必読!! 暑い夏の過ごし方

テーマ:

こんにちは、TYCC(東栄大和クリーンセンター)のゴンシローです

暑いですね

30度を超えると仕方がないですね

 

夏休みのちびっこはどのように過ごしていますか?

暑い暑いとおかぁさんをこまらせてませんか?

そこで見た目だけでも涼しく感じるアイディアをご紹介いたします。

 

▲グーグル検索 画像を選ぶと文字をイメージ化してくれます。

 

 

まず初めに、「涼しい色」と言うイメージを調べてみました。

調べる前は、かき氷や流れる川、樹氷などを想像していましたが

 

▲涼しい色=夏 冬なら寒い色でしょうか?

 

 

するとこんなイメージが出てきました。

夏をイメージするような画像、色が出てきました。

ご期待に応えて「寒い色」で検索すると

 

▲「寒い色」=冬のイメージでした。前に出てくる色ではなく、後退色でした。

 

 

さて元に戻り

「涼しい色」検索の続きです

▲ふわっとしたイメージですが、春先の涼やかな風でしょうか?爽やかさを感じますね。

 

 

▲ターコイスブルー、エメラルドグリーンどちらも好きな色です。中でも

JRの列車がありますね。「スーパー黒潮」大阪駅から海水浴のできる南紀白良浜へいくリゾート特急です。

 

▲エメラルドグリーンですね。美しい水は、海も淡水もこの色ですよね。気持ちのいい色彩です。

 

ということは、グリーンと水色をベースに色彩をまとめば良いということですね。

うん。うん。いいぞいいぞ。

 

しかしお手軽にグリーン、水色に囲まれることは、なかなか難しい

そうそう、ウンウン

どうしようか、ウンウン

 

▲クーラーの効いた室内で暖かいコーヒーは最高ですね。

 

 

そこでどこにでもある?もので工夫してみましょう

もしなければ、すぐにでも手に入れることができる材料です

ぜひチャレンジのほどお願いします

 

▲インテリグリーンといえば、アイビーです。丈夫で育てやすいですよね。斑入りの葉っぱが見た目に涼しいので明るいグリーンの斑入りがおすすめです。

 

オフィスに植木鉢があればいいのですが、なければご自宅のお庭、出勤途中の公園、河原などでみずみずしい葉っぱを数枚ゲットしてください。

気温の上がる日中は葉っぱもしおれるので朝がいいですね。

ゲットした葉っぱはすぐに冷たい水につけて乾いた葉っぱに十分に水分補給させてください。私は冷蔵庫から氷を一つグラスに入れ、

水が冷たくなった頃に葉っぱを浮かべます

グラスの表面に水滴がつきだすといい感じです。

▲十円玉より少し大きいくらいだとデスクにあってもいいでしょ

 

 

デスクにマグカップまたはドリンクを置くて定位置に

みずみずしい葉っぱを置きます

すると水分も蒸散し周囲の温度が少し下がり、保湿効果もあります。

やってみると水分がみるみるなくなりますよ。

 

▲アップルミント この暑さでも元気に花を咲かせます。実は、花を天ぷらにするととても美味しいあまり知られていません。

 

もう一つは、ハーブを取り入れるアイディアです。

ハーブの中でもミント類は生育旺盛で非常にエネルギーを持った植物です

この暑い中可愛らしい花をつけて涼しい顔をしています

▲たっぷりの水に氷を入れ少し置いておくとミントの爽やかな香りを水分補給とともに楽しむことができます。おかわり!!と心の中で言ってしまいそう(^O^)

弱っている他の植物を横目に、庭一杯に爽やかな香りを発しています。

そな香りを水分補給時に使うと

爽やかさ、気分転換と植物のエネルギーを充電することができます。

自分のグラスに氷と水を入れミントを一枝入れるだけで

気分転換と植物パワーを充電することができます

いいでしょう(^O^)

▲爽やかなミントウォーターもいいが、退社後はバーカウンターで水をハイボールに変えて見てはいかがでしょうか?本格的には少し砂糖を溶かしたバーボンのロックにミントのアイスキューブが最高です。ミントジュレップいいですよ。

 

ミントは園芸店で120−250円程度で購入することができます。

家で植える場合の注意点は、水やりを忘れないで!!だけです

育てやすく丈夫です。冬の寒さにも強いので都会派のあなたでも大丈夫ですよ

もし可能なら、大きめのプランターに植えてもらえると嬉しいです

(ミントの気持ちを代弁です)

 

大きなウオータージャグに入れても良いでしょう。

 

ミドルな男子には別の楽しみ方がありますが

これは退社後の楽しみ方なので、これはまたの機会にお届けいたします。

これからも、快適なオフィス作りのアイディアをお送りいたします

 

ではまた次回お会いいたしましょう。ゴンシローがお送りいたしました。

AD