社会人の天然お笑い系 長女


高校生の野球少年 長男


高校生のバスケット熱血少女 次女


3人の絵日記です!





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年12月01日

なんとか生きています

テーマ:

ずっと放置したまま1年以上もブログを更新していませんでしたしょぼん


私はなんとか生きていますドキドキ


脳の病気はなんとかそのままを維持チョキ


定期的に病院にも通っています病院


しかし今年に入り


なんとまあ


がんであることが判明しましたショック!


2回の手術に1か月の入院・・・・


転移はしていないので


仕事にも復帰しています


48歳・・・


体が悲鳴をあげているのかな



長男はこの春から大阪の大学に進学しました。


長女は仕事頑張っています。


次女は来年から広島の大学に行きます。



私の子育てはもう終了ですねニコニコ



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年10月25日

決勝戦

テーマ:長男

とうとう決勝戦の日がやってきました。

ニコニコ

夢にまで見た甲子園まであと1勝のところまでやってきたのです。グッド!


わがチームは決勝までは何度も経験はありましたが


いつも決勝戦で私立の高校に負けてきました。


県立代表としてもなんとしても悲願の優勝を果たしたかったのです。


しかし相手は甲子園の常連高校です。あせる


しかも甲子園でも有名なチームが相手でした。


しかしわがチームは22年ぶりの甲子園がかかっています。


何がなんでも負けられないのです。メラメラ


なんとバス20台を貸し切り全校応援で会場にやってきました。


その中には次女の姿もありました。


次女も長男と同じ高校に通っています。


初めてみる野球の試合に次女も大興奮でした。ドキドキ


そして私の実家の家族たちも応援にきてくれました。


以前ブログで書いた甥っ子のたかお君もきてくれました。ニコニコ




その時の記事はこちら



http://ameblo.jp/tomokumi1536/archive1-200907.html








今は消防士として働いています。ニコニコ



彼もこの野球部のOBで補欠を経験してきました。


ですから長男のいい理解者です。


ものすごい応援団に感激してしまいましたね。


遠いところに暑い中応援にきてくれてありがとう。


すっごくうれしかったよ。








そして午後1時試合が始まりました。






泣いても笑っても県大会最後の試合です。メラメラ


絶対に勝って甲子園に・・・・



ただそれだけでした。



試合は両エースの投げ合いの試合になりました。


お互いプロ注目のピッチャーが先発です。


一歩も譲らない展開にハラハラドキドキで9回まで持つのか不安でした。


連日の猛暑で、すでに気温は36度を超えていました。


それでも選手や応援団は必死でした


負けたくない。メラメラ


勝ちたい。ドンッ


甲子園にいきたい。


お互いの強い気持ちがひしひしと感じられて素晴らしい試合になりました。


点をとっては取り返す、なにがおきるかわからない試合にみんな途中から


涙で泣いていましたね。


それくらい緊迫したとてもいい試合だったのです。



私もずっと泣いていました。しょぼん


だって・・・


だって・・・



こんな素晴らしいチームでわが子が、3年間一緒にやってきたのかと思うと


泣けてきて泣けてきて・・・・あせる


涙で試合が見られませんでしたよ・・・・。



ベンチ入りできなかった3年生のために


レギュラーのメンバーは必死で打ち、守り走り


泥だらけになっていました。


みんなで甲子園にいくんだ!


ただそれだけを願いボールを追い続けたのです。


それが痛いほど伝わってきました。





しかし・・・・試合が動いたのは8回くらいでした。


疲れが出てきたわがチームのエースが相手の連打をあび、とうとう交代してしまったのです。


そっとボールを渡すシーンには胸が締め付けられる思いでしたね。


エースを失ったわがチームはミスも目立ってきました。


どんどん


実力の差が出てきてしまいました。





そして9回5点差でわがチームの攻撃になりました。


昨日の激闘もありましたのでみな逆転を期待し


精いっぱいの声を張り上げて応援しました。




長男を見るともう泣いていましたね。






ボロボロ・・・・大粒の涙を流して


必死にメガホンをもって応援していました。



それをみたら、、、、泣けてきて


泣けてきて・・・・あせる



走馬灯のように


思い出がよみがえってきました。









待望の男の子の誕生に


主人が大喜びだったこと。。。


絶対に野球をやらせるんだって


バットにグローブ、ボールをたくさん買ってきたこと。



小学3年生で野球部に入り



ずっと野球漬けの毎日だったこと。










いくら私が仕事で遅くなっても


玄関で長男は待ってくれていて


毎日日が暮れるまでキャッチボールをしたこと。




中学で野球はやめると思っていたのに


強豪のこのチームに入ったこと。


でもついていけなくて何度も辞めたいと泣いていたよね。


それでもあなたは大好きな野球は辞めなかったね。


何人もやめていってもずっと続けたこと


歯を食いしばって頑張ったこと




誇りに思うよしょぼん





最後のユニフォームもらえなかったけど



一緒に泣いたのは一生の宝物です。


ありがとう


野球を続けてくれて


お父さんもお母さんも楽しい人生でした。



応援楽しかったよ。


こんな経験、なかなかできないよ。


あなたを生んでよかった。


心から感謝します。




そして最後のバッターになりました。


私は涙で全然見れませんでした。









「ゲームセット!!!」



試合終了・・・・・・





覚えているのは


マウンドに駆け寄る相手チームの姿。。。。




泣き崩れる私に保護者のみんなが


抱きしめてくれました。



選手も保護者も生徒も先生も


みんな泣いていました。



だれがが大声で叫びました。




「夢をありがとう! 最高のチームだったぞ!!!」




やりやまない拍手の中


選手たちはずっと立ち上がることはできませんでした。





3年生たちは会場の外でみんなで抱き合い


ずっとずっと泣いていましたね。


キャプテンはみんなを連れていけなかったと


号泣していました。


このキャプテンは中学で長男とずっと一緒に野球をしてきた選手です。



「長男・・・・ごめん


一緒に甲子園いきたかったよな・・・」



そういうと長男を抱きしめて泣いてくれました。



こんな素敵な仲間に出会えたこと


本当に感謝しています。




長男の長い長い野球人生が終わりました。



でも、今年の夏は最高の夏でした。


私たちは、一生忘れることはないでしょう。




最高の仲間と



熱い夏を過ごすことができ


感謝しています。






バラバラな


中学校から集まった選手たち。



時にはライバルで


苦しいこともたくさんありました。


県外から寮生活をしていた選手もたくさんいました。


寂しくて泣いてお母さんに電話した生徒もいたそうです。


でも最後に子供たちから出た言葉は


親への感謝でした。




これからはみな違う道を歩んでいきます。



でもずっとこの仲間の絆はなくなることはないでしょう。



この学校に入って野球部に入って最高の仲間に出会えて


本当によかった。最高だった。




長男は最後に笑ってくれました。









10年間


お疲れさまでした。




あなたにとってこれからも



幸せな日々がきますように。




ありがとう。





とっても楽しかったよ。





BY  母より




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2014年09月18日

いよいよ!準決勝!!!

テーマ:長男

とうとう準決勝まで勝ち進んできました!!!ニコニコ


気温37度超え!!


ものすごい暑さです。あせる


相手は昨年の秋の大会で準決勝でなんとか勝った相手で


とてもてごわいチームです。


体も大きく同じ県立高校ということで


ライバルでもありました。


力は同じくらいで似たような感じのチームです。


こういったチームが一番やりにくいそうです。


でも、もうそんなことどうでもいいです。


もう勝つしかないのですから・・・・。



3年生全員が応援にやってきました。



保護者たちもほぼ全員で集合しました。


選手たちも気合い十分です。


長男たち応援団も円陣を組んで気合いを入れます。





そして・・・


試合が始まりました。




1回


2回


3回・・・・



お互いが一歩も譲らず0点のまま試合は続きました。


必死に応援しますが、あと1本が出ません。


あとの打者に続かないのです。


相手は評判のいいピッチャーです。


完全にわがチームを研究していました。


頑張れ!!!!



必死に応援しますが


ためいきで消されていきました。



その時でした。



やばい・・・・・



頭が真っ白になりました。





「ごんたさん!!!」




なんと試合中に腰が抜けて立てなくなってしまったのです。


私以外にも保護者、応援の生徒たちもばたばたと倒れてしまいました。









泣く泣く木陰で休みましたが


試合が気になって気になって


1秒でも早く応援席に戻りたくて体を冷やしました。




その時でした。



「わああああああああ!!!!」



グランドからものすごい声援が聞こえたのです。


ま・・・まさか!!!



立ち上がり得点をみました。







なんと相手が得点していたのです。


早く戻らなければならないと思い


必死で応援席に戻りました。








9回の裏・・・・・


4対0で負けていました。


しかもツーアウトでした。





「・・・・・・しょぼん




涙があふれました。


なぜだかわかりませんが勝手に涙がボロボロ流れ落ちてきて


子供のように大声を出して泣いている自分がいました。


人間ってこんなにも泣けるのか


こんなにも涙って溢れ出すのか


初めての経験でした



長男のほうを見ると長男も号泣していました。




長男たちの野球が終わってしまう。


もうこの仲間と野球ができなくなる。


そう思うと本当に涙が止まらなくて



悲鳴のように泣きじゃくりました。



そしてランナー2塁、バッターボックスにはT君が入りました。


T君は何度も野球部を辞めようとしていた選手です。


長男たちは何度もT君を慰め引き戻してきました。


その彼の姿を見たらまた泣けてきてしっかり見ないといけないのに


涙で全然前が見えなくなりました。




「カキーーーーーン」




打った音だけが聞こえました。


ボールがどこへいったのかフライだったのか


見えなくなりました。


その瞬間地鳴りのような声が会場中に響きました。


1点をなんとか取ったのです。


T君はものすごい笑顔でガッツポーズしているのが見えました。







その後なんと2点も追加し流れが一気にわがチームに傾いてきました。


あと1点で同点!!!メラメラ


打者は2年生です。


表情は硬く体が震えてるようにも見えました。


そして彼は一度応援席をちらっと見たのです。


ベンチ入りできなかった3年生を見て


目つきが変わりました。


あと1本出れば同点です。


彼は思い切り振りぬき打った打球はセンターに抜けていきました。



「同点だ!!!!」







なんという子供たちでしょう。


彼らのひたむ

きさ、勝負への気持ち、高校野球のすごさを見た気がします。


もう誰もが泣いていました。



保護者も応援席も生徒も先生もアナウンサーまで泣いていたそうです。



ベンチの中も誰もが号泣していました。


体が震えました。


その瞬間に立ち会えたことに感激しもうカラカラのはずなのに


涙ってまだ出るんだ・・・溢れ出す涙をふくこともできませんでした。



そして延長戦に入りました。


もう勝つことしか考えていません。


さっきまで泣いていたのにみんな声をからして応援しています。


保護者たちは自然に手をつなぎ祈りました。


みんな静かに祈りました。


10回の裏・・・・



またもツーアウト2塁の場面です。


打者はピッチャーのS君でした。


ずっと2番手のピッチャーでした。


それでも腐らずエースの影で努力してきた選手です。



バッターボックスにたった彼は笑っていました。


余裕で笑顔でバッターボックスに立っていたのです。


野球が楽しい


こんなに楽しい試合楽しまなくっちゃ


彼はそう思ったそうです。



そして狙っていたボールを打ち抜くと


遙かかなたにボールは飛んでいきました。



2塁走者がホームを踏むとベンチからみんな飛び出してきました。


逆転サヨナラ勝ち!!


もうもみくちゃです。


勝ってこんなに泣いた試合なんて


見たことも経験もしませんでした。







おめでとう!!!


大きな声援が選手たちに贈られます。


選手、監督みんなが泣いていました。



あとは決勝・・・


あと1勝で夢がかないます。グッド!




その夜


熱中症で救急外来に運ばれたのは


私でした。。。。。。ガーン




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年09月17日

快進撃!!!

テーマ:長男

二回戦に進んだ長男たちの野球部は快進撃を続けます!


コールド勝ちで次々に勝利し


応援もヒートアップしてきました!にひひ



私も大声を張り上げて


みなさんと応援しましたよドキドキ










おいおい!


病気のくせに張り切りすぎだぞ


BY 旦那(-"-;)




だってもう迷わないって決めたんだもんあせる


全力で応援しようって決めたんだもんあせる





必死に応援する長男に恥じないように


私も精一杯応援しました。グッド!





しかし順当に勝ち進んでいけばいくほど


夏の暑さが容赦なく私の体を


痛めつけていきます。晴れ



でも顔に出せませんでした。


笑顔で、笑って勝利をみんなで喜びました。




気温・・・・36度・・・・晴れ




うだるような球場の暑さは想像をはるかに超えていきました・・・









もう、立っているのがやっとの状態だったのです


そしてとうとう準決勝まで


勝ち進んできました。




予想気温






37度


ここで倒れるわけにはいけない


命がけの応援が始まろうとしていました






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年09月04日

いよいよ1回戦!

テーマ:長男

いよいよ7月16日!


夏の高校野球地区予選の1回戦が始まりました。


私は病気のため、今まであまり応援に来ることができず


あまり話したことのないお母さんもいました。


それでも病気のことはみなさん知っておられたので


体調を気遣ってくれて本当に助かりました。





しかしいざ、応援の席に行くと


レギュラーとベンチ入りできなかった選手の親たちの温度差は


かなりリアルに感じてしまいました。




レギュラーのお母さんたちは固まり


ものすごく盛り上がっていました。


その中に入っていくことができませんでした。




わが子に背番号なんて関係ない、なんて言った自分でしたが


素直に応援できない自分がそこにいました。




チームで戦うんだ、


ベンチ外だって同じチームなんだって何度も心の中でつぶやきました。


しかし、ものすごい疎外感が全身を襲ってきます。


だめな母親だ。


私はなんと心の狭い小さい人間なんだろう。


笑顔で応援している長男を見ながら


どんどん気分が落ち込む自分に気づきました。




「ごんたさん!



お茶どうぞ!」








そんな時に声をかけてくれたのは、同じベンチ外の選手のW君のお母さんでした。


いつもニコニコしていて本当に一生懸命お世話をしてくれるお母さんでした。



W君も一度もベンチ入りしたことはありません。


でもどんなに遠い場所にでも応援に駆け付ける


お母さんでした。






試合はコールド勝ちし初戦突破することができました。


終わったあとも私は半分、喜んでいるような


半分複雑な気分で帰宅しました。


正直、わが子がベンチ入りしたところを見たかったのです。


それが本音でした。






その夜、W君のお母さんからみんなにメールがきました。


「次の試合も頑張ろうね!」



明るい明るいメールでした。



私は、本当にうらやましかったです。


こんなにもわが子のために一生懸命で笑顔で


素敵なお母さんになりたかったな、そう思いました。



そしてWさんに返信しました。


正直に今の気持ちを打ち明けました。




どこかでベンチ入りの保護者の方たちをうらやましく思ったこと。


勝利を喜べなかったこと。


この人になら言えると思いました。




そして返信がかえってきました。




「私も最初は落ち込みましたが、


 現実を受け止めて精一杯応援しようと決意しました。


 ごんたさんも一緒に頑張りましょう。



 ごんたさんは長男くん思いの素敵なお母さんだって


 わが子から聞いてますよ」



・・・・・・・・・汗




 涙が止まりませんでした。


 こんな自分が嫌で嫌で



 嫌いになりそうだったのに


 長男は私のことをそんな風に友達に


 言ってくれていたのです。




「長男くんのTwitterに書いてありましたよ。


 背番号は関係ない。



 母さんがそういってくれた。


 だから俺は仲間を信じて甲子園にいく!


 母さんを甲子園に連れていく」




 一人で泣きました。


 携帯を握りしめて泣きました。




 私はこのとき決意しました。


 倒れてもいい。


 残りの試合は全力で応援しようと。



 もう下は向かない。


 保護者で


 みんなで子供たちを応援する。




 ありがとう。


 Wさん・・・・


 本当にありがとう・・・・





 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。