ガンガン検索上位表示するSEO対策講座!SEO対策事例5,100件超!

SEO対策事例5,100件超!これだけは絶対に押さたい!自分でできるSEO対策、被リンクを集める方法、アクセスアップ術を紹介します。


テーマ:
これまで「経営の原理原則」についていろいろと書いてきましたが、
そもそも「経営の原理原則って何?」と疑問に思っている人も多いと思うので紹介したいと思います。

経営の原理原則とは、
資本主義の企業経営のもとで、人類が経験した経験法則(理論)のことです。

経営には、こういう施策をすればこうなると、
すでに歴史上証明されている公式のようなものがあります。

そういったものを体系化したものを「経営の原理原則」と呼んでいます。

この経営原則を学んで大きくなった企業の例を挙げると、
イオン、イトーヨーカ堂、セイユー、ダイエー、ユニクロ、
ミスド、マクドナルド、幸楽苑、日高屋、すき家、マルハン、ダイナムなど
そうそうたる顔ぶれが並びます。

日本の1~13位の流通業、1~8位の飲食業、1~3位の美容業は、
すべてこの「経営の原理原則」を同門で学んだ経営者達です。

さらには、全国に100店舗以上あるチェーン店のほとんどは、
この経営の原理原則の出身者で、それほどすごい影響を与えています。

今回、行ってきたアメリカ・ラスベガスツアーもその一環で、
僕も先生から直接、「経営の原理原則」を教わっています。

学べば分かりますが、
一般的に出回っているマーケティングのノウハウなどとは違い、
やっていることが全然違います。

今後も「経営の原理原則」を学んだとおり、
そのまま紹介していきますので、ぜひ皆さんも参考にしてください!


いいね!(27)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカ・ラスベガスでチェーンストアの凄さを実感してきました。

行ってまず驚いたのが、競争の激しさ!

日本でも競争の時代と言われていますが、
ラスベガスでは、日本のそれとは比較になりません。

すでにアメリカでは、競争から寡占の時代に投入しており、
少しでもお客様の立場(視点)から離れると、
1000億くらいの企業でもすぐ潰れるそうです。

5キロ四方に、ショッピングセンターが20箇所以上あるのですから、
日本では考えられないほどの競争でした。


そんな中、今回の視察ツアーでは、
お客に支持されて伸びている小売店、飲食店を中心に、
ビジネスモデルのフォーマット、業態、売場作りや経営理論、
なぜお客に支持されているのか、そしてその作り方を網羅的に学んできました。

すべての決定に裏付けされた理論があり、目的がある合理的な店舗作り。

お客の視点を踏まえた上で、自社の強み(武器)を徹底的に作り上げ、
多くの人たちの生活を支えている姿に圧倒されました。


先生は、アメリカを見なければ、絶対に伸びることはない、
といつもおっしゃっているのですが、
今回実際に、先生の説明を受けながら視察することで、まさに腑に落ちました。

百聞は一見にしかず


これからも、この学び(経営の原理原則)を学び続けなければならないと強く感じた1週間でした。



いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スベガス視察の理由は、ビジネスモデルの研究、視察です。
 
ラスベガスは1年間に10万人ずつ人口が増えており、アメリカでも人口増加率が高く、非常に【競争】が激しい地域。
 
このため、アメリカで新しいビジネスモデルの実験をする際は、ラスベガスでされることも多いそうです。
 
暮らしを支えるショッピングセンター、業態・フォーマットの店舗や売場、商品や作業の基礎原理、社会的機能論から最新経営論までを網羅的に学んできます。
 
学んだ経営原則は、随時フィードパックしていきたいと思いますのでお楽しみに!


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)