切実な診察室。

テーマ:
さかのぼる事、1週間ほど前。

突然、身体中に蕁麻疹(じんましん)がブワーって出た。肌が真っ赤でボッコボコ。良く言えば「オシャレな花柄の皮膚」。

ビックリして近くの内科に行ったら、おそらく「薬疹」ではないか?(内科だけに)という診断。

最近飲んだ薬が身体に合わなかったのかも知れない、という事だった。

最近飲んだ薬・・・。

蕁麻疹が出る前日に、夕食の「焼肉」を食べ過ぎて苦しいから『胃薬』飲んだ。

は!っと思い胃薬の成分を見て愕然。
・桂皮(シナモン)
・茴香(フェンネル)
・丁子(クローブ)
・陳皮(みかんの皮)

カレー粉やガラムマサラに必ず入っている『スパイス』が主成分で出来ている胃薬。

俺 「え?もしかしてスパイスが身体に合わないの?カレー屋さんもう出来ないの?」

焦ってアレルギーについて調べた。

調べてみたら、新たに思い当たる事が浮上した。それは、

『アルコールアレルギー』。

疲れている時に大量にアルコールを摂取すると、アレルギー反応を起こす。と言う事らしい。

思い起こしてみると・・・、

焼肉食べ過ぎて、胃薬飲んで、そのまま朝4時まで居間でマキシマムザホルモンのDVD観ながら、酒を飲みまくってた。次の日、二日酔いが辛くて迎え酒するくらいベロンベロン。

俺 「え?もしかしてアルコールアレルギー?もう酒飲めないの?」

毎日、仕事が終わるか終わらないかぐらいのギリギリのタイミングでビールを飲み始めるくらいお酒大好きな俺。

お酒が飲めなくなるという事は、ハッキリ言って人生変わるも同然。

お酒飲めなくなる人生を考えて考えて考えて、
「仕方ない。それでも前向きに生きて行こう!」と決心する。

しかし、

この蕁麻疹の原因だけはハッキリさせたい。

近場で「アレルギー科」がある病院を探す。

インターネットで調べてヒットしたのが、「小児科病院」。

しかもうちの子供達のかかりつけの小児科病院。

行くしかない。行ってアレルギーの原因をハッキリさせるんだ!

その日の店の片付けを妻に全投げし、勇んで小児科病院にむかう35歳のおっさんこと俺。

小児科病院に着くなり、とても混んでいる院内を見てちょっと尻込みする35歳のおっさんこと俺。

「そんなに待ちませんよ~。」と言う看護師さんの言葉を信じて、一人小児科の待合室で待つ35歳のおっさんこと俺。

周りからの、
「え?このおっさん子供はどこにいるの?」
「え?このおっさん、ここ小児科だけど?」
「え?ここ小児科なのになんでおっさん一人?」

と言う視線に耐え、待つこと40分。

「ちょっと!めっちゃ待つやん!」と心の中でツッコむ。

ようやく名前を呼ばれる35歳のおっさんこと俺 in 小児科。

「はい!」と待合室を出るも、やっぱり俺一人。子供の姿が見当たらない。

「え?このおっさんマジで一人で小児科に来てんの?」、と言う視線を背中に受けながらいざ診察。

医者に向かって切実に相談。

ちょっとした検査をして、検査結果を待つこと10分。

その10分間、待合室のテレビでたまたま見た「どさんこワイド」に友達の『せきっぺ(関口)』が出てきてビックリ。30秒以内に宣伝するコーナー。(笑)

再度名前を呼ばれて、診察室に。




ドキ、ドキ。





医者 「りんご病だと思います。」




俺 「そう言えば、2週間くらい前に長男がほっぺ赤かったです。」




医者 「間違いないですね。」




診断結果:りんご病。子供がかかる病気。



一句、「おっさんが 小児科で判明 りんご病」(字余り!)




病院から帰ってきて、

安心して、酒、飲んだよね。



薬局でもらった薬なんか飲まずに、酒飲んだよね。


俺(35歳)、まだまだ元気です!

AD

朝ごはん。

テーマ:
ブログ

先日、いつも通り家族そろって朝ごはんを食べていました。

炊きたてご飯に、妻こだわりの昆布とカツオ節をふんだんに使ったおつゆに、ソーセージにレタス。

食べたい人だけ食べていい納豆、イカの塩辛、梅干し、のりたまふりかけ。

最近、子供達が生野菜を食べるようになってきた。これは喜ばしい事。

その要因の一つとして、マヨネーズやドレッシングを自分達でかける事の楽しさがあげられる。

ブロッコリーやレタスに自分でドレッシングをかけるのが嬉しいらしい。しかも美味しい。これはいい。

そんな朝ごはんの最中に長女(6才)がボソッとつぶやいた。

「当・た・りだって。これ当たりだって。」と、ドレッシングを見ながら言う。

俺「え?何?このドレッシング当たり付きなの?」、って思って改めてドレッシング手に取り、よく見た。

確かに「あたり」って書いてあるわ。






字が読める喜びをいかんなく発揮している。



AD

ぬりえ。

テーマ:


保育園から帰って来た4才の長男が、私を見ながら後ろ手に何かを隠してモジモジしていた。

モジモジしながらニコニコしてる。

首とか腰とかクネクネしながら恥ずかしそうに、後ろ手に何かを隠してモジモジニコニコしてる。

妻がすかさず補足を入れる。

妻「今日保育園でぬりえ上手に出来たらしいよ。」


つまり後ろ手に隠しているのは「ぬりえ」らしい。

溢れんばかりの長男の笑顔に、否が応でも期待してしまう。


俺「どれ!見せてごらん!」


照れながら見せてくれたぬりえがコレ。








うん、非常に的を得ていて、確実な場所を確実な色で確実にぬっているね。







AD