2018年もモータースポーツのシーズンがやって来ましたね。

 

私もサーキットでお客様のお相手をさせて頂く機会が増えてまいりました。

 

さて、F1の開幕戦、オーストラリアGPではセバスチャン・ベッテルとルイス・ハミルトンが接戦を繰り広げましたが

 

中には、誰が勝つか大体予想できるからF1はもういいや、という方もおられるようですね。

 

そんな中、私、中納が注目しておりますのはF1の前座レース、F2というレースカテゴリー。

 

F1のひとつ下のクラスであるF2では、全ドライバーが同じ車、エンジン、タイヤを使用しますので、ドライバーの腕の差が出やすくなっているんですが

 

イギリスが生んだ2人の天才レーシングドライバーが、いよいよ直接対決する事になりました。

 

1人は18歳のランド・ノリス (Lando Norris) で、

 

もう1人は、20歳のジョージ・ラッセル (George Russell)です。

 

2人ともレーシングカートから自動車(フォーミュラカー)レースへと進み

 

2017年、ランドはFIA F3のチャンピオン、ジョージはGP3のチャンピオンを取ったのですが、

 

年齢が2歳弱離れていますので、この2人がなかなか同じクラス、カテゴリーで対峙する事はありませんでした。

 

カートレースで天才と言われ、自動車レースへ上がってからも天才、天才と言われ続けた2人ですが

 

ランドがマクラーレンF1、ジョージがメルセデスF1にそれぞれ雇われているという、何とも共通項の多い2人です。

 

因みに、この2人、背の高さだけは全く違い、ジョージがなかなかの長身で、ランドはなかなかの小柄です。

 

過去に薄っすら接点があり、先日も偶然挨拶を交わしたジョージを私は応援してますが、

 

ランドも速く、現状ではチーム力がランドの方が勝っているようにも見えますので(2人は別々のF2チームに所属しています)、

 

果たしてどうなるのか。ものすごく激しい争いになることと思います。

 

「少女漫画キャラか!」という目をした方がジョージなんですが、、こんな感じの2人です↓

 

 

 

 

 

 

多分どちらもF1に上がってくると思いますが、

 

昔から応援してた風をきかすためにも、

 

F1好きな方は、この2人のドライバーとFIA F2にはぜひ注目です。

 

 

このF2というレースには、日本から牧野選手、福住選手というホンダの育成ドライバーも参戦します。

 

ランド & ジョージよりも上に行けば注目を浴びるチャンスですので、日本人のお2人には是非とも頑張って頂けると

 

イギリスにて日本人くくりで私も自慢出来て、とても嬉しいです (笑)