オフィス街の大手町の地下に、女性も和める横丁が誕生しました!
その名も「よいまち」


皇居を望む大手門タワー、JXビル、大手門パークビルの3棟を総称した街区「ホトリア」。
その中に生まれた飲食店はなんと16店舗もあるそうです。
そんな「よいまち」が目指すところは、大手町に生まれた粋な大人の社交場。
「気軽に、気楽に」をコンセプトに、個性的な名店が今までビジネスユースな町でしかなかった大手町をグッと楽しいまちに変えてしまいます✨
お友だちに誘われて、オープンより一足早くプレスビューの日にお邪魔してきました^^


以前から大手町はよく利用しますが、こと地下鉄間の乗り換え移動が多く、しかもすご~く無駄に歩くんですよね><
歩きますけど飲食店をさがすのですがなかなか落ち着いて食事ができるお店が見当たらず。
ええ、ずっと大手町ランチ難民だったわけですが、解放されるのがうれしい!


地下店舗へのエントランスは大手町駅C6a出口に直結しており、「よいまち」へは迷いようがないわかりやすいルートになっています。

さらに上がった1Fには緑豊かな庭園が目の前に広がる都会のオアシス空間ができあがり、そのグリーンを眺められるように「よいまち」を代表するうかいの新コンセプト店も入っていました。


各店舗が、地域だったり食材だったりと何かしらに特化したこだわりを持ち、そしてモダンでオシャレな造りや、またほっと憩える古民家風であったり長屋風であったりと懐かしさを思わせる安心できる既出感もあるのです。
飲食店に入るときにアウェーな空気を醸すところもあるけど、「よいまち」はどこもウエルカム!
通りに向かい広く開け放たれた間口や座りやすい工夫のイスなどが用意され、メニューや価格はチョイ飲み・チョイ食べな感じでも、腰を落ち着けたい居心地のよさがありました。
だから女性のおひとりさま、すべてのお店が大歓迎!


横丁の合い間合い間には、各店舗のテイクアウトメニューを持ち寄って立ち飲みができるようにと、セルフサービスの「たまり場」スペースが誕生。
この「たまり場」っていう呼び方も井戸端風で面白い(笑)。


一人一人の楽しみ方を決め付けられないところが、「よいまち」の気軽で自由なポイント。
どんなシーンでも誰でもウェルカムなのです。


実際にプレ営業の各店を駆け足で巡ってみましたよ!



加賀前の粋をにぎる寿司処。北陸のきときとな海の幸を都心の横丁でいただけるお店です。


金沢の旬のおいしい魚を厳選吟味、職人の技で腕をふるうとびきり活きのいい寿司を提供してくれるそう。
のど黒、白海老、赤西貝など能登・日本海の新鮮な海の幸だけでなく、もちろん地酒もたくさん扱います。




展示メニューにはどれも金沢の美意識をひしひしと感じます・・・






私たちものどぐろ炙り寿司などを試食させていただきました^^


見逃さなかった・・・こちら、日替わり小鉢とけんちん汁がついたランチが超お得!!


佐賀地酒 ジビエ 肉豆腐 ルンゴ
Local Saga Sake・Jibie Cuisine・Simmered Meat and Tofu








話題のジビエ料理と濃醇・佐賀地酒のマリアージュのお店。
猪、鹿、熊、雉などの「山肉(ジビエ)」の中でも「名物しし(猪)豆腐」と、特製タレに漬け込んで香ばしく焼きあげる「づけジビエの炭火焼き」が二大名物なんですって。



伝統工芸の香る内装と、店員さんのポップな作務衣?が面白い。



この欄間の彫刻細工の奥には隠れ座敷があるというビックリな造り!!


大鍋で煮込まれる煮込み豆腐。
柔らか―いお肉はビールで煮込んだとおっしゃっていた気がします。
このメインのお豆腐の煮込まれた色!! そう、おかずって茶色めしが最高においしいのよね。






肉割烹の加藤さんと鮮度バツグンな海の幸・北海道の小川さんが軒を連ねる、肉丸・うに丸コンボなお店。





ランチに箱ごとのうにとか採算どうなってるの!?!?


「肉丸」は肉博士・加藤敦氏の目利きで厳選された黒毛和牛を使用した大衆肉割烹。
「うに丸」は北海道直送魚貝と雲丹料理がメインの海鮮炉端。


この牛とろめしの輝きから逃れられなくて・・・


お腹いっぱいだったけど薦められて小鉢で試食を♡
とろける! たまらぬ旨さ!! これはヤバい!
お酒のラインナップも並ではなく揃い、ソムリエ資格保有者のイケメン店長さんにきっと相談に乗ってもらえるはず!



丸の内に本店を構える「手打ちそば  石月」がプロデュースしたお店。


そばはもちろんのこと、焼鳥や干物、そば屋ならではの出汁でじっくりと煮込んだおでんや煮物などをつまみに、女性一人でも気軽にそば屋呑みを愉しめる雰囲気がいいですね。


冷たいお蕎麦をいただきました。


旬の素材にこだわった季節のメニューも取り扱いがあり、若竹そばや生海苔のそばなど、明日にでも食べに行きたいほど気になります。




あっ。このお面は(笑)!


博多発祥のうどん居酒屋さんが大手町デビュー。


グルメな博多でブームとなっている「うどん居酒屋」の中でも、行くべきお店として呼び声高いという「二○加屋長介」は、うどんはもちろんのことお刺身から肉料理、揚げ物などお酒に合う70種類ものおつまみが揃う、飲兵衛には大興奮なお店です。
ハムカツやかまぼこの揚げ物など、B級な感じがソソル~♡


自慢のうどんは糸島産の小麦を使用した讃岐のしなやかなコシ、博多の優しい口あたりを併せもつ麺。
名物だという水炊きをベースにした「鶏スープあつかけうどん」はことこと煮出した鶏白湯スープが濃厚で胃に沁みわたります♡




店名の通り、北陸を中心とした漁港直送の朝獲れの「魚」と、日本酒に合う日本全国津々浦々の「肴」にこだわったお店「さかなさま」。


鮮度のよさがうかがえる、色ツヤのいいお刺身たち。
試食はぶりしゃぶとおあげ焼き。


タイルや青をシンボルカラーとした和風な店内はスタイリッシュで、インテリアも食器類も洗練されてオシャレなんです。




見ているだけでも心が満たされていく時間をくれるお店です。




チーズをアレンジした欧風料理をバラエティ豊富に揃えた「ビストロ マルチー」。


シェフズキッチンで作られるヨーロッパを中心とした各国料理だけでなく、テイクアウト向けのハンディに向いたデリはメニューも多彩で、ここは使い勝手も良さそうなお店ですよ!


プロジェクター完備なので、広いほうのフロアでは貸し切りパーティーもよさそうでした。



立ち飲みBAR 壌
Japanese Standing Bar


「よいまち」は全体的に、古民家の柱や梁を移築しているのかな?
こちらも木のぬくもりがとっても風情のある立ち飲みカウンターバー。


お酒が豊富なのが入ったらすぐわかりましたw                


お値段が一律300円・500円・800円。
クラフトビール・ワイン・焼酎・日本酒・ウイスキーなどを中心に「ジャパニーズブランド」のお酒を多く取り揃え、懐かしさを感じる和のお惣菜や全国の銘柄豚を使用した豚肉料理を楽しめるお店です。
味わいのある木の息遣いが心地よく、1人でも入りやすい大人の立ち飲み場。


おふくろの味が小鉢に並んで300円だったり、500円だったり。
誰もがふるさとを思い出さずにはいられないなつかしさがありますね。






地下の横丁を舐め歩き1階に上がると、そこには目にまぶしいグリーンガーデンと、「うかい」の新しいコンセプトのレストランが!


「ル・プーレ ブラッスリーうかい」。
このこんがり焼かれたロティサリーチキンが目玉なんですって!


路面に面した陽のあたるテラスはすぐに大手町界隈のホットスポットになりそう!
とにかく素敵なロケーション!!
大きな2面の窓からはさんさんと光が挿し、高い天井が開放感たっぷりの店内。

 


ところどころにシンボルである「鳥」のオブジェが並び、テーマカラーのブルーと黒を基調とした高級感あふれる中にも遊び心が覗きます。


常に稼働しているという、キッチンの壁にあるフランス製オープングリル。
フレンチを学んだスタッフさんがじっくりと40分かけて低温で焼き上げられるロテッィサリーチキンは、オーダーを受けてからの調理なので出来立てアツアツの提供なんですよ~。


この日にいただいたのは、ランチ提供のサンドイッチ2種、ロティサリーチキンサンドとオマール海老サンドとプチスイーツ、コーヒー、オリジナルワイン。
こちらは長くなるので、またご紹介しますが、ランチは1500円から楽しめ、あのうかいのお料理が手軽にいただけるとなれば、オープン後の人気は否めないでしょう!


コーヒーはilly。
このプチタルトがどれも絶品!
お腹いっぱいでも手が止まらないという状態に陥りました^^;


奥にはちょっと静かに過ごせるコーナー席もあり、ランチの際は手前のテーブルセッティング、ディナーの場合は奥のセッティングがされるそう。
どちらもブルーが差し色として上品かつ知的に効いています^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にも時間や胃袋に余裕がなく、顔を出せなかったお店も数店舗。







どこも気になるお店ばかり・・・。


「よいまち」

良いまち
宵まち
酔いまち。



もうこれで大手町ランチ難民から逃れられると思うと感慨深いです。
そればかりか移動時間の空いたちょっとの間や、帰りにも寄ってしまいそう!





桜オープン誠におめでとうございます桜


/////////////////////////////////////////////////////

庭園ライトショー
よいまち1Fのホトリア広場を色鮮やかにライトアップ、ビジネス街のど真ん中に幻想的な美しい癒し空間に演出

/////////////////////////////////////////////////////

スタンプラリープレゼント

よいまち店舗にて時以降、一人につき1000円以上利用するとスタンプがもらえ、3つ集めるとうよいまちオリジナルトートバッグがプレゼント!
なくなる次第終了なのでお早めに!


/////////////////////////////////////////////////////

ボトラーズキャンペーン
よいまちFBアカウントで"あなたにとっての「よいまち」フォトコンテスト"開催です。
参加者から抽選で毎月、各店のボトルが当たります。
詳細は3月にHPで公開され、4月に実施されるようですので、よいまちFacebookをフォローしておきましょうね♪


/////////////////////////////////////////////////////


AD


カメラを持って大人の遠足。
千葉・木更津編につづき、こぶろぐご夫婦に誘ってもらい、お友だちとワイワイ行ってきました♪


今回の行き先は、桜伊豆・河津桜まつり




河津川の川沿い約4㎞の遊歩道には、桜並木と160軒もの出店が並び、観光客もぎっしり。
花を撮る人、匂いに気を取られる人、花より団子ならぬ花も団子も状態・・・🍡









原木は車窓から流し見しましたが、河津桜は花弁が濃いピンクが特徴の早咲き桜で、花が咲きそろうとかなりのインパクトで華やか。
毎年河津桜まつり期間は2/10から3/10まで、この川沿いを中心に夜はライトアップも行われています。
もつ煮込みを食べながら露店のお父さん(本職は建築業)といろいろ話したけど、今年は暖冬で例年よりも2週間近く開花が早かったそうで、すでに河津桜まつり初日から花がかなり揃っていたようです。


私たちが行った22日ごろはたわわ。ピークかな?
もう散り始めている株もありました。



河津桜だけでなく、菜の花や梅、伊豆らしくソテツなどとの競演も見られて、目に鮮やかな伊豆・河津地方。
横浜住まいの頃は毎週末と伊豆に釣りに行っていたような頃もあり大好きな場所です^^
温暖で温泉あり、花やフルーツあり、パワースポットあり、お魚やお肉もおいしいですから♡
今は遠くなってしまいなかなか足が向かなくなって淋しく思っていましたが、お友だちが連れ出してくれてとっても楽しい一日を過ごせました。





・・・次回は藤のライトアップ?!



新感覚・東京スイーツ!
リッチなココアパウダーでほっこり~、東京カラメリゼからでた「東京カラメリゼ 贅沢ココアがけお菓子タイムズのモニター募集に当選しました♡


まあるいさくさく軽い食感のチョコウエハース生地にメイプルシュガーをカラメリゼ。
ほろ苦ココアがけがおとな味!


手間のかかったおやつは噛むごとに幸せ気分ヽ(´▽`)/♪
シューケットも気になっちゃう。

東京カラメリゼ 贅沢ココアがけ
お菓子タイムズ

#お菓子タイムズ #みんなのお菓子タイム #上野風月堂 #東京カラメリゼ #東京カラメリゼ贅沢ココアがけ #東京名物 #東京土産 #お菓子タイムズの商品モニター