ホイールの内側少し見てみます?

テーマ:

さて、みなさん日頃洗車はされていますよね?
車のボディやホイールを綺麗にするととても気持ちよく運転ができるものです。
自分で洗う人もいればお店にだして洗ってもらったり、はたまたセルフスタンド等での機械洗車をかけている人もいらっしゃるでしょう。

しかしこんな汚れを見たことはありませんか?




ホイールの裏側なのでなかなか見ることができないとは思いますが真っ黒になっています。
いろいろ因果はありますが原因の1つとして最もポピュラーなものとすれば、「ブレーキダスト」です。

ブレーキダストとは、ブレーキパッドとディスクローターの摩耗により出たカスのことです。
こいつがホイールに付着したまま放置すると頑固な汚れと変身を遂げてしまいます。

ブレーキをかけるとダストが舞う→ダストがホイールに付着する→埃などのゴミがホイールに付着する→雨などで流れる→付着していたものが乾いて固着する

固着したダスト汚れはなかなか落としづらいものです。市販の量販店さんなどで売っている鉄粉除去クリーナーだったりとかで対処できる場合も当然あるのですが、それでも固着してしまうとなかなか落ちないものです。

しかしこの汚れ。出て当然と言えば当然なのです。

そもそもブレーキはブレーキパッドとディスクローターが接触して削られることによってブレーキがかかります。
車の動作として当たり前にでてしまうものなのです。


※ネットより拝借しております。


それでもこの汚れが放っておくと錆、腐食の原因になったりする恐れもあります。
ブレーキ付近では温度が高温になりやすくブレーキパッドの成分の一部が気化したりするのでその一部がホイールに吸着してしまうのです。
そして上記のように悪循環を繰り返すことでより強固な汚れとなってしまいます。

だけども自分で洗うのは表しかできません。タイヤフィッターではせっかく車からホイールを外すのでこんなサービスも行っております。




予約制で承っております。当日のご申告の場合、作業予約状況次第でお断りするケースもございますのでご希望の際は事前に、又はご予約時にご連絡いただければと思います。
但し、汚れの状況により完全に落とすことが不可能です。予めご了承ください。

最近の車はアルミホイールが主流であります。アルミホイールのメリットと言えば鉄ホイールよりも錆びにくい。しかしアルミといえども腐食をしてしまう場合もあります。
ブレーキダストは絶対出てしまうものなのであまり神経質になる必要もないのですが、やはり長期にわたって放置しておくと腐食、錆の原因の1つにカウントされるかもしれません。
ご参考までにして頂ければと思い、本日はこの辺で失礼します。

 

只今タイヤフィッターでは業務拡大に伴い一緒に働いてくれる仲間を大募集しています!!

未経験大歓迎!あなたもタイヤフィッターで働いてみませんか?

詳細は下をクリック!

求人情報

 


 

AD

タイヤと車検

テーマ:

こんにちは!本日は武蔵村山店からの発信です。

よろしくお願いいたします。



ところでみなさん、車を持っていると避けて通れないものがありますね。

2年に1回くる、あれ。




車検です。。




多くのユーザーさんにとってはかなりの出費になるので、決して前向きな気持ちで車検を迎えられないというのが正直なところでしょう。

しかし車も人間と一緒で、定期的な点検が必要なんですね。

気づいた時には手遅れ?

そんなことがあっては大変です。



もちろんタイヤも車検での点検項目に入っていますので、今回のブログではその保安基準をご紹介します!



まずタイヤについてですが、劣化によりひび割れをしていたり、

フェンダーとタイヤとのすき間が指2本分あいていない場合には車検に通りません。

ひび割れ具合については検査員の見方にもよりますが、内部のワイヤーが見えている場合はNGです。




またフェンダーから少しでもタイヤが外に出ている、またはタイヤハウス内でブレーキホースやボディなどと干渉したり、

スポードメーターが誤作動を起こすほど大きなタイヤを履かせている場合は車検には通りません。







他にもスリップサインが出ている場合も保安基準を満たさず通らないことがあります。

厳密にいうと、スリップサインは溝が1.6mm以下になると現れます。

また片減りをしている場合、片方の溝が残っていても1箇所でもそのタイヤに1,6mm以下の箇所があればNGです。

ただ検査員も全部を計測しているわけではなく、目視段階で怪しいと思ったら計測するケースが多いみたいです。

車検に通すためには、1.6mm以上の溝が必要(法定基準)ということになります。




いかがでしたか??

もしタイヤにクラックが入っていたり、溝が少ない場合はディーラーさんで行われている点検等で見てもらうか、

タイヤは消耗品ですので交換を検討していただくのもよろしいかと思います。

安全に関わる部分ですので、ないがしろにはしないでくださいね。




本日はこのあたりで。

武蔵村山店からでした!




(画像拝借しています。)

 

 

----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------
AD

窒素ってなに?

テーマ:

こんにちは金子です

 

やっと雨が降ってきて梅雨らしい季節になったなと思ったら

今日、一日は汗が滴るくらい晴れましたね。

 

 

そんな今日のお題は

 

『窒素ガス』です!

 

窒素ガスってなに?って思う方もいれば

既にタイヤに入れてるよって方もいると思います。

 

 

そんな窒素ガスですがホイールにタイヤを組んだ際に空気の変わりに充填するものです。

窒素ガスを入れたら運転で何か体感できるものなの?って思う方もいると思いますが、正直なところ体感できるようなことはありません。

 

しかし!

 

窒素ガスは家計を支える縁の下の力持ちにもなってくれます!

なぜ縁の下の力持ちになってくれるのか窒素ガスを入れた際のメリットを見ていきましょう。

 

窒素ガスは抜けにくい!

 

そうなんです

窒素ガスは、普通の空気と比べるとタイヤから抜けにくいんです。

 

そのため空気を充填する回数を減らすことが出来ます。

 

 

窒素ガスだと燃費がいい!

 

空気圧が下がった状態で走行してしまうと燃費が悪くなってしまうってのはご存知だと思います。

しかし窒素ガスは抜けにくいんです!

 

そのため結果的に燃費の貢献に繋がってきます。

 

 

窒素ガスだと空気圧が安定する!

 

車は走行していくうちにタイヤ内の温度が高くなっていきタイヤが膨張していきます。

なのでタイヤが通常の状態ではないと最悪の場合バーストしてしまう可能性もあります。

 

しかし窒素ガスは温度変化に対して影響されにくいんです。

そのため空気圧が安定してタイヤへの過度の負担を減らすことが出来ます。

 

 

ちなみに窒素ガスってレーシングカーや飛行機といったタイヤに負担のかかる乗り物によく使われているんですよ。

そう考えると窒素ガスの有用性って高いですよね。

タイヤフィッターでも窒素ガスを取り扱っているので窒素ガスを入れようか考えている方がいましたら相談して下さいね!

AD

雨ニモ負ケズ・・・(みやぞんブログ)

テーマ:

みなさんこんにちは!

 

本日は横浜店より出張担当のみやぞんこと宮がお送りします。

 

1人で任されるようになり、早1ヶ月が過ぎました。

海沿いや山沿い、住宅街などお客様のご要望により、作業させて頂いております。

 

この様なお車や

 

この様なお車などなど出張では多種多様なお車のご依頼を頂いております。

 

いろいろなお車を経験させて頂いているので毎日勉強になります。

 

また、今日のような雨の日でも出張作業を行っております。

ですが台風による強風や強雨の場合ですと作業が行えない場合がございますのでご了承ください。

 

今月の出張作業の空きがまだまだございますのでご予約をお待ちしております!

 

 

----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

この時期はパンクにご注意!

テーマ:

こんにちは~‼‼‼

横浜都筑店からフェアリー菊池ですー!

 

週の中日からは、あいにくの雨ですがまぁいよいよ梅雨ってことですよねー。

ここまでほとんど雨もなく過ごせたことに感謝します。

 

今置かれている環境に嘆くより今いる環境でどれだけ楽しくやるかが大切。

 

そんなわけで今日は車走行中の悲劇。ここ最近多いんです、、、

パンクやバースト。

だって夏ですから。お出かけしたいですから。夏の思い出がほしい。

 

タイヤに頼るのもいいけれど、日々のメンテナンスが皆様のカーライフを救うんです!

エアーチェックー!今日も力入ってますよー!

 

タイヤって本当にいろいろなものを拾うんですね。釘はもちろん

ドライバー、六角レンチ、ハサミ、、、流石にハサミは驚き!

 

先日出会ったのはこんな子。

めりぃっ!って入っている。

しかも予想を覆すこの子、なんと中でホイールに当たっているではありませんか。

こうだもん。ながーい。

 

こんなのに睨まれたら一撃でタイヤはおしまいです。ホイールまでとどく長さ。

こんな事にもなりかねませーん。

 

一瞬でタイヤがダメになるなんて悲しい。

僕ならタイヤを買うために一生懸命働いた事や、妻とケンカしたこと。あの日呑み過ぎたこと。

いろいろ思い出して涙が出てきます。

 

しかしこれがメンテナンス不足だとしたらもっと悲しみが止まらないですよね。

悲しみが止まらない。

 

だからこそ心身の健康のためにもエアーチェックだけはしておきたいものです。

こちらがエアー不足によるパンク。内部構造の破損です。

これは悔しい。こちらももうタイヤは使うことができません。

こうならない為にもエアーチェックを習慣化したいところです。

ガソリンを入れたときに恥ずかしがらないで言ってみましょう。

「エアー見てもらえますか」

 

習慣は人格を作ると言いますがフェアリーはタイヤから学んだ人生の歩み方がたくさんあるので書いていきたいと思います。

 

本日はここまで!それでは皆様素敵なカーライフをお楽しみくださいませ。

お付き合い有難うございまーす。

                                                          ちなみにタイヤフィッターのパンク修理は安定の内面修理です。

内圧がかかるので同一箇所から抜けてしまったり再発の可能性が少なく大好評をいただいております。

パンクやタイヤの替え時などどんな些細なお悩みもタイヤフィッターまで

お願い致します。     

 

----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

カスタムは安全に!

テーマ:

突然ですが皆さん、車いじりしてますか?
最近の車は純正品でもかなりカッコよく作られていたりもするので車いじりをする若者も少なくなっちゃいましたよね。
実際、私も純正品ラブな若者です。(笑)

ただ、やはりかっこよくカスタムしてある車も憧れます。
カスタムをするにあたって様々なアイテムが存在しますね。

我々がよく関わりのあるアイテムで言えばタイヤホイールですね。
インチアップして車高下げてツライチにしてなどなど様々なカスタムを足元だけでも楽しめます。

こので、ツライチにするためのアイテムの一つであるスペーサーについてのお話。
通常、スペーサーという板を挟むことでホイールを外側に出してあげる事ができますね。
ただこの際に板が厚すぎるとボルトの長さが足らずにナットのかかりが浅くなり緩みや折れに繋がることがあります。

そのため、ただ板を挟み込むだけのスペーサーの他に純正ボルトにナットで取り付けるワイドトレッドスペーサーという部品もあります。
前置きがかなり長くなりましたが今日はこのワイドトレッドスペーサーに関してのお話。



このワイドトレッドスペーサー、実は様々な危険が潜んでいます。

まず、純正のボルトにこのように装着をするため

本来はハブで受け止めるべき力がワイドトレッドスペーサーに直接かかってきてしまうので
テコの原理の様な力でに負荷は増してしまうのでこちらは要注意。
こちらもしっかりとハブの径があった状態で使用いなければいけませんね。

ただ、車体側はハブが合っているのにホイール側が合っていなければ結局ワイトレ側のボルトに負荷がかかるほかハンドルのブレ等にも大きく影響してきます。
しっかりとハブの付いたワイドトレッドスペーサーを使用してあげましょう!!


ワイトレは装着した際にのこういった状態になります。



このように純正ボルトがホイールの逃げの部分に収まります。
しかし、この逃げにしっかりと収まっていないと、、、
このようにボルトが邪魔をしてホイールと車体側の面に隙間が生じてしまいます。



これ、もう、装着出来てない状態ですね。


こういったことにならないためにもしっかりと装着の際には確認をしておきましょうね!

 

----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

中子式ランフラットタイヤ

テーマ:

こんにちは!6月ももう折り返し地点にきましたね!

雨がたくさん降るイメージがある6月ですが、晴れている日の方が多いと感じているのは私だけでしょうか?

今年もまた暑くなりそうなので、今のうちにしっかり降ってもらいたいものです。


さて今日はランフラットタイヤのお話!なのですが、

ランフラットタイヤと言っても大きく分けて2つの種類があるのはご存知でしょうか?

「サイドウォール強化タイプ」と「中子式(なかごしき)タイプ」の2種類があります。

現在ランフラットタイヤを装着している車のほとんどがサイドウォール強化型タイプですが、

今回は中子式タイプについてご紹介します。


中子式タイプとは、通常のタイヤの中に中子と呼ばれるリング状のものをタイヤ内部に装着させ、

パンクしてもそのリングが車重を支えて走行を可能にするものです。

実際に写真を見てもらうとわかりやすいと思うので画像をば。



上の写真はミシュランが開発したPAXシステムという中子式タイプのものです。

ミシュランやコンチネンタル、日本ではブリヂストンやヨコハマタイヤなどが開発を進めていました。



サイドウォール強化タイプと何が違うのかというと、

中子式タイプは

・扁平率の高い車に装着できること

・地面との接地面が少なくなるため、燃費やロードノイズの軽減が可能

・通常のホイールとラジアルタイヤに装着可能

などの特徴が挙げられます。

サイドウォール強化タイプだとSUV、トラックやバスなどの扁平率の高いタイヤを装着する車の車重を支えきれません。

しかし中子式タイプを装着することで、上記の様な大型車種でもパンクしたときは安心ということですね!

これらの理由から、一部車種(ルノーのScenic、キャデラックのXLR、アウディのA6、北米ホンダのオデッセイ)や

その他新交通システムで中子式タイプが採用されています。

またコンチネンタルはCSRと呼ばれる、タイヤがリムから脱落しないようにパンクしたと同時にM字のリングを両方向に開かせて

リムを内側から押さえつける仕組みを作っています。





ただランフラットタイヤを装着している車の現状をみると、サイドウォール強化タイプの方がほとんどシェアを占めています。

中子式タイプを装着させるには専用の機械が必要になる点や、

パンクした時に車重を支えなければならないので中子自体の重量がそれなりにあるそうで、

ある記事では1つにつき5kgはあるそうです。

それが4つ装着されると、コストや軽量化の観点からスペアタイヤを1つ積んだ方がまだいいという理由もあり普及しない要因のひとつとなっています。

これを受けて各メーカーが技術提携しながら開発を進めています。



参考にさせてもらった記事がかなり前のものしかなく、現在どれくらい開発が進んでいるのか定かではありませんが、

個人的にはその後の進展が気になるところです。



ちなみにタイヤフィッターではサイドウォール強化タイプのみ交換可能です。



ランフラットタイヤにはこんな種類のものもあったのか~と思っていただけたでしょうか?

車ってひとつひとつ奥が深いですよね。



それでは今日はこれにて失礼します!

 

(画像拝借しました。)

----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

最近お酒を飲むとどうもめんどくさくなってしまって・・・。いやね、元からめんどくさいのは分かっているんですよ?(笑)ただ前にも増して飲み癖が悪いというか・・・、家に帰って目覚めてみると体のあちこちが痛いんですよ・・・。おかしいと思って見てみるとあからさまに植木にダイブした形跡の生傷がついてるんですね(笑)それだけじゃなく枯れ葉がついてたり、枕元に枝が落ちてたりする始末・・・。それじゃだめだ!!禁酒しよう(笑)

 

さて、本日のテーマは我々作業をする側にとって恐ろしい事故といってもいい空気充填時の事故についてです。

こんなケースが多々あります。

「タイヤがパンクしちゃってさぁ!このままじゃ走れないから空気をいっぱいまで入れてくれ!」
「大変申し訳ございません。このタイヤは空気を入れてしまうと破裂するおそれがありますのでお断りさせて頂きます。」
「空気を入れただけで破裂するの?ほんとに??」

はい。本当です。そもそも今のタイヤの主流はチューブレス。このチューブレスを可能にしているのがタイヤの内部構造であります。
しかしこれらはタイヤ内の正常な圧力によってしっかりとした役割を果たせるのにも関わらず、何かしらの原因で空気がまったく入っていないと組織自体を壊してしまい、正常な役目をすることができません。

空気圧を入れただけで破裂するというたまったもんじゃない事故の1つの因果にもなりうると思いますが例えばタイヤにしわが寄っていることを見たことがありませんか?



事例としては何らかの原因で空気が抜けてしまった。抜けた状態である程度走行してしまった。こういった原因が考えらます。
この例でいくとタイヤの内部ってこうなっているんです。



ゴムのカスがいっぱいでています。これらは低圧、ならびに0プレッシャーで走ってしまったときに見られる痕跡です。内部のゴムがなじみやたわみに耐えられずカスとしていっぱいでてきてしまうのです。

さて、こういった状態で空気を入れたらどうなるでしょうか?運よく何事もなく入れられたとして、走行中の衝撃を受けたらどうなるでしょうか?
もう少し大げさに言ってしまえば空気を入れている物体が今にも壊れそうなのに、空気を入れたら破裂しませんか?衝撃に耐えられないんじゃないでしょうか?

少し探し見ればユーチューブ等でタイヤの破裂した現場の動画があがっていると思いますが、すごい勢いで破裂しているのが分かると思います。
しかし、大げさかもしれませんが1つ間違ってしまうだけでああなってしまう可能性だってあるのです。

JATMAでもこういった注意喚起をしています。




我々もたかだかエアーを入れるだけですが命がけなのです。こんなこと言ってしまうと仕事にならないですね・・・(笑)。
現在のタイヤが安全に乗れるのかどうか、これが重要なポイントとなりますので「タイヤだから大丈夫のはずがない」という事例があるということで覚えていて頂ければと思います。

それでは本日はこの辺で。

 

連日お伝えしていますように「武蔵村山店」・「府中店」の両店舗が業務拡大の為、新しい仲間を募集しています!!

武蔵村山店

 

府中店

 

経験問わず!!しっかりとタイヤのことを教えますよ~!

ぜひぜひご興味がありましたらお気軽に下記をクリックしてください!!

----------------------------------------------------------------------------

求人情報

---------------------------------------------------------------------------

何事も安全運転がポイントです

テーマ:

みなさん、こんにちは

関東が梅雨入りして初めて雨が降ったんじゃないかと思っている金子です。

現在、ホイールの自家塗装をやっている最中の金子としては、あと数日だけで良いから晴れていてほしかったと切実に思います。

 

 

さて、今日のお題ですが、前回はハイドロプレーニング現象についてでしたが今回は雨天時の運転のポイントについて話したいと思います。

 

運転のポイントとして4つのポイントがあります。

 

ポイント①

前回のブログでもありましたが、タイヤの溝に注意です!

タイヤにある溝で路面の水を排水しているので溝がないタイヤだと排水することができないので、結果的にハイドロプレーニング現象を起こしてしまうことに繋がってしまいます。

 

 

ポイント②

これは雨の日に限った話ではありませんが、スピードに注意です!

実際にある話ですが、雨が降り出すと事故件数が増えるそうです。

 

その理由として雨の日って視界が悪くなりますよね

視界が悪くなることによって認識力が低下してとっさの判断が遅れてしまうんです。

なのでスピードを出して運転している際、急に子どもとかが飛び出してきても反応できなくて事故に繋がっちゃいます。

仮に反応できてブレーキを踏めても止まる距離が晴れてる日より長くなるので止まり切れない可能性もあります。

 

雨の日に大切な予定がある人は、時間に余裕を持って車のスピードは出し過ぎず車間距離をとって運転をするのが良いですね。

 

 

ポイント③

雨で濡れている路面に注意です!

濡れている路面は滑りやすいです。

特に降り始めは、埃や泥が浮き上がって滑りやすくなっています。

他にも白線や鉄板の上では滑りやすいので注意しながら運転することが大切です。

 

ちなみに金子は、中学くらいの頃に雨が降った後に自転車で走っていたら鉄板の上で滑って転んだ経験があります。

その日以来、濡れた鉄板の上は走らないようにしてました。

 

また、水深のある路面ではハイドロプレーニング現象が起こりやすいのでこれまた注意です。

 

 

ポイント④

急が付く運転に注意!

先程、話しましたが雨の日の路面は滑りやすいんです!

これでわかる人もいると思いますが、急が付く運転をしてしまいまうと車がスピンしてしまうことがあるんです。

車が急にスピンしたら怖いですし焦りますよね。

 

 

以上が雨の日の安全運転のポイントです!

このポイントを忘れずに雨の日でも安全運転をしてくださいね。

 

 

----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

複数台の出張もパパッとお任せください

テーマ:

こんにちはー!

横浜店からフェアリー菊池です!

 

いやーご無沙汰しておりました。

一番元気&一番笑顔でこの夏も乗り越えていきましょ!

 

ビアガーデン行きたーい!

 

さて、いつもはピットにいるフェアリーですが先日大黒まで

ヒロ兄こと廣瀬と、みやぞんこと宮にくっついて作業をしてまいりましたー。

 

なーんとありがたい10台の組替脱着作業。

 

でも一人で10台も作業って時間も見えなくて不安。

いくらパワープレーヤーで有名な宮といえど大丈夫かしら、、、。

 

先についたパワープレーヤー宮がサクサクと交換を始める中

 

ブロロロー!キキ‐!

ジャーン!!!!廣瀬&フェアリー華麗に参上‼‼

 

3人で力を合わせれば10台作業もサクサクとスピード作業ですよー!

 

出張って現場に何台車があっても出張料は一緒です!

1回の出張時に複数台作業がオトク!

愛のある作業を行っているので人員追加の作業料もかかりません!

 

 

 

ワクワクしてきた!

 

台数が増えてもスピード作業のお約束は守ります!

 

ですのでご遠慮なく複数台のご予約も心よりお待ちしております。

 

お客様のお仕事の合間に、お買い物の間にパパパと終わりますよー。

それでは今日はこの辺で。

またお会いしましょう!

 

そして弊社ではともに働く仲間を募集しております。

 

----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------