縄田智子ブログ「Tomo Vision」

縄田智子ブログ「Tomo Vision」


テーマ:
こんばんは星
ドタバタの日々を終えてから、少しだらっとしておりました。

観たかった作品もいくつか観れてはっぴー。

昨日はね、
安藤桃子監督の「0.5ミリ」を観てきましたよ。

安藤サクラさん演じる、「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」になってしまったヘルパーのサワちゃんが、
自らの生活のためにワケありのおじいちゃんを見つけ出しては、彼らの介護や家事を無理やりしていく「おしかけヘルパー」のお話。

これ、落ち着いたら必ず観に行こうと思ってた作品だったのだけど、
本当に観れてよかった。

おしかけヘルパーのサワちゃんに、
おじいちゃんたちも最初は困惑して彼女を追い出そうと必死なのだけども、
天真爛漫で、ストレートに飛び込んでくるサワちゃんに、おじいちゃんたちも段々と心を開いて、孤独を抱えていた彼らの顔が生き生きとしてくる。

0.5ミリという題名にふさわしい、
気持ちいい距離感の映画だったな。

3時間17分もあっっという間。

私、おじいちゃん、おばあちゃんっ子なもんで、おじいちゃんたちのほだされた笑顔だけで何度も号泣。

安藤サクラさんの顔がほんと、菩薩のように美しくて、まぶしかった。

こうゆう距離感をもてる人になりたいな。
心がきゅーっとなる作品でした。



そして、
楽しみにしていた「インターステラー」も観てきました!

本当に良かったなぁぁぁ。

志が高いなぁ。
インセプション、バットマン…
クリストファー・ノーラン監督は本当に素晴らしいと思う。

長くなっちゃうので、インターステラーについての感想は次回書きますね。


今もちょうど、金曜ロードショーでノーラン監督の「ダークナイト・ライジング」がやっています。

バットマンというエンターテイメントでも人間の本質を問う問題提起をちゃんとしてるし、
お芝居もスーパーリアルだし、
物語の構造もしっかりしてる、
大好きなシリーズの最終章。

いつも最後のシーンで泣いちゃうんだよな。

「インターステラー」も涙ぼろぼろ。

涙腺破壊の今日この頃。



今日は寒さが少し和らいでいたので、
サイクリングしてきました。

みなさんの言う通り、
事故らないよう、気をつけます!

{1E5B214F-5013-45C6-9D27-E0CB99C9039C:01}



0.5ミリはスバル座にて鑑賞。

{6A759454-A63A-43FD-ABCA-BDF91CC750B3:01}


明日もステキな出会いがありますように。

みなさんもステキな週末を!


{6A94A043-547A-4CDD-B0CD-5301B513AB54:01}

ではではまたね(^-^)/









AD
いいね!した人  |  コメント(9)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード