にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ $林ともみの ともみ と ともに・・・。     $林ともみの ともみ と ともに・・・。-うまれる1
にほんブログ村            RADIO SANQ      映画「うまれる」@ハッピーリング

     ↑             サンキューモーニング  

ランキングに参加しています。

読んだらポチッとお願いしますクローバー

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

コロニー新棟 開棟式

2016-06-28 17:47:22 テーマ:ブログ

先日は愛知県心身障害者コロニーにて、

新棟オープンの司会をさせて頂きました。
























こばと棟とリハビリセンター棟が新しくなり、

2年後には中央病院と発達障害研究所が新しくなり、

愛知県医療療育総合センター(仮)として

全面オープンの運びとなります。


第一部の開棟式。

テープカット、内覧会、


第二部の開棟式、内覧会。


司会としては長時間でしたが、

思い出深い日になりました。
































大村知事や春日井市の伊藤市長や県議、

そして、なんといってもたくさんのドクターが

いらっしゃいました。


コロニーに運ばれたときに、

とってもお世話になった二村医師は、

ティンクル名古屋の院長になられていました。


愛知医大に行かれてからも、

娘が入院すると病室に来て下さいました。

医大の名誉教授もされているそうです。


てんかんが分かり、発作に苦しんだ日々。

お世話になった三浦医師は、

豊田こども発達センターのセンター長に

なられています。


医大でお世話になった濱口医師は、

東名古屋病院の小児科医長になられていました。


染色体起因障がいと言う点で、

お世話になった山中医師にも会えました。


懐かしい看護師さんも。


皆さん、変わらず優しい笑顔で

頑張っていらっしゃいました。


そして嬉しかったのは、

皆さんが「みゆちゃん、元気ですか?」と

美優を覚えていてくれたこと。


まあ、時々お会いしていたのですが・・・。


でも、オーバーかもしれませんが、

「生きていて良かった」

「仕事、続けていて良かった」と

心の底から思いました。


人生は全て意味がある。


無駄なことは何もないですね。


いろんな意味で助けて頂き、

支えて下さった皆さまです。


コロニーの過去、現在、未来の

紹介DVDのナレーションもさせて頂きました。


総長の力作で涙もので、

ご臨席の皆様に泣いて頂こうと

総長は言われていましたが、

私が泣きそうでした(^_^;)


人生、どん底だと思ったのに、

一生笑えないと思ったのに、

障がいのある子を産んだ自分は、

不幸だと思ったのに。


今は違う。


私は幸せだ。


あの頃の私に言ってあげたい。

「いつかきっと、この子で良かった」って

心の底から思える日が来るよ。


だから、そんなに泣かなくていいんだよって。




































新棟、素敵だった(#^.^#)








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

親愛の里

2016-06-27 17:51:39 テーマ:ブログ

「ともみとともに」ゲストは

社会福祉法人 親愛の里 名古屋支援事業所から

サイン加藤こと加藤勝由さんと

瀬川輝美さん。









法人本部は長野にあり、刈谷でも

事業を展開されているとのこと。


こちらの名古屋支援事業所は、

主に精神に障がいがある方たちを

「い・しょく・じゅう・そう」の面で

サポートしようと様々な事業を展開している。


い・・・医療(身体のリズムを整える)

しょく・・・職(役割・自分らしい生き方・作業)

じゅう・・・住(そうじ・金銭管理など)

そう・・・相談(相談支援)


加藤さんはグループホーム

(共同生活援助事業)ぱれっとハウスで

サービス管理責任者をしている。


そして、瀬川さんは地域活動支援センター

親愛の里そよかぜで生活支援員として

働いている。


瀬川さんは、就職して3年。

大学で福祉を学び、

見た目では気づきにくい精神障がいの方々の

支援をしたいとこの業界に入ったとのこと。


加藤さんはお父さんより年上らしいが、

とても息があっていた。

とてもいい上司にめぐり逢ったんだと思う。


さて、サイン加藤としても活動されている

加藤さん。


実は手話が堪能。


手話パフォーマーでもある。


今年の終わりに(11月か12月)

愛知芸術劇場で「聞こえる人から見た手話表現」という

パフォーマンスを行うとのこと。


「オスト・オルガン」という演劇集団の

影響を受けているとのこと。


とにかく話を聞いただけじゃあ、

分からない。

すご~く、見たい!そう思いました。


何とか行ける日だといいなあ。


ちなみに親愛の里そよかぜの

7月予定表に「手話教室」とありました。


利用者さんにも加藤さんは

手話をおしえているとのこと。


みんなで「アイ・ラブ・ユー」してみました。

とっても楽しかったです。

魅力的なお二人でした。


社会福祉法人 親愛の里 名古屋





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ウェルフェアボーリング大会

2016-06-23 20:00:05 テーマ:ブログ

今年もウェルフェアボーリング大会の

司会をさせて頂きました。


瀬戸市・尾張旭市・長久手市が合同で

毎年行っているボーリング大会で

今年で28回目を迎えました。


今年は尾張旭市の担当でした。






















障がい当事者の皆さんが選手として出場し、

今年は約170名が出場、

来賓、スタッフ、ボランティアをあわせると、

かなりの数の皆様が携わっています。


会場は東明ボール を貸し切ります。


大山社長をはじめ、

担当の中村さん、スタッフの皆さん、

毎年のこととはいえ、

対応がとっても素晴らしいです。


心配りが違います。


私はこの大会がとっても好き。

できるときはさせていただきたいなあと

思っております。



もともと大叔父が

長久手身障会の会長をしていたときに、

司会を依頼してくれたことがきっかけでした。


大叔父は議員だったからか、

叙勲を受賞したこともあり、

うちの親戚にはありえないタイプの(?)

人気者でした。

(あっ、今でも健在です)


会長は退いたようですが、

今でも名前を出すと話が盛り上がり、

大叔父に助けられています。


そんな大叔父が縁をつくってくれた

この大会。


3市の市長、議長、社協会長、

県議もいらっしゃり、

(衆議院議員のお二人は珍しく、代理で秘書さん)

始球式は楽しそうでした。





























そして、協賛各社のご協力で、

入賞者には豪華景品が贈呈。












表彰式も盛り上がりました。


各事業所の自主製品販売コーナーも

賑わっていましたよ。


























末永く、この大会が続きますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゲートキーパー

2016-06-20 18:02:31 テーマ:ブログ

「ともみとともに」ゲストは、

心のサロン 主宰で

ハートセンター 心理療法士の加藤絢子さん。


中学生の息子さん二人も学校代休日ということで、

一緒に来てくれました。

背が高くてイケメンで、

よくお話してくれる心優しき兄弟(#^.^#)


何だか感動でした。















実は以前、名古屋で私が受講した

心理カウンセラー資格取得講座。

このときの講師が加藤絢子先生。


なんと瀬戸市在住で長久手福祉の家内で

無料カウンセリングも行っていると分かり、

意気投合いたしました。


今回のお話の中心は「ゲートキーパー」について。

私も先日、育成研修を受けさせて頂きましたが、

ゲートキーパーとは、「命の門番」


自殺の危険を示すサインに気づき、

適切な対応を図ることができる人のこと。


様子の違いに気づき、声をかけて、

話を聴くこと。

専門家につなぎ、見守る。


1日当たり、約75人の方が、

自ら命を絶っているという。


15歳から39歳の死因のトップは、

男女ともに自殺。


命の門番がたくさんいたら、

くいとめられる死も多いのではないか。


息子さん二人は、

お母さんを見ているからか、

学校でもお友だちの変化に敏感らしい。


自然に声掛けができているようだ。


加藤先生が心理学に出会って約10年。


子育てにもかなり役立っているとのこと。

三番目のお子さんは、まだ2歳前。

加藤家のアイドルで、

お兄ちゃんもしっかり子育てに関わっているようだ。


思春期真っ盛りの息子さんが、

「お母さんは素晴らしい」と思っていることが、

ステキすぎる。


内閣府のホームページから、

ゲートキーパー手帳をダウンロードできます。


ぜひ、ご覧ください。


内閣府ゲートキーパー


加藤絢子先生のブログはこちら↓


Psychology Therapist ayako



現在は個人セッションは行なわず、

企業さまとの契約でカウンセリングを

行なっているとのこと。


長久手市福祉の家 ボランティアプラザでは、

毎月17日 無料相談を行っています。

(要予約)

こちらをチェックしてみて下さい。

心のサロン





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

15年前(#^.^#)

2016-06-16 18:57:00 テーマ:ブログ

先日、母の病室で撮った美優との

ツーショットが好評で、

思い出した私のお気に入りの写真(#^.^#)

























アルバムを引っ張り出して、

改めて見てみました。


アルバムの古い写真を撮ったので、

鮮明ではありませんが・・・。


息子は生まれたばかりで、

娘は4歳。


ある日突然やってきた、

このよく泣く生き物はなに?

面白い(#^.^#)


私は、このときそんなセリフを想像しました。


私が抱っこばかりしていたからか、

寝かせると息子は、よく泣いていました。


娘は不思議そうに・・・

また面白そうに・・・

よく覗き込んでいました。

























あっという間に娘は抜かされて、

夏のツーショット。














息子は7ヶ月、

娘は4歳7ヶ月。


川遊びでの後姿。

仲良くたたずんでいるように見える(#^.^#)


もう15年なんですね。


二人を連れて買い物行くのも、

ひと苦労だったあの頃も、

今となっては懐かしい。

二人とも大きくなったなあ。


※病室のおばあちゃんとの写真はこちらをどうぞ。


おばあちゃんの入院







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。