縄田智子ブログ「Tomo Vision」

縄田智子ブログ「Tomo Vision」


テーマ:
こんばんはお月様

気づけば1月もあと少し。
ぎっくり腰やったり、色々してるうちに、やっぱばびゅーんと過ぎていったよ、1月。

今日は1月を締めくくる舞台を観てきましたよ。

蜷川幸雄さん演出「ハムレット」。


去年の年末から楽しみにしてたんだ。
2012年にも蜷川さんのハムレットを観てたのだけど、
それが、とても、とても良くて。
その時は兎に角、主演のハムレットが素晴らしかった。

今回はオフィーリア役に満島ひかりさん、そしてその兄、レアティーズ役に満島さんの実弟の満島真之介くん。

で、このお2人のシーンの芝居が本当にステキだった!
父のポローニアスも娘への愛情が湧き出ていて、父と娘がじゃれあっている姿もとても印象的だったな。

舞台上でこの家族が一番生き生きしていたように感じました。
オフィーリアが死んで嘆き悲しむレアティーズの身体の震えは本物だったもんな。

「ハムレット」で、こんなにオフィーリア一家が印象に残るのは初めてだったので、
新発見、とても新鮮で面白かった!


言葉、言葉、言葉…
ハムレットのセリフにもあるように、
シェイクスピアの戯曲は「言葉」が命なのだな。
難しそうだけれど、いつか私も挑戦してみたいです。

あぁ、お芝居したくなってきた。



年末から観だした「ブレイキングバッド」も、シーズン3に突入いたしました。

こんなに海外ドラマにはまったのはいつぶりでしょうか。
ブレイキングバッド、調べてみたら「道を踏み外す、どんどん悪に手を染めていく」っていうニュアンスの言葉のよう。

末期癌を宣告された化学教師のウォルターが、家族に遺産を遺すために、やむおえずドラッグ製作に手を出し、売りさばいていくうちに、引き返せない悪の道にどんどん突き進んでいくお話。

毎回、毎回、絶妙な具合にストーリー展開していって、次を観ずにはいられなくなる。

そして、無駄な登場人物がだれ1人いないのに感動。
何気ないキャラクターも、こいつ、ここで出てくるかぁ!!とこれまた絶妙に登場してくる。

ここまできたら、ウォルターがどうなるのか、最後まで見届けようと思います。


そうそう、
映画「ミュータントタートルズ」がもうすぐ公開されますね。

タートルズといえば、5歳~7歳の私に強烈な影響を与えたアニメ。
下水道に暮らし、美味そうに好物のピザにかじりつくカメたちの姿に、不思議な憧れを抱いておりました。

私はミケランジェロ(黄色)が特にお気に入りだったな。

その実写映画、とても気になります。
多少、思い出補正されてるだろうから、その分ハードル上がっちゃうのだけど、これは観てみようかな。

そんなこんなで、
1月終わります(笑)

積んで、積んで、積んで…
そろそろ爆発していけたらなと。

も少しまっててね。


{1F2F71C0-6C0B-4C58-AD03-1291D176DC31:01}


ではではまたね(^-^)/


AD
いいね!した人  |  コメント(13)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード