1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008年01月29日

スタビロ + エトランジェ・ディ・コスタリカ 2

テーマ:文具(ノート)

うーむ…取り合えず第2弾。

実は未だに試書きをしていないので、あんまり進展無いんっすが…。(大汗)





EDCとSTABILOのコラボ方眼ノート B5ダブルリングノート。

中はこんな感じ。




グレー方眼。

100枚のボリューム。

用紙は割りに厚手でしょうか?

(触りまくって、訳わからなくなった奴^_^;)

同じEDCの方眼レポードパッド に比べると、ザラリとした感触です。


…と今段階では、ここまでのご報告。(大汗)

中途半端でスミマセン。

ところで、EDCのスパイラルノートに方眼ってあったんですね。(汗)

今、サイトを見ていて発見。

でも、何でA4サイズのみなんだ?

これ、サイズ展開して欲しいなぁ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008年01月27日

全豪オープンテニス

テーマ:スポーツ
フェデラーマケタ。

(T_T)

そんな訳で盛り下がりまくった決勝(私的には)でしたが、本日、丁度良い時間帯にやっていたので見ました。
ところで、WOWOWの男子テニスといえば、解説の柳氏。
「フェデラーも今のプレイには、「歯が」出なかったですねー」等とお茶目な解説も記憶に新しいのですが(大汗)、本日もやはりお茶目でした。
というか、実況の方とナイスコンビです。

ジョコビッチは、ドロップショットを繰り出しては失敗してネットに引っ掛けるという事をこの間のフェデラー戦から、よくやらかしてました。
本日も、やっぱりネットに引っ掛けてしまう。
で柳氏。「失敗するのに、どうしてもやりたくなってしまうんでしょうねぇ」
実況氏「下手の横好きですか?」
両氏「はっはっはっ(笑)」

………。
下手の横好きって…。(大汗)
一応、ランキング3位の方なんですが…。
なんか、ノリが一杯飲み屋のテレビで野球見ているオッサンの野次系なんですが…。(大汗)
(いや…よく知らないけど…汗)

他にも…。
決勝に勝ち進んできたツォンガが試合会場に入る前の表情を見て実況氏が言いました。
「どうですか?やはり、ちょっと固い表情でしょうか?」
柳氏「いや、そうじゃないでしょう。」

スミマセン、その全く根拠の無い「言い切り」は一体…?(大汗)
この場合、どっちも、自分の印象で語ってるんですから、そんなにどきっぱり返さなくても…。

その他…。
試合途中で足に痙攣を起こしたジョコビッチに対して、ツォンガは、どう攻めていくべきか…という解説。
柳氏「ここは、攻めて攻めて振り回してやると、足の痛い人にはキツイですね。」

……足の痛い人って……。
いや、その通りなんでしょうが、「足の痛い人」って表現はどうなのよ。(大汗)
「足にきているジョコビッチ」とか、単に「ジョコビッチ」だけで良いのでは……。

うーむ、柳氏、素晴らしい。
最近、ジョコビッチの成長ぶりは、私は2年前から予告していた、とちょっとかなりウザイ柳氏ですが(汗)、やっぱり、時折緊張感の無いこの解説、ナーイスです。(ホントか…^^;)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年01月25日

全豪オープンテニス 男子準決勝

テーマ:スポーツ

ななななななななだるがまけちゃったよぉおぉぉ~(゜o゜)

試合見てないんですが(放送時間間違えた)、ナダルが負けたぁぁぁぁぁ~!???

ひぃぃぃぃぃぃぃ~

(スミマセン、変なアップで…いつもですが…。)

マジですか?

まぁじぃでぇすぅかぁ~?(しつこい)

最近、フェデラー以外には無敵だったのに。

ところで本日、男子準決勝 フェデラーVSジョコビッチ をやります。

17時からだっ!!

去年の全米オープンで、ジョコビッチはフェデラーに、かなり善戦しましたからね。

今日の試合は、わかりませんよぉ~。(T_T)

フェデラー負けたら、決勝はスゴイ事になるなぁ。

頑張れ、フェデラー。

ところで、テニス4大大会は、WOWOWが完全に放映権を握ってしまいましたな。(大汗)

ウィンブルドンは今までNHK BSが放映権を持っていたのに。

昔、サッカーでも泣いたよなぁ。

中田が移籍したばかりの頃のセリエAを独占されて。(T_T)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年01月24日

プロフェッショナル 仕事の流儀 イチロースペシャル

テーマ:ブログ

お正月のスペシャル版です。


NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 イチロースペシャル


私は野球は全く見ません。

地元のチームも見に行かないし、選手も知りません。

(地元のサッカーチームも知りませんが…^_^;)

野球は、ガーッと盛り上がった所でチェンジになるので、集中力が続かないんですよね。

最近はサッカーを90分見る集中力も無くなってきたので(汗)、もしかすると野球の方が程よい集中時間で面白く見る事ができるかもしれませんが。


ま、そういう訳で、イチロー?スゴイらしいねー、という認識しかありませんでした。

でもイチロー本当にスゴイんですねー。

プロフェッショナルを見て、初めて知りました。

なーんか興味の無い人間から見ると、最近、松坂とか松井の方が露出度が高い気がしてたんですが。

ワールド・ベースボール・クラシックで優勝した時もフーンって感じでしたし、某司会者で中年女性に人気らしいM氏が、「(サッカーの)中田は、どうしてイチローになれなかったのか?と考えた」と言うのを聞いた時に、思い切りフンと鼻でせせら笑った奴です。^_^;

(ドイツ大会で惨敗だったサッカーとWBCで優勝した野球を比べ、キャプテンだった中田とイチローを更に比較したらしい。(ーー;))

サッカーと野球を比べるなよ、世界的にメジャースポーツのサッカーと太平洋地域限定の野球じゃ、そもそも比べようがないし、他にも比較対象無さすぎだろ!?何を言ってんだ?と私の脳内では散々でした。

(↑私もよくわかっていないので……<m(__)m>)


ま、そんなこんなで、余計な話に逸れましたが(いつもの事ですが(ーー;))、イチロー凄かったんだねー、とプロフェッショナルを見て初めて思った訳です。

(野球ファンの方スミマセン。<m(__)m>)


で、まあ、2007年度後半のイチローが、プロフェッショナルでは放映されていたのですが、メインは首位打者争い。

2位につけていたイチローが、首位になれるか?

結局、イチローは、首位になる最後のチャンスである打席で打てなくて2位の結果で終わった訳ですが、次の回で守備に入ったイチローが泣いてたんですな。


あのイチローが泣いてるっすよ!あのっイチローが目を真っ赤にして涙流してるんですっ!!

あのイチローがですよっ!!泣ーいーてーるーんーでーすっ!!

(イチローもここまで言われたくないだろうなぁ…(ーー;))


クールなイメージがあったイチローが泣いてるっ(しつこい)事に驚き、九州男児本能全開でイチローファンになってしまった簡単な奴です。(大汗)

注:九州男児本能とは、落ち込んでる奴を元気付けようと飲みに誘い、力一杯自分(だけ)が楽しんで、じゃ!頑張れよ!と肩を叩いて去って行く奴の典型パターン本能です。(全く関係ない説明をわざわざして、全国1千万?の九州男児から思い切り反感を買いそうだ…汗)


ところで、私はテニス界の王者、現ランキング1位ロジャー・フェデラーのファンです。

別に王様好き(汗)という訳ではなく、それどころか、王者フェデラーの余りの強さと試合中のクールさに、なんって小憎憎々々々々々らしい奴だ!とフェデラーの試合相手を常に応援する奴でありました。(判官びいき)

が、某大会で優勝した時のフェデラーの涙に、アッサリやられちゃいました。(えへっ)

なんか聞く所によると、その前のシーズンで相当不調に苦しんでたらしいっす。


って事で、今回のイチローの涙で、「王様(王者)の涙好き」?という事が判明しました。(てへっ)

ちなみに、「女性の涙」にも弱いっす。

年齢問わず、どうして良いかオロオロしまくります。

が、この間の「ひらりーちゃん(クリントン氏)」の涙には「けっ!」と唾吐きました。(下品)

「王様の涙」には弱いですが、「女王様の涙」には厳しいというのは、やはり同性だからでしょうか?(大汗)

うーむ、真の九州男児であれば、女王様の涙に「結構可愛い所あるじゃん?」(とは言わないなぁ…「結構可愛い所あるやん」とか…?^_^;)と思うかもなぁ。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008年01月22日

スタビロ + エトランジェ・ディ・コスタリカ

テーマ:文具(ノート)


前アップで、STABILOのノート買っちゃいました、と書いておりますが…。

今、EDCのサイトを見ていて発見。

これ、スタビロとEDCのコラボだった訳っすね。


EDCやるなぁ。

画像はダブルリングノートB5 ですが、方眼でかなりのボリュームある枚数です。

(サイトに枚数表示が無く、しかも手元に今持っていないのではっきり書けなくてすみません)

このボリュームで方眼で525円というのも、私が気に入った理由。

真っ赤な表紙なので、男性は持ちにくいかもしれませんが、私は全く無問題。^_^;

真っ赤っ赤といいつつも、シンプルなデザインなので、それも良し。

紙質は…すみません、まだ使ってないので、わかりません。(汗)

使ったらまたご報告致しますねー。(ホントか?(ーー;))

取り合えずご報告でした。(大汗)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年01月21日

シャングリ・ラ

テーマ:
シャングリ・ラ/池上 永一
¥1,995
Amazon.co.jp

どうも。

読書ブログ「manu」へようこそ。(大汗)


あー今、色々とアップしたい文具あるのにのにのにのに~。(T_T)

ミドリの新作ノート とか、美すず堂のハードカバーケースノート 初めて見たよ…とか。

STABILOのちょっと良さ気な方眼ノート買っちゃった(^.^)とか、今、私的には海外文具、気分はローリーちゃんとか (大汗:意味不明)。


あーアップしてーよー。(>_<)←勝手にしろよ、という声が聞こえる。^_^;


さて「シャングリ・ラ」。^_^;

2005だったっけ?

ミステリチャンネルの「闘うベストテン」 で、豊崎由美さん本領(「駄々力」と呼ばれている^_^;)発揮で、ごり押し1位に輝かせた小説です。


いやぁ~面白かったっす。

豊崎さん、万歳!^_^;


ちなみに2段組で600ページ。

厚い本にさして抵抗の無い私も、流石に本を開いた瞬間「げっ!?」とドン引きしました。

この厚さで2段組はねーだろー。

っていうか、2段組にしないと全3巻ぐらいになったのか?(汗)


でまあ、日頃から本を読むのは早いと自負している訳ですが、これはメッチャメチャ時間掛かりました。(T_T)

1週間ぐらい?

ほぼ毎日読んでるのに、終わらねーよ、こりゃ…。

え?こんなに読んでるのに、まだ1/4?

マジ?まだ1/3?

という状態でした。

エピソード的に、ここまできたのに、まだ厚さは半分もいってねーってどういう事?

みたいな話の展開なんですな。

だからと言って、話が進まない訳ではなく、展開は物凄く早い。


エピソードが無茶苦茶多い上に、更に一つ一つが長くて濃い(?)。

本を読むのが早いっていうのは、適当に流し読んでる部分もある訳なんですが(汗)、適当に流し読めなかったよ…この本。(T_T)


とにかく、

「くだらねー!」

「バカ?」

「下品!?」

と3拍子揃ってしまったような小説でした。(大汗)

↑誉めてます。<m(__)m>


ありえねー、ぜってーにありえねーよ、ここ。

とかいうシーンばかりですし。(汗)

しかも、無駄にバカスカ人死んでるし…。

なのに、主要登場人物は、ゾンビ?っていうぐらいに死なないし。

残虐シーン多いし、下ネタガンガンだし。


巻末に「ニュータイプ」○月号~○月号掲載って書いてあって、うわっ、これ雑誌掲載だったのか?と驚いたんですが、amazonの書評読んでて頷けました。

「ニュータイプ」ってアニメ雑誌だった訳ね。

いや…名前ぐらいは知ってましたが、ピンと来なかった。

アニメ雑誌と聞けば、いかにもいかにもな小説な訳ですが、でも面白い。

そして話の展開も、なる程、連載だとこういう目が話せない展開が怒濤のように続くのかと頷ける。


そして何よりも小説読んで、こんなに笑えるんだーっと目から鱗でしたよ、わたくし。

私の少ない読書歴で初めてでした、こんなに笑った小説は。


「くだらない…けど笑える」

「バカ…っぽいけど、怒濤のように新展開が押し寄せる。」

「下ネタガンガンで下品なんだけど、下ネタが私ラインでギリギリを保っているので(?)、上品な下ネタ(?)で何とか踏みとどまってる」


で特に強烈だったキャラクターが、ニューハーフのモモコさん(汗)とラスト1/3ぐらいで登場した割りに強烈な印象を残した涼子様。

この二人がダントツで笑わかしてくれました。(大汗)


いやぁ~スゴイなぁ。

池上さんって。

頭の中、どうなってるんだろう?


…さて、私のこの読書感想で「シャングリ・ラ」を読みたくなった人は……果たしているのだろうか……。(大汗)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年01月15日

最近の無印

テーマ:文具(その他)

又しても軒並み季節の商品で値下がりしておりますな。


A5ペンケース付ノートホルダー を初め、あのシリーズは全て値下がり。

うーむ、ノートホルダーは値下がり待ってたんですよね。

でもいざ、値下がりすると、A5ノートを最近使っていない事に気付いた。(汗)

アレ欲しかったんだけど、買っても使い道無いしなぁ。


でも、もう暫くすると文具系は新シリーズ登場になりそうですね。^_^;


他には、水筒も値 下がりしてましたね。(T_T)

まさか、コレが値下がるとはぁぁぁぁ~。(T_T)

全然使ってないけど、かなり哀しい。


ナンだかんだで、無印は愛用しているモノが多かったりです。(大汗)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年01月11日

猫風船

テーマ:

すっかり、読書ブログ化してますなぁ…最近。(大汗)


…じゃないんですけどねー、画像を撮るのが面倒で、他のアップが出来ないんですよ。

まあ、ネタはあるんですけどねぇ。(T_T)


さて猫風船。

猫風船/松山 巖
¥2,520
Amazon.co.jp

掌編小説 だそうな。

長くても4ページかな?

読みやすい上に面白い。


私、元々短編・ショートショートは好きではないんですよね。

集中が途切れるので、一気に読みにくいし。

が、最近年のせいで(汗)集中力が続かないせいか、このテの短い話でも大丈夫になってきました。


えー掌編小説なので、たくさんの話がありましたが、私のお気に入りは「小さいゴジラ」。

体長20センチのゴジラが台風と共にやってくる。

家に入れてやると、家中破壊し尽くして去っていく。(箪笥燃やしたり、置物壊したりして…^_^;)


…それだけなんっすけどね。(汗)

なんか目に浮かんじゃったんですよ、ラストシーン。

暴風雨の中、家を後にするゴジラの姿が「かっこよい」と、その家主が思うんですが、20センチのちっちゃいゴジラが暴風雨の中を去って行く後ろ姿が想像できちゃいました。^_^;


そら、格好えーわー。


で最後に家主は「又来て欲しいなぁ…」とついつい思ってしまうという…。


いいですねぇ、この話。

「なんじゃ、そりゃあ!(怒)」と思われた方、本屋で立ち読みして下さい。(汗)

2~3ページなので、すぐに読み終わります。^_^;

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2008年01月04日

着信御礼! ケータイ大喜利

テーマ:ブログ

最近嵌ってます。


NHK 着信御礼!ケータイ大喜利

生放送でお題を出し、視聴者がケータイメールで応募して、面白いモノをその場で紹介する番組。

えー「欽ドン」の現代版だと思って頂ければ…

(「欽ドン」がわからない子は、お父さんかお母さんに聞いて下さい(T_T))

この番組、生なので司会の今田耕司と千原ジュニアは大変です。(板尾さんは知らない^_^;)

特にジュニアは、パソコンにかぶりつき状態ですし…。

(ジュニアが視聴者のメールをセレクトして発表。視聴者からのメールはジュニアのノートパソコン(ジュニアの前に設置されとります。)に流されてきます。)

NHKの広報番組に出演していたジュニア曰く、メールのセレクトの順番にも気を使うと言っておりました。

余り面白く無いモノをトリで紹介する訳にいかないし…との事。

で、ジュニアが良い答えが無くて焦っている時は、司会の今田が場を持たせなきゃならない。

以前は月イチだったこの番組、評判が宜しいらしくて隔週になってしまったし、本当に大変だと思いますよ。

ところでジュニアと言えば、ジャニ…じゃなくて(汗)、桜庭一樹さんが、千原ジュニアのファンでコントを絶賛しておりました。

ジュニアが書いたコントの脚本もスゴイらしい。

うーん、一度見てみようかなぁ。

と話は逸れましたが、「ケータイ大喜利」ですが、私も一度応募してみたいと思ってたりして。(大汗)

HNは、勿論manu。(滝汗)(…又は「まぬ」かも…^_^;)

でも、お題がマジ難しい。

考えている間に終わってしまうんだな、これが…。(汗)

元々、このテの頭の回転が良くないと出来なさそうな奴って弱いっすよねー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年01月01日

2007 下半期完読本

テーマ:
真面目な話ですが(前アップに比べ)、2007の「ほぼ日」1月1日には目標なんぞを書くという恥ずかしい奴です。
その中で唯一、達成できたかなぁ…(T_T)(他は全部挫折したようだよ。)と思っているのが読書。
もう、ただただシンプルに「本を読む」と書いてありまして、思いきり大雑把な目標だったんですが、人生初めて、こんんなに本読みましたというペースで読んでました。

2007上半期 完読本はコチラ。

で、続いて下半期 完読本。

1.ごめん遊ばせ日本史
2.鹿男あをによし
3.負け犬の遠吠え(大汗)
4.夜の来訪者
5.9月の恋と出会うまで
6.実朝の首
7.自分の体で実験したい
8.三年坂火の夢
9.チームバチスタの栄光
10.廃帝奇譚
11.玻璃の天
12.逆説の日本史11
13.シャーロックホームズと賢者の石
14.メサイア・コード
15.死の蔵書
16.逆説の日本史12
17.逆説の日本史13
18.Tokyo図書館日和
19.神様のボート
20.隠された十字架
21.黄門様と犬公方
22.ドリー先生の歳月
23.ミセス・プリングル
24.エミリー先生
25.さよならフェアウェーカー
26.しあわせなリタイアメント
27.ビターメモリー
28.ブラックリスト
29.ウィンディ・ストリート
30.ホワイトロビン
31.ナイチンゲールの沈黙
32・ジェネラル・ルージュの凱旋
33.街の灯
34.夜は短し歩けよ乙女
35.れんげ野原のまんなかで
36.北斎あやし絵帖
37.キリストの棺
38.逆説の日本史14
37.深追い
38.芸術の売り方
39.収穫祭
40.千年の祈り
41.5
42.国のない男
43.桜庭一樹読書日記
44.村の100年祭
45.夢見る黄金地球儀
46.モスラの精神史
47.ブラックペアン1988
48.村のクリスマス
49.スラッシュグリーンの嵐
50.薔薇の名前

以上50冊完読しました~。(キーボード打つのに疲れた(T_T))

という事で上期・下期合わせて80冊でした。(^。^)

中で印象に残った本ですが…。

私が途中途中でアップしている本は、良いなぁ…と思った本だったのでアップした訳で省略。(汗)
(今年初めてのアップから、こんなんで良いのか…?^_^;)
下半期の本は以前から読んでいたシリーズ物の続きというパターンが多かったので、こういうのも取り合えず省略。好きだから読んでる本なので…。(途中アップしてるモノもあるし…。)

やっぱりこの2冊かなぁ。
深追い (新潮文庫 よ 28-1)/横山 秀夫
¥580
Amazon.co.jp
これは後輩が貸してくれました。
時々、ふと本を貸してくれる美人でスタイルの良い(?)素晴らしい後輩です。(汗…セクハラか…(ーー;))
まあ、セクハラ紛いの九州男児はほっておいて(汗)、良かったです。
某警察署宿舎内に住む警官達の短編集なんですが、面白かった。
最初読み始めた時は、短編集にありがち?な、皮肉の効いたラストの話なのかな?と思っていたんですが、おっとどっこい(?)違いました。
確かに皮肉が効いているんですけど、ラストは希望で終わるんですな。
人間の善を信じた余韻を残して終わるんですが、それがわざとらしくない。
素直に読める辺りが良い。
ちなみに後輩の彼女は、こんな本も貸してくれました。
神様のボート/江國 香織
¥460
Amazon.co.jp
こりゃまた、自分じゃ絶対に選ばねーぜ…という本でしたが(いや、単に食わず嫌い…というより、良く知らなかったので…江國さんの事)、これも面白かったですねー。
ラスト彼女に起こった事は現実だったのか?(ネタバレなので言い方曖昧)
私は多分、彼女の妄想の世界じゃないのかなぁ…と思ったんですけどね。

あ、で私が選んだ2冊の内、もう1冊。
死の蔵書 (ハヤカワ・ミステリ文庫)/ジョン ダニング
¥840
Amazon.co.jp
画像がない(T_T)

シリーズ1作目。
元刑事の古本屋が探偵役。
面白かったのでシリーズ制覇しようと思って止まっているという…。

そういう本多いなぁ。
最近目移りしちゃって、計画的に読んでないよ、本。(元から計画的には読んでませんが)
伊坂さんも読もうとして止まっちゃってるしなぁ。
おまけに、図書館でついつい新しい本を借りちゃって、自分で買って来た本が積ん読状態だしなぁ。
しかも読みかけでほったらかしてるんだよね。
面白い本なのに…。

あ、一つ教訓…というか、これはしちゃいかんねー、という決まりが出来ました…というか、そういう決まりを設けようかと…。^^;
長編は昼休みに読まない。
これやってるとダメなんですよ。
夢中で読んでる本を途中で止めるのは、まだ良いんですけど…(汗)、夢中になる前に途切れ途切れで読んでいるとテンションが上がらないまま、読み終わってしまう事があるんですな。
折角面白そうな本なのに、イマイチノリが悪いまま、未消化で終わってしまう。
昼休みは短編やエッセイとかを読む方が良いなぁ…というのが実感。

さて、今年も読書三昧したいですねぇ。
つくづく近所の町立図書館に感謝です。m(__)m
これだけ読めたのも、其処の存在が大きい。
町外の奴は、年会費で3000円(金額がイマイチセコイ^^;)ぐらい払っても良いんじゃないか?と思うぐらいにお世話になりました。

しかし市の図書館、ナンとかしちくり。
いい加減、開館時間の延長をしてくれないと困るよ。
平日は絶対に借りに行けないじゃん。
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。