落語探偵事務所

落語・講談・浪曲、映画、囲碁・将棋、文学、漫画、その他備忘録を兼ねて綴ります。読みたい本、観たい映画、聴きたい落語、並べたい名局、たくさんあります。書き過ぎでネタバレするかもしれないのでご注意ください。



テーマ:

山本兼一『命もいらず名もいらず 上 幕末篇』集英社文庫、2013年、初出2010年。

友人から「鉄舟モノの評伝だと大森曹玄『山岡鉄舟』がいいけど、鉄舟の伝記小説でもかなり面白いのがあるよ」と薦められて読みました。

両方読んでいない…というか、鉄舟って何も知らないに等しいです…。
いや、何も知らない訳ではなく、浪曲の「清水次郎長」モノの中の「石の森松」モノで出てきていたのを聴いたことはあります(それだけでした…)。

山本兼一……直木賞作家の方ですが、私は全く知らなず、その作品を読むのは今回が初めてでした。
ちょうど2年前の2月に50代後半で亡くなったそうです。

上巻は1日で読了。
面白いです。
何というか「強靱な狂人」というか、私心を持たない偏屈者というか…。
絶対に落語に出てこない人です。

幕末、将軍の警護で浪人数百人を浪士組としてまとめて京都へ向かう最中、後の新撰組局長・芹沢鴨を抑えつけるやりとりが興味深かったです。

その他あるのですが、下巻を読み終えてからブログに上げます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。