菅直人新首相は6日未明、首相官邸で、オバマ米大統領と初めて電話で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、移設先を同県名護市辺野古周辺と明記した日米共同声明に基づき対応していくことで一致した。また、今月下旬のカナダでの主要国首脳会議(サミット)の際に初の首脳会談を行うことを確認した。
 大統領は、菅新首相誕生への祝意を伝えた上で、「これからも対等なパートナーシップで協力を強化することが必要だ」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相が退陣~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権

「いいよ、もう十分です」首相が記者団に述べた(産経新聞)
鳩山首相 梅生産者の表敬に「元気になるねえ」(毎日新聞)
将軍の生活描いた浮世絵展、川崎で7日から(読売新聞)
看護師、患者のクレジットカード盗み買い物(読売新聞)
域内自由化、新目標設定へ=APEC貿易相会合が開幕―札幌(時事通信)
AD