「留学のための しけんや英語塾」公式ブログ ~Teaching TOEFL is my life~

TOEFLの全てを、TOEFL準備をしている全ての人に、TOEFL受験コンサルタントが語ります。

しけんや英語塾では、TOEFLのスコアを要求されている受験生(高校生~社会人)に、全てのソリューションを用意しています。


1「土曜日TOEFL基礎コース」を毎週土曜日の10:00-13:00に実施していますが、このクラスに2名様分の空きが出ました。ご興味のある方は、ホームページで概要をチェックいただき、お問合せいただければと思います。1日以内にお返事いたします。

ただ、このクラスは多少の準備が必要ですので、金曜日に申し込んで、翌日の土曜日から始めるといのは困難です。余裕を持ってお問合せ・お申込みお願いします。

2しけんや英語塾夏期講座が7月20日(水)から始まります。

毎週水曜日は、基礎的な英文を把握するための講座です。

対象:
① 基礎的な英語構文が把握できないために、英文の理解に困ることがある受験生

② 基礎的な英語構文が実際に使えるレベルになくて、書く英語が平坦かつ平易すぎる受験生

効果:
① 合計(全タームで)60の重要構文をおさえることで、Reading Passageの1文を正確に理解する可能性が高まります。

② 使う意識で勉強することにより、書く英語のバラエティが広がります。

③ その他については、こちらのブログ記事にまとめました。ご一読くださいね。

以上の講座を次のとおり開催します。

日時:
ターム1 7/20, 7/27 (ともに水曜日)
ターム2 8/3, 8/10 (ともに水曜日)
ターム 3 8/17, 8/24(ともに水曜日)

18:30~20:00

受講料:10,000円

定員:15名

場所:東西線茅場町駅から徒歩1分の教室

教材:しけんや英語塾オリジナルの教材を当日にお渡しします。予習よりも、復習のほうに専念してほしいため、当日にお渡しします。

受講方法:
各タームは2週で完結です。1回だけの受講はできません。

復習がしっかりできることが前提です。復習用のマテリアルや課題も差し上げます。これが提出できなければなりません。その代わり、予習は不要です。知らない構文なので、予習は不可能だからです。

3つあるタームはそれぞれ別の内容になります。1つのタームのみの受講でも大丈夫ですし、2つまたは3つのタームに参加することができます。

英語をはやく、正確に読み、聞き、書き、話す、には、英語の型をしっておくことが、まずは一つの近道です。これを意識的に勉強していく講座になります。

特に、TOEFLの準備を始めたばかりの受験生や、TOEFLに限らず、大学入試やその他英語の試験の基礎的素養としての英語構文の勉強としても役に立ちます。

TOEFL60以上の人は、参加できません。もっともっと初歩的な英語を身につけなければならない方のための講座になります。

しけんや英語塾にありがちな、105以上の受講者はこのコースにはおりません!

教室には全員TOEFL60未満!しかしモチベーションMAXの受講生。そんな中で、しっかりと地に足の着いた英語の勉強をしてほしいと思います。

ふるってご参加ください!



お申込みはすべて、
こちらの、しけんや英語塾お申込みサイトからしていただけます。
NEW !
テーマ:
こんにちはパー

留学のための しけんや英語塾主宰、しけんやしのぶですニコニコ


しけんや英語塾の夏期講座のラインアップは、

 https://sshikenya.stores.jp/

こちらのページにすべて載っています。

英語を発するときに、いやに「せわしない」人がいます。

これ、ある程度は性格なので、いかんともしがたいところなんです。

わたしも、どっちかというと、せわしない(忙しない、と漢字で書くそうだ)です。さっさと言うほうがすっきりする。ゆっくり言うの、苦手。けれど、授業だと、意識的にゆっくり言う。100%わかってもらったうえで、それらの英語をそのまま吸収してもらいたいから。聞き取りが問題にならないことが大切。

まあ、それでもなお、すぐに言いたい人がいるわけです。

あー、Yes, the book... I read yesterday.

という感じの言い方なんですけど。

えー、My major is economics, but ...

but if you could

If I could, I ...

Would you study anything else?

I study music

こういう、タイミングがとても悪い感じになるんですよ笑

同じタイミングで質問と答えが同時になるっていうかね。

あれ、なんでしょうね。

聞く側としては、もう十分待ったから、もういい加減、質問を繰り返すなり助け舟を出すべきだ、と思って、繰り返す瞬間に、同じことを繰り返して言う。で、そのまま続くかと思ったら、また

しーん

ってなる。

TOEFLのクラスでは、そんなこと(単純な会話のやりとり)はしないので、起こらないことなんですが、初心者との会話ではよくありますね。

なんなんでしょうね。

リピートしてしまう!

早く言わねば!

というミックスなんでしょうか。

わたしのアドバイスとしては、

相手が話し始めたら、言い終わるまで、しっかり聞く笑

これが絶対大切。だから、相手が質問をし直すやいなや、そこだけすぐ言うっていうのはよくありません。誰のためにもなりません。

相手がもし違う質問をしようと思っていたらどうです?

その代わり、自分が話すときに、時間がかかりそうだったら、

1)潔く、あきらめる



2)お返事になぜ時間がかかっているのか、言う(I can't say my major in English.とか)

になりますよね。

こういう、なんていうかturn-takingという感じの、要するにしゃべるタイミングですかね。会話ががったんごっとんならないように、スムーズにいきたいものですね。

 |  リブログ(0)