咲-Saki-157局感想

前回記事:咲-Saki-156局感想2



何冊ものヤングガンガンが発売され、万物が万象となってこの世の理を超えて来ている昨今なのですが、いっこずついっこずつ。

という訳で、157局の本編の感想です。

以下はネタバレになりますので、ご注意をば!



















































157局[報告]。

前回の続きで、末原さんと姫松陣営が善野さんにサブタイトル通り「報告」をしに行く所です。

51ぺージの善野さんの表情の前に、言葉は要らないですね……

そこまでの過程で得られたことが無駄やなかった
よかった


この表情にして、このセリフがね。
最高ですよね。

全国10000人以上いる中で、頂点に立てるのはたった5人。
99.9%の人間は、敗北をする訳です。
だけど、準決勝まで勝ち上がってきた0.4%、40人の中には、一人たりとも負けるつもりの人間はいない。
それでも、容赦なく半分は足切りとなる。
自分の失点による責任感、もっとできたはずではなかったかという後悔、もう二度とない高校三年生の夏の喪失感……そういった物が綯交ぜになった敗者の心境を思うと、胸が苦しくなります。
ただ、彼女たちにはここから先の未来がある。
その涙も、辛さも、苦しさも、全て糧になる。
そうして、糧にしてこられたからこそ、今自分はこうして指導者として在ることができるのだ、と過去にない微笑みを見せる善野さん。
尊い……姫松も尊い……

この部分が雑誌掲載分だとラフ画なのも、それはそれで永久保存したいです。


末原さんのお色直し衣装は、まさかの郁乃んが10年位前に善野さんに着せられたものだったことが判明。
誰ですか、善野さんは病弱で大人しいキャラとか言ってたの! バリタチじゃないですかやだー!(歓喜)


そして、姫松好きのTakuyaさんが早速探訪に。










完全一致する部屋こそないものの、内装の配置具合や床の模様などに類似が認められるんですよね。どこかに同じ部屋がありそうです。

今まで高級ホテルだとか避難車だとかマーテルだとかアルティマだとか吉野の一軒家だとか色々ありましたが、それらを軽々超えて行きました。
恐るべし聖路加レジデンス。

しかし、だーはらさんの報告がなかったので、もしかしてこれはtakuyaさんが一番乗り……?





流石だーはらさんでした。
しっかり、背景との時間も合わせて撮影済みなのでした。
ちょっとでも疑った自分を恥じました。


そんなだーはらさんは、新年度で忙しいと言いつつしっかり長野に行っておられました。すばらです!


ただ、このカットは流石のだーはらさんも押さえていなかったでしょうか。今度実地検分を行いたいです。



そして、何と何と何と、われらが清水谷竜華さん登場ッ!!!

良いですね、全国でも屈指の大阪強豪高校の同学年レギュラー同士の絡み!
「玄の誕生日」で、セーラと洋榎の30円にまつわる絡みが補完されましたが、実際千里山と姫松は練習試合や大会などで顔を合わせる機会も多いはず。
架空の絡みを妄想するのも楽しいですが、公式からこういった成分が補給されるのもまた嬉しいものです。

56ページの竜華さんの気合の入りようたるや……
サイハイソックスがテカっております。

ベンチを見て「特徴的だから特定できるかも」と思ってしまうのは病気。
「無かったらオーダーして置けばいいな」と思うのはもっと病気。


昼まで食べ物が喉を通らないセーラの後ろ姿を見て、同様以上の症状になっていそうなオダワラハコネさんが心配でならなくなりました。

AブロックとBブロックで、休息日があるかないかはかなり大きな違いですね。
もし阿知賀がBブロックだったら、ドラゴン復活の儀式が間に合わなかった可能性も。

58ページの竜華さんは仕上げがギリギリ間に合わなかった感じですけど、そのラフ感が逆にすばらであり、過去最高にかわいい立先生版竜華であると言っても過言では。

コクマについての言及が増えて来たのは、無論今後への伏線であろうということで、阿知賀のコクマ参加を楽しみにしています。
個人戦ですが、だからこそ今度は和とも直接遊べるかも的な意味で。

悔しさを噛み締めるのが大事、と愛宕雅枝さんも言っていたようですが、奇しくも善野さんと同じ発言に物思う末原さんの表情が好き。

フナQが神戸なのは意外ッ……!
セーラも大阪が地元なんですね。


そして、ラスト2ページが衝撃展開!
霧島神境にやって来た宮守と、それを迎えるはっちゃん&巴さん!!!

これには全人類スタンディングオベーションですよ。



奇跡は起きるから奇跡って言うんですよね。

宮守や永水はもう終わってしまって出て来なくてもおかしくない所ではありますが、時としてこのように慈雨のように降り注ぐ瞬間があるのですね。すばらです……。

圧倒的大多数の人類を最大幸福へと導いて下さった157局。

冷静に考えて、一般的な読者なら負けたチームの人間が出て来たというだけで読み飛ばされても仕方のない話なのかもしれないですけど。
早く決勝戦始めろよという話なのかもしれないんですけど。

そうじゃない、そうじゃないんだ。
これでいいんだ。
これがいいんだ。
咲-Saki-のすばらさはここにあるんだ。

この引きによって、1ヶ月待たされつつ次回がどう始まり何が起こるか全く予想のつかない状態になりました。
とりあえず帝国ホテルを予約して待つことに。
AD

honcierge 気になるあの子はマンガ好き

本日発売のこちらのムック本に、マンガサロン『トリガー』及びマンガコンシェルジュとして全面協力しております!


{CD640CA9-2409-4F1C-BC41-CE4EEF7D4CA2}

取材場所にもトリガーを使って頂き、


{606948E9-0000-4FC3-8333-0B5913165E35}

アイドルマンガやアイドル好きにお薦めしたいマンガということで、数十タイトルのショートレビューを寄稿しております!


欅坂46、SKE48、モーニング娘。、PASSPO☆、GEM、SUPER☆GiRLS、POPなどの今をときめくアイドルの方々の中でも、特にマンガが大好きなアイドルをフィーチャーしたこの本。

「マンガ好きのアイドルと言ってもどうせ『ワンピとか進撃とか好きなんですぅ~』レベルでしょ?」とお思いのあなた。
全くそんなことはないと思って頂きましょうッ!

勿論、様々な趣味の子たちがいますが、この本の中には宮崎夏次系先生や史群アル仙先生、鈴木小波先生、相原コージ先生などについて熱く語るアイドルの方も描かれているのです!

トリガーで取材をしている時も、入って来て最初に強く反応して手に取った本が『バットマンアンソロジー』だった方もおり、正に「本物のマンガ好き」アイドルの本であると言えるでしょう。

好きなアイドルがいる方は、推しの子のバッグボーンにどんなマンガがあるのか。
好きなマンガがある方は、今輝くアイドルにその作品がどんな影響を与えたのか。
様々な視点で楽しめる内容となっております。

先日レビューを熱筆した『能面女子の花子さん』や『ブルーサーマル』とのコラボ企画も!


部数限定のため、一般書店にはあまり置いてないかもしれませんが、是非お取り寄せやネットでの購入をして頂ければ嬉しいです。
AD
お陰様で、昨日でマンガサロン『トリガー』は一周年を迎えました!

皆様のご支援によりできたトリガー。
二年目も頑張って行きます!

リニューアルプロジェクトでは、豪華作家さんによるTシャツや過剰な程のドリンクチケットが貰えるお得すぎる会員更新&新規会員登録プランがありますので、月末までに是非お見逃しないようお願いします。



その他にも、現在様々な漫画関連クラウドファンディングを実施しています。

こやま基夫先生の『おざなりダンジョン クラウドパンゲア』執筆プロジェクト

聖地をコスプレイヤーにガイドしてもらうコスガイドの冊子作り





レビューも3本ほど書いています。




アヴァルト





佐々木さんと宮本くんと




囚獄のヴァニタス


AD

咲-Saki-156局感想2

前回記事:咲-Saki-156局感想1 松実玄さん聖誕祭からの帰還





長らく間が空いてしまいましたが、続きです。
ネタバレデルデーなのでお気を付け下さい。



































































扉絵1Pで一記事消費した所で、本編について。

本編も本編で言及したい所満載なんですが!

久まこの会話内容から、やはり5位決定戦に関しては昼過ぎまでかかり、その後決勝戦という流れが濃厚。
そして、決勝がその後に始まるとなれば当然時間が足りないので、決勝戦二日間説は非常に有力な気がします。
(と思ったら、159局で未明から5~8位決定戦が始まっていることによって、一日で夜遅くまでかけて闘うことになる可能性が非常に高くなりましたが)


優希がまた部長の言いつけを守る展開。
明日の試合までは麻雀禁止。
麻雀ぢからをチャージするというのでしょうか。

私はタコス大好きなんですけれど、今回ばかりは、松実玄さんの相手として立ちはだかる今回ばかりは話が別です。
ディフィートさせてもらいますよ。


部長の背後にスタンドのように正座しているキャプテンが、開眼しながら部長を見つめ続けているいつも通りの所作に安心に近い尊さを覚えます。


そして、一転舞台ははやりん&戒能プロへ。
このはやしこ、美味し……







だーはらさんもブレません。

はやりんと戒能プロのおもちがグランドな二人が止まっているのはグランドハイアット東京とのこと。
なるほどなるほどなるほどー。
一流プロとして相応しいホテルですね。

ただ、調度品が一致せず、そちらは別にモデルのある可能性があり、もしかしたら帝国ホテルでは?とのこと。
帝国ホテルも様々な部屋があるので、追跡調査が必要な案件です。

宮永照に関心があるのに内心嫉妬している感のある言動をする戒能プロかわいい。
はやしこ捗り過ぎて……。

そして出て来た名前、「藤白七実」!!!!

この名前を知っている咲-Saki-ファンは一体どれくらいいるのでしょう。

ちなみに、トリガーでの咲-Saki-会では8人中7人が知っていて、当然の常識といった感。
ただ、この面子を普通だとは私も思っていません。



私も、しののぬさんの仰る通りであると思います笑

上記いのけんさんの記事の中にもリンクがありますが、しののぬさんの

【考察】藤白七実のレート2629とはどれほど化物か


も面白い記事です。


細かいデータ取りに定評のある45927の田中さんの表を見ると、本当にこの頃の千里山上位陣の異常さが解ります。
全国二位は伊達じゃない。


それにしても、藤白七実の名前だけで1,2時間語れそうな勢いの咲-Saki-好きとの会話は本当に楽しいものです。



そして、高校時代のかわいい戒能プロが宮永照をディフィートした時に、東1局で照魔鏡を逃れたのがテスカトリポカ。

ちょ、ソロモンの72の悪魔以外にも、テスカトリポカなんて神も使役するのか!

テスカトルが鏡の意味があり、正に鏡合わせで逃れた的な。
テスカトリポカが青赤白黒の四色である説を採用しているのであれば、これは青のテスカトリポカ、ウィツィロポチトリでしょうか。
146局の時に、「マヤのククルカン」と表していたことからも、こちらの方面の神々も数多く使役しそうな香が漂います。

アロム
イシュタム
イシュ・チェル
キニチ・アハウ
クァ・ホロム
シュピヤコシュ
シュムカネ
チャク
ツァコル
テペウ
トヒル
ニム・アク
ビトル
フナブ・クー
フラカン
フンアプ・ヴッチ
などなど……

ちなみに「サキ・ニマ・チイス」という創世神もいるので、使役してたら面白いですね。



照の打ち方は昔とまるで違う。
昔はもっと大物狙いだったりしたんでしょうかね。
もし、個人戦で当たった時に、プラマイゼロ能力は通じるのか。


71ページの原村恵さんの「たまたま東京に来てただけなんだから! 勘違いしないでよね!」というツンデレアピールが堪りません。
それを冷たく突き放すのどっちもまた良い。


原村家会食の料亭がどこかはまだ特定されていませんが、実在するとしたら座椅子や机の形がポイントにはなりそうですね。


そして、旧姓 野呂(のろ)・三重県出身、身長は154cmで血液型はA型・誕生日は1/25、44歳の原村嘉帆さん!
可愛すぎるでしょう!
ロンオブモチおもち!


76ページ1コマ目。
脳内で自動再生される「咲-Saki-阿知賀編episode of side-A オリジナルサウンドトラック」トラック17「友情」。
全私が号泣。


と、同時に3,4コマ目の原村恵さんの言葉に激昂。

おい、恵。

貴様にィッ!

なァにがァァッ!!

わァかるゥゥゥゥッッッ!!!????



穏乃に別れを告げねばならなかった瞬間の想いを!

あの時出せないままだった穏乃に書きかけた手紙に込めた想いを!

優希を見て思い出した憧の面影を!

たまたま見たTVのディスプレイに映っていた玄さんを見た時の衝撃を!

国際フォーラムで偶然皆と再会した時の、あの驚きと震えを!

知りもせずに知ったようなことを言うんじゃあないぜッッ!!!
と、割と本気で激おこプンプン丸でした。


物理的な距離が離れてしまうと、心の距離も離れてしまうのは仕方のないことです。

そして、阿知賀の子たちっていうのはね、特に穏乃に顕著なんですけど明るく見えて皆非常にナイーブなんですよ。繊細なんですよ。
物凄く、色々なことを考えてしまって、結果少し躊躇ってしまう子たちなんですよ。
阿太峯に行っても遊ぼうと言ってたのに遊ばなくなってしまったり、あるいは番外編の時のように阿太峯で楽しそうにしている姿を見て声を掛けるのを止めてしまったり……
宥姉がこども麻雀クラブに憧れつつも入れなかったことなどもそうですよね。
新しい場所で上手く過ごしている相手がいるのだから、自分がそこに無理に介入することでそれを邪魔してしまうかもしれない。それならいっそ潔く身を引いていよう、と。
実は、相手も内心は誘ってもらえる時を待っていたりもするんですけど。
そんな不器用な繊細さを持つ阿知賀ールズが大好きなんですけどね。

でもね、そんなことを考えずに自然体で楽しく在ることができたのが、和が転校してきてからのあの尊い時間なのですよ。

それをね、自分は転勤を繰り返して慣れているからといって、いえ、もしかしたら自分も子供の頃から転校を繰り返してそういう状況を経験して、その結果長く付き合い続けている友達がいるからこそ言っていることかもしれませんが、そうであったとしても自分の尺度で娘の気持ちを蔑ろにする様に甚だ怒り心頭ですよ。


だからこそ、「そんなことはないです!」と恵さんの言葉を強く否定してくれた和にまた涙、涙ですよ。

阿知賀の絆は、離れても永遠なのですよ……うっうっ………・。

ああ……阿知賀…………尊い………………

ありがとう、和…………



ちなみに、私も花粉症対策に春は沖縄か吉野に定住したい派なので、嘉帆さんの気持ちは非常によく解ります。
沖縄には心ちゃんたちもいますしね!


そして、善野さんの下へ神妙な面持ちで向かう末原さんに様々な予感をしつつ、いつ出て来るとも解らない帝国ホテルの阿知賀に恐々です。
レビューを公開しております。




人間の本質を暴く極上ダークオムニバス『燐寸少女』
http://honz.jp/articles/-/42899

映画公開中のこちら、とてもお薦めです。



猫が好きでラブコメも好きならマスト!『私と仔猫と、ときどき、君と。』
http://honz.jp/articles/-/42894

猫好きの方に。
『ホリミヤ』に色々と近似している部分があるのに意図はあるのでしょうか。