MusicPlaylist
Music Playlist at MixPod.com
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-07-02 17:24:03

愛されマンネ聖誕祭レポ~6/28さいたま公演~

テーマ:レポ


こんばんは^p^お久しぶりです。






さて、皆さん。

"お誕生日当日に生誕記事を更新する"、

これが当ブログの慣例行事となっていました。





しかし今年の6月はどうした・・・





三飯・・・・・おぬしは愛すべき最強マンネの誕生日を忘れたのか・・・・・!!?












いいえ違います。忘れてなどいません。

私が6/28に記事をあげられなかった理由・・・・


それは、6/28当日に公演に参加していたから!(どん)











 はい、時差すぎてたいへん申し訳ありません。(大真面目)



Twitterのほうでレポはまとめさせていただきましたが、

改めてこちらにおいても6/28にさいたまで起こった素晴らしい瞬間たちについてお送りさせていただこうと思います。











◆6/28ソヒョンセンイル@さいたまスーパーアリーナ




セットリストは通常通り行われ、

最後のMCの時間、スヨン先生から「今日はサプライズがありまーす」と一言。

そこでケーキが登場し、ソヒョンセンイルを祝う流れに。















~お祝いわちゃわちゃ~

・ケーキ登場と同時に我先にとケーキにがっつく少女時代の皆さん(食いしん坊万歳)

⇒シカとパニがつまみ食いをしていたのを目撃したSONE多数←

・ソシにとってはおなじみ、誕生ケーキのロウソクを吹き消す時にする掛け声、「ソウォヌル マレバ!(願いを言ってみて)」のくだり。とっさに出たソヒョンの「秘密デス」が可愛すぎてのたうちまわるレベル。

・ロウソクを吹き消す合図の”せーの”だったはずが。
「「「せーのっ」」」
「ドゥクシッ!!」「どーん!」「バンッ!」
様々な効果音と共に、ソヒョンの頭をケーキに押し付けようとするお姉さん達。()さすが少女時代。その後も何度も頭を抑えていたのはジェシカさん。

・感動の手紙からのそれぞれの行動も面白かったww隠れて泣いてたユナを見て「泣いてる~w」みたいにからかうシカとか。泣き真似を繰り返してタオルを顔に巻き始めるティファニーさんとか。(ソニがいじって遊んでた)⇒パニを見たスヨンさん「変なおばさんがいますね~(素)」
















バースデーソングを会場一体となって歌い、

このようにみんなでお祝いした後、逆にソヒョンからのサプライズが。

日本語でSONEへの手紙を朗読した後、韓国語でオンニ達への手紙を朗読という逆サプライズにSONEもメンバーもびっくり。

手紙の存在を8人は本当に知らなかったらしく、中には泣き出してしまうメンバーも。
















~ソヒョンからSONEへの手紙(原文は日本語)~

「こんにちはソヒョンです。言いたい事がたくさんあって全部は伝えられないので、手紙を書きました。少女時代が日本でデビューして四年が経ちました。1stツアーから今まで辛い時も支えてくれた皆さんのおかげです。この瞬間を忘れません。忘れられない大きな愛で埋めてくれてありがとう。サランへ。」

















~ソヒョンから8人への手紙(原文は韓国語)~

「お姉さん達にも手紙を書いて来ました。
このようにいつも誕生日を隣で祝ってくれるお姉さん達、隣にいるのが当然だと思って過ごしていた時間が長かったような気がします。私は未熟な妹なんですけども、そんな私を支えてくださって、心から感謝しています。お互い辛いことがあったり、楽しいことがあったり、どんな時も力になってくださいました。そして、時には胸が痛くなるようなこともあったんですけども、それも全て愛だと思っています。
お姉さん達、心から愛しています。」










二つの心あたたまる手紙を用意して、会場を感動の渦に巻き込んだ私たちの天使ソ・ジュヒョン。

 その中でもSONEが特に泣かされたのは、

メンバーへの手紙の場面でのそれぞれの反応でしょう。










一番上のテヨンお姉ちゃん。

お祝い中はニコニコ笑顔で穏やかに笑いながらソヒョンを見守る姿が多かった。涙をこらえながらも手紙の一語一句を噛みしめている印象だった。あまり積極的にソヒョンに絡むことはしないが、でも時折静かにがっつく(←画像参照)

ソヒョンが手紙を読み終えた後、わざわざ目の前に行って「わたしたちもあいしてる~!ソヒョン!」と日本語で伝えるテヨン。

一番上のお姉ちゃんは寡黙でシャイだけれど、末っ子への愛を真っ直ぐ伝える人。










クールなジェシカお姉ちゃん。

SONEへの手紙のくだりでは、わざと大げさに泣き真似したりしてふざけていたくせに、いざメンバーに対する手紙が始まると、うって変わって真剣な顔つきになり、ソヒョンを見つめながら静かに涙を流す。

ソヒョンが二つの手紙を読む間、ずっと近くできちんと読めるか見守ってあげたり。普段はからかったり突き離したりする姿が目立つけれど、ほんとは面倒見が良くて末っ子が愛しくて仕方ない世話焼きお姉さん。

二番目のお姉ちゃんは、ドライに見えて全力で末っ子を可愛がっている人。










賢いソニお姉ちゃん。

他メンバーに比べると、日常的にもあまりソヒョンと積極的に絡んでいないように見えて、実は静かにソヒョンのことを見守っているしっかり者。

このお祝いの場でも、マイクを支えてあげたり、静かにタオルで涙を拭いてあげたり。縁の下の力持ち的な優しさでソヒョンを包み込んでいた。

ソヒョンが手紙を読んでいる時、静かに立ちつくしたまま号泣している姿がいまだに頭から離れません。体調が良くなかった中での公演。それに気付いて近寄ったソヒョンとの熱く静かなハグを忘れません。

三番目のお姉ちゃんは、静かに末っ子を見守っている人。










元気なティファニーお姉ちゃん。

彼女は今回のお祝いの場では逸脱(←)していましたね。

他メンバーが全員感動で泣いており、会場全体もしんみりした雰囲気の中、ぼーっとした顔がモニターに写されあわてて泣き真似を繰り出すというwwティファニーさんにしか出来ない偉業を残してくださいました。(しかも1人だけ離れた場所に座ってるというww)

「みんなでしっかりお祝いしました。気持ちを共有し合いました。」と満足気に語っていた姿が眩しかった。ふざけている場面が目立ったけれど、ソヒョンをお祝いしたことを幸せそうに語っていたあの特上スマイルは忘れません。

四番目のお姉ちゃんは、末っ子を朗らかに包み込むパワーを持っている人。






 





いつでも一緒なヒョヨンお姉ちゃん。

ケーキが出てきた時からず~っとソヒョンの横でお世話をしてあげていました。

元ルームメイトでもあり、一番ソヒョンと行動を共にすることが多いお姐さん。8人は本当の姉のような存在だけれど、特にその絆が深い気がするお姐さん。

みんなを安心させるあの"穏やかな菩薩スマイル"でソヒョンの一挙一動、そして手紙のくだりを見守っていたけれど、メンバーへの手紙でうるっときてしまい、バレないように泣くのを堪えていた姿に一番涙腺崩壊させられました。

五盤目のお姉ちゃんは、いつでも末っ子を癒してくれる人。










個性的なユリお姉ちゃん。

実はユリオンニが怖くて苦手だったというソヒョン(※デビュー当初)しかしそのような不安は今ではさっぱり消え、二人でお出かけしたり時には双子のように見えることもある、そんな素敵な間柄に。

ソヒョンが手紙を読み始める時から側にピタッとくっつき、一部始終をすべて見守っていたユリさん。貰い泣きの開始が早かったのが印象的だった。

本当はぐしゃぐしゃになるぐらいの号泣になりそうなところを、ぐっとこらえてソヒョンの見守りに徹する。いつものおちゃらけユリやではなく、"お姉さん"としてのユリやの姿がそこにはありました。

六番目のお姉ちゃんは、無関心に見えて末っ子のことが気になって仕方がない人。










しっかり者のスヨンお姉ちゃん。

今回も安定の進行役に徹し、開始から最後までしっかり仕切ってくれたできるお姉さん。それだけではなく、ソヒョンの「存在(自体)が祝福」という名言すら残してくださるというグッジョブっぷりに会場大拍手。本当に周りを良く見ていて機転が効く人だと思う。

日本語で伝えた「存在(自体)が祝福」という言葉をソヒョンが理解できず、韓国語で言い直した時、照れくさそうに「存在が祝福なんだってばー!ww」と笑いながら伝え直すスヨンさんにソヒョンへの溢れる愛・絆を感じました。

七番目のお姉ちゃんは、末っ子への気持ちを言葉にのせて伝える人。










永遠のヒーロー ユナお姉ちゃん。

ソシの中で彼女にとっては唯一の"妹"、ゆえにいつだって頼れるお姉ちゃん、もはやヒーロー(ユンオッパ)でいようとするユナさん。ゆえに今回の涙にはこちらも泣かされた。

ソヒョンの手紙が始まった瞬間、やめてー!というようにそっぽを向き始め、そのまま泣きはじめるユナさん。ソヒョンには泣き顔を見られないようにと、ずっとソヒョンからは見えない角度で涙をこらえ、静かに聞き入っていた。ギリギリまでこらえる男泣き姿に、"ああ。この人は永遠にソヒョンのヒーローなんだな"としみじみ感動してしまいました。普段はあまり自分からがっつり絡まないのに、手紙が終わった瞬間にソヒョンをタオルでバシバシ。マンネ―ズって素晴らしいね。

八番目のお姉ちゃんは、どんな時でも末っ子のヒーロー。











お姉ちゃんズってば!もう!

 

ソヒョンのこと大好きすぎるだろ!!!(大号泣)






言葉で伝えるスヨン。穏やかな微笑みで見つめるヒョヨン。ふざけつつ見守るシカ。ソヒョンにがっつくテヨン。貰い泣きユリ。静かに号泣していたソニ。見られないように涙するユナ。泣き真似をしつつもお祝いしたことを幸せそうに語るパニ。

8人の姉達は、本当に末っ子が大好き。





みんなそれぞれ、末っ子への愛情で溢れていた。

8者8様の反応の仕方に私は号泣と微笑みが止まりませんでした。








数々のインタビューで、自分は一人っ子だからオンニ達の存在が大切と語っている末っ子。









ソヒョン。君はこれから先も一人じゃないね。

 

君には最強のお姉ちゃん8人がついている。

 













お誕生日当日に同じ空間にいて、一緒にお祝いできるということ。本人におめでとうの気持ちを伝え、祝福できるということ。

 

これまでのソシコンで何回か同じ状況はありましたが、やはりそれは奇跡でかけがえのない瞬間だと思う。今回のソヒョンセンイルでもそのことを強く感じました。













「デビュー後7回目の誕生日ですね!^^祝ってくださった全ての方々~~!それから12時ぴったり!になる前にパーティーしてくれた大切な8人のオンニたち!全部ありがとうございます~♥おかげで忘れられない幸せな一日を過ごしました^^I love you all♥」(本人のTwitterより)


本当に、あなたの「存在自体が祝福」です。

あの場にいれたこと。お誕生日という素晴らしい日を一緒に過ごすことができたこと。私はこれから先もこの日を忘れないでしょう。









その姿を見る度に、自分の生き方を見直さねばと思うような相手は初めてです。最年少には思えない頼もしさ。実は誰よりも頑固で、信念を曲げない強さを持つ人。愛する気持ちにも国境は無いね。

私たちの最強マンネ。










大きな愛で包まれた、私たちの大切な末っ子大天使に。

改めてもう一度。





お誕生日おめでとう!



PR

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>