しっかり考えてみませんか?

テーマ:
さっそくですが見てください。

見て分かりますか?そうです。ロングナットです。いきなりですがここで問題を定義します。
①アルミ(ジュラルミン)製のナットであること。
②車体からナットが飛び出していること。

①については以前ブログに掲載させていただいてますのでタイヤフィッターのスタンスとしてはデメリットの方が多いとご紹介させていただいております。
今回は②について少し考えましょう。

ロングナットといえども様々長さがありますが、車体からナットが飛び出している時点でまず不正改造です。これは間違いなく車検は通りませんね。
しかし通らないだけでしょうか?通らないからダメなんでしょうか?違いますよね。
まず最初に想像できるものとしては対象物に当たった場合、すぐ折れますね。ナットというのはボルトのねじ山にしっかり合せてとめています。
ということは、しっかりしまっているボルトごと折れる可能性がある。1本だけではまだしもここまで集中してナットの間隔がある為、2~3本はもっていかれる
可能性があります。そうなってしまうとタイヤホイールが脱落しやすくなります。
しかし脱落だけですか?だけじゃないですよね。
もっと考えなきゃいけないことは人に迷惑をかける可能性がある。

脱落した先に、人がいたらどうでしょうか。車がいたらどうでしょうか・・・・。

脱落しなくたってぶつけた先が人だったらどうでしょうか・・・・。

SNS等でロングナットで怪我をした人身事故があったと警告していますよね。実際に考えてみてホイールの高さって大人であればふくらはぎ近辺の高さではないでしょうか?もちろん車高によりけりですが・・・。でもこれ、少し違う角度から考えたら子供の目線の高さかもしれませんよ?心臓など、人間の大事な機能が備わっている上半身かもしれませんよ?それを曲がり角でナットのでっぱりにぶつかったらどうなりますか?怪我をさせるつもりではなかったで通りますか?

ロングナットをドレスアップで使いたいというのであればしっかりと飛び出さないように考えなければ絶対ダメです!それをしっかりと考えて使っているオーナー様もたくさんいらっしゃいますが、やはり、そこまで考えていらっしゃらない方もいるのが現実です。

決して写真のオーナー様を批判しているつもりではありません。ロングナットを生業としている関係者の方々を批判しているつもりもまったくありません。
しかし、これで公道を走ると知らなかったではすまない代償を負う可能性があります。タイヤフィッターは危険なものは危険!だめなものはだめ!とアナウンスさせていただいております。
現に写真のオーナー様にはしっかりご説明させていただきご理解と納得をさせていただいた上で鉄製のナットに変えてお帰りいただきました。
しっかり考えてみませんか?という事例をご紹介させていただき本日のブログは失礼いたします。
※写真はネットから拝借しているものもあります。







AD

タイヤフィッターを使うメリット!

テーマ:
皆様、こんにちは。
明日から7月です。月末の追い込みでをかけているセールスマンや店舗さんも多いはず。

タイヤフィッターもその1店舗です。(苦笑)

正直なお話をさせていただくと、タイヤフィッターをご利用いただいたお客様は年々増えております。本当にありがとうございます。

時代の流れというか、流行りというか、「タイヤはタイヤ屋で買うもの」から「タイヤはネットで買うもの」になりつつありますね。
だからと言って「ネットで買ってください」とも言いません。

車というのは維持にお金がかかるものです。そしてタイヤは必要不可欠なもので、走れば走る程すり減っていく消耗品です。

最終的な結果が同じであれば、出来るだけお安く済ませたいと思う方のほうが多いのではないでしょうか。
値段にかかわらず、「タイヤフィッターに任せておけば安心」と思ってくださる方がいらっしゃるのも事実。

タイヤフィッターではお客様のニーズに合わせたお仕事をやらせていただいております。

・タイヤを自分で買うのが手間というお客様には、我々でタイヤ販売も行っておりますので、ご安心ください。
・タイヤの購入から取付までトータルで安く済ませたいというお客様はお持込大歓迎です。

7月からは行楽シーズンでもあり、夏休みの準備でクルマのメンテナンスをお考えの方は是非タイヤフィッターでご相談ください。

そしてタイヤフィッターから新たなご提案!!

「あなたのタイヤ下取ります」

どんな古いタイヤでも・どんなツルツルになってるタイヤでも

4,000円で下取り致します!!

対象のタイヤ
(ブリヂストン レグノGRV2・ダンロップ エナセーブRV504・ヨコハマタイヤ ブルーアースRV-02)
を当店で4本ご購入のお客様限定となります。

専用ページ
http://www.tire-fitter.co.jp/minivan/

お精算時にお支払い金額から4,000円お値引きしてご提供となります。

どうせ処分代のかかるもの。下取りしてくれるならラッキー!!

まずはお問い合わせください。

タイヤフィッター横浜都筑店 045-489-4840

タイヤフィッター武蔵村山店 042-843-5245

----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------
AD

フラットスポット!!

テーマ:
みなさん、こんにちは。

ジメジメしていて嫌なお天気ですね・・・ 相変わらず変なニュースも絶えません。

親が子供の予防接種を拒否したり・・・・ そう簡単に人を殺せるのか!!っていうぐらいありえないことばっかり。
日本の質が下がっている?? って思っちゃうこの頃です。


さてさて 重たい話から始まってしまいましたが、いつもの流れに戻りましょう。


まずこの写真をみて頂きましょう。


わかりますか???


タイヤは当然丸でなきゃいけないのですが、一部分だけ平になっているところがわかると思います。

これ、「フラットスポット」って言われる現象になります。

レースやサーキットシーンではまれに起こってしまう現象です。

※なかなか一般道では・・・・ っていうよりかは、クルマの性能からロックすることがないですからね。(苦笑)


なぜこのような現象がおきてしまうのか。


高速走行中にブレーキングがきっかけでタイヤがロックしてしまったり、ブレーキの踏みが強かったりすると、ある1点だけ削れてしまうのです。

地面がヤスリのようになってしまうのです。

当然タイヤはゴムなので、消しゴムのように削れます。


今回の画像のタイヤはハイグリップタイヤになるので、タイヤ自体に熱が加わっているため、より削れやすくなっている状況が考えられます。

これが一か所あると、なかなか走れたもんじゃないですよ・・・・・ 高速で回転するものですから1点だけフラットであれば

ハンドルブレ・車体のブレという症状がでてきます。ゴトゴト・・・・・


タイヤは車にとって重要部品でありながら、とてもデリケートな部品でもあります。

少しだけ労わりながら運転してあげましょう。

今日はなかなか一般のお車では起こり得ない症状「フラットスポット」についてお勉強しました。




----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------
AD

隠れた技術!!

テーマ:

みなさん、こんにちは♪

関東周辺、昨日からの雨が水不足の足しになっていればいいですね(汗)
急な雨でタイヤが滑らないように気を付けていきましょう!!

さて本日は、そんな「すべる」にちなんだ隠れた技術をご紹介♪
実際関係してくるのは、一部のユーザーさんになるとは思いますが
もしかしたら他の事にも活かせるかもしれませんので、お付き合いください♪

「ローレット加工」って聞いた事ありますか?
ご存知の方もいらっしゃるとは、思うんですがちょっとご紹介。

通常なら、ホイールにタイヤを組み込んでエアーを入れれば何の問題もなく走行できます。
しかし、ある条件下ではそうはいかないケースがあるんです!!

F1やGTなどレースで走っているものすごいパワーのある車たち。
市販で販売されている車でもR35などのハイパワー車も、
なんの加工もされていないホイールだと、せっかくのパワーを活かしきれないんです!!
※絶対にそうとは限りませんが(汗)

それはなぜか・・・
車のパワーを路面に伝える役割を持つ、タイヤ・ホイールですがパワーのある車だと、ホイールに組まれているタイヤが空転してしまうん事があります(汗)
そうならないようにホイール側に施された加工が「ローレット加工」です♪
ちなみに各ホイールメーカーさんによって呼び名や使用は異なるようです。
BBSさんは、アンチスリップペイントという加工方法でした。

どんな加工なのかというと・・・

ちなみにR35GTR純正ホイールには、最初からこの加工が施されています。

このスプラインがタイヤの空転を防ぐ作用をします。
これによって、大きなパワーをしっかりと路面に伝えることができるんですね!!

タイヤが組まれいると隠れてしまう部分なので目立ちはしないですが、隠れたところにも細かい技術が詰まっているんです!!

タイヤフィッターも細かな技術をたくさん持っています♪
ご利用いただければ納得いただけますので、みなさまのご利用心よりお待ちしております♪

----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

タイヤの点検を!

テーマ:

こんにちは!!昨日に引き続き本日も気持ちよく晴れて気持ちがいいですね。
関東地方では水不足が心配されてます。明日からは雨予報がでているので少しでも水不足が改善されるといいなと思います。

ここからが本題!いつも出張作業を担当させていただいているのですが、先日の出張作業にてこのような事が・・・。依頼内容はリヤのタイヤがパンクしてしまったので、リヤの2本を交換してほしいといつのもどおりジャッキアップをしてどこがパンクしてるんだろう?とよく見てみると!?



釘だったりネジなどはよくあるのですがちょっとこれは・・・



 現場では、表から見て解りずらかったのですがタイヤを外してみると、これはちょっと・・・こんなん刺さるの?とう状況でした。

休日に少し遠方の方へお出掛けになって帰ってきて次の日に気付いたそうです。無事に帰ってこれて良かったと思います。

リアタイヤで摩耗もしていて、交換時期ではあったのですが、意外にお客様の中にはまだ使えるでしょ?と言ってぎりぎりまで使う方がいますが、非常に危険です。
特に梅雨時期、ゲリラ豪雨も最近増えているので、摩耗したタイヤだと特に濡れた路面はスリップしやすく、道路などに落ちている釘、ネジなどが刺さりやすく、走行中のバーストなどにも繋がってしまいます。

タイヤの状態を確認した際に、もう少し使えるかな?と思った時は、我々プロの目から見るとほとんどが交換時期だったりするので、もう少しではなくプロの目で点検していただくか、交換をお勧めします。


----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

クラシックレーシングカー!

テーマ:
梅雨はどこ行った(笑)!
昨日、武蔵村山店からの発信で「梅雨らしい」って言ってましたが、ありゃ撤回ですね(笑)。

そんな暑さに負けず作業中の本日、目玉となったのがこちら!
ノスタルジックカーどころではないクラシックカー用のタイヤ!
なんと「ブガッティ T40」用。

チューブは入ってるし今となっては超希少なサイズだし、そもそもホイールはワイヤーだし。

我々タイヤフィッターはこういうタイヤも全く問題なく交換作業をお受けできます。
しかし。
タイヤの幅よりサイドウォールのハイトのほうが広いですからね。
偏平率120(笑)?そういう感じでございます。
驚いたのはタイヤの製造年。2013年だったり2015年だったり。
まだ継続で生産されてるんですねぇ。

そうそう。これと合わせて「ロータス 11」用の組換え作業もご依頼いただきました。
個人的にはブガッティよりこっちの車にシビれます。

両者ともれっきとしたレーシングカー。
これから海外のレースに参戦するそうです。
こういった過酷な条件が求められるクラシックカーの交換作業、クラシックからF1まで。
喜んで対応させていただきます!


----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

ビードブレイク!!

テーマ:
みなさん、こんにちは。

梅雨明けはいつ頃になるのでしょう。今年は梅雨らしく雨模様が続いていますよね。

神奈川県の逗子が早くも海開きをしました。早く梅雨が明けてほしいものです。


さてさて。

タイヤって地面に接地していて結構過酷なんです。でもゴム製品なので思っている以上にデリケート。

いろんなトラブルがあったりするのです。


先日ご来店のお客様のタイヤが「プクッ」と膨れていくおりまして、非常に危険と判断して交換に来られました。

お車も非常に新しくタイヤもまだ新品に近い状態。 縁石かなにかに接触してしまったのではと推測しておりましたが、

お話を聞くと心当たりがないということ。


お客様の話から出てきたヒントが、最近ホイールのカラーチェンジをされたようです。


なるほど・・・・・ (タイヤフィッターのスタッフならピーーーーーンと来るんです!!)


ホイールを塗装される場合、タイヤとホイールを分離させてから塗装を行うのが基本です。
※ビードが落ちた状態で塗装をされる場合もありますが・・・


その分離させる工程で、ホイールフランジとタイヤのビードを剥離させるビード落としという工程があります。

専用の機械でサイドウォールをプレスしてビードをホイールフランジから剥していきます。

タイヤの側面〈サイドウォール)は非常に薄く・弱い部分のため、プレスする場所によってはタイヤを破損させてしまうのです。

今回の件も明らかに損傷を与えてしまったケースです。
サイドウォールの内部構造が破壊されてしまい一部分だけ膨れてしまいます。



「ビード落とし」という作業ですからタイヤのビードに向けて機械をプレスさせなければいけないのですが、ホイールと密接している部分なので、ホイールに接触してしまう恐怖心から遠ざける傾向にあります。

↑他業者さんのお話です。


※これが基本的なプレスの仕方です。

我々はタイヤ交換に特化したプロ集団ですので、このようなトラブルがあることを常に想定して作業を行っております。


通常タイヤ交換の場合、古くなったタイヤから新しいタイヤに交換するので、この作業(ビード落とし)は古いタイヤにしか
行いません。※廃棄するタイヤとわかっていればあまり気にしないでしょう。

でもタイヤを再使用する場合はこれじゃダメですよね・・・・

慎重にかつ的確にプレスしなければ、今回のようなトラブルがおこります。


タイヤフィッターでは「ホイール交換」や「ホイールリペア等での分離作業」「タイヤの裏組み(裏返し)」なども問題なく対応させていただいております。
※当然タイヤの状況によってお断りするケースもございます。

タイヤの交換やタイヤにまつわるご相談はタイヤフィッターにお任せ!!!


----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

XL?大きいサイズ!?

テーマ:
じめじめ~っとした天気で何だか毎日蒸し暑いですね。
自宅では既にガンガンにエアコン使用しています。

さて、みなさんがご自身でタイヤをご購入する際にはまず今装着されているタイヤのサイズを確認するのが一般的かと思います。
特に変更が無ければ同じサイズのタイヤを探しますが、タイヤにあまり詳しくない方は
新しいタイヤを購入するときに「なんだこれ?」となるある表記があります。

こちらが今までのサイズ表記


そしてこちらが新たなタイヤのサイズ表記


XL!?
なにこれ!大きいサイズ!?


と言うことで本日はこのXL(EXTRA LOAD)についてお話しさせて頂きます。

まず、EXTRA LOAD規格は空気圧および負荷能力をスタンダード規格(JATMA・ETRTO等)よりも高く設定したタイヤ規格になります。
※レインフォースド規格ともいう

詳しく説明をすると、タイヤは充填する空気の容積が大きいほど、より大きな荷重に耐えられます。
重い車を支えるためにはそれだけ容積を大きくすれば重さに耐えられますが、
車両のバランスなどの問題で限界もありますね。

そこで登場エクストラロード規格のタイヤ。
内部構造を強くする(耐圧力を強化する)ことによって、タイヤの大きさを変えずにスタンダード規格よりも空気圧を高く設定できるようにしています。

例としてタイヤサイズ「215/45R17」を挙げると、
日本のJATMA規格とヨーロッパのETRTOスタンダード(STD)規格のロードインデックスは87なのに対して、
エクストラロード(XL)規格は91となっています。

つまり、タイヤのサイズを変えずに負荷能力を高めることができるのです。

※ロードインデックス:荷重指数。タイヤ規格で定められているタイヤが負荷できる最大負荷能力を示す数値。


純正のタイヤサイズ(JATMA規格タイヤ)195/65R15から、215/45R17のエクストラロード(XL)規格タイヤにインチアップした場合を例にして、
新車装着タイヤの指定空気圧が210kPaとして、下の表を見ると負荷能力が570kgとなります。

この負荷能力570kgを満たすためにはエクストラロード(XL)規格タイヤでの空気圧は270kPa必要であることがわかります。

空気を多く入れると負荷能力が増えるので、エクストラロード規格(XL)のタイヤを装着していても、
スタンダード規格と同じように空気圧調整を行っていると負荷能力が不足する場合がありますので月に一度は空気圧の点検を行いましょう!


それでは本日はこれで。
----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------

ほずみん参上!

テーマ:
皆様こんにちは!
今日は午前中雨模様でしたが、午後になって晴れ間が出始め横浜店上空晴れ渡っております。

さて、本日午後三時ごろいつもお世話になっているFMヨコハマさんの「E-ne! ~good for you~」番組内で当店の紹介がありました。

いや、レポーターのほずみんこと穂積ユタカさんの喋りがすばらしい(笑)
話す内容や各ポイントを質問形式でどんどん引き立てていただきました。

また、本日無事ラジオデビューを果たした店長も短い打ち合わせ時間でしたが、当店の特徴や強みをしっかり説明したのはさすがです(笑)

また、放送中から当店の前を歩行者が見てたり車から降りてサインをー!なんて方もいらっしゃいました!そこは地元横浜!やっぱり皆さん聞いていますね!

放送終了後サインも頂きまして。。。

近藤さんもこの表情!

我々のことも紹介できてよかったです!!



では本日はこの辺で。。。

バランスウエイトのお話。

テーマ:
タイヤフィッターのあるあるネタを今日はご紹介。


車からタイヤ・ホイールを外し、エアーを抜きます。

エアーを抜いている時間も有効的に使いたいので、元々張り付いていたウエイトも剥しちゃいます。

そのウエイトなんですけど・・・・ ここがあるあるポイント。


やたらめったらにウエイトが付いている時があります。

4×4サイズなどは一か所に大量のウエイトは貼ったり、打ったりすることはありますが、

そうではないのです。


変な箇所に点々と貼ってあるのです。これは完全に当時バランス調整をした者の知識不足です。

機械を頼り、機械が出した数字でウエイトを貼っているとしか考えられません。


あとは冬に多いのですが、ネットショップ等でタイヤホイールセットを新品で買う方が多くいらっしゃると思います。

当然タイヤとホイールは組み付けてあってバランスも調整済み。

我々はいくらバランス調整済みであっても、そのまま装着することはしません。


「バランス調整済みだから大丈夫だよ」とお客様から言われるのですが、「念のため測定させてください・・」とお話しをします。


いざ測定すると・・・・・・・・

酷いもんですよ。当然全部が全部ではありませんが、必要以上にウエイトを貼っているものも中にはあります。

バランス調整済みということを鵜呑みにして、もしのそのまま装着をしたとします。

ハンドルブレなどの症状が出た場合、我々の責任になりまねませんし、二度手間ですよね。

お客様からしてみても再来店は手間ですし、我々の仕事としても効率は良くありません。(正直な話)



まぁ そもそもなんでウエイト(おもり)を付けるの??

タイヤホイールのバランス調整は、タイヤとホイールのアンバランスを補う為にウエイト(おもり)はつけます。

天秤を想像していただければと思います。お互いが釣り合っている状態が正常。どっちかに偏っている場合はおもりで調整することにより

釣り合うことができますよね。物凄く簡単に説明しちゃってますが・・・・ 単純に言えばこのことと一緒ですね。


タイヤホイールは高速で回転をするものです。このバランスが釣り合っていないとアンバランスな部分が増幅して正しく回転しないんです。

それが先ほどお話をした「ハンドルブレ」へとつながるのです。この作業はとても重要です。


タイヤフィッターは事前に起こるトラブル等を想定して、お仕事をさせていただいております。


ではでは。





----------------------------------------------------------------------------

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

---------------------------------------------------------------------------