馬場と馬体重とパドックによって変更があると思いますが、本命馬と穴馬を決定しました。

マーチステークス 中山競馬データ
<中山11R>
本命:ロンドンタウン
穴馬:ショウナンアポロン(最初のコーナーを先頭で回ったら可能性が上がる)


その他の馬印は以下のサイトでお願いします。
2017年3月26日(日) 中山11R マーチステークスの予想
買い目
ワイド◎-〇▲▲
三連複軸一頭ながし◎-〇▲▲△△△


===========
高松宮記念 中京競馬データ
<中京11R>
本命:レッドファルクス(雨が降って馬場が重くなっていたらソルヴェイグで)
穴馬:セイウンコウセイ(斤量がクリアできるなら面白い)


その他の馬印は以下のサイトでお願いします。
2017年3月26日(日) 中京11R 高松宮記念の予想
買い目
ワイド◎-〇▲▲
三連複軸一頭ながし◎-〇▲▲△△△

AD

中京競馬

テーマ:

の順に期待値が高い

<ダート1200m>
・緩やかな上り坂のあとは4コーナー出口まで下り坂でスピードがつきやすい
・ハイペース必死だが、逃げ・先行馬がばてながら粘り込む形が多い
・下級条件では差し馬の能力が低いので、ある程度ペースが速くても前が残る

<ダート1400m>
・芝スタートで、芝部分を多く通る外枠先行馬が有利
・淀みなくペースがながれ、急坂で止まる先行馬を差し馬が交わすケースも多い
・常に逃げ切りに注意。また内~中枠の回収値が高いことも念頭に

<ダート1800m>
・急坂途中からのスタート。
・下級条件はスロー、上級条件は平均~ハイペースが想定される
・コーナー4回なので内側で我慢し馬群を割るタイプに注目
注目血統はスペシャルウィーク、ブライアンズタイム

<ダート1900m>
・上り坂が200mとしっかりある分、ゆっくり上りそのまま緩むレースが多い
・前半が緩みやすいので、先行・逃げが有利。追い込みはまず無理
・外枠に好走例が偏っているため注意

<芝1200m>
・スタート後、100mの緩い上りから4コーナーまで続く下り
・コーナーのバンクを使いながら加速できる外枠が有利な傾向
・先行馬が明らかに悪く、スピードだけでは押しきれない
注目騎手:中京芝1200m注目騎手

<芝1400m>
・コーナーまでの距離が515mと長く、直線距離と急坂とで序盤のペースは上がらない
・2枠3枠は「死に枠」、そこから外にいくにつれて数字が上がっていく
・追い込みが効く稀有なコース。バンクを使い持続的に脚を使うタイプを狙う

・減量騎手が狙い目か

・全体的にペースが荒れやすい感がある

注目騎手:中京芝1400m注目騎手

<芝1600m>
・外枠の馬は位置取りに脚をつかうロスがある
・ペースに応じた馬が好走するため、ペース読みが非常に重要
・枠番に関してはフラットなコース

<芝2000m>
・直線の急坂がスタート地点であるため、ゆったりとしたままコーナーに入る
・隊列が決まれば、向こう正面でペースが上がる理由はなく、スローペースが多くなる
・スローからの上がり勝負になることも多い

・先行馬有利で下級クラスでは逃げてそのまま勝つことも多い

・上級クラスでは差し・追込も活躍する
・注目血統はサンデー系

・減量騎手が活躍しやすいため注目しても良い

・酒井騎手と西園厩舎のコンビで逃げ・先行馬が狙い目

注目騎手:中京芝2000m注目騎手

<芝2200m>
・スタートからペースが上がるポイントがなく、スローが多くなる
・枠番・脚質ともにフラットで人気馬が強い
・スローからの上がり勝負が定番
注目血統はサンデー系
 

AD

中京芝1200m注目騎手

テーマ:

中京芝1200mで注目すると良い騎手(過去10年データ) 覚書

 

・藤岡康太騎手 勝率10.9% 複勝率24.4%

 クラスが上がると苦戦する傾向がある。

 1600万下は複勝率55.6%だが、未勝利・500万下で大きく勝ち星を稼いでいる。

 差して惜敗という結果がよく見られるため2.3着候補として一考の余地あり。

 中団から差す競馬に注目

 

・浜中俊騎手 勝率12.1% 複勝率30.6%

 クラスが上がると苦戦する傾向がある。

 1600万下・オープンでは全く馬券になっていないが、重賞では45.5%の複勝率

 500万下は牝馬騎乗時に5割に迫る連対率

 

・福永祐一騎手 勝率16.5% 複勝率40.5%

 クラスに関係なく高い複勝率を誇る。

 11Rに芝1200mが組まれたときは複勝率5割、複勝回収値100を超える

 10Rに芝1200mが組まれたときは複勝率62.5%、複勝回収値200を記録したことも

 最近は良・稍重の馬場で好調なのが顕著に現れている。

 

・C.ルメール騎手 勝率22.2% 複勝率50.0%

 クラスが上がって苦戦する傾向はないが、4.5着に惜敗することが多い。

 サンプルが少ないがハンデ戦では馬券になっていない。

 

・蛯名正義騎手 勝率6.7% 複勝率46.7%

 重賞実績はないが、複勝率が非常に高い。

 未勝利・500万下を中心に2.3着が多い傾向がある。

 中団や後方から差す戦法で実績を残しているのが特徴

 

・岩田康誠騎手 勝率13.6% 複勝率40.7%

 メインレースで複勝率が5割、複勝回収値100を超える

 一方、9Rや10Rは複勝率1割台と大きく苦戦している

 

・古川吉洋騎手 勝率15.2% 複勝率17.2%

 一発の魅力がある。

 

・松山弘平騎手

 準オープンやメインレースで追込に期待できる。

 

AD