黄長●元朝鮮労働党書記が6日、都内で講演し、金正日総書記死後も「北朝鮮内は混乱しない」などと今後の北朝鮮情勢を語った。

 出席者によると、講演会には拉致問題対策本部から招待のあった約75人が参加。北情勢について黄氏は「中国が命運を握っている」「軍幹部は絶対服従を植え付けられておりクーデターは起きない」と話した。

 講演を聴いた横田めぐみさんの母、早紀江さんは「日本にいらしたらもう少しお聞きできるかと期待したが、細かいことは分からないと言われました」と話した。

●=火へんに華

【関連記事】
米核戦略見直し イランと北朝鮮は例外 
赤野死刑囚、密輸図った覚醒剤 出所は北朝鮮?
北朝鮮の黄元書記と中井担当相が会談 夕には家族会と
金総書記訪中「兆候ある」 米国務次官補が可能性を示唆
金総書記が芸術公演鑑賞 朝鮮中央通信報道 
「中国内陸部の資源事情とは…?」

首相、普天間移設案の期限は「なおさら正しい判断」(産経新聞)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
花月園競輪場で最終レース、60年の歴史に幕(読売新聞)
3千万ドルの追加支援表明 岡田氏、ハイチ支援国会合で(産経新聞)
<警察庁長官>「初動捜査の高度化」指示 全国刑事部長会議(毎日新聞)
AD