久々のブログですが、早速告知です。今日はそれについて思うことをつらつらと。


ものすごく久々に劇団でオーディションをすることになりました。どのくらい久々か覚えてないくらい久々です。

思い出してみる。

ええと、バンタムさんとコラボした公演、通称ロクバンタムの時にやったな。これがいつだ?3年前くらい?


劇団6番シードとしては、6ヶ月連続公演の合同オーディションじゃないか?!だとしたらずいぶん前だぞ!
栗生入団前だから4年前くらいじゃないか!?
このオーディションは6ヶ月連続公演、つまり6演目分まとめてやったオーディションで、確か相当の人数の方々が参加してくれた記憶がある。
この時出会って出演してもらったのが、陽田奈緒(当時町田奈緒)さんとか小新井涼さん、飯島裕太君とかかな。みんな今それぞれのフィールドで頑張ってるなあ。遠い目。



あれ、その後の「傭兵ども砂漠を走れ」もオーディションしたっけ?記憶曖昧。
ということで劇団公演履歴を調べてみたら「オレンジ新撰組リターンズ」の時にやったね確か。だから2年半ぶりなのかな。




なんでそれ以来オーディションをやってこなかったかというと、簡単に言うと必要に迫られなかったからです。オーディションってつまりは出演者募集ですから、公演のキャスティングをちょっと考えてみると、そういうオーディションで出会った人などがいて、それにまつわるいろんな縁があり、劇団員の外部出演が増えたりで、ざっくり言っちゃえば、やりたい人や欲しい人材がたくさんいたってことになるのだと思う。



じゃあ今はいないのかと言えば、そんなことは全然ないです。むしろ多すぎます、一緒にやりたい人。




で、今回久々にオーディションをやることになったいきさつや理由について話していきますね。
今回のオーディションは来年春の3週間ロングラン公演の出演者オーディションです。この公演をどんな公演にしようかどんな演目にしようか劇団員と話していた時に、出演してほしいキャストさんの名前が似通ってきてるね問題、というのが出ました(笑)

当然ですよね。いい役者さんは人気があってたくさん舞台にも出てるし、うちにも出てほしい。だからこういう場で上がってくる名前が似通ってくるよね、という問題です。程度の差はあれ、どんな劇団でもあるんじゃないかなあ。これは演劇界が盛り上がっているからの現象でもある気がしています。


最近いろんな場所でちょいちょい話してますが、ぶっちゃけ演劇界はめちゃくちゃ追い風で盛り上がってると思います。オーディション告知の文章にも書きましたが、大きくくくれば「ライブ(生)業界」は単純にネットスマホ革命によって、大きく影響を受けていると思います。正確に言うと影響を受けないことが追い風になっていると思います。
作家的に言えば、手ざわりであり、
興行主とか経済的なことを言えば、お金をかけるところにかける時代っていうのかな。確かちょっと前に山下達郎さんが「CDを売るためにライブをやってた時代から、ライブにお客さんを呼ぶためにCDを売る時代になった」と、山下さん自体は喜んでたみたいですが、わかりやすいたとえですかね。


だからまだしばらくはずいぶんたくさんの人達、それは作り手も俳優も観客もがいい潮流となって大きく流れると思っています。


だからこそね、今その潮流の中にいる人、前からいた人、これから飛びこもうって人達に会いたいって思ったんです。


んで話戻って劇団ミーティングで、


久々にオーディションやってみようよ。



とわりと全員一致で決まりました。
だから少し気合いが入ってるというか、なんか来年を占うんじゃないか、などと今からとても楽しみにしついます。



開催日は11月27日(日)、28日(月)です。
※どちらか1日にご参加ください。

申し込み〆切が20日までなのでエントリーはお早めに!迷ってる方はとりあえず参加しちゃいましょう。ワークショップ形式で劇団員と一緒に切磋琢磨しましょー^_^






3週間のロングラン公演、楽しそうでしょ?
たくさんのご参加お待ちしてまーす。


おわり


{D66AFAC6-8C93-4FFB-92CC-50B4244DE6D8}


AD

松葉杖演出は大変だ

テーマ:


{F5ADC5FE-488E-4C7C-BE87-6DE0EC9E92CA}

えー、Dプロジェクト「UDA編、ヒグチ君編」クランクアップの日にですね、溝に落ちてこの様です。


{4A551B30-16BE-41F0-9AF0-80390724BD7C}

{37938F2C-8BAC-4639-8CDC-6554C6C2DDDE}

月夜がきれいな夜でした。

骨折ではなく打撲で、今は松葉杖なしでも歩けるようになりました^_^皆様ご迷惑ご心配おかけしました!!

まだびっこひいた感じで劇場で皆様にお会いすることになりそうです。




そう、そんな「テンリロ☆インディアン」は本日稽古最終日!
ただでさえ2面舞台、ただでさえ鉄格子、んでもって松葉杖…。

機動力が遅い!いろんな視点でチェックしないといけないのに!と頑張って稽古場をうろうろしています。



{5634561B-C447-42B4-8451-751A5598A0F3}

全員出ずっぱりだから写真があまりないのだよ。全然ない(笑)
鉄格子のせいかなんなのか、座組の結束というか一体感はいいね。若手に出したダメ出しを先輩がアドバイスする図。


{CA51A39D-D19E-47AB-A827-261D6218C1A3}

なんだがとても雰囲気のよい座組なんだよなあ。



昨日ツイッターに今回のテンリロに思ったことを書いたから、コピペしときます。

「テンリロ☆インディアン」本日2回通し。キャストは汗まみれで出ずっぱりの芝居をすごい熱量で走り切る。タフな芝居だぜ。ダメ出しが開始1時間半くらいに「足が止まった」ってまさにサッカー(笑)高速のパスを回しながら2時間15分駆け抜ける。あ、上演見込み時間はそのタイムです。観てね!

「テンリロ☆インディアン」土田君の汗が尋常じゃない。開始10分で遠目から顎から滴り落ちるのが確認できる。仕事量が多い役者は好き。みんなそんな感じだよ。2面鉄格子舞台だからこそのリアリティとそれを生む役者のポテンシャルと技術だ。明日万全の最終稽古を終えて劇場入りの予定だ。観てね!

「テンリロ☆インディアン」上演見込み時間は2時間15分です。昨今ではちょっと長いって言われる尺だけど、再々演だけど削ることをしなかった。今の私の脚本技術で切ることはいくらでも出来たんだけど、この作品は時間=物語みたいなとこがあって、無駄を切るとラストの感動が薄れるんだ。

「テンリロ☆インディアン」だから上演時間を気にしないで頭から好きなように演出した。それはうまく行ったんじゃないかなあ。観劇頂く皆様、観劇を考えてる皆様、全然(体感)長くないですからご安心を。ちなみに出ハケなく一番鉄格子の中に居続けるのは宇田川土屋ペア。2時間15分中2時間かな。


{89FFE09D-3896-45B1-9D37-36EEB2693D87}

ぜひ観に来てください。



おわり。


AD
劇団6番シード&Project Yamakenが製作中の長編映画「Dプロジェクト」の第2弾〜UDA編、ヒグチ君編〜がクランクインしたぜ。わーわー。今日でちょうど折り返しくらいかな。

Dプロジェクトって何?って方はまずはこちらをご覧ください。



連日ツイッターでわいわいやってますが、まとめて写真どーん。


{22322456-65C9-4060-9621-EF09B6A72888}

UDA編主人公宇田川美樹です。この虚構中の虚構の悪が今回の主人公。気になるだろう。

{CC190EB6-441D-49EF-B6D6-45BC6AEAAA32}

アタッカーズも増員。


{89EA1148-DAE5-4A45-96F6-5E586CC697C5}

新人3名さ。

{FCA24AC0-8A5E-4F1E-8261-B11C1B3F047A}

いやー初日から凄まじい撮影でした。9月17、18、19日はまさに戦場だったんじゃなかろうか。

{E455996A-1F54-485C-9BF3-796EABB7C783}

舞台本番前に撮影の福田真夕さん。まさかの雨待ちで、タイムリミット2分前に撮影終了!移動中の車内でメイクを落とし劇場に向かいました。

{62F5B42B-6410-4BCC-B1E1-468223F7E207}

誕生日を私と椎名(1日違い)で祝って頂きました。

{17701C1C-1E30-4B62-92CE-4371DA0BDD5F}

まさにクライマックスシーン。緊張感のある演技だったなあ。素晴らしかったと思うよ。


{A37BE004-28DA-4751-94E3-FFB61DF84F45}

そして連日の雨雨雨。
アタッカーズ雨の横浜繁華街に現る。かなりのインパクトでした。


{166F3BE8-A36C-4D84-90E6-BCE90419FDA7}

もー土砂降りの中撮影終了!エキストラ参加の皆さん、ありがとう!


{070BB6F5-7D6F-4668-80F6-261F2C6032E6}

UDA編はSATシーン多いんじゃないかなあ。4シーン?5シーンかな。

{665DE661-BE70-4F86-BE48-AFCFCA3FD90B}

来ましたクエスト四天王!映像でも舞台でもクエスト以外で4人が揃うのは初らしいよ。

{35B51124-E98E-446E-94D7-CF20009D354D}

夜のみなとみらいの夜景をバックに。この日も雨。


{BCB38A2C-87DB-460A-9CB9-99E862C3FD05}

{F97C63AD-849F-4239-9F71-AC6DE1F0AFEB}

ヒグチ君編には大物ゲストが続々。プロデューサーの鈴木正博さんと演出家の細川博司さん。
UDA編ヒグチ君編はかなりゲストが多いんじゃないかなあ。

{1948DB8D-385D-45F4-B6B3-B661454887F1}

ツイッターで連載動画みたいになってる宇田川メイク落とし中のネタ「ゴルゴラーメン」が何げにツボです。


さあ、来週から折り返してまだまだ盛りだくさんだよ。公安部のあいつらや、オザワ総理がシン・ゴジラのロケ地に登場や、役名ヒグチ妻のあすぴー登場やら、そして、


私の出演シーンが来週撮影です!


台詞がある…(もちろん自分で書いた)



10月9日エキストラまだまだ募集中!!




AD
さあ、朝イチの千葉方面行きの電車だよ。


いよいよ、というか、もう?というか、昨日より「Dプロジェクト〜UDA編ヒグチ君編〜」が始まりました!わーわー。


ということで撮影初日も今日も、Dプロジェクトではお馴染み?の木更津クリーンセンターだぜ。



ということでライフイズナンバーズを長い電車の中で振り返るかと思ったんだけど、なんとなく気が乗らないなあ。まだ私自身も余韻を楽しんでいたいのかな。
がっつりは年末恒例の振り返りブログにしようかな。



写真で簡単に振り返ります^_^


{B569F2AA-7C74-4B95-ADB5-718EB8D23C42}

オープニングアクト。一筆書きのような演出は実は稽古場で超短時間で決まりました。


{89FD8A49-E85A-4776-8771-09FC61E2606F}

タイトルを黒板に。いいよね。


{58121B66-D67C-4F9F-98D4-8B7A6B9D3304}

小沢さんにはカッコ良くならないしみったれた感を出してくれと言い続けました。
土屋には登場シーン死神みたいにと。かなりの高給だと思いますよこの人。


{AC46C27E-90DB-4B41-9825-97EF0FF5A533}

宇田川の心臓外科医。衣装さんが美脚にこだわってたなあ。

{FEC961A6-A17B-4E02-A5B2-2324557C03AE}

昔読んだ少女マンガとか、そのあたりの雰囲気の二人(笑)

{93631489-CBBC-4CF8-9DA9-EE0DFD1E7382}

大人になって読んだ青年マンガとか(笑)のふたり。少女マンガで言うなら上がりぼんで下が花とゆめ?


{8CCE1215-2526-446C-BB08-1B60A0160D1A}

カフェナンバーズの不思議な夜、という幕の名前がついたこのシーン。ここは得意分野って感じで楽しく書いたな。


{4FDD26AA-AA36-4B2C-BCBB-AAA4649288A3}

主人公拓実が死ぬシーン。主治医沖野君のその後の屋上のシーンが好き。


{4264ACE0-CB8F-4BC9-A5A3-BC3A4C8D5DE7}

まさにコメディリリーフのふたり。あんだけシリアスに喧嘩した後なのに爆笑て。


{996F272A-A786-4720-BAFB-2C03CAE11B69}

お客様から手話に何かストーリー上意味があるのですか?と聞かれましたが特にありませんでした。松本稽古さん演じる七恵さんが手話サークルに通ってそうだなあってイメージで。
栗生のパジャマへの反応の多さ!(笑)

{E34F8606-ADFD-41AF-9B0A-7F091B034D80}

衣装ね。こだわりましたね。衣装の西田さんがね。100着はあったと思いますよ。

{7AEC1243-1E11-4A76-8E4D-0780383859A9}

ラストハログバだね。実に映画っぽいシーンを実に舞台っぽくやれたんじゃないかなあ。


{927B5D22-A263-49B2-BDB2-4176442DC124}

カフェナンバーズ。こんなカフェあったらいいよね。横尾下下さん演じるオーナーの十蔵さんの雰囲気かな。

{9EE76637-C66F-4896-BB96-B594C4940845}

バッティングセンターのシーン好き。山岸監督が「バッティングセンターに見えちゃうんだもんなあ」と言っておりました。舞台ど真ん中をいきなりバッティングセンターに。それが舞台さ(笑)


{70E8058A-43B3-4C39-A503-855CC5DC634D}

うん。やっぱりいいね。この二人。なんかいろんな部分がうまくいっててぴったりで。藤堂瞬と上田理絵。この二人だったからこの物語は最高にロマンチックになったんじゃないかな。


うん、とにかくまだまだじっくり味わいたい作品ですね。年末にはがっつりがっつり振り返りますね。


たくさんのご来場ありがとうございました!





栗生みな退団のお知らせ

テーマ:
 

先ほど劇団サイト等で発表がありましたが、この度栗生みなが劇団を退団することとなりました。まずは劇団で発表しました私と栗生のコメントです。ご一読頂けたら幸いです。


 
劇団6番シード代表の松本陽一です。皆さまにご報告がございます。劇団員栗生みなが9月公演「Life is Numbers」を持ちまして劇団6番シードを退団することとなりました。公演前や上演時に発表し、応援してくださっているファンの皆さまの前でお伝えすることも考えたのですが、お客様に純粋に作品を楽しんでもらいたいという考えの元、公演終了後のこのタイミングで発表させて頂きました。どうぞご理解ご了承いただければと思います。
栗生みなは、およそ3年間劇団員として活動して参りました。ゲスト出演時代を合わせますと5年くらいでしょうか。その間劇団員として、ひとりの女優として大きく成長し、活動の幅を広げてきました。彼女の将来を考えた時、もっと大きなフィールドや新しい世界で活動したいという彼女の希望もあり、劇団を退団し、個人としての活動を充実させる道を選ぶこととなりました。
私も劇団員も栗生みなも、そしておそらく応援してくださっているファンの皆さまも寂しい気持ちだと思います。「すごくバランスがいいね」「この7人全員主役張れる劇団だね」この3年間、沢山のありがたい声を頂戴しました。この7人で沢山の芝居を作れたことは私にとっても幸せな時間でした。だた彼女の夢、目標を考えた時に、もっともっと大きな海に飛び出したい、新しい可能性にチャレンジしたいという栗生の思いは、最大限尊重し、応援してあげたいと思いました。劇団と個人の活動両立はできないの?という声もあるでしょう。これは私も栗生も悩んだところです。ただ、23年進んできた劇団の速度、20代である栗生みなの速度、様々なことを考えた時、ひとり立ちと言いますか、個人活動で新たな扉を模索し、悩み、探し、開いて、彼女の目指す未来をその手で掴んで欲しいと考えました。
栗生みなは誰よりも努力家で、芝居に役に真摯に向き合い、そしてある意味誰よりも頑固(笑)です。彼女の夢へ強い意思が、彼女自身の手によって道が開け、そしてそこが、輝ける場所となるよう私も劇団員も願っています。それが栗生や劇団を応援してくださった皆さまへの恩返しとなればいいなと思います。
劇団を応援してくださっている皆さまへ。3年間、この7人にご声援頂きましてありがとうございます。そしてこれからも栗生みなと劇団6番シードへ変わらずのご声援を頂けましたら幸いです。
現在進行中の「Dプロジェクト」については、映画完成までクリュウ役栗生みなとして出演いたします。こちらも変わらずの応援を頂けましたら幸いです。
 
劇団6番シード代表・松本陽一
 
応援してくださっている全ての皆様へ 栗生みな

この度『Life is Numbers』公演をもちまして、劇団6番シードを退団することとなりました。
なぜ公演後の発表になったかといいますと、作品を単純に楽しんでいただきたかったためです。ご来場いただいた方も、来れずとも応援してくださった方々も突然の発表になってしまったこと、驚かせてしまったこと、本当にごめんなさい。

退団を決意する前、本当に小さな出来事がたくさん重なっていたんです。
自分のこれからの活動について考えていたのもそうですし、
劇団の今後もたくさん考えていましたし、劇団員みんなの未来も考えたりして。

将来を考えた時、自分の目指す姿と、劇団の在り方の歯車が合わないと感じたのかもしれません。ただそれが決定的な理由であるかと言われたらそれも違うのですよね。いろんなことが重なっての退団。
でも6番シードが嫌いになったとかそういうことではないので安心してくださいね。
むしろ大好きです。

退団決定から『Life is Numbers』までの期間、たくさんの気づきがありました。
自分の今までの精神状態や考え方、すごくネガティブだったなと。
退団をきっかけに、人の素晴らしさとか、人と仕事の関係とか
自分の中で180度変わったというか。
あの頃自分を縛り付けていたものが一気に消えた感覚で、すごくポジティブに考えることができるようになりました。
今まで人が何を考えているのかわからなくて怖くて。
今まで自分が何を考えているのか知られるのが怖くて。
それも今となっては何でそんなに怖がっていたのだろうと笑ってしまうくらいです。

この3年間、劇団員として過ごした日々。
たくさんのことを学ばせていただきました。
芝居はもちろん、上下関係や、人間性、本当にたくさんです。
松本さんの作品は今でも大っ好きだし、自分の芝居をわかってくれている劇団員もいます。
ただここにずっといたらそれに栗生みなは甘えてしまうから。
『ホーム』でゴロゴロしちゃうから。
『ホーム』をでることに決めました。

退団をしてからも自分の考えは変わりません。
芝居が大好きであること。
この活動を通して出会えた全ての人に感謝しながら芝居すること。

退団をしてからも自分の夢は変わりません。
たくさんの人に芝居を好きになってもらうこと。
たくさんの人の心を動かせる素敵な女優になること。

ここでお芝居ができたことすごく幸せでした。
そしてここで出会えた人たちに本当に感謝しています。
劇団員、お客様、スタッフの皆様、大好きです。

本当に本当に大好きです。

全ての人に感謝して全ての人を愛して
これからもお芝居という芸術を続けていきたいと思います。

日々精進。今まで以上に頑張ります。

どうぞみなさんこれからも
劇団6番シードを
栗生みなを
よろしくお願いします。
 
栗生みな




悩んだのですがこのタイミングでの発表とさせて頂きました。コメントにも書きましたがどうぞご理解頂けたらと思います。
今回のことは本当に栗生の未来を考えてのことでした。ある意味マイペース(笑)な劇団と、20代で今まさにいろんなことにチャレンジし、もっとメジャーになりたいと目指す栗生との速度の違い、が一番大きいのかも知れません。


だからあっさり(というと言葉が変かな)と送り出すことにしました。私はこういう時に「卒業」って言葉を使うのが嫌いで(なんか学校じゃないんだしって思っちゃう)、退団という言葉を使いましたが、栗生には羽ばたいてほしいなと思います。心から。


とは言ってもね、明後日からまたDプロジェクトの撮影で会うしね、あんまりセンチメンタルな気持ちになる感じじゃないんですよね。栗生が芸能界引退とかなら話は別だったんでしょうけど。


栗生がよく私のことを父親みたいな言い方をするので(笑)、父親として(むずがゆいなあ)見守っていきたいと思います。


栗生がんばれよ!!!!!


そしてこれまで劇団6番シードと栗生みなを応援してくださったすべての方に感謝いたします。
たくさんのファンの方、キャストさん、スタッフさんに支えられ、栗生がいた3年間の劇団6番シードがありました。形や道が変わっても私達は忘れずにこれからも芝居を作り続けます。変わらずのご声援を頂けたら幸いです。




劇団員として最後の舞台となった「ライフイズナンバーズ」で私が栗生に書いた最後のセリフ。


「これからセックスできる彼氏を探そうかと」


なんの意図もないですよ(笑)

ただ、なんか「ライフ」って面白いなあって思いました。

「言うようになったわね」
って宇田川が言ったことにも。


{71FEFFF8-3A7F-4200-8811-BA67400D4D5F}

{EE8A8E65-34A0-4B28-B8F1-39A7A3BE3C79}