オタンコナス印(夫+アン+コナス+マーク)のわが家

子供のこと、キャバリアのこと、夫のこと(稀ですが。。。)、仕事のこと、など気が向いたら更新します。


テーマ:
2017年10月5日木曜日
大好きなアンちゃん、8歳9ヶ月7日で私のそばをあっという間に駆け抜けて行ってしまいました。もう一週間経つなんて信じられないです。

最終日のアンちゃんの様子を残しておきたいと思います。長い文になります。

深夜2時
アンがケージの隅で嘔吐。呼吸がとても速い。
抱くと息が苦しく、すぐに家族のベッドに下ろす。ベッドの上をウロウロして落ち着ける場所を探していたが、苦しくて伏せていられない。
パパが起きてアンをリビングに連れていく。

午前6時
リビングで座ったまま寝ているパパとその横で伏せるアン。楽になったのだとホッとしたが、そうではなく一晩中苦しくて少しも眠れなかったとの事。


朝7時頃
お水を飲めていないので、リンゴを切ってあげる。食べたそうにするも食べず。すりおろしても飲まず。ささみをあげてみたがやはり食べず。
わが家にスポイトが無かったので、ストローで口の横から水を流し込み、ほんの少しだけ舐めた。

午前8時
苦しそうなのに、日課の娘の見送りをしてくれた。ゆっくり歩いて玄関まで来て、さすがに抱っこは苦しくてせがまなかったが、玄関でしっかり立って行ってらっしゃい❗️
娘が意識のあるアンを見たのはこの時が最後。

午前9時すぎ
動物病院に行く。いつもなら先生や看護師さんにかまって!と大きな声でアピールするが、少しも鳴かず、カートの中で苦しそうに伏せている。苦しさの程が伺える。先生が酸素室にアンを連れていく。
診察室に呼ばれる。アンは酸素室から私が通るのをしっかり見ていた。酸欠がひどいので酸素室で状態を整えてからレントゲンを撮るとの事。私はその間にちょっとだけ仕事に行ってくることにして診察室を出る。その時も私をしっかり見ていた。

午前10時半頃
パパを運転免許更新に送りつつ、駅前のパーキングに停車。スマホを見たら動物病院から7回着信履歴があった。嫌な予感。慌てて病院に電話したところ、アンが急変したのですぐに戻ってきて欲しいとの事。
パパにも電話し、すぐに車で引き返す。不安な気持ちで受付に声をかけると意外と明るい声が返ってきたのでちょっと安心したが、診察室のアンは既に麻酔で意識なく、機械で呼吸し、時折、先生がアンの背中をつかんで、肺の水を振り出しているような状態。舌が真っ青。
でも、そこで見ている間にも舌の赤みが増したようにも見えた。
待合室でしばらく待機。パパも病院に駆けつけた。しばらくはこの処置が続く為、一旦自宅で待機。

午後4時
午後の診察再開を待って電話でアンの様子を聞く。
レントゲンでは、アンの肺はこれまでになく真っ白に写ったそう。肺の水はもう出ないし、利尿剤でおしっこも出ているが、2度目のレントゲンでもほとんど改善が見られないとの事。引き継ぎ、自宅待機。
家事をしながら、時折、アンが天使になってしまうかもしれない不安と闘う。

午後6時半過ぎ
病院から電話。
期待したのは、アンの体調が持ち直し、酸素室で落ち着いているという情報だったが、実際は依然肺は真っ白で状況は改善していないという情報。麻酔も長くなって心臓への負担も大きく心臓が持たないリスクと機械で呼吸を続けると筋力が弱り、自力呼吸が出来なくなるリスクを伝えられ、一旦麻酔から覚めさせ、アンの自力に任せてみますか?どうしたいですか?との事。
娘に「アンは酸素室で呼吸を整えてもらってるよ。」と嘘をついていたので詳しく聞くことも出来ず、どちらを選ぶべきかは私には分からないからアンが元気になれる方にしてほしい!としか答えられない。

診察時間終了前の午後6時50分頃
パパと二人で病院へ。
先生のお話は電話と変わらない。パパはすでに看取りと覚って、家に連れて帰るという。私はまだアンが生き延びるわずかな可能性を探っており、家に連れて帰る事を即座には決められなかった。そんな私の様子を察し、徐々に麻酔を弱くして、アンの呼吸が自力で保てるのか見てみましょうということになった。

しばらくして違う先生が酸素の機械を待合室に持ってこられた。まだ家に連れて帰ると決めてないのに?という気持ちと、家に連れて帰るしかないってことか・・・という二つの気持ちが複雑。
夫が車を取りに帰っている間、待合室で院長先生と話し、アンが厳しい状態であると私も理解し、ようやく家で看取る決断が出来た。それでもまだ家で何か出来ることはないかと先生に聞いて、先生に薬をもらった。先生はこれを使うことはないと思っていたかもしれないが、少しでもなんとかしたい私の気持ちを思い、薬を出してくださったのだと今は思う。

夫が戻って来て、機械を積み、家まで呼吸が持つようにと麻酔の機械を付けたままで、私がアンを抱っこして車に乗せる。
先生方が深々頭を下げる中出発。パパはすでに運転しながら泣いていたようだ。私は車の中で意識のないアンに「お家に帰るよ。頑張ったね!」とずっと声をかける。

家に着いて玄関に迎えに来た娘がショックを受けているのを感じたが慰める暇はなく、「アンは意識がないから。朝からこういう状態だから。」とだけ話し、酸素室の準備のため、クレートを出してもらう。
この後の記憶が曖昧ですが、クレートに寝かしたが何かあって抱き上げ、「グウッ」とアンの声がして脱力。私の足にオシッコが垂れた。これが最後の瞬間と思う。その後もう肺の動きも心拍も感じられない。午後8時35分頃。
病院に電話でその事を話すと「力及ばず・・ ・」と先生の一言。
泣いている娘。私は娘に喝をいれなければならないからか自分でも意外なほどしっかりしていた。

その後、病院でアンの足に付けていた管を抜いてもらい、機械を返却し、再度自宅に戻る。
アンをソファの好きだった場所に寝かす。
マークも分かっているようで、アンのそばに付き添っている。




お世話になった両家のじいじばあばにも連絡し、翌日にお別れに来てくれることになった。

アンを一人リビングに寝かすのは寂しそうで、寝室に連れていきアンちゃんと最後のお休み。

10月6日金曜日
午後4時
アンを区内のペット霊園にて荼毘に伏す。
娘もギリギリに帰宅して一緒にお見送りができた。家族三人、マーク、アンが大好きなじいじばあばで、雨の音を聴きながら最後のお別れが出来た。



ショックで2日間シクシク泣き続けた娘も火葬に立ち会って気持ちに区切りがついたようでその後は涙も見せなくなった。アンが命の貴重な経験をさせてくれたね。

アンのために手を尽くして下さった先生方が
アンが助からないと判断されてから、家族のもとで旅立てるよう、でもいきなり残酷に家族に告げず、家族の気持ちに寄り添いながら動いて下さったのが後になってよく分かった。アンが亡くなったことは悲しいけど、家で看取れたことは本当に良かった。これだけで後の辛さが全然違ったと思う。

もうアンに触れることも出来ず、話しかけることも出来ず寂しいけど、可哀相、悲しいというのはアンが喜ばないから止めよう!と娘と約束した。

マークはアンがいなくなってから、玄関の鍵を開けてもワンワン吠えなくなり、寝てばかりいる。この家に来てからずっとアン姉ちゃんがそばにいてくれたからどうして良いか分からないのかな。


いつまでもアンのベッドをそのままにしていると寂しくなるので思いきって片付けたら、マークがベッドが無い!と探してしまったので、小さいベッドをアンの居た場所に置いて落ち着く。

時間が寂しさを紛らしてくれるまで、家族でアンの可愛い思い出を話しながら過ごして行こうと思います。
家族思いの可愛いアンちゃん、家族に幸せな時をくれてありがとう!







テーマ:
一昨日、家に帰っておかずを作って…と考えていたのに、コナスの「ピザが食べたい、ピザが食べたい❗」に根負けして、駅前のお店で外食。


中2ぐらいは反抗期に入ってくる時期ですが、あまりそういう気配のない子です。
お友だちに出くわしそうな場所ではちょっとよそよそしくなったりする事も最近少しありますが、学校の事、塾の事等々、話が沢山あるコナス。

朝学校に行くときも、必ず2回振り返って手を振ってくれるのがお約束なので、私もアンちゃんを抱っこして、2回目のバイバイまで待機しています。

アンちゃんも家族のお見送りをするのがお約束で、パパやコナスがお出掛けの時は必ず抱っこを要求します。

なんとも可愛い娘達。私は幸せな母親かもしれません。


女の子は大きくなれば、おしゃべり、買い物、お出掛けなど一緒に楽しめて、男の子より長く子育てを楽しめます。
男の子を育てた経験がないから本当のところは分かりませんが、私見です。

中学生は習い事に塾に宿題にと忙しいのですが、たまにお散歩に付き合ってもくれます。
日曜日がそのたまのお散歩でした。

紅葉も終盤。
アンもマークも耳やら足やらに枯れ葉の飾りを沢山つけて、楽しそうに歩きます。
キャバリアのブレンハイムは紅葉と類似色なので、秋がとても似合う❗



鳥が石神井公園に集まる季節にもなりました。
連日カワセミを見て喜ぶ。



マークはどの季節もクンクンで忙しい。



今年はカワウが沢山居ます。
10羽ぐらいこの木にとまっていて、夕暮れ時にはちょっと怖く感じます。



コナスは、雨の時のにおいとか、雪が降る日の空気とか、自然に関する感覚(嗅覚)が私と似かよっているので、一緒に公園など歩くのは楽しい。
その代わりに、梅雨時生まれの雨女ということも似かよっていて、よく雨にも当たりますけどね。

あと1年ちょっとすれば高校生になり、行動範囲も広がり、お友だちと過ごす時間もますます増えていくでしょうけど、たまには一緒にお散歩したいです。

テーマ:
mixiに保存していたコナスが小2ぐらいまでの日記をアメブロにお引っ越ししました。
mixiの前に使っていた日記はもう消えちゃったようで、それがちょっと残念。

最近はコナスも大きくなって、バレエぐらいしか書くこともなくアメブロの方もかなり放置状態でしたが、かといってFacebookに長々書くようなことでもない時もあって、たまにはアメブロに独り言も書くかもしれません。

子育てがらみは、コナスの可愛いところ、頑張ったことが書かれているので、印刷してコナスにいつか渡そうかという野望もあり、暇なときに見返して少しキレイに直していくつもりです。


サンタジンジャーブレッドマンクリスマスツリートナカイクリスマスベル



テーマ:
今週末にコナスが、この衣装を着て゛I could have danced all night゛という曲で踊ります。

大人っぽい衣装で踊るようになったなぁ。





いろいろな状況から、私の希望もあり、中学校まではバレエを続けようということに決め、学校の部活はバレエと両立出来る茶道部を選択。

一年生の時にはやりたい部活とやれる部活で、心の葛藤もあったみたいですが、今は部活も前向きにやっています。



学校生活の楽しさは部活とリンクしてるから、高校生になったらコナスの好きにしてよいことに決めています。



来年度は受験生なのでバレエの舞台はお休みすることになるでしょう。

もしかしたら、これが最後になるのかも…と思いつつ、今回は着席して本番を見られるので、しっかり見てこようと思います。

本人、今はやる気まんまんで、今朝も先生からお許しを得てお姉さんクラスのレッスンに参加してます。
持たせたおにぎりを食べて、午後からは週末の舞台のリハーサル。
楽しんでね。

テーマ:
娘が参加している小学校の合唱団の締めくくりのコンサートが土曜日にありました。



出演前。緊張しながら待つコナス



合唱団には四年生から参加できるのですが、娘は六年生の一年間だけでした。

毎年、入団の案内が来る度に、娘には勧めてきたけれど、物理的、心理的両面で、娘にとっては敷居もハードルも高かったよう。だけど、今年はなんとなく、やってみようかなと心動かされた様子。
ですが、最終的には一年だけ参加しても仕方ないかと今年も参加しない事にしました。

という結論を出した数日後に、お隣の同級生のママが「コナスちゃん、合唱団やりませんか?」と訪ねていらした。

これはもう合唱団をやるようにとの神様の思し召しだと、私は思いました。
案の定、コナスは見学3日めに参加を決めてきました。

週3日、いつもより早く学校に登校し、練習に参加してきました。
朝とはいえ、不審者情報も多いこの頃、一人で学校に行かせないように、アンマークに協力してもらい、学校の近くまで送る事になりました。
それは私にとっては、コナスと話をするとっても貴重な時間となりました。


コンサートでは、学年別に歌うという企画があり、実は6年生はお隣の男の子とコナス、たった二人です。
男の子がソプラノ、コナスがアルト。小学生ならでは。

元気に声を張り上げ歌う男の子の声に隠れて、コナスの声はほんのりとしか聞こえませんが、確かに聞こえました。
人前に立つのが恥ずかしい(バレエ、ピアノは平気なんですけど)と言っていた子が、そんな状況で堂々と歌っただけでもう感無量。

今年の初めに、「今年は自分を変えたい❗」と宣言していたコナス。
自分を変えることは大変なのに、この合唱団と応援団で、宣言通り、自分を変えることが出来た事を示してくれました。

すごいね❗立派だね❗
頑張ったね❗やって良かったね❗

   

4月からは中学生。
ますます忙しくなるけど、きっともっとたくましい姿を見せてくれるでしょう。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。