Challengeな毎日

感謝の気持ちを忘れずに、マラソン、トレイルランに励んでいます。
めざすは、UTMB!

走ったあとの「達成感」、目標をめざしてChallengeする「充実した日々」

肩肘はらず頑張っています(^-^)/


<参加予定大会>


07月16日~17日 Eiger Ultra Trail (101km)

NEW !
テーマ:

日程:2016年9月24日(土)

天気:晴れのち曇り

アクセス:

行程:枝折峠頂上(05:47)~道行山~小倉山~越後駒ヶ岳(08:30)~小倉山~道行山~枝折峠頂上(10:35)

登山形態:ピストン

距離: 14.2km

時間:4時間48分(CT50%)

累積標高:1142m

携行品:
レインウェア(上下)、防寒着(ライトダウンジャケット)、ファーストエイドセット、ホイッスル、テーピングテープ、ポイズンリムーバ、エマージェンシーシート、ヘッドライト、スティックパンx1袋、水(0.5リットル)、タオル、スマホ、財布、山岳保険証/保険証、山と高原地図、ゴミ袋ほか


午前4時頃起きる。

 

枝折峠駐車場にぞくぞくと登山者の車がやってくる。

 

午前5時過ぎには満車になっていた。

 

朝食を食べて出発。

 

すでに明るくなっているのでヘッドライトは点けず。

 

雲海がきれいに広がっている。

 

「やっと晴れた」

 

 

やはり天気が良いとテンションも上がる。

 

目の前にはこれから目指す越後駒ケ岳がはっきりと見える。

 

 

他の登山者との会話も弾む。

 

「晴れましたね!」

 

スタート地点がそれなりの標高なので急勾配の登りは少ない。

 

そのかわりに距離が長いルートとなっている。

 

言わばトレラン向きのルート。

 

けれども走ることはせず、マイペースに進む。

 

週末ということもあって、それなりに登山者もいるからだ。

 

「いいね、いいね」

 

何度も口にしながら歩いていたと思う。

 

そのぐらい気持ち良かった。

 

登山道は階段などもあってかなり整備されている。

 

迷うこともない。

 

写真を何枚も撮る。

 

前駒のあたりでは両手を使って登る場所がある。

 

足を滑らさないように登った。

 

駒ノ小屋に到着。

 

うっすらと紅葉した越後駒ケ岳の山頂が見える。

 

 

もうここまでくれば、あとちょっと。

 

一気に登った。

 

越後駒ケ岳に登頂(標高2003m)

 

 

標高はそれほど高くないけれど景色は良かった。

 

雲一つない。高度感もある。

 

 

越後三山の中ノ岳、八海山もよく見える。

 

 

登ってきたルートもイイ感じに見える。

 

 

「いやあ、気持ちいいな」

 

 

山頂では気のすむまでゆっくりすることにした。

 

このまま中ノ岳、八海山へと縦走したい気持ちになる。

 

そこをぐっとこらえて下山することに。

 

まだ時刻が早いこともあって、これから登ってくる人と多くすれ違った。

 

中には大きなザックを背負った人もいる。

 

今日は駒ノ小屋に泊まるとのこと。

 

長いルートも苦にならず、あっというまに下りてきてしまった。

 

時刻は午前10時35分ころ。

 

やはり予定よりもだいぶ早い。

 

車で銀山平温泉に移動してお風呂に入る。

 

休み処で少し横になった。

 

そして那須塩原に向けて車を走らせた。

 


那須塩原に着くころには雨が強く降っていた。

 

なかなか秋の天気はむずかしい。

 

ファミレスに入って、肉を中心にがっつりと食べた。

 

山に入るとどうしてもタンパク質が不足する。

 

しばらくはUTMF/STYのLIVE映像、情報に釘づけになる。

 

想像以上に大変な状況になっている。

 

そしてSTYが中止になったことを知り、店を出た。


山行最終日へ

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「百名山」 の記事

テーマ:

日程:2016年9月23日(金)

天気:

アクセス:

 

<燧ケ岳>

行程:御池登山口(04:47)~広沢田代~燧ケ岳(柴安嵓)(05:27)~広沢田代~御池登山口(07:37)

登山形態:ピストン

距離:9.2km

時間:2時間50分(CT47%)

累積標高:943m

携行品:
防寒着(ライトダウンジャケット)、ファーストエイドセット、ホイッスル、テーピングテープ
ポイズンリムーバ、エマージェンシーシート、ヘッドライト、エナジーバーx1、水(0.5リットル)
タオル、スマホ、財布、山岳保険証/保険証、山と高原地図、ゴミ袋ほか
(レインウェアは上下着用済)

 

 

早く寝たため午前1時頃、目が覚める。

 

天気は相変わらず雨。

 

これでは星空も見えない。

 

特にすることもなくゴロゴロする。

 

ゆっくり朝食を食べて午前4時47分に御池登山口を出発。

 

まだ真っ暗なのでヘッドライトを点灯。

 

濡れた木道と岩が非常にやっかいだった。

 

滑らないように登る。

 

このルートは最初からなかなかの急勾配。

 

まだ身体も温まっていないので息があがる。

 

 

湿原っぽいところに出た。

 

おそらくここが広沢田代。

 

もうすでにうっすらと明るくなっていたのでヘッドライトをしまう。

 

 

目の前に見えるのが燧ケ岳か?

 

それとも違う山か?

 

天気が悪いので良く分からない。

 

とりあえず前に進む。

 

やっぱりこの日も雨の日トレーニングのような感じとなった。

 

がつがつと登って板嵓(マナイタグラ)に到着。

 

ここは最高点ではないので先へと進む。

 

そして燧ケ岳(柴安嵓(シバヤスグラ))に登頂(標高2356m)

 

眺望はなし。 風が強かった。

 

もちろん誰もいない。

 

 

写真を撮ってすぐに下山開始。

 

 

下山途中、木道に滑って2回転んだ。

 

気をつけてはいたものの、予想以上に滑った。

 

1回はむちうちになったんじゃないかと思うくらい派手に尻もちをついた。

 

 

登山者ひとりとすれ違う。

 

そして御池登山口に戻ってきた。

 

時刻は午前7時37分だった。

 


<平ケ岳>

行程:平ヶ岳登山口(08:40)~下台倉山~白沢清水~平ヶ岳(12:30)~白沢清水~下台倉山~平ヶ岳登山口(15:30)

登山形態:ピストン

距離:20.1km

時間:6時間50分(CT59%)

累積標高:1821m

携行品:同じ


少し休んだあと、尾瀬御池から車で移動。

 

この日はもう1座登る予定を立てていた。

 

30分ほどで平ケ岳登山口駐車場に到着。

 

所用(トイレ)をすませて出発。

 

 

このルートなかなかおもしろい。

 

登り甲斐がある。

 

しばらくは勾配のきつい尾根を登る。

 

そこを過ぎて下台倉山からは比較的緩やかになる。

 

こぶが多い馬の背といった感じ。

 

登り基調だけれどもアップダウンがある。

 

 

「晴れていたら気持ちイイだろうな」

 

そんなことを考えながら歩いた。

 

ここにも木道がたくさんあった。

 

やはり滑る、滑る。

 

コースタイムは往復で11時間以上。

 

日没前には戻ってきたい。

 

さすがにノンストップというわけにはいかず、ところどころで休憩をとった。

 

今朝ひと山(燧ケ岳)登った疲れがあるのかもしれない。

 

下山する登山者とすれ違う。

 

時刻を考えればそうだろう。

 

再び勾配がきついところにやってきた。

 

ロープを使って登る。

 

「もうすぐだ」

 

そして姫ノ池という湿原エリアに到着。

 

ここから平ケ岳山頂は遠くない。

 

ほどなくして平ケ岳に登頂(標高2141m)

 

すごく地味な山頂だ。

 

 

とりあえず写真を撮る。

 

 

そのあと木道に座って遅めの昼食をとった。

 

眺望はなかったけれど、秋の趣きを感じさせる場所。

 

あまり長居はせずに下山開始。

 

雨は知らないうちに止んでいた。

 

けれどもレインジャケットは着たままに。

 

途中で雲が切れてきた。

 

登ってくる時には見られなかった景色が見える。

 

 

テンションがあがる。

 

知らず知らずにペースもあがる。

 

登るときにすれ違ったグループに追いついた。

 

「もう山頂に行ってきたの?」

 

かなりびっくりした様子。

 

少し話しをして先に行かせてもらった。

 

予定よりもだいぶ早く登山口に到着。

 

時刻は15:30。

 

日没には全然余裕があった。

 

再び車に乗り、銀山平温泉へと向かった。

 


この日は疲れた

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日程:2016年9月22日(木)

天気:

アクセス:

行程:滝沢登山口(11:40)~駒ノ小屋~会津駒ヶ岳(13:20)~駒ノ小屋~滝沢登山口(14:30)

登山形態:ピストン

距離:10km

時間:2時間50分(CT50%)

累積標高:1244m

携行品:
防寒着(ライトダウンジャケット)、ファーストエイドセット、ホイッスル、テーピングテープ
ポイズンリムーバ、エマージェンシーシート、ヘッドライト、エナジーバーx1、水(0.5リットル)
タオル、スマホ、財布、山岳保険証/保険証、山と高原地図、ゴミ袋ほか
(レインウェアは上下着用済)


早朝に自宅を出発してひたすら移動。

 

滝沢登山口には11:30頃到着。

 

ほぼ予定通り。

 

予定外だったのは天気。

 

台風が過ぎて晴れるかと思いきや秋雨前線が停滞。

 

かなり降っていた。

 

今回の山行はピークハントが目的。

 

なので「これも山行」という気持ちに。

 

久しぶりのソロでのピストン。

 

荷物は最小限とし、トレランスタイルで出発。

 

 

平日で人が少ないこともあってガシガシと登る。

 

雨の中のトレーニングといった感じ。

 

けれども走るほどのペースではない。

 

さすがにこの時間から登り始める人はいなかった。

 

下山してくる人はそれなりにいた。

 

この雨でも登っているということは「百名山登頂」をめざしている人たちだろうか?

 

休むことなく淡々と進む。

 

ときどき地図で場所の確認をする程度。

 

駒ノ小屋を通過。

 

ほどなくして会津駒ヶ岳に登頂。(標高2132m)

 

 

まあ、予想はしていたけれども眺望はゼロ。

 

そもそも山頂はひらけた感じの場所ではなかった。

 

写真を撮ってすぐに下山開始。

 

 

岩がごろごろ、木道がツルツルで滑りやすかった。

 

ソロなので怪我したらシャレにならない。

 

慎重に下りた。

 

そして登山口に到着。

 

所要時間は2時間50分くらい。

 

このくらいだと疲労感もない。

 

あっさりした登山だった。

 

その後は車で尾瀬御池方面へ移動。

 

ロッジでお風呂に入る。

 

ピストンなのでその日のうちに下山でき、お風呂に入れるのが嬉しい。

 

日没にはまだだいぶ時間があった。

 

ホントはキャンプ地でテントを張る予定だったけれどもやめた。

 

この雨の中、とてもテントを張る気にはならなかった。

 

結局、そのまま駐車場で車中泊。

 

後部座席を倒してフラットにすればなかなか快適♪

 


携帯は圏外

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。