栃木避難者母の会のブログ

福島県から避難してきたママ達がつながりを持って、安心して育児や日常生活を送れるように 自分の気持ちを大切に考えられるように 一人一人の声と言葉を大切にしています。福島事故の教訓を学び、伝え、二度と事故が起きないための活動をしています。


テーマ:

昨年6月に行われたシンポジウムの内容が原子力市民委員会ブログで読むことができます。母の会がお世話になっている宇都宮大学 清水名菜子先生も発表されています。前後の登壇者も含め、全ての登壇者がとても貴重な発表をされています。ぜひお読み頂けると有り難いです。

 

ブログはこちらです。

http://www.ccnejapan.com/?p=7353

 

上のブログから開いたレポートがこちらになります。

http://www.ccnejapan.com/CCNE_specialreport3.pdf

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年のお茶会の予定です。コーヒー

フリートークがメインとなります。

自主避難者の借上げ住宅は4月から、個人契約になることから 孤立を解消しましょう。てへぺろうさぎ

また、ADRを進めた人や、これから始める人など、相互に情報交換できるかも!?です。カナヘイ!?

お茶とお菓子を準備してお待ちしています!!カナヘイうさぎ カナヘイキャンディ 

 

2/3(金) 10時より12時まで まちぴあコーヒー

                   途中入場退出OKカナヘイハート

 

3/3(金)  10時より12時まで まちぴあピンクマカロン

                   途中入場退出OKカナヘイハート

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりの投稿です。新年もあけ、先週の土曜日以降、宇都宮も寒い日が続いております。福島市では、雪が降り積もっているとのこと。私は年末からの喉のいがらっぽさがとれません。寝ている部屋が朝方、とても寒いので、起きるのも、朝寝坊化が進んでます(笑)冬場は、風邪をひきやすいのでどうか、お身体を大切にしてくださいね。

ところで、最近の東京新聞の一面は何と自主避難者の住宅問題を連日扱っています。有難うございます!!東京新聞!!そして、今日の社説には、台湾では驚きの原発停止に向かっているとの記事が・・・・福島を教訓としたらしいです。冒頭の「錯覚」には、とても共感をしました。こういう記事はとても希望を頂けるので、ここにも書いておきます。今年は、台湾の原発停止の記事からスタートです~~!

 

台湾の原発ゼロ 福島に学んで、そして

           東京新聞2017年1月17日

 

 「二〇二五年までに原発の運転を完全に停止する」。

台湾は「原発ゼロ」を法律に明記した。兵せて電力事業を段階的に自由化し、再生可能エネルギーへの移行を図る。福島に正しく学んだからだ。

 これは日本のことではないかと、錯覚に陥りそうになる。あるいは、日本でこそ起こるべきことではないか。

 

 昨年五月に誕生した台湾の民進党、蔡英文政権の背中を押したのは、福島第一原発の事故である。

 一衣帯水の隣国で起こった事故は台湾でも起こりうる-。

 

 フクシマから受けた衝撃は、同じ理由でいち早く二〇二二年までの原発廃止を決めたドイツ以上に、強烈だったに違いない。

 

 3・11に際し、台湾市民から世界でも多額の義援金が寄せられたことを思い出す。

 二五年という年限には明快な根拠がある。

 

 台湾の原発は、第一原発から第三まで三カ所六基。うち二基はすでに稼働していない。

 最も新しい第三原発が一九八五年の運転開始、すなわちすべての原発が、その年までに“四十歳”を超えることになる。日本でも原発の法定寿命とされている長さである。

 電力事業は公営台湾電力の独占で、前政権は第四原発の建設を手掛けていた。原子炉や発電機は、日本からの輸出である。

 しかし一四年四月の大規模な反対デモを受け、運転延期と工事停止を決めた。

 新増設は不可能と言っていい。従って、寿命を終えた原発を順番に停止させ、再生可能エネルギーに置き換えていくことで、自然にゼロにできるのだ。

 

 3・11の直後から、私たちがこの国で、再三指摘してきたことではないか。

 プレート境界付近に位置する大地震の多発地帯、海に囲まれた島の中、原発から出る核のごみの行き場がない。原子炉の老朽化が進み、3・11以降は、住民の多くが脱原発依存を望んでいる-。

 ほぼ同じ状況下にありながら、台湾ではなぜ、アジアで初めて原発ゼロを期限を切って法制化できたのか。

 台湾にあってこの国に欠けているものそれは、福島に学ぶ心、民意を聞く耳、そしてその民意を受けて、国民の不安を解消し、命を守ろうとする政治の意思である。

 福島に学んだ台湾に、この国も学ぶべきではないのだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日は、楽しいお茶会&おしゃべりを無事に終了しました。10月は秋祭りや運動会など行事が多いため、お休みします。

11月~12月のお茶会のお知らせです。お茶

11/4(金)  お茶会  10:00~12:00   ランチ会はありませんが、飲み物・
                      お菓子を準備して待ってます。コーヒー
       場所   まちぴあ 
   

11/27(日) 餅つき交流会「いってみっけに行って食べっけ」 10:00~14:00  
        参加者はどの地域の方でもokです。(震災で福島から来た人)ドキドキお団子 
        
   場所   大田原市生涯学習センター(旧図書館)流れ星
        住所:大田原市本町1-2716-5
   会費   志100円~
   主催   とちぎ暮らしネットワーク、母の会、いってみっけ 
        福島しゃくなげ会
   

12/13(火) クリスマスランチ音楽会 プレゼント 
   11:00~ 開場  おしゃべり
   11:30~ 門馬さんより 福島報告雪の結晶
          清水先生より 証言集の感想紹介
   12:00~ 食事、歓談
    13:00~14:00 音楽ショー ちぇかと愉快な仲間たち合格
          ボーカル:Cheka アコースティックギター:イワサキカズヒロ
          ケルティックハープ,笛 :安生正人アップ   
    14:00~14:30 後片付け
    
  場所  tokoトコー 宇都宮市東町316-5  ☎028-661-0788 ブーケ1
  主催   とちぎ暮らしネットワーク、母の会

  *クリスマス会は事前予約が必要です。
  *詳細は、また記事をアップします。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10/7~10 のあいだ、福島県二本松市の福島県男女共生センターで第6回市民科学者国際会議(2016):「チェルノブイリと福島の現実から」 の国際会議が開催されます。ちょっと難しそう?ですが、興味深いですね。低線量被曝の話もありますね。自由に心のうちを発言できるといいな。ラブラブ心の健康のために必要ですからね!!音譜

「市民科学者国際会議は、あらゆる政治、経済、イデオロギー、宗教から独立した自由な市民の活動として、東京電力福島第一原子力発電所事故による健康および環境への被害を最少化するための活動に取り組んでいる」そうです。ビックリマーク

開催日 2016 年 10 月 7 日 (金) ~10月10日 (月・祝)
会 場 福島県男女共生センター(研修ホール・ほか)
所在地:〒964-0904 福島県二本松市郭内一丁目196-1
主 催 市民科学者国際会議/Citizen-Scientist International Symposium on Radiation Protetion
共 催 ドイツ放射線防護協会/German Society for Radiation Protection
福島大学 芸術による地域創造研究所/The Institute of Regional Creation by Arts, Fukushima University

詳細は下記をご覧ください。
http://csrp.jp/csrp2016/

また、母の会でお世話になっております清水奈名子先生は10/9 9:35~に登壇されるようです。アップ

10/9 9:35-10:05
原発事故被災者の健康に対する権利とその危機的状況―栃木県からの報告―

頑張って下さい
!!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。