東京蓋散歩 ~マンホール巡り~

マンホールや消火栓などの蓋、特に地味蓋を中心に観察しながら歩きまわります。タイトルとは裏腹に都外出没頻度も高いです。


テーマ:

小田原から箱根峠まで登りました。

 

古い井戸。胴回りの飾り文様が美しいです。

 

小田原市は神奈川県営水道の範囲外ですが、県管轄の下水道はあるようです。

 

こちらの下水道はなんだろう?Gとあるけれどまさか?

 

と思ったら、やはりガスでした。(追記:小田原ガスの紋章と教えていただきました。)

ガスの蓋であれほど下水っぽいのは初めて見ました。

 

中型の右書き「瓦斯」蓋。

 

小田原市公共基準点。

 

そしていよいよ箱根町の蓋が現れてきました。県営水道と共通した形式です。特に楕円形の模様。

 

風景写真も入れておきましょう。

 

このマークは何でしょう? 向きがあっているかどうかもわかりません。(追記:座間市の市章と教えていただきました。上下逆ですね。ザマ見ろってことでしょうか。)

 

VALVEPIT DCIとありますが、社章らしきものも2種類ありました。

 

ちょっと重厚感のある「減圧弁」

 

防火貯水槽は異体JIS蓋。丸が2週並んでいるところが台形になっています。たまに見かけますが、どこかのメーカーのオリジナルデザインかな?(追記:マンホールの鉄蓋の専業メーカー長島鋳物株式会社の製品であると教えていただきました。)

 

町章とかでないのがちょっと残念ですが初めて見た「三方弁」

 

じめじめとした道

 

この街道沿いに電話線が敷設されているようなのですが、こんな弁当箱的なものがありました。ネット上では工事に使う道具箱という説明もありましたがどうなのでしょうか?

 

箱根の関所は随分霧が出ていたので、ここで撤退することにしました。

 

バスで小田原市内に戻ったのですが、折角なので以前見た骨董蓋にあいさつに向かいました。

 

2年半前に撮影した写真。

 

残念なことに無くなっていました。

どうやら、水道管が移動したようで車道側に新しい蓋がありました。

 

というわけで、ちょっと悲しい散歩になりました。

 

街・建物写真 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

都道460号線沿い東十条駅と王子駅との間、中十条1丁目にある都章付きコンクリート蓋を見に行ってきました。ときどき見かける都章付きコンクリ蓋と違って都章が浮き上がっています。

 

普段見かける蓋は都章が凹んでいるのですが単純に、反転しているわけではないようで、比べるといろいろ違いがあります。トゲが少し長い、中央の鍵穴部分の金具の形が違いそう、蓋自身の枠が鉄ではなくコンクリが盛り上がっているなど。

 

目的の蓋はこれだったのですがせっかくなので板橋方面へ歩くことにしました。

 

その前に、東十条駅のそばにある渋い跨線橋。「COCHRANE&Co. 1895 DUDLEY ENGLAND」とあります。

 

親子蓋の二連。手前は伏越ですが、奥は分水と書かれています。

 

下水道台帳では伏越分水人孔一つとして書かれています。

 

ここで別れた雨水が放流され、伏越がくぐっている石神井川。川底から水が湧き出ていました。

 

工業水道も走っています。「空気弁」「制水弁」

 

そしてお宝の右書き萌え点付き「排水弁」。四隅の「工水」。憧れの蓋に会えました。

 

「排水室」

 

ここから板橋駅方向へ歩いたのですが水道蓋も派手目です。

下水道の蓋のように内圧がかかるとも思えないのに厳重に三点ボルト止めされている「流量計」。

 

「立坑室」「人孔室」「通信線」「〇電」

「立坑計量器盤」

 

さあ板橋駅で電車に乗って帰ろうとしたときに以前何度か通った道とは別の道を通ったら思いもかけない蓋が。

 

でかでかとした区章付きの「板橋区 基準点」。こんなものがあるとは知らなかったので大満足でした。

 

街・建物写真 ブログランキングへ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

の1 の続きです。

 

逓信省時代のものと思われる二の字地紋の右書き電話蓋。都市中心部以外の郊外で見たのは初めてです。

 

「内」境界石。内務省かな?

 

旧建設省 国土地理院 水準点

 

南足柄市と開成町を繋ぐ場所で見たことのある緊急連結管の握手蓋が、小田原市水道と神奈川県営水道の間でもありました。

 

市章が二つあるので双口かと思いきやわざわざ「単口」と表示のある消火栓蓋とコンクリ枠付きの一般的な表示の蓋。

 

謎の境界石

 

今回の一番のお宝はこれ。東京都内ではときどき見かけますが、小田原では初めて見た右書き防火水槽の蓋。二枚並んでいました。

 

レア蓋ではありませんが、まとまりの良いデザインの仕切弁蓋。

 

網目人孔縁隗付きの下水蓋。

 

小田原市内には結構な種類の側溝蓋のデザインがあります。以前撮っていなかった気のするものをいくつか。松や梅のおめでたいデザイン。

 

今回の最後は「小田原用水」。世が世なら水道の蓋ということになるのでしょうか。

 

街・建物写真 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

例によって街道シリーズです。

 

大磯をスタート。カラー蓋をゲットできました。

 

虐待されている蓋。明らかに東京都章がかすかに残っています。

 

並木敷境でしょうか。街道の並木を守るものとして官有地にしていたという説明もあり、辻褄はあいますが。

 

水道蓋は相変わらずの県営水道ですが、県営水道紋章付きで「電気」と書かれた珍品。

 

右書きの蓋はつい撮ってしまいます。「制水弇」「仕切弇」「仕切弁」

 

あと、楕円消火栓も。

 

二宮町の蓋も今回初めて見ました。

 

町章は「二」と「宮」を組み合わせたのでしょうか?

 

郵政省の境界石

 

こちらは水準点かな?

 

全く景色などの写真の無いまま小田原に入りました。

 

それじゃああんまりなんで、道の写真も添えておきます。

 

道の次は川というわけでもないのですが酒匂川流域下水道の蓋を。

 

「中二小幹線」 中学生だか小学校だかよく分かりません。

 

その2へ続きます。

 

街・建物写真 ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつか行こうと思っていたのですが、いつの間にか忘れてしまっていた羽田のモノレールの整備場駅付近に出かけてきました。

 

京急の天空橋駅で降りて整備場駅の方へ歩きます。

もう、いきなり航空局のマークの付いた蓋が続々と登場です。といいつつ、航空局の紋章に行く前に、「航」マークの下水空気弁。

本題の航空局紋章の素敵な蓋たち。

この地紋は古そうな気がします。

 

他にも様々な地紋の蓋がありましたが、紋章部分のみ切り取ってみます。

 

くっきりとした消火栓の蓋。

 

ユニークな文字を大胆にショッキングピンクのペンキで消された消火栓。

 

消火栓といえば、こんな素晴らしい地上式消火栓が残っていました。結構レア品ではないかと思います。

 

有名(?)なこの小屋の近くにありました。

 

消火栓ついでに採水口を。

 

蓋に戻ります。水道のハンドホールたちから。

 

憧れのW制水弇。

 

東京都章と汎用の「水」マークの制水弇。

 

いつもはスルーする散水栓も「水」の字の縦棒の両矢印が面白かったので撮影。

 

JAL-EとJAL-T

 

フェンスの向こうのJAL-E

 

もう少し引いて撮ればよかった気象庁のレーダーとその周りの「気」の蓋たち。

 

 

最後にみんな大好きITOITOITOITOでぐるりと囲まれたIGSの蓋を2種。

 

異体JIS型と内側チクチクの蓋。

 

 

省略した航空局の蓋の全体像は先達のcaeruleaさんのこちらの記事に丸投げします。メーカー名の説明もあります。そもそも、今回上げた蓋のほとんどがすでに報告されています。。。

徒然なるままにに 羽田空港周辺の散策 整備場のマンホール その1 その2 

 

今回行っていない新整備場の記事もあります。 その1 その2

 

あっちも行ってみなきゃ。

 

街・建物写真 ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。