1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年04月28日(木) 14時37分46秒

東條英利の「日本の見方vol.20」を本日、配信します。 

テーマ:ブログ
今週号のメルマガの告知です。



国際教養振興協会という団体を設立し、日本人としての基礎教養力の向上に努めて参りましたが、内なるアイデンティティと向き合うにつれ、東條家としての本分とも、もっと向き合う必要があるのではないかと感じるようになりました。


いわゆるA級戦犯とされる東條英機は私の曽祖父でありますが、その直系の長男のみが、この「英」の字を継いでおります。


私もその継承者として、時にはこの名を疎ましく思ったこともありましたが、戦後70年を迎えた今こそ、この名前がもたらした、様々な事実や経験、考えをこのメルマガを通して語ってみたいと思っております。




では、今回配信のメールマガジンの一部を公開いたします。



もう少しご覧になりたいという方は、是非ご登録下さい。

月額500円。初月無料です。(初月解約も可能)




【今週の目次】

1、今日の戯言 ~ICPA年次総会を通しての振り返りと今後の活動~
2、ニュースな一言 ~「民泊」で地元が危機的状況に!?~





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1、今日の戯言 ~ICPA年次総会を通しての振り返りと今後の活動~



ここ最近の出来事と言えば、やはり国際教養振興協会の年次総会。おかげさまで何とか3度目の年次総会を開くことができました。思えば、昨年は次男誕生に伴い、妻が三ヶ月にわたって入院するなど、プライベートな問題が足を引っ張り、思うように動けなかった一年でした。しかし、協会メンバーの深い理解とサポートのもと、何とか新年度を迎えることができたのは素直にありがたいことだと思っています。

中でも、昨年末に行った協会の基幹プロジェクト、「team 和KAZARI」は、その開催が全国9地区に及び、初の試みとしてはまずまずの成功をおさめることができました。一応、今期はその開催地域を15にまで拡大したいと考えておりますが、まずは1シーズンで1000人の和を紡ぐことを目標に動いていきたいと思っております。

ただ、この「team 和KAZARI」も一点、問題がありまして、年末のお正月に向けた取り組みとなりますので、時期が年末に集中してしまうのです。それはものすごく当たり前の話なのですが、現状、私一人がその意義や意味を説明する立場を担っておりますので、自ずと活動できる範囲も限られてしまいます。しかし、全国各地にこの動きを普及していきたい。となれば、やはり、同じようにお正月の意味やしめ飾りの作り方を指導できる人を増やさなければなりません。

ですので、まだ想定の段階ですが、お正月エバンジェリストのような指導員の資格制度を協会内でも設けていく必要があるかなぁと見ております。こちらは来期以降の取り組みになるかと思いますが、ひとまず、今期は早いもの順で、ご要望に従って動いて行こうと思います。

また、今期より大阪支部が正式にスタートすることになりました。体制もほぼほぼ出来上がり、まずは一年に何度かプログラム並びに例会を迎えることができればと思います。直近では来月に「大阪ウォーク」と題して、史跡巡りを講談師の方をお迎えしておこなう企画を予定しております。年末の「team 和KAZARI」も大阪だけで二会場も予定しており、そういう意味では、今年、大阪が熱くなりそうです(笑)。

さて、そんな年次総会ですが、ここからが裏話。今年も加瀬英明先生に御登壇頂いたのですが、控え室でしていたお話が実に面白い(笑)。それは鹿児島にある神社のお話なのですが、




…この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2、ニュースな一言 ~「民泊」で地元が危機的状況に!?~


さて、今週の気になるニュースは産經新聞が報じた「民泊」に関連する話題から。

民泊大国フランスの惨状を見よ! 脱税横行、家賃上昇、人口減…「パリは人の住めない街になってしまった…」

最近、2020年の東京オリンピックの開催を見越してか、民泊(一般住宅を有料で旅行客に貸与するサービス)を奨励する動きもちらほらと出て来ておりますが、その民泊先進国とされるフランスからショッキングな警鐘が発せられております。

フランスは世界一の観光大国とされ、年間だけでもおよそ8200万人もの観光客が訪れるとされています。日本は2012年にはおよそ835万人だった観光客が、昨年の2015年ではおよそ1973万人と過去最高を記録し、着実に増加傾向にありますが、それでもフランスに比べればまだまだ少ない方です。それだけにフランスの観光政策は傾聴に値する部分も多いと思いますが、ホテルやレストランなどの事業者団体「GNI」のディディエ・シュネ会長が、東京都内で開かれたフォーラムではこう発言したと言います。

「パリは住民が住めない街になった」

いやはや、これは穏やかではありませんね。一体何が起こったのでしょうか。ということで、見ていくと、やはり



…この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。