~前のつづき~


あることを思い出した!


you tube で偶然みつけたピアノ演奏でこの曲をこのアレンジで弾いてみたい!ってのが
あったこと。


曲名「Misty」

jazzのスタンダード。

演奏は、一般の方でどこに住んでるのかもわからない外国人。



ほんとは、演奏を聴きながらそのまま弾けるのがいいんだろうけど
そこまでの能力は持ち合わせてません、悲しいことに。


楽器屋に本屋にネットにいろいろ探したけど楽譜は結局見つからず。

そもそもこのMistyって曲、日本では楽譜はあまり出回ってないようで
yahoo知恵袋にも Mistyの楽譜がないといった質問がちらほらあった。


やっぱり日本にはないんだ・・・。
諦めようかな・・・。


って思ってたときに、読んだ本2冊が背中を押してくれた。

英語しゃべれないからってそもそも諦めてたけど、相手が日本人なら
普通にとってた行動をしてみよう。



英語で弾いている本人に楽譜のことを聞いてみよう!
(もしよければ、楽譜ももらえたらな~ウヒヒ)

めちゃくちゃでも、意図が通じればいいやろ、と。


最近ピアノを再開したこと。弾きたい曲を探してたときにあなたの演奏を発見して、感動したこと。
その曲をあなたのアレンジで弾いてみたいけど、どうしたらその楽譜は手に入るのかってこと。

中学生英語を駆使しつつ、素直な気持ちをメールしてみました。

で、
すぐに返信あり。


「とってもうれしい。楽譜は送りますよ。あなたがピアノを再開する手助けになれば」と。



ありがとーーーーーー顔(嬉しい)
もーーーー嬉しい!!!!!ラブラブ
しかもタダだーーー!(カードNOを記入してとかいう人もいるらしいけど、この人はいい人だったヨ)

もっと早くに送っときゃよかったよ・・・
すんごい楽譜探しに時間費やしたのに。


で、楽譜は無事GETしました!!わーいわーい!!



オーストラリアに住んでるらしい。

ピアノ販売の仕事についてるらしい。⇒電子ピアノ欲しかったから相談できそうだ

旅行がかなり好きで世界中旅行している。⇒私が行きたい国に行ってるからいろいろ話が聞けそうだ


なんだか話があいそうだ!
ラッキー!


こういう出来事あれば、英語話せるようにやっぱなりたいっ!って思えるよね。
結局、理由とモチベーションは自分で作るってことか!
AD
世界はジャパンをどう見たか? (リュウ・ブックス アステ新書)/四方健太郎

¥840
Amazon.co.jp

もう1ヶ月以上前に読んだ本。

好きなブログNO1!(だった。今は停止中?)
このブログ主さんが書かれた本です。
http://ameblo.jp/libero2010/



これ読んで、
やっぱ英語できなあかんわって
もう世界からもっと遅れてしまうわって




日本人英語できないコンプレックスをかんなり刺激されて雷

早1ヶ月。・・・・なにもしてないっっ・・・・・うさぎ


行動に移せてなかったことに気付く。
いつものパターン汗

で、もっともっと焦るきっかけになる本に出会う。
この国を出よ/大前 研一

¥1,470
Amazon.co.jp


読みおわって、

やっぱり行動に移さないと!と決心。


でも、英語英語って
英語はなせないことで私生活に支障もないし、
特にこれといったモチベーション、目的がないから
続けられない、っていうのは

正当な理由なようで
単なる言い訳ひよこ


でも、英語を使わないとできないやりたい何か

探したら、ありました。



つづく

非武装地帯

テーマ:
韓国2日目は非武装地帯ツアーに参加。

実はこれが一番の楽しみでした☆!
普通は買い物~ラブラブエステ~ラブラブネイル~ラブラブ
なんでしょうけど、どこでもできることにあまり興味がないんですっ!!!!

やっぱ、非武装地帯ツアーでしょう!

非武装地帯ツアーは事前申し込み必須です。
私はソウルナビで申し込みしました。
「脱北者と行くツアー」とかパンチの効いたものもあったけど、
今回は初めてなのでスタンダードな午前中のみのツアーにしておきました。小心者です。


このツアーでは
展望台&第三トンネル&都羅山駅をめぐります。

緊迫したエリアに
韓国と北朝鮮って休戦中だったんだ、という当たり前のことに
改めて気付かされたツアーでした。

徴兵制度がある韓国。
この国境を等間隔に監視するためにはそれなりの人員がいるだろうし、
そりゃ徴兵しないと人数が足りないだろうなぁと勝手に想像したり。

ソウルから車でたった2時間ほどしかかからないところに
国境があったなんて・・。自分のイメージではもっと離れているところに
ある気がしてました。



非武装地帯と北朝鮮を望める展望台(黄色の線より前で写真撮影は禁止です)

間違えて撮ってしまっていた方は、兵隊さんに即削除されてました。
Life is what you make it!人生、自分次第☆

この日はほんと快晴で、
展望台からは工場地帯と民間村など見渡せてラッキーでした☆

北朝鮮の旗が見えます(かなりズームしました)
遠くでも大きな旗で、何十メートルもある布らしいです。
Life is what you make it!人生、自分次第☆
境界線をはさんだ韓国側には同じように韓国の旗があったんですが、
旗の高さを北朝鮮と競ってるようでした。

いろんなユニフォームがあるみたいデス。
草人間ぽいのも。 (偶然開催されていた高麗人参フェスティバルにて展示されてました)
Life is what you make it!人生、自分次第☆

朝鮮戦争時の地雷がまだまだ埋まっているらしく、
観光エリアのところどころに危険立ち入り禁止の旗がたっていました。

イムジン川の氾濫時にも上流から地雷が大量に流れることがあるらしく
昨年は釣り人が地雷の被害にあったとのこと。

ソウル市内では、あんなに平和な雰囲気で日本とそんなに変わらないような国なのに、
このツアーでは韓国のもう一つの現実を知ることができました。

韓国に行ったときにはほんとに行ったほうがいい!とオススメします。

朝ゆっくり起きてだらだら買い物して、午前中つぶすくらいなら
少し早起きして、日本では体験できないことに3000円くらいのお金を出して
いろんな話を聞いてみるのも旅だからこそ、だと思いました。