緊急時の救世主?ドライブレコーダー

テーマ:
どうもこんにちは!お盆休みから数日がたち、ようやく普段の生活に慣れてきた人もいるかと思います。しかし、車に乗っているドライバーのみなさん、どうか安全運転で!

本日のテーマはタイヤからちょっと離れますがドライブレコーダーです。ここ十数年で飛躍的に一般の車に装着されるようになってきましたね~。
中にはオプション装備である車もあるとか・・。今、ETC装置が当たり前になってきているので次はもしかしたらドライブレコーダーが当たり前になるかもしれませんね~。

ドライブレコーダーは車両に大きな衝撃(交通事故など)が加わった瞬間をを映像などで記録する車載型の装置のことを言います。フロントガラスやダッシュボード上に設置して、車両の前方を撮影し続けます。各メーカーによりけりだとは思いますが、急ブレーキや衝突などの異常を感知すると、その前後数十秒の時刻、位置、映像、加速度、ウィンカー操作、ブレーキ操作などを記録します。

このドライブレコーダー、ふっと思いつくのは某番組のドキュメンタリー番組でタクシーの車内の映像が流れているのを思い浮かびませんか?あんな客なんていないよ~、なんて思うかもしれませんが、元経験者からするとよくあります(笑)しかしながら残念ではありますが長くなるので割愛させていただきます(笑)
やはり旅客事業などでは当たり前についています。これはお客とのトラブル(車内)、防犯、交通事故等に役に立っているそうです。

一般のドライバーにとって最も重要なのは交通事故での役割ではないでしょうか?

実際、深夜や郊外など目撃者がいない交通事故ではドライバーの証言と損傷個所の状態しか状況を示す資料が無いため、ドライバー双方も言い分が食い違った場合には判断材料に乏しく自分の主張が認めれないケースもあります。
誰しも事故が発生したとき自分に都合の良い証言をしてしまう心理が働く以上、主張が食い違うのは理解できますが、中には事実をねつ造する悪質なドライバーも存在するため、正当な主張をするためにも“客観的な証拠”が必要となってくるわけです。
やはり現場検証で証拠映像があるのかないのかで過失割合に響くこともあるそうです。

運転を仕事としている方々はどうしても事故に遭遇する確率が一般のドライバーに比べ高いのは当たり前の話ですが、遭遇する率が圧倒的に少ない一般ドライバーは事故が発生した状況でパニックを起こしてしまうものです。そうなってくると一瞬の出来事なのでうまく説明がいかず気がつくと鵜呑みする状態になってしまうものです。
そしてここではっきり言えるのが「警察官は中立の立場」です。どちらに味方をする訳ではありません。中立の立場から事故状況を判断し、処理していくのです。
そこで効力を発揮するのが証拠映像として提供できるドライブレコーダー。現場検証後の示談交渉で保険会社のやり取り等で活躍することでしょう。

・・・なんか嫌な話になってしまいましたね・・・。しかし、自分の身を守る為には必要なことでもあると思います。

もう一つは防犯の役割ではないでしょうか?

ドライブレコーダーには駐車監視機能がついているものがあります。これがドライブレコーダーの防犯機能です。モーションセンサーがついていて車に人が近づくと録画が開始されます。当て逃げによる衝撃にももちろん反応します。駐車してて当て逃げされたとか、駐車中に傷をつけられた、パンクさせられたそんなとき、ドライブレコーダーの映像があれば犯罪の証拠になります。また、ドライブレコーダーがあると防犯の役割をして、これらのいたずらなどの犯罪抑制につながったりします。

これらを考えてみるとドライブレコーダーは確かな役割があると思います。
しかし、我々一般ドライバー、プロドライバー、いろんな方が道を通っています。やはりお互いマナーは守り、危険な運転は避け、相手が困るような盗難等が起こらなくなるのが一番の理想ですよね。・・・甘いですか?でも少なくとも私はそう望んでいます。でもやはり自分の身は自分で守らなければならない時もあると思います。

安全運転は当然の話ではありますが、緊急時のアイテムとしては持っておいて損はないかもしれません。
本日はここらへんで失礼します。

AD
昨日の台風、すごかったですね~。みなさんの地域は大丈夫でしたか?今、上陸してるよという地域の方、どうぞお気をつけて下さい。

それでは今回のテーマはインパクトレンチです。以前ブログでも取り上げさせていただいておりますが今一度少し考えてみましょう。

ディーラーさんや大手量販店のタイヤ屋さん等でよく見かける便利工具。エアータイプもあれば電動タイプもあります。



電動タイプともなればご自身で脱着等している方なんかは御用達なんじゃないですか?正しく使うことができれば確かに便利かもしれません。
ここでインパクトレンチのメリットについて調べてみました。
・ナットを回すときに力を必要としない。
・タイヤを固定させなくてもナットを回せる。
・作業効率が上がる
調べてみたところ細かい部分でまだまだいっぱいあるのですが大雑把に区分けするとこんな感じの意見が多かったです。
もちろん、これ以外で使っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ここからはタイヤフィッターとしての経験からデメリットをお伝えします。
・手作業でしか感じられない感覚がある
下の写真を見て下さい。

ハブボルトの先端が潰れてしまっています。
これはインパクトレンチのソケットにナットを入れて、ボルトのネジ山がしっかり合っているかを確認せずに締め付けたものと思われます。
我々の場合、数多くの経験からそこでボルトのネジ山がずれていることに手の感覚で気づくことができます。

・金属疲労でボルトが折れる危険がある。
ボルトと言えども消耗品、使っていけばだんだん劣化していくのは当たり前です。しかし、その劣化した状態のボルトに無理にインパクトレンチを使うと簡単にボルトが折れてしまいます。

折れてしまうとボルトを打ちかえる費用はかかるし、そもそも安全に走ることはできなくなります。

・社外品のアルミホイールではインパクトレンチをNGにしているホイールがある。

社外品のアルミホイールの取扱説明書を見ると、「危険」という注意書きで、「取り付けナット(ボルト)の締め付けにインパクトレンチを使用しないでください。締めすぎやボルト・ナット・ホイール等の傷・変形を引き起こし、事故の原因となることがあります。トルクレンチを使用して、正しい締め付けトルクで締め付けてください」と記されています。

ちなみにこの「危険」というのは「取り扱いを誤った場合、死亡または重傷を負う危険性がきわめて高い内容です」という意味だそうです。

インパクトレンチをしようすると力が強すぎてオーバートルク気味にしまってしまいます。そうなるとボルトが折れる危険が高くなる。

あとは、社外ホイールの場合、センターボアのクリアランスが広く、センターボアでホイールの位置決めができないので、取り付け時、ホイールはスタッドボルトに釣り下がって
いる形になるので、ボルト穴のセンターも出ていない状態になります。
その状態で、インパクトレンチで一気に締めると、位置がでたらめになり、ナット座やホールに
傷をつけてしまう可能性があります。

・・・・もうお分かりですね?純正ホイール等ではナット座にはセンターボアのクリアランスがぴったりあっているのとホイール側のナットの受けの面に鉄ブッシュが入っているものが多いので、インパクトトレンチを使用してもダメージは最小限で済みます。
が、社外ホイールのナット座に鉄ブッシュが入ってないもので強力なパワーを持つインパクトレンチを使ってえぐるように締め付けていくとナット座の面がでこぼこになってしまう。しっかりと全体の面で接地してあげてこそのナットなのでそれが原因で異音がしたり、緩んでしまう危険があります。

「どうしてインパクトレンチを使わないの?」や「手作業で大変だね。」なんてよくお客様から言われますが、しかし考えてみるとインパクトレンチは使ってからのメリットより危険なデメリットの方が多いのです。危険を冒してまで効率を求めるならば、一つ一つ確認して作業を進めた方が後々効率がいいのではないかと思うのです。

あたりまえの作業で結構軽視されがちなこの作業、実は甘く見ると痛い目にあう!?そうならないようにどうかご注意下さい。
※このブログでは一部インタネットから拝借しているものもあります。



AD

雨の日は気をつけて!!

テーマ:

こんにちは!!

台風が千葉に上陸と一日荒れた天気ですね。

運転されている方は、視界も悪いのでくれぐれも気をつけてください。



横浜店も一時は視界が悪くなるほど雨が降ってました。天候の急変に注意ですね!

このような天気なので、晴天、雨天時の交通事故発生率と原因について考察したいと思います。

まずは事故の発生率なのですが、晴天に比べて雨天時は5倍になり施設接触事故(ガードレールなど)件数はそれよりも多く、時間当たり10倍にもなるそうです。

 

原因は何?雨でしょ?正解ではあるのですが、もっと掘り下げてみていくと、追突だったり接触事故など視界不良などを除いてタイヤにあります。

タイヤは消耗品です。溝が摩耗によって浅くなってくると路面とタイヤの間の水の膜をうまく排水できなくなりスリップ→事故と繋がってしまいます。

 

溝が残っているから大丈夫だ!と思っている方も注意が必要で、ゴムの状態も重要。古くなったタイヤなどはゴムが劣化、しなやかさを失い固くなってくるので路面に対する密着度が下がります。溝があっても3年長くても5年での交換をお勧めします。


日頃の点検も必要ですが、「スリップサインが出ていないから大丈夫」は誤った認識なので、明らかにタイヤが減っていればタイヤ交換のタイミングはわかるものですが、判断できない場合は、是非タイヤフィッターへご相談ください。

AD

タイヤ交換ならタイヤフィッター!!

テーマ:
本日は原点に返り、タイヤフィッターの特色をご紹介したいと思います。

・タイヤフィッターはタイヤ交換30インチまで、ありとあらゆるタイヤ交換の実績がある!!
タイヤフィッターは年間45,000本のタイヤ交換の実績があり、その中でも軽クラスのタイヤ交換から大径サイズ30インチまで、BMW等の標準ランフラットタイヤ、欧州タイヤからアジアンタイヤ、GT-R35の専用タイヤ、レース専用のスリックタイヤ等々のありとあらゆる交換実績があります。

・タイヤフィッターは国産車、外車、キャンピングカー等々ありとあらゆる車の交換実績がある!!
上記と重なりますが年間45,000本を取り扱っており、ありとあらゆる車がご来店してます。

・タイヤフィッターは持ち込み大歓迎!!
自分でタイヤを仕入れたのはいいけどタイヤの持込だと割増料金やショップに嫌な顔をされたご経験はありませんか?当店は一切ありません!
近年インターネットからのタイヤ販売が盛んになっています。当社では他のショップさんよりもいち早くタイヤ持込歓迎のスタイルで営業しています。お蔭様で今では幅広いお客様からの支持を頂いています。又、インターネットで買ったタイヤを当店に直送も可能です。

・持ち込みタイヤ作業予約割引特典がある!!
タイヤフィッターのHPより作業を予約をしていただくとインターネット予約割引で-1,000円、
平日9:00~16:45までの作業枠での予約をしていただくと平日昼間割引-1,000円。
併せて最大2,000円引きになる特典がございます。但し、4本交換、現金お支払いが対象となります。

・タイヤフィッターはタイヤ販売もしています!!
ディーラーさんのお見積を聞いてびっくりしたことありませんか?もし気づいてないのであれば一回当社にお問い合わせください。タイヤの価格に自信があります!
タイヤは安く交換する!そんなご提案が当社では可能です。


※この写真の価格は前の価格です。詳しくはホームページを!!

・タイヤフィッターはタイヤプリントができます!!
世田谷ベースでお馴染「デイトナ」や「ガズーレーシング」等の取材も受けている今話題のサービス。タイヤをおしゃれに変身させて個性をだしたり、会社の広告や宣伝などで使ったりできます。

ざっと特色を書いておりますがもっとたくさんあるんだよな・・書ききれない(笑)

しかしここだけは譲れないのが・・・

・タイヤフィッターのタイヤ交換は「安全・確実・丁寧」がモットーです!!

我々はインパクトレンチを使いません。全て手作業で脱着します。ジャッキアップにはウェスを使って車体を保護しながらジャッキアップしています。すべてこだわりの作業です。そのこだわりがあるからこそ普通クラスのタイヤ交換は約20分~30分程度のスピーディなタイヤ交換が実現できるのです。ただ単に早いだけではありません。

タイヤ交換をどこでやるか決めかねているオーナー様、ぜひ当店をご利用ください。
ここでしかできないクオリティーがここにはあります。
ご来店おまちしております。

腐食って怖い。。。

テーマ:
いやー、おかしな天気ですね~。。。
雨が降ったり、晴れて一気に蒸し暑くなったり、って天気の話題からスタートです(笑)

さてこの前ご来店されたお客様の事例ですが、、、
「釘とか刺さってないのにエア漏れするんです」
とのこと。


 確かに、トレッド面などタイヤの外周を確認しても何も刺さってません。 うーむ・・・。

まぁ、新品に交換するので
早速ホイールとタイヤを分離してみると、こういう状態でした。

 メッキホイールの場合、タイヤ(ビード)と接触するホイール部分のメッキが腐食でぼこぼこの段差になっているんですね。水滴もついていますね。。。
これじゃあタイヤが密着せずエア漏れしてしまうのは明白です。タイヤもこんな感じに、

ワイヤーブラシで腐食部分を落とし、シーラーを塗って対策をしました。
組み終わった状態での確認ではエア漏れは治ってましたが、オーナー様には作業の都度状態の説明を行い、今後エア漏れの可能性についても説明させていただきました。
メッキホイールユーザーの皆さん。 メッキはこうやって劣化することがあります。劣化の原因の一因は「水分」があると考えられます。

タイヤの中に入れるエアを水分の少ない窒素などにしてもらうと劣化のスピードは遅くなるかもしれませんね。 そういった意味でも窒素ガス充填、効果があるかもしれません。


ご希望の方にはご説明をし、しっかりご案内させていただきます。

皆様からのご予約お待ちしております。

破損している!?

テーマ:
昨日の雨が嘘みたいに今日は晴れていますね。
相変わらず暑いですし、みなさんも熱中症などには気を付けましょう!



さて、先日ハブリングのお話しをさせて頂きましたが、今回もまたハブリングのお話しをさせて頂きます。
前回のお話しではハブリングの形のお話しでしたが、今回お話しするのは種類といったところでしょうか。

ハブリング大きく分けると2種類の物に分類されます。

まず、当店でも販売していてよくブログでもご紹介しているのが
この金属製のハブリングです。


そしてもう一つがこの樹脂製(プラスチック製)のハブリングになります。


金属製のハブリングについては当店でも多くご紹介をしているので少し省きます。
樹脂製のハブリングと聞いてみなさんはどんなところが気になりますか?

聞いておいてなんですが、耐久性とか気になりませんか?
金属と樹脂、比較すると確かにここは気になるところです。そうですよね?

まず、素材の強度から言えば当たり前ですが金属の耐久性の方が圧倒的に高いですね。
しかし、その反面長期間使用していると車両のハブ側で錆びが生じて、結果としてハブリングと固着してしまうことがあります。

これは樹脂製の物を使用していれば錆が発生したことによる固着の心配は少ないですね。
プラスチックと聞けば何だか弱そうに感じますが、ある程度強度のあるもので、また耐熱性の高いものが
素材として使用されているので、特に金属製のハブリングに拘る必要は無いでしょう。


ただし何度もホイールを脱着するようであれば、樹脂製のものは摩耗や変形をする可能性があり、経年劣化で破損してしまうこともあります。


破損した状態で装着してもハブとの間に隙間が生まれてしまいハブリングの意味を成してくれません。
そして怖いのが割れて変形した状態の物を車体側ハブ面とホイール側ハブ面に挟まった状態で装着してしまうことです。

面が密着していない状態で装着をしてしまうため、しっかりとナットが締め付けられずホイールの脱落につながってしまう可能性があります。

普段からタイヤ交換を行っている人であればすぐに異変に気付くことができるかもしれませんが、
あまり交換を行ったことの無い方だとこのような状態のまま装着をしてしまう可能性もありますね。


今、みなさんが使用されているハブリングは金属製ですか?プラスチック製ですか?
プラスチック製のハブリングを使用されている方は破損が無いか一度確認をして頂くと安心ですね。


※一部写真をインターネットより拝借させて頂いております。

円形であるENKEIの丸い話笑

テーマ:

 

こんにちは!!!SASAです♪
最近雑誌などで、よくコンセプトカーをよくみてますが、TOYOTAのスープラの復活が
色濃くなってきていますね!
個人的にはGT-Rの2020コンセプトカーとGT-R36(仮らしいですですが…)がきになりますね(笑)
車業界の熱が再び熱くなることを期待したいです!!!

さてさて、本題に入りましょう!
今回はホイールセンターキャップの種類にについてのお話を♪

IMG_2899

IMG_3296

基本的に写真のように裏から叩いて外すタイプが基本的ですが
プジョーのようにセンターホールがないもや裏から針金のようなピンでとまっているものも!

IMG_3444

IMG_3443

さらに!こんな感じで六角ボルトで付いているものもあります!
スポーク各所にとまっていたり5カ所や3カ所や2カ所とあります。
作業させていただく際には勿論センターキャップを外してバランスをとらせていただきます(5カ所以上有料)

IMG_3391

IMG_3389

その際はこんな感じで一本一本ケースに入れるので紛失しません!
元々ついてなかったりなどは事前にお声がけさせていただいております。

IMG_3390IMG_3445

その他では、アルピナの純正ホイールやポルシェなど専用の鍵で開けるものも!
特殊なものでも作業はできちゃいます♪
鍵以外ではベントレーや現行のSは専用工具でセンターキャップキャップをはずすので

IMG_3241今一度お車に車載されているかご確認ください!

私の!自分の!(特殊なんだけど…)できる?ぜひお問い合わせください♪
では!皆さんのカーライフが充実しますように!

この筋は出来ていませんか?

テーマ:
お盆休みも終わり今日からお仕事と言う方も多くいらっしゃるのでしょうか?
みなさんはお休みの期間中、如何お過ごしでしたでしょうか?

実家へ帰ったり、旅行へ行ったり、はたまた家でゆっくり過ごしたという方もいらっしゃいますかね?

さて、こういった長期の連休が終わるころにタイヤフィッターではある案件が多くなります。
みなさんもお気づきの方もいらっしゃるかと思います。

そう、パンクです。

旅行で車を使用したり、、家族でドライブをしたりと、何かとこういった長期連休の時には車の使用頻度も多くなります。
普段よりも車に乗られている方が多くなる時期なので可能性も確かに高くなりますね。

早めに気が付けばパンクの修理を行うこともできますが、
問題なのはそのパンクに気が付かなかったときです。

エアーが抜けている状態で走行をすることでこのように、、、


サイドウォール部分にこのような筋が出来てしまいます。
この状態が実は危険のサインなんです。

過負荷での使用によって、タイヤの負荷能力を超えている状態が続くことにより、
過度の発熱などの影響もあり、タイヤ構成部材間の接着力が低下して剥離してしまっている可能性があります。

走行したタイヤをホイールから分離してみると


このような状態になっていることが考えられます。


早い段階で気付く事でこのような事態にならずに修理を行うこともできますので、
一度空気圧やパンクをしていないなどの点検をお勧めします!!

ではでは今日はこの辺で。

ゴムは劣化します。

テーマ:

台風が近づいています、、、
雨風強くなりますので皆様お気をつけてお過ごしください。

さてお盆も終わりを迎えております今日この頃、今日のテーマはこちら!

ゴムバルブですね!

お客様より
『これ何?』
『交換しなきゃいけないの?』
といったご質問を多くいただいてます。

ブログにて紹介しておりますのでご存知の方が多くいらっしゃると思いますが、
このバルブ非常に重要な役割を担っております。

エアーを調節する際の入口に取り付けられていますが、ゴム製品なのでタイヤと同じように経年劣化してしまうんです。
劣化するとヒビが入ってエアー漏れの原因になってしまうことも。。。

そして、タイヤを交換するとき(ホイール単品のとき)しか交換ができません。
唯一タイヤの中につながっている部品なので中からしか作業ができないのです。

なので、タイヤを交換する際ご一緒に交換をとおススメしています。



またバルブがゴム製じゃなく金属製のものもありますね。


このホイールについているモノはバルブが金属でできているんですね。
こういうタイプだとホイールメーカー、製品によって専用品が用意されているものがあります。
こういった短い「I型」だったり、長い「L型」だったり。

ですので、こういった金属製のモノが付いていて『バルブも交換したいんだよね。だってゴム製のパッキン入ってるし。』
という方は、お手数ですがバルブの手配をお願いしています。
交換作業はまったく問題なくできますので、ご安心を!

ゴム製のものより、劣化のスピードは遅いと思うのでそんなに神経質にならなくともよいと思いますが「せっかくの機会なので。」
という方は、上記をご確認いただき作業のご依頼をお願いします。

バルブに関して簡単ですがよくあるご質問の回答でした!

ではでは! 


整列!!

テーマ:
今日はなんだかすっきりしない空模様、蒸し暑いです(汗)
昨日がUターンラッシュピークだったようで今日の渋滞は全然ですね♪
みなさん、お休み満喫しましたか??
今日は、帰ってきたばかりだから自宅でのんびり♪なんていうのもいいと思いますよ♪

さて、みなさんタイヤ交換後、どこを見ますか?
替えたばかりなのでそりゃタイヤ見ますよね(笑)

もしタイヤフィッターでタイヤを交換したら、ちょっと気にして見てください・・・
何気なしにホイールをちらっと見た時、ホイールの中央オーナメント部分がそろっていたら
「おっ♪!!」って思いませんか??

普段気にする部分ではないと思いますがそろっていた方が見た目がいいですよね♪
タイヤフィッターはそんな細部までこだわっております!!

ホイールの中央をふさいでいる部分、名称としては
「センターキャップ」・・・中央のオーナメント部分だけが取れるタイプ
「センターカバー」・・・真ん中ナットホールまで隠れているタイプ
「ホイールカバー」・・・ホイール全体を隠しているタイプ

タイプによって、取り付け方は様々・・・
一番多いタイプは、 表からはめ込むだけのタイプ。他には裏からバネやネジで止まっているタイプや、表からネジ止めされていうるタイプがあります。

付け位置に決まりがあるタイプは必然的に同じ向きになりますがネジ止めタイプなどは、止める位置をしっかり意識しないと向きはバラバラになってしまいます。

他にもキャップ裏側をよく見ると出っ張りがあり、ホイールのくぼみと合わせるタイプ。

ホイールカバーだと、バルブ位置が決まっているのでバルブをよけてあげます♪

※たまに正しく装着されておらず、バルブがかわいそうな感じになっているのを発見します(汗)バルブ自体に負荷がかかってしまうので、直してあげてください。

どのタイプでもタイヤフィッターでは向きを合わせるよう心がけています!!
ご利用後、センターキャップも確認してみてください♪
※多少のズレはご容赦ください(汗)