防風林に某風鈴がほしい

近くの海岸の防風林の中を歩いてみました。(7月4日撮影)


この日は暑かったので小さな水溜りでキジバト、ヒヨドリ、スズメの三種が仲良く水浴びをしていました。
水浴び


ムクドリがちょっとイライラしながら水浴びの順番待ちしています。
ムクドリ1


なかなか順番が回って来ないので「おーい!」と仲間を呼んでいます、たぶん。(;^ω^A
ムクドリ2


上空には水平飛行最速のツバメがビュンビュン飛んでいます。
ツバメ


近所の海岸を散歩した時の様子でした。

明日から所用で青森に帰省します。ブログはまたしばらくお休みします。
AD

京葉工業地帯を形容する海岸?

近くの海岸に行きました。埋め立てて造った工業地帯に人工の海岸を敷いています。(7月4日撮影)


遠くに工場が見えますね。突堤の真ん中にアオサギが佇んでいるのが見えますか? 野鳥は見逃しません。
アオサギ


突堤の先っぽにもカワウが居ます。この辺は立ち入り禁止ですが、マナー違反の釣り人が時々入っています。(`×´)
カワウ


道を横切るのはハクセキレイセグロセキレイと間違えそうになりました。
ハクセキレイ?


ヨットハーバーの高い構造物にカワウがとまっています。見晴らし良さそうですね。
カワウ



もう少し海岸近くを歩いてみます。
AD

繁殖地は半食事?

6月始め頃に近くの海岸のコアジサシの繁殖地の様子を見に行った時は全く居なかったコアジサシですが、7月上旬に銚子港付近でコアジサシの繁殖を見たのでもう一度近所の海岸に様子を見に行きました。(7月4日撮影)


この海岸は人工的に作られた海岸です。遠くに高層ホテルが見えます。
海岸


ウインドサーフィンをする人々は増えていました。
ウインドサーフィンする人々


一ヶ月ぶりのロープで仕切られたかつてのコアジサシの繁殖地はやっぱりもぬけの殻…。
コアジサシ繁殖地


がっかりして近くを歩いていたら、キュッ、キュイとコアジサシの声が聞こえます。海の上を見たら数羽ですがコアジサシが飛んでいました。
1コアジサシ


コアジサシは下を向いてホバリングしています。魚を見つけたら海にダイビングします。
2コアジサシ


魚を捕ったコアジサシは、ロープを張った繁殖地には向かわず違う場所に飛んで行きました。
3コアジサシ


ロープを張って保護しようとした繁殖地は見捨てられたのかもしれません。近くに繁殖地を移したのならいいのですが…。いずれにしても市の鳥コアジサシが居なくなっていなくて少しホッとしました。
AD

コアジサシ、こー味さ偲ぶ

久しぶりに銚子港付近まで行ってみました。(7月2日撮影)


利根川の下流にコアジサシが繁殖しているようで、ビュンビュン飛んでいます。遠くに銚子大橋のワイヤーが見えます。
コアジサシ


近くの手すりにもコアジサシが止まりました。でも人が歩いて行ったので直ぐに飛んじゃいました。赤く見えるのが銚子大橋。
コアジサシ


コアジサシは川にダイブしては魚を咥えて飛んで行きました。きっとヒナに持っていくんですね。
コアジサシ


銚子港付近でコアジサシがまだ繁殖しているのなら、地元の海岸にもまた行って確かめてみようと考えました。
次回は来週ですが地元海岸の様子です。

調子に乗って銚子に向かう

利根川流域で野鳥調査をした後、調子に乗って銚子に向かいました。(7月2日撮影)


銚子港に近い公園でアオサギを見つけました。じっとしています。
アオサギ


この時期、カモメと言ったらウミネコですね。ちょっと羽根がボサボサでみっともない?…(;^ω^A
ウミネコ


金属の杭にカワウがいます。銚子港付近はウミウヒメウも居るので慎重に見ましたが、やっぱりカワウのようでした。
カワウ


銚子港って、どこから行っても遠いイメージがあるんです。近くに高速道路がないせいなのかもしれません。午後から出かけるのは稀ですが、この日は利根川流域まで行っていたので足を伸ばしてみました。