、多少の歯止めは掛けられるんですよね?

 

        

 

それに、EUでは、「トルコは西暦3000年より前にはEUに加盟できない」との専らのウワサだそ~で?

しかし、西暦3000年以降って、アメリカの犯罪者の懲役158年とか、そんなレベル?(。・m・)

 

そんで、やはり思うのは、トルコってホントにヨーロッパ人からは嫌われてるのね~と。

まぁ、十字軍時代から嫌トルコのDNAが組み込まれてしまってるんでしょう。

 

        

 

オスマントルコ帝国が崩壊して、戦争は負けて、トルコは貧乏になり、後進国だったから、その時はヨーロピアンもトルコに寛大に接してきたんでしょうが、最近のトルコの横柄な成金ブリに嫌トルコDNAがザワザワと復活してきたのでしょうかね。

 

かつては、このボリス・ジョンソン元ロンドン市長もEUトルコ加盟を支持したうちの1人だったらしいのですが、「トルコもEUも変わった」と。

確かにそう思いますわ。

 

数年前にはトルコの政府関係者や有識者メンバーがEU加盟を望んでたと思うんですが、最近はそうでもない感じ。逆に低所得者層がEU加盟を押してる感じがするのはワタクシだけ?

 

10年位前の経済成長著しかったトルコに東欧からの出稼ぎ者が押し寄せ、「アレ?EUになってもトルコに出稼ぎ来るヤツ、おるんや?」とか、最近ではシリア難民という暴風雨が押し寄せたものだから、EUに加盟しても大きなメリットが見えない構図に。

 

西暦3000年以降が見られないので残念ですが、ど~なるんでしょ~ね?

あ、キャメロン首相の後釜、ボリスさん有力候補なんですって~。

トルコ嫌いなトルコ系イギリス人、トルコにとって、吉と出るか、凶と出るか?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

トルコの家って、かなり欠陥&突貫工事なんですよ。


想像付くと思いますが・・・( ̄  ̄;)



ワタクシ、政府主体の住宅計画部署TOKI が作った団地に住んでるんですが、ま~、やっぱトルコです。



グランド・フロア(地上階)に住んでるんですが、この床下の隙間っっっ!



        


                                              


本来なら土を10㎝でも入れて、この隙間を埋めるハズなんでしょうけどっ。


                                                                                    
                                 
                                                                                          


せっかく庭付きでも、土がうっす~~~い為、花壇やガーデニングは夢の夢、鉢植えを置くくらいしかできず。


                             


        


                                                


その隙間や、薄い土のカサマシのため、庭の端っこには、土と一緒に発砲スチロールなんかを混ぜ込んでたりするのですよっっっ!




ある日、庭の方から、「プチっ、プチプチっっ」と音がするので見てみると、




スズメが発泡スチロールを餌と思って食べてるっっっ!Σ(・口・)





        


                                            


死んで打ち上げられたクジラの胃袋から大量のビニールが出て来たとか、痛ましいニュース、あるじゃないですか。




慌ててスズメを追い払って、発泡スチロールを片付けました。


どーせ賃貸だし、関係ないと思って、庭は放置してましたが、それじゃダメですね。




人間としての責任がありますね!(`・ω・´)シャキーン




で、スズメたちに代わりの餌をあげようと、パンをちぎって庭に放置してますと、こっそり来ましたよ~♪






                       荒れホーダイの庭で失礼



           ちょっとでも近づくと逃げるので、部屋の中からズームにて



                                         


時々、餌あげよ~~~っと♪щ( ̄∀ ̄)ш カモーン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メルハバ♪

 

先日、「狂犬病ワクチンを打つ」というお仕事をしまして。
あ、いや、ワタクシは注射キライなので、必要以上はぜ~~~~ったい!注射は打ちませんが、とある方に付き添いましてね。

その時に学んだコトが、ワタクシの中では衝撃の事実Σ(・ω・ノ)ノ!だったので、ちょっと注意喚起を・・・。

                                             

                       

                                                                                                   
最近、猫好きの聖地としてイスタンブールの知名度も上がっております。

猫の写真を撮るためにお越しになる旅行者も、日本人をはじめ、ヨーロピアンも多いんですよ。

 

           

 

それはそれで、大変有り難いコトなのですが、野良猫天国のイスタンブール、狂犬病の予防接種など猫には行われておりません。

 

トルコの野良犬はかなりの大型犬になるので、外国人観光客の手前、野良犬には予防接種をしてるようですが、どこまで信用できるかはアヤシイトコロ・・・。
(保険所が捕まえて、予防接種を受けさせた野良犬は、耳にタグを付けられて、また元の場所へ放置されます)

 

                       

                                                                     

が、犬よりも圧倒的な数の猫にはその処置が間に合わないのか、小さいから大丈夫と思ってるのか、予防接種を受けた野良猫はおりません。

 

日本国内では、狂犬病なる感染症がほぼ殲滅されているので、どんな病気か、キチンと把握してる人は少ないと思います。

 

                               

 

狂犬病って、発症すると、100%死ぬしかないんですって!ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

 

この21世紀の医療技術を駆使しても、発症すると死ぬしかないなんて・・・。
コワイ。

日本で感染の可能性はないにしても、その他の国ではまだまだポピュラーな感染症・・・。

 

 

トルコもしっかり、「黄色」ですよね。ヨーロッパでもほとんど「黄色」なんですよ。

意外と世界中に、はびこってるんです。

 

なのでっっっ!
トルコに猫目的でご旅行予定の方は、ワクチン接種をオススメします。

2006年くらいに、東南アジアで猫に引っ掻かれた方、日本帰国後発症してお亡くなりになったそうです・・・。
他人事じゃありませんっ!

 

トルコで猫に引っ掻かれて、その後亡くなったとか言われたら・・・

さらに評判悪くなっちゃう・・・(ノω・、) ←ソコ?

 

それに、猫好きなら猫の評判を落とさないよう、ご自身で予防接種してください。

「トルコの猫に引っ掻かれて日本人観光客が死んだ!」ってなると、トルコの猫たちが保健所に連れてかれてしまいますからっっっ!

 

夏真っ盛りのトルコ、春の恋が実った猫ちゃんたちの愛の結晶が続々登場し、すくすく大きくなってますの。
今は子猫天国で、大変可愛いのですが、この子たち、すぐ爪立てますもんね?

 

           

 

どーぞ、どーぞ、ご自身&猫ちゃんたちを、守ってくださいね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。