東京蓋散歩 ~マンホール巡り~

マンホールや消火栓などの蓋、特に地味蓋を中心に観察しながら歩きまわります。タイトルとは裏腹に都外出没頻度も高いです。

NEW !
テーマ:

前篇では上下水道の蓋を紹介したので、その他の蓋などを。

 

といいつつ、よく分からない蓋。清水港付近にありました。おそらく紋章がこの向きで富士山を表しているのだと思うのですが、私設の蓋でしょうか?

 

港らしく「給水栓」。船に水を供給する栓でしょう。各地の港に同様のものがあるようですが実際に見たのは初めてです。

 

オイルタンクの向こうに富士山。

 

オイルタンクを守る送水口達。

 

一方、商店街のアーケード送水口。

 

タコ足地紋を細かいドットで表現した中部電力の蓋。

 

静岡のガス蓋は渋いものが多いです。

 

清水駅の駅舎から見る富士山と車止めの単管バリケード。

 

神社の国旗掲揚台

 

皇紀二千六百年記念 皇風萬里八紘一宇

 

「工水」の文字を組み合わせた静岡県工業用水紋章の蓋。縁石付きの蓋は初めて見ました。貫禄があります。

 


街・建物写真 ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

東海道を日本橋から歩くシリーズは吉原まで来ました。いずれ来ることにはなると思うのですが、ちょっと先行して清水市内を少しだけ歩いてみました。

 

清水駅近くの商店街でいきなり骨董蓋に遭遇しました。静岡市のHPによれば、旧清水市の水道は昭和7年給水開始とあるので、その頃の蓋かもしれません。気を良くして古い蓋を探してみましたが、それらしき蓋は他には見つけられませんでした。

 

この消火栓以外で見つかった右書きの蓋はこれだけでした。「清水市 制水弁」と書いてあるのだと思います。

 

後継品たち。

 

制水弁は六角形の大きめの枠に囲まれたものもありました。

 

一方の下水道はHPでは昭和31年4月より着手とありました。

骨董品ではありませんが、JISベースの地紋に「下水」の文字が入ったなかなか美しいデザインです。旧市章とのバランスもよく印象的な仕上がりですね。

 

「水」の字が消されている蓋です。「下」だけ残す意味があったのでしょうか?何でしょう。

 

ご当地デザイン蓋の種類は豊富です。

上水道はサッカー。

 

下水道は緻密なツツジの蓋。

 

上の蓋と違って塗料が欠落していない完品を撮影したつもりだったのですが、なんと上下逆! いまだにこういうことをやってしまうのです。。。

 

「河川」とあるので暗渠の蓋でしょうか?三保の松原から見た富士山のようです。ご当地蓋の見本のようなデザイン。

 

後篇では上下水道以外の蓋を中心に。

 


街・建物写真 ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高井戸橋から始めた神田川下りシリーズの最後です。

 

万世橋からスタート。

 

東京市下水道、東京ガス、NHKなどの章標類。楕円形の下水道章標は初めて見たのですが、駅からマンホールさんの特集記事「下水君100周年記念企画 ~ 私設下水道施設檢査證章標、他」によるともっとも初期のものだそうです。

 

都内でもインフラ整備の早かった地区なのでしょう。止水栓の古い呼び方だったと思っている「水止栓」の蓋もありました。

 

和泉橋南詰にあった国旗掲揚台。在郷軍人会の紋章がカッコいい。

「伸縮管」「排氣弇」

燦然と輝く「電」

「排水弁」

 

いつの間にか台東区に入っていました。

 

背伸びをしている送水口

 

国鉄の隧道埋設標

 

神田川最後の橋「柳橋」

 

関東大震災で架け替えた時の復興記念碑

 

ここで隅田川に合流し、両国川橋があります。いずれ隅田川下りもしましょうかね。

 

特集最後にふさわしくもないかもですが、平行四辺形柱状の境界石で〆ます。

 


街・建物写真 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まだ続いています。

 

茂みの中に石臼が。東京の都心にまで野良臼。

 

つい嬉しくなる「伏越」「分水」

 

川底の筋。人手で削った跡なのでしょうか?

 

一応これも蓋。

 

ポッポッと音がしている「空気抜き室」

 

神田上水の碑と近くにあった「水槽」

四角い「人孔室」蓋。「マンホールは何故丸い?」と自慢げに聞いている人に見せてあげたい。

都会っぽい川になってきました。

「水道橋分水路」

バスを待つ人々的送水口、採水口

へんないきもの「オオグチボヤ」

蓋に戻ってコンクリ「水準基標」。読みづらくなっている蓋が多いのですが、これはましな方です。

 

カッコいい「伸縮管」

 

単口のスプリンクラー用の送水口もありました。「連結式散水装置送水口」

 

「立孔」

 

昌平橋と萬世橋の親柱で今回の記事を〆ます。次回が恐らく最終回。

 


街・建物写真 ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

淀橋から下流へ向かいます。

 

新宿区内です。「新宿区・土木部・管理課 公共基準点」

 

ピコリーノといえばスズメですが、リスバージョンもありました。

 

大きな水道管も走っています。

 

そして「中水」の蓋。落合水再生センターで処理された水でしょうか?

上の蓋は下水道風ですが上水道風の蓋もありました。上水道なら都章の入る場所に下水君が並んでいます。

 

小滝橋の親柱

 

これは神田川ではなく妙正寺川の開渠の終点。このゴム製の暗幕のようなものは何のためにあるのかな?水流を弱めるため?

 

特殊人孔蓋、長屋蓋、コンクリ蓋のフォーメーション。

 

この3枚組の両端の蓋は下水君が横向きでした。

 

熱心な鉄道ファンなのでしょうか?耳鼻科の先生。ばばじび。

 

4枚組の特殊人孔蓋。右端の蓋は開くのでしょうか?

 

今回の記事の最後は小さめの「伸縮管」蓋で。

 


街・建物写真 ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。