トルコノトリコ♪

いんちきトルコのご紹介

NEW !
テーマ:

メルハバ (。・ω・)ノ゙ コンチャ♪


先日、セルチュクに行って参りました。

セルチュクって、どこよ~?


って、ココ (Aって矢印のトコロね)。



有名なのは世界遺産に登録されたばかりの「エフェソス遺跡」や、「マリア様の家」など。


それ以外は何もないと思われるド田舎。

イズミール空港から列車で1時間。


我が故郷と見まごうほどの、ド田舎ブリ。

オヤジの集会所チャイハネ(喫茶店と言いましょうか・・・)に横付けされた車両は、セダンやジープではなく、トラクター・・・ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ


広がる畑はオリーブ、ミカン、ブドウ、モモ、ザクロなど。

ホント、実家のご近所のよう♪



そんなセルチュク。

何しに行ったのかと言いますと・・・!


「ワタクシが犯罪者かど~か、確認!」

そう、先日ブログに書いたように、ワタクシの滞在許可は本来なら切れており、不法滞在。

通常はイスタンブールで更新手続きをするのですが、実はっっっ!


春、4月より、セルチュクへお引越し♪されるのです、ワタクシ “ヘ( ̄∇ ̄ )♪


あ、や~~~っと見つけた伴侶が農家とかじゃないですよ(伴侶はまだまだ募集中♪)。

お仕事がこちらセルチュクに決まりまして。


なので今後は、滞在許可などの手続きを、トルコ第2の都市イズミールで行う必要があるのです。

で、今後の仕事の社長になる長年の友人に、風邪っぴきでゲホゲホ言ってるにも関わらず、土砂降りの中、イズミールまで車を飛ばして、連れてってもらいました~。


イスタンブールのヤバンジラール・シューベとは違って、人が少ないせいか、対応がとっても丁寧♪

不法滞在の罰金覚悟で、7月までの滞在許可と、切れた就労ビザの2つを見せて、説明し、今現在のワタクシの滞在許可がどうなっているのか、システムで確認してもらいました。


「アクティブになってますよ♪」


まっじ~~~ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

理屈では不法滞在のハズが、さすがトルコ♪

テキトーで、がさつなシステム管理のおかげで、昔のアナログ滞在許可と、最新?システムが繋がってない~~~~(゚▽゚*)ニパッ♪


ウキウキしながらセルチュクに戻り、翌日にはエーゲ海リゾートのクシャダスにお出かけ~♪

風邪気味2名+夜行バスで早朝仕事帰りハイテンション1名+ワンコ+心が軽くなったワタクシ。



幸先良さげなセルチュク滞在でした~~~・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

AD
いいね!した人  |  コメント(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

いやいやいや。


人生最大(?)の難関はまだ現在進行形で。


1つの難関は前月無事クリア♪YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!

と、喜んでるのもつかの間、まだあるんですよ、問題が。


こちらは、厄介でして・・・。


滞在許可の取得・・・ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!
          

まず、説明しますと、ワタクシ、滞在許可証持ってます。有効期限3年で、今年の7月まで有効なんですよね。


しか~~~~しっっっ。


その期間中に、労働許可を取りまして、滞在許可(オトルマ・イジン)と、労働許可(チャルシュマ・イジン)を別々に取得するという状態に。


以前は、滞在許可証がパスポートみたいな感じのノート・タイプで、そのページに労働許可を書き込むというモノで、気労働許可に期限を合わせて更新せねばならなかったのですが、数年前に変わったということで、期限も、見た目も、まったく違うカード・タイプの労働許可証をもらったんですよね。


        


ほな、この3年有効の滞在許可と、1年有効の労働許可は、別々に存在する?

ワタクシの身分証明書(キムリッキ)は2つ存在するのか?


誰に聞いても、言うことがバラバラで、明確な答えがわからないまま。

ま~、切れたとき、考えよ~~♪


で、切れました、労働許可がヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ


まだ滞在許可は7月まで有効と書かれてますが、果たして?

以前は期限を合わせていたので、労働許可が切れた時点で、滞在許可も切れてました。

そのルールが生きているのなら、ワタクシ、不法滞在ということ?


在トルコの外国人には悪名高い、「外国人登録所?ヤバンジラール・シューベ」。

ここに電話したところで、たらい回しの挙句、電話を切られるという・・・(ノω・、) ウゥ


         


誰に聞けば、ワタクシの滞在状況を明確に教えてくれるのか~~~。

いろんな人に聞いて、相談してみますと、

「今はヤバンジラール・シューベじゃなくて、ギョチ・ダイレ(移民局?)で教えてくれるよ、きっと。昔と違って、えらく親切丁寧よ~~」。
          

で、教えてくれました~~~。


「不法滞在です♪」

        


あ、やっぱ?( ´艸`)ムププ


あ~~、面倒ですが、あと6ヶ月の期間がもったいないですが、やはり、新たに滞在許可を取らねばならないよ~です・・・(・ε・)ムー


あ~~~!!!面倒っっっ!ヽ(`Д´)ノ ウガー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

先日、1月12日、とうとうイスタンブールで観光客を巻き込む自爆テロが起こってしまいました・・・。


ドイツ人観光客を巻き込む大惨事。

楽しい休暇を過ごすためにイスタンブールへ来て、思いもしなかったテロ行為で、命を落とされた方、心よりお悔やみ申し上げます。



その翌日13日は、インドネシアでもテロ事件が。

また、同じく、トルコの南東地区、ディヤルバクルでも、警察関係への襲撃事件が。

世界各地で、一般人を巻き込む犠牲者が多数出ています・・・。


この憎むべきテロ行為を起こすのは、何を目的としてるんでしょう?

何を、どう考えたら、何の罪もない、関係ない人を巻き込んで、命を奪うことを良しとするんでしょう?



狂った為政者に洗脳されて、自爆テロ要員となる人。

そのテロに書き込まれて命を落とす人。

テロとの戦いと言う大義名分を得て、大量殺戮を繰り返す人。

自分の憎悪や怒りを発散するために、テロ行為に加担する人。

家族を失い、住む場所を失い、難民となる人。

情勢悪化で、仕事を失い、露頭に迷う人。


真黒な暗雲立ち込める中に、立ち尽くすような気分の日々ですが。


でも、世界中の人々をそんな気分に貶めるコトこそが、このテロの目的なのではないかと考えます。

自爆テロで世界中の人々を抹殺し尽すことはできません。

なのに、自爆テロを繰り返す理由は、恐怖心を与え、疑心暗鬼で不安と憎悪を膨らませる、ということではないか、と。



テロを防げない警察や軍隊、果ては政府やアメリカを憎み、地下鉄で隣に座った人をテロリストではないかと疑わせ、不安と恐怖心を煽り、精神を破壊させていく・・・。


コレがテロリストの目的なのであれば、私なりに、テロと戦っていこうと思いますよ。


国や軍隊が掲げる「テロとの戦い」には賛成できかねるし、お役に立てそうなコトは何もできません。

でも、人間らしい生活や精神維持の破壊が目的なのであれば、私でも対抗できそうですもんね。



難民を助ける財力も、テロリストをねじ伏せる腕力もないけど、

持ち前の、ポジティブ思考と運の良さ(?)で、私なりの、「テロとの戦い」に参戦したいと思います(ノー天気な生き方じゃなくって)。


皆さまも、ご一緒に♪



AD
いいね!した人  |  コメント(1)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。