トルコノトリコ♪

いんちきトルコのご紹介

NEW !
テーマ:

先日起こったクーデター。

この考察の番外編とも言える(?)、ちょっとした考えがまとまったので。

 

 

ここ数日、漠然と感じてはいたが、モヤモヤと頭やココロに引っかかってたもの。

クーデターや静粛について、友人と話をしてて、言葉に出すと、「ああ、そっか!」と。

 

言葉に出して、書き留めると、まとまるんですよね~。

だから、自分のためにもブログ書いてるようなもんですわ。

 

で、まとまった考察番外編は・・・

「トルコ人の愛国心」について。

 

 

相変わらず、毎晩毎晩集会に出かけて、声を張り上げて、国旗振って、「デモクラシーは国民のモノだー!」と。

 

昔、トルコに来た当初は純粋に、「トルコ人って愛国精神がアツいなぁ。日本人には見られない、ちょっと羨ましい現象よね~」と思ってたんですが、ここ最近ではこの考えがちょっと変わりました。

 

トルコ人の愛国心って、「盲目的」

 

バカ息子を溺愛するバカ母親に似てる。

 

勉強しまいが、お菓子ばっかり食べて肥満になろうが、ダラダラ仕事もせずに遊び呆けようが、遊び金欲しさに犯罪を犯そうが、

 

 

「いいのよ、いいのよ、ぼくちゃんはそのままで♪ママが愛してあげるから!」

と、躾もせず、生活を正そうともせず、盲目的に愛する・・・。

 

友人が、学校の先生が、警察が、その子を批判や矯正に来ようものなら、

「うちの子は悪くないんです!この子を誘惑したあの子が悪い!」

と、仮想敵を作って、憎悪を他人に向ける。

 

ぼくちゃんを愛するなら、ぼくちゃんを幸せにしたいと思うならっ!

 

 

多少厳しく、常識を教え、社会を学ばせ、世に出ても恥ずかしくない、自分のチカラで生きていける子を育てるのが「親」だと思うんですがね。

 

日本には「かわいい子には旅させろ」という言葉もあり、トラは子供を崖から突き落とし、這い上がって来た子だけを育てる(中国の「獅子が子を千尋の谷に落とす」が日本では虎になったの?)という話もあります。

 

「愛国心」があるなら、その国をもっと良くするため、批判し、討論し、向上させること「愛」だと思うんですが。

 

 

猫っ可愛がりするだけが、「愛国心」ではないと思うんですよね~?

 

でも、まぁ、トルコ人の子育て、孫育てを見てると、「盲目的」なので、民主主義の種類がイロイロあるように、愛の種類もイロイロあるようですわ・・・。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とりあえず、「その5」をまとめとさせて頂きたいと思いますね。

 

何度書いても、どこから考察しても、頭にあるのは、

「トルコの民主主義とグルーバル・スタンダードな民主主義は種類が違うらしい」

というコト。

 

 

今、トルコで国旗をちぎれんばかり振ってる人は、与党派、野党派、無所属関係なしに「民主主義を勝ち取った!」とある種のエクスタシーに浸ってるんですよね。

(まぁ、ほとんどは与党派、大統領さま崇拝者ですが、クーターが成功して軍政になるよりはヨカッタんじゃね?ってくらいの人も多くて、または単純に民主主義万歳!って人も旗振ってる・・・)

 

大統領さまの独裁が進もうとも、自分たちの自由には関係ないと思ってる。

 

 

そんなトルコ人に「民主主義とは何か?」と聞いても、納得できる答えは無さそうだし、聞くだけ無駄、と思ってしまう。

 

討論したところで、分かりあえるハズもなく、よくトルコ人と喧嘩腰に討論してしまう「宗教論」と同じで、接着点がない。

 

友人関係を壊したくないし、どうせお前はガイコクジンなんだからトルコのコトが分かるはずがない、お前には関係ないと一蹴されるのがオチ。

 

もう面倒だから、冷めた目で見るだけ。

 

 

クーデターから1週間経ちましたが、相変わらず夜になると、ちょっとした広場に集まるトルコ人(ま、集まるように政府も呼びかけてるもんだからね)。

 

国旗をマントのようにまとい、

スカーフの上から赤いハチマキをし、

国旗のTシャツを着て、

車に国旗をはためかせ、

クラクションを(無駄に)鳴らし続け、

オーディオの音量を最大に上げ、

夜な夜な集会へ。

 

 

イスタンブールでは、一番貧乏人のココロに響く「公共交通機関無料期間」も1週間以上に伸び、週末は夜だけじゃなく、昼間からショッピングセンターや繁華街は大賑わい。

 

軍政から民主主義を勝ち取った!と大々的にお祝い。

 

と~て~クーデターが起こった国とは思えない o(゚◇゚o)?

 

 

ま、トラムも、船も、地下鉄も、バスも、無料だからお出かけしよ~~~っと♪ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

一番貧乏人(ワタクシ)に響いてます。

大統領さまの作戦にまんまと乗ってます。

うまいよね~、こ~ゆ~トコ、本当に。

 

アレ?まとまらない・・・。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クーデターから5日も過ぎたし、そろそろ「まとめ」を書くかなぁ~と考えてましたらっっ

 

「非常事態宣言」ですってっっっ!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

つーか、ここ数年、非常事態が日常化しており、イマサラ感があるんですが・・・( ̄  ̄;)

 

2013年のゲジ公園の反政府デモダーイシュによるテロ行為クルド人過激派によるテロ行為の際でも、「非常事態宣言」を出さなかったというのに、なぜに今回?

 

非常事態宣言を発令すると、イロイロなコトが国会を通さずに、大統領権限で実行できるんですよね?

 

 

そこまでして、じぃちゃん(フェトフッラー)を葬りたいのか。

ダーイシュよりも、クルド人過激派よりも、あのじぃちゃんが大統領さまにとっては大きな敵なのか?

 

自作自演とも言われる、今回のクーデター。

 

国民に隠してきたウソや背信行為がバレて、その人気が怪しくなった時の絶妙タイミングで、

大統領さまの敵を炙り出すのには格好の機会で、

しかも、炙り出した後、処分するのにも大義名分があり、

さらに国民の信頼と絶大なる支持を持って処分でき、

 

最高のシナリオ。

 

 

「お前らのチカラが必要だ!チカラを貸してくれ!」

頼られる(煽られる)と、ガゼン熱くなる、

しかも正義のため!デモクラシーを守る!となれば迷うことなく、

プライドだけは天より高く(腰抜けと思われたくない)、

素手にナタや棒切れを持って戦車に立ち向かえる(女性でさえも)、

そんなトルコ人の性質をうまく利用し、

「俺らがクーデターを阻止するっ!」と大いなる誇りを持って、

「君たちならこの国のデモクラシーを守れる!」と褒めたたえ、

 

 

自分も襲われそうになる中(?)、スマホ(お友達かっ!)で全国放送に対応し、

制圧されたハズの空港に降り立った大統領さまを迎え、

このクーデター寸劇は最高潮に盛り上がって(トルコ人にとっては)、短時間で終了。

 

これでいいのか、トルコ。

 

 

旗振って、喜んでる場合じゃないよ~?

今度は君らのお尻に火が付くかもよ~?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。