徳樹会 

盆栽と山野草の発展、普及に努め、会員相互の交流と親睦及び技術向上を図る事を主目的とし、北九州市圏内で活躍しています。
毎月定例会を開催しています。
第3土曜日9時30分~12時 北九州市小倉南区長行市民センター


テーマ:

会員を募集しています、これから盆栽を始めよう、興味のある方見学にいらしてください。


 遮光が必要な季節になりました、我が家では今年からベランダの壁際に棚を設置しましたので遮光網も新たに設置する必要が生じました、創意工夫、思考錯誤、費用(材料は100円ショップで調達)を抑え何とか完成しました。


00DSCN1722

 

今月のテーマ 芽切りについて


講師はGさんです、中学からの盆栽歴がある達人の方です。


・黒松基礎知識 成長と一般的な年間作業サイクル

A4の資料としていただきました、黒松を一年通して育てた(観察)したことがなく、季節単位にその都度講義を受け、指導もいただいたのですがつながらずスッキリせず、もやもやとしていましたが、この資料により理解することができました。

4枚の写真として掲載します。

011DSCN1720
012DSCN1720
013DSCN1720
014DSCN1720

・7月の図を白板に書かれ丁寧な講義が行われました(この時手元にはまだ資料はなくもやもや感を講師にぶつけていたので講師も当惑していました「私の基礎知識のなさに」)。

1~2ミリ(剪定するハサミの厚さで感じるように)残し、枝に平行に切り取ることを強調されていました。


・完成品です、今回の実践のために芽切り作業を遅らせていました、切り取った箇所は矢印です。

元気のない樹は切取りは見送るとよいとしていますが、成長過程で芽の長さは異り、完成品は成長を抑えているので短く、若い樹は長くなる、元気のよしあしではないことも言っておられました。

03DSCN1712
・切りとった芽です、場所によって長さが異なります。
04DSCN1713

自作品の手入れ


・成長過程の黒松

芽切りの方法、これからの育て方を話し合っていました。

「育て方は人それぞれだからまずどのようにするかご自身で考えなさい」と強調されていました。

傾けてみたり、少し曲げてみたりするなど、芯、一番枝、後ろ枝、将来切っていい枝など指導していました、要望により主要な部分の剪定が行なわれていました。

05DSCN1714
・植え替えて1年ですが剪定(芽切り)はして良いかの質問。

根がまだなついてないのでしょう、しばらく元気になるまで待ちなさいと指導していました。

06DSCN1716




来月のテーマ

定例会

  講習会 手作り鉢の製作


  自作品の手入れ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。