トルコノトリコ♪

いんちきトルコのご紹介


テーマ:

ここ最近、トルコやトルコ人に対して、楽しいコトを見つけられなくて・°・(ノД`)・°・


友人にソレを言うと、

「更年期♪」


せめて、トルコ倦怠期と言ってくれ~~~o(TωT )


で、昨日に続き、ちょっと政治的な?トルコ否定型的な?話題になりますケド。


日本でも報道されてるかと思いますが、

「中国における、イスラム系ウイグル人の断食禁止令」について。



最近のトルコ人のFACEBOOKにはこの話題が多く。

すごく敏感に、同じムスリムの話題には反応しますね、トルコ人。


また、トルコには20~30年前くらいから、中国から逃げて来たウイグル人が多く、トルコもウイグル人を「中国に住むトルコ人」と考え、好意的に受け入れてるんです。

中国から亡命し、トルコで生活のメドを立てたら、家族や親せきを呼び寄せて・・・。そんなウイグル人がトルコには現在2万人ほど。


           


通常でも、中国に対し、あまり良い感情を持ってなかったトルコ人。

(コレも、他人からの受け売りで、犬や猫を食う、貧乏で下品などの報道で、その影響。ま、当たってるんですけどね(;´Д`)ノ )


そんな中、中国に住む、血の同胞ウイグル人に対して、中国政府は、「断食禁止令」を出して、精神的苦痛と屈辱を与えたっ!と。

「そんな横暴な中国は潰してしまえっ!」

とばかりに、昨日、暴徒化したトルコ人数人が、中国料理レストランを襲ったんです。

店の中を荒らし、ガラスを割るという・・・。



お店のオーナーはトルコ人で、シェフはなんとっ!ウイグル人でした・・・(ノω・、)


コレじゃあ、I S を嫌悪して、イスラム教を悪と見なし、関係ないムスリムが迷惑を被ってる図とおんなじやんか!

中国政府を嫌悪し、中国に関係あるモノを悪と見なし、トルコにある中華レストランを襲撃・・・。


もちろん!こんな「あんぽんたんトルコ人」はごく一部で、本質的なコトは何も考えず、ただ暴れたいだけ。

勝手に、自分の中で正義を作り出して、大義名分を掲げて、暴れたいだけ。

でもね・・・。




領事館からの注意喚起のお知らせには、

「中国レストランの襲撃事件が発生しました。

現在中国のラマザン禁止報道により、反中国感情が高まっている模様で、

見分けのつかない日本人も注意が必要と思われます。」
ですって~~。


中国人から見ても、中国人に間違われるワタクシとしましては、より一層の注意が必要ってコトかしら。

ま~、トルコ人には中国人も日本人も、まったく!見分け付かんでしょうけどね~。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

トルコ人って。


おもしろくって、調子良くって、おおらかで、小さなコトにくよくよしないで、熱くって、濃くって、優しい・・・


そんなトルコにもっと近づきたくて、もっと知りたくって、ココに住み着いたんですけども、住んでみると、見えなかった部分がよ~~く見えるようになり、単純バカで楽しいばっかりのトルコでないコトがよく分かるようになります。


楽しい「インチキ・トルコ」だけを知って、好きになるのもいいと思いますが、闇(?)の部分も知って、それもひっくるめて、トルコを知って、好きになってもらいたいと思います~ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ



トルコ人て、未知に対する恐怖と拒否反応がデカいっ!んです。


未知を、無知を、知ろうともせず、知る努力もせず、真向否定する人、多いです、残念ながら。


先日のイスタンブールでの「ゲイ・パレード」での一幕。

世界的にLGTBに理解を深める年になってますが、トルコでもその波に乗ろうと、いつもより大きめのパレードをする予定だったんですね。


     


でも、宗教的にゲイなどの同性愛者を否定し、同性愛者だけでなく、トランスジェンダーなどへの理解や知識がないために、やたらと毛嫌いする動向があります。


そのせいか、今回のパレードでも、ただパレードするだけ~なのにも関わらず、「なんでこんなに警察がおるのよ?!」てなくらい、警察の山。

お約束の放水車ガスマスク、ということは催涙ガスも・・・よね?( ̄ー ̄;


イスティクラル通りの一部を通行止めにし、それに怒ったLGTB支持者との小競り合いが始まると、待ってましたとばかりに、放水車登場!

丸腰のLGTB、一般観光客、報道関係者などに向けて、放水っって、おいっ!


       


悪態や挑発の怒号が警察に向けられると、こん棒と楯を持って、追っかけてくる~~~!

ちょ~~待て~~~!こっちは丸腰やっちゅ~のっ。


放水車や催涙ガスは必要ないレベルなのに、「無知故の恐怖と嫌悪」からの、過剰な暴力。

カメラと携帯、レインボーフラッグ以外のモノは何も持ってないのに、銃やこん棒で追い回される恐怖。


LGTBを認めたら、宗教上の地獄にでも落ちるのか。

何がそんなに怖いのか。

何がそんなに憎いのか。


単に熱くなりやすい性質、喧嘩早い、で片づけられるモノじゃない。


     


知らないから認めない、認めないから知らない、認めたくないから知りたくない。


世界的に、LGTBの存在が認められるのが難しいのは、いろんな宗教の根本を揺るがす部分に繋がってるからなんでしょ~ね?

(余談ですが、サウジやイランのLGTBは、トルコに逃げてきます。本国にいると死刑なんでしょうね)


もっと多くのコトを知ってもらいたい。

知った上で、自分で考えて、決めてほしい。

上(権力)から言われたから行動するのではなく、自分で考えて行動してほしい。



楽しく、明るいトルコを、これからも、お願いします。


         

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

先日、バス停でのデキゴト。


バスを待っておりますと、トルコ人オバちゃん (ワタクシより若いと思われますが・・・( ̄ー ̄; )、

その横に2人のきゃぴきゃぴ女子。


          


女子A : 「彼、何て言ったと思う~~?( ´艸`) 」

女子B : 「何て、何て~~~???」

女子A : 「すぐ行くから、待ってろって!でも彼、イズミールなのよ~!」

女子B : 「そんで、そんで?」

女子A : 「4時間後、ホントにイスタンブールへ来ちゃったの~~!!!」

女子B : 「いや~~ん♪ステキっ!プロポーズされたの?」


とかなんとか。

すると、オバちゃん、いきなり会話に入った!


          


オバちゃん: 「結婚するの?結婚なんて、ちっともいいコト、ないわよ」

女子A、B : 「はい?」

   


オバちゃん:

「急いで結婚しても、いいコトないって。私なんか、16で結婚して、今まで1つもいいコトなかったわ!

結婚して、すぐ子供ができて、ご飯作って、食べさせて、学校行ったと思ったら、帰ってきて、すぐお昼ご飯で、掃除や洗濯したら、もう夕ご飯。

毎日毎日その繰り返しで、あっという間に20年よ!

(あ、やっぱワタクシより、遥かにお若いのね・・・)

1人が大きくなったと思ったら、また子供ができて、いつまで経っても仕事が終わらない。家にばっかりいるのがイヤで、こうやって働きに出るようになったけど、でも帰ったらまたご飯を作るのよっ!」


女子A、B : 「 ・・・( ̄Д ̄;;」


なんだか・・・ね。

人生イロイロ、です。


オバちゃんにも、いいコト、ありますよ~~~に (ワタクシにも♪)

            

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇