ガンガン検索上位表示するSEO対策講座!SEO対策事例5,100件超!

SEO対策事例5,100件超!これだけは絶対に押さたい!自分でできるSEO対策、被リンクを集める方法、アクセスアップ術を紹介します。


テーマ:
やりたい事業が決まったら、それを実現するための資金を集める必要があります。
 
資金調達の方法として、銀行融資、補助金の活用、
クラウドファンディングなど、いろんな方法がありますが、
知っていればそれだけで得する案件というのが、実は多々存在します。

補助金にしても、中小企業持続化補助金は、ポイントを押さえればほとんど通りますし、
銀行融資も、地域の融資制度を活用することで、金利を負担してもらえるような案件は多々あります。

「知ってる」か「知らないか」だけで、かなりもったいないことをしている例は多いです。
 
そんな中、持ち家、持ち店舗がある人に、ぜひ試していただきたいのが、
火災保険を利用した資金調達方法です。
 
持ち家、持ち店舗をお持ちの方のほとんどが火災保険に加入していると思いますが、
実は火災って、火事以外にも、風・雨・雪・雷・台風・ひょうなど広く適用されます。

「火災保険」という名前ゆえにイメージできませんが、
火事以外でも約80%の方が火災保険受給対象となり、
実際、申請するだけで保険金がおりた方もたくさんいらっしゃいます。

この辺は、弊社でも代理店として登録し確認済みです。
 
火災保険申請サポート
http://azcreate.net/kasaihoken/blog1/
 
このサービスを利用すれば、難しい申請を無料で代行してもらえ、
しかも、仮に審査に通らなかったとしても、料金は1円もかかりません。

まさに知ってるだけで得する情報ですので、ぜひチェックしてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。AZクリエイトの昆野です。

イギリスのEU離脱が決まりましたね。

イギリスがEUを離脱すると、円高が進み、
日本の輸出企業は大打撃を受けること間違いなしです。

なぜかというと、イギリスがEUを離脱すると、
イギリスからEU加盟国にモノを移動するときに関税がかかるようになります。

イギリスを拠点に、EU全体に物流を行っている企業は、
これまでかからなかった関税がかかってきますので、大打撃です。

関税を回避するには、他のEU加盟国に拠点を移す必要があります。

どちらにしてもコストが上がりますので、
輸出している企業は影響を受けることは間違いなしです。


僕が去年から学んでいる「経営の原理原則」では、
こういった時流解説も行われており、幅広い知識を身につけることができます。

イギリスのEU離脱は、日本にとって影響があるはずなのに、なぜ円高が進むのか、

そして円高が進むと、1円につきどの位の経済損失があるのか。

この辺も、時流解説で詳しく説明しています。

経営の原理原則 WEB講座
http://azcreate.net/keieigensoku/maga1/


僕がこれまでビジネスをしてきて、最もためになった学びがこれです。

この学びを学校の義務教育の中に入れてもらいたいと、本気で思います。

ぜひ一緒に学びましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新たな事業を展開するとき重要なのが「突っ込んだ資金を何年で回収するか」という視点です。

新事業を立ち上げて、1年目から利益を出しても、それは会計上の利益であって本当の利益ではありません。最初に突っ込んだ資金を回収してからが本当の利益です。

この部分が分からず、1年目から利益が出た!と喜んでいる事業者が多すぎます。

現在は時代の流れが速いため、うまくいった事業も5年くらいでピークを迎えることが多いです。このため、初めから5年間での資金回収を計画しておかないと、事業を始めた時点で「赤字」が決定します。

この指標をROI(総資本対経常利益率)といい、5年で回収できない事業には、初めから手を出してはいけません。

社長の仕事は、どんな事業をするのか決めること(ROIが20%以上)。
そして、事業が決まったら、それを実現するための資金集めです。

次回は、資金調達の方法を紹介したいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)