コーチみのる・ドットコム

1%の【変化】を楽しもう。~ あなたの【夢】応援ブログ~

NEW !
テーマ:
メンタルコーチ高橋みのるです。こんにちわ。


今回のお話は、

空気を【操る】?、空気を読んで【操られる】?、どっちで行きましょう?

です。

【彩香】の「実践心理学」より…





空気を【操る】?、空気を読んで【操られる】?、どっちで行きましょう?


~~~~~~~~


 
 :
 :
 :
 :
 :
 :

<1・礼儀と常識と空気>

場所には場所の
ルールがあります。

家族だろうが
他人さまだろうが、

人様のお葬式で
ひとりで大笑いしていたら
憎まれます。

また、

自分のでも他人のでも
結婚式で怒ったり泣いたりしたら、

お付き合いは
ご遠慮くださいとなります。

これは空気ではなく、
常識で礼儀とされるものです。

社会の掟を守れぬ人は、
空気を読む前に

個人としての参加すら
許されません。

人様のご迷惑を考えることと、
自分の自由を求めることは
同じ線上に位置します。

自分の自由を
成し遂げたい場合、

他人様に応援して
許可を頂いた方が
楽に成し遂げられます。

社会に反抗するだけが、
個人の自由ではありません。

社会に反抗すると
反社会的行動と呼ばれ、

生涯不自由な身になります。
ご用心くださいませ。

・礼儀=無意識の行動(挨拶・笑顔・マナー、評価も感謝も求めない)
・常識=知識とデータ
・空気=本人が感じる損得(評価や非難を恐れる)



<2・空気を操る人とは>

空気を操ることができる人とは、

礼儀と常識(知識とデータ)を
自由自在に扱い、

他人の気分を「得した」と
感じさせることができる人です。

  :
  :
  :
  :
  :
 


~~~~~~~~



詳しくは、
公式ブログのほうで…。



空気を【操る】?、空気を読んで【操られる】?、どっちで行きましょう?



主なブログ更新は、オフィシャルブログのほうで行います。
https://coach-minoru.com/


どうぞよろしくお願いします。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)