中井洽防災担当相は4日の参院予算委員会で、チリ巨大地震に伴う津波に対し、避難した住民が少なかった理由について、「津波は数時間続き、後から高い波が来るという報道がきちんとなされていなかったのではないか」と述べた。

 NHKや民放各局は2月28日に緊急番組を放映し、「第2波」以降の警戒を盛んに呼びかけていた。

 また、「地震を体感せずに津波だけ2万キロのかなたから来ることに実感がわかなかった」ことも理由に挙げた。

【関連記事】
津波警報 地デジ工事で防災無線撤去、伝わらず
物資手にして目に涙 中部の被災地 チリ大地震
津波被害対策会議、漁業者支援で議論 利子補給など実施へ 宮城
石原知事、防災相の東京マラソン「悠々と」発言に烈火の反論
異例の謝罪に賛否…気象庁“過大予測”どう評価?

犯人隠避で姉弟ら逮捕 GWG買収仲介脱税事件で(産経新聞)
失意の人々和ませ14年、犬の「純平」天国へ(読売新聞)
<参院予算委>3閣僚遅刻 平野官房長官「連絡ミス」と釈明(毎日新聞)
“極道”振り込め詐欺相次ぐ 「スーツ汚れた。クリーニング代払え」(産経新聞)
派遣法改正で修正案=共産(時事通信)
AD