ツミは「獲物を to me! 」と叫ぶ?

このブログはおよそ1ヶ月半遅れの記事です。そのつもりでご覧ください。

 

 

ツミのヤングカップルが我が家の下の公園に来るようになってこの日で6日目。今日もベランダからそっと撮影します。左上が、右下の後ろ向きが。(6月6日撮影)

 

 

はそっと♂の方を振り向きますが、は相変わらずそっぽを向いています。

 

 

この、若いけれど大丈夫かなぁ…と心配になることも。

 

 

声が聞こえた時だけベランダから観察してました。ツミの若いカップル、繁殖など出来るのかなぁ?

あまり外に出て観察しないで、そっと見守っていました。

 

 

ただいま青森県に旅行中です。コメントの返事遅れることもありますが、よろしくお願い致します。

AD

ツミの観察の積み重ね…

このブログはおよそ1ヶ月半遅れの記事です。そのつもりでご覧ください。

 

 

小さな猛禽ツミが、我が家の下の公園に来て5日経ちました。毎日特徴的なツミの声が聞こえていましたから滞在は確認できていました。(6月5日撮影)

 

 

ベランダに出てみると正面にツミが見えました。

 

 

は少し離れた電線に停まっています。

 

 

はこちらを向いてファインダー越しに目が合いました。ボクに気づいているのかな?

 

 

はよく鳴いています。ご飯をねだっているのでしょうか?

 

 

は木の枝でひと休みのようです。やっぱりベランダから正面なので目が合いました。

 

 

観察し始めてから五日目ですが、ツミの若いカップルは毎日公園にやってきます。松の木に枝を運んでいるところから巣をかけてる可能性もあります。期待しながら観察を続けました。

 

 

ただいま青森県に旅行中です。コメントの返事遅れるかもしれませんがよろしくお願い致します。

 

AD

罪作りのツミ?

このブログはおよそ1ヶ月半遅れの記事です。そのつもりでご覧ください。

 

 

自宅に居たら外から聞き覚えのあるキキキーッと笑ったような鳥の声が聞こえました。ベランダに出てみると居ました、一番小さな猛禽ツミです。(6月1日撮影)

 

 

ツミは赤い目をしてるので♂ですね。胸の縦縞模様から幼鳥〜若鳥のようです。

 

 

よく鳴いて♀を呼んでる気がします。足、細いですね〜。

 

 

の呼びかけに応えても登場です。黄色い目が女子の印です。こちらも胸の縦斑からヤングガールみたいですね。

 

 

おっとー、は木の枝を折っています。巣を作るんでしょうか? やる気満々です。

 

 

夕方になって夕日がの目に当たって綺麗です。

 

 

同じ木に若いカップルが停まりました。仲は良さそうです。交尾は確認できませんでした。

 

 

この公園は我が家がある団地の中にある小さな公園です。ツミが餌場にしていた時は何度かありましたが、だいたい3日くらいで見なくなりました。

今度は長居してくれるといいな…と思いながらベランダから観察することにしました。

 

 

ただいま青森県に旅行中です。コメントの返事遅れるかもしれませんがよろしくお願い致します。

 

AD

タマシギの試し斬り…

このブログはだいたい2ヶ月遅れの記事です。そのつもりで見てください。

 

関東のある地域で珍チュウヒが見られたと鳥友から連絡をもらいました。昨年末に長崎まで行って振られた珍チュウヒだったので行ってみることにしましたが、見事にまた振られました。その時に撮ったタマシギ夫婦です。(5月18日撮影)

 

 

水が張っていない田んぼの奥にタマシギが見えました。左が、右がです。

 

 

の後ろに隠れてしまいました。

 

 

そのうちだけ移動します。

 

 

はじっとしています。はどんどん離れてしまいます。そのうちは地面に溶け込んで見失いました。

 

 

しばらく他の場所を巡って珍チュウヒを探し回ったあと、戻ってきたらは見つからないのですがは地面にじ〜〜〜〜〜っとしました。

 

 

写真は全てトリミングで拡大してあります。人から遠い位置でタマシギ夫婦は目立たぬようにしていましたよ。

 

 

久し振りにタマシギを見られたので、以前アップした4コマ漫画「とり日記50 タマシギ編」を再掲載します。

 

ただいま青森県に旅行中です。コメントの返事遅れるかもしれませんがよろしくお願い致します。

このブログはだいたい2ヶ月遅れの記事です。そのつもりで見てください。

 

関東のある地域で珍チュウヒが見られたと鳥友から連絡をもらいました。昨年末に長崎まで行って振られた珍チュウヒだったので行ってみることにしました。(5月18日撮影)

 

 

珍チュウヒの行動範囲は広そうなので、あちこち巡っては元の場所に戻る…を繰り返しました。空を猛禽が飛んだのですかさず見上げると…トビです。

 

 

カルガモも群れて飛んでいます。この際見えるものは何でも撮ります。(^▽^;)

 

 

田んぼの奥の方に何か降りましたので撮ってみたらカワウでした。

 

 

また、別な場所に行ってみますが居たのはアオサギ

 

 

ダイサギは婚姻色になっていて目の前が緑、足も赤くなっています。

 

 

オオヨシキリの声が盛んに聞こえたので久し振りに撮ってみようかとカメラを構えましたが、見える位置に来たのはスズメだけ。オオヨシキリは茎の中ぐらいで鳴いていました。

 

 

土手の中腹を匍匐前進しているのはキジさんです。盛んに鳴いたりホロ打ちを繰り返していました。

 

 

そうこうしているうちに夕方に近づいてきました。この日は天候の急変が予報されていましたが何とか崩れずにすみました。

 

 

やはり珍チュウヒはたまたまこの辺りを飛んだだけのようでした。可能性が低くなったので撤収することにしました。

珍鳥に出会うのは楽ではないですね。

 

明日は珍チュウヒを待つ間に撮ったシギさんです。