計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。

NEW !
テーマ:

計測工房の独自WEBサービス

TRAIL SEARCH」はロングの

トレイルランニングレースに特化

したWEB速報 兼 レース人数管理

システムです。

今週末の伊豆トレイルジャーニー

でも導入されますが、今年は一気

に導入大会が増えた一年でした。

下記の6大会で導入していただき

ました。

 

 

4/24(愛知県) 70km (13H)
奥三河パワートレイル

 

 

6/26(群馬県) 72km (13H)

スパトレイル〔四万to草津〕

 

 

9/11-12(群馬県) 120km (35H)

上州武尊山スカイビュー・ウルトラトレイル

 

 

9/18-19(新潟県/長野県) 110km (22H)

信越五岳トレイルランニングレース

 

 

11/19-20(埼玉県) 100km (33H)

Fun Trails 100K Round秩父&奥武蔵

 

 

12/11(静岡県) 71km (14H)

伊豆トレイルジャーニー

 

 

いずれも距離70km以上、制限

時間13時間以上のロングレース。

それだけロングの大会が増えて

きたということでもあります。

 

「TRAIL SEARCH」が完成するまで

は長い試行錯誤の末でしたが、

出来上がると普及は早いですね。

 

「TRAIL SEARCH」は今後も大切に

取り組んでいきます。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今週末(2016年12月10-11日)の

計測工房は5大会です。

 

12/10(土)
国頭トレイルランニング
(沖縄県) 二見

 

12/11(日)

伊豆トレイルジャーニー

(静岡県) 藤井

 

12/11(日)

武田の杜トレイルランニングレース

(山梨県) 岡本

 

12/11(日)
群馬サファリ富岡マラソン
(群馬県)

 

12/11(日)

ヤマダ電機杯高崎市小学生駅伝

(群馬県) 緒方

 

 

前回(2015年)の伊豆トレイル

ジャーニーより。

伊豆半島の海と山を巡る70km

のロングジャーニー。

計測工房にとって今年最後の

ロングレース。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私には2人の子供がいますが、常々

「子育てとは親が子供を育てること

ではなく、子供によって親が成長さ

せてもらえること」だと思っています。

 

 

31歳で起業してから10年。

壮絶に忙しくて追い込まれた時や、

試練を乗り越えなければいけない時、

色々な場面がありましたが、仕事を

終えて家に帰ると子供がいてくれる

ということが全てのバランスを取る

絶妙なバランサーになっていて、

もはやそれなしでは私の人生は

成立していないとさえ思います。

 

私は自分の持てるエネルギーや

時間のほぼ全てを仕事に費やして

いますが、学生時代にはそれを

仕事ではなく走ることでやって破綻

してしまったので、同じことを仕事

でも独身時代にそれをやっていたら

確実に何かが破綻していたと思い

ます。それが今、成立しているのは

確実に子供の存在のおかげだと

思っています。

感謝以外の言葉がありませんね。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

繁忙期はどうしても目の前の仕事

に忙殺されるため、中長期的な

課題は後回しになります。

それで繁忙期が終わると、待って

いたかのように中長期的な課題が

具体性をともなって色濃く見えて

きます。

 

思い起こすと一年前は、繁忙期が

終わったこのタイミングから社屋

移転の段取りを加速させ、2月末

の引越し、その後の新入社員の

加入、引越し後の整理もろもろで

春先までバタバタしていました。

 

 

160227-2

引越し直前の新社屋。

 

 

今年は昨年ほど誰の目にも見える

ような課題ではないですが、私の

中で長年の中長期的な課題であっ

た某テーマに実際に着手し始めて

います。何とか2017年中には形に

したいと思っています。

 

2016年が新社屋や新入社員など

外からも見えるハード的な変化

だったとすると、2017年は外から

は見えないソフト的な変化だと思い

ます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

計測工房の年間最大繁忙期の

10月・11月を終えると、12月から

は少し時間の流れが緩やかに

なります。

そこそこ忙しいけれど何とかなる

というのが3月ぐらいまで続きます。

(4月以降夏場はさらに落ち着く)

私としては12月から3月の期間の

仕事量はバランスが取れていて

しっくりくる期間と感じています。

 

 

11月は23大会もありましたが、

12月は13大会。その内訳は、

駅伝5、トレイル4、マラソン4です。

 

130208-5

12月のトレイルランニング4大会

の1つ、国頭トレイルランニング。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年も残すところ1ヶ月ですが、

今年の私は11月までに50大会の

計測現場に行きました。12月は

3大会の予定なので、2016年は

一年間で53大会の計測現場に

行った一年になりそうです。

 

その53大会のカテゴリー内訳

ですが、

 

駅伝     21 (39.6%)
マラソン     12 (22.6%)
トレイルランニング 11 (20.8%)
トライアスロン     4 (7.5%)
一輪車     2 (3.8%)
陸上     1 (1.9%)
自転車     1 (1.9%)
乗馬     1 (1.9%)

 

合計     53 (100.0%)

でした。

自分としては山ばっかり行ってい

る印象がありトレイルランニング

はもっと多いと思っていましたが、

11大会でした。

 

そして駅伝の圧倒的多さ。

 

上の私自身の計測現場の回数の

内訳は、そのまま計測工房の特徴

をよく表していると思います。

 

 

2016年最後に行くトレイルランニン

グの計測現場は12月11日の伊豆

トレイルジャーニー。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末(2016年12月3-4日)の

計測工房は3大会です。

 

12/3(土)-4(日)
いすみ健康マラソン
(千葉県) 緒方

12/4(日)
いたばしリバーサイドハーフマラソン
(東京都) 二見

 

12/4(日)

関東中学校駅伝

(山梨県) 高橋

 

 

関東中学校駅伝より。

関東ナンバーワン決定戦。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年も11月が終わりました。計測

工房にとって年間の最大繁忙期で

ある10月・11月。今年は2ヵ月間で

46大会を計測させていただきました。

 

計測ディレクター5人で2ヵ月で

46大会を計測。

 

社員・スタッフの皆さん、お疲れ

様でした。

 

社員はこのタイミング(11月が

終わった後)が、一番体調を崩し

やすいです。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日(2016年11月29日)付けの

日経新聞に、私の古巣アール

ビーズ社の金城栄一取締役への

取材記事が掲載されました。

記事

 

「個性ない大会が増えた」

ということで、東京マラソンのよう

な大規模都市型マラソンが乱立

しているが没個性化していること

で将来に警鐘を鳴らす内容です。

 

内容は私もその通りだと思います。

 

他方で、ご存知のように計測工房

はマラソン大会(市民マラソン)の

計測からは距離を置きつつあり、

トレイルランニング(スカイランニ

ング)にシフトしています。

 

 

日本のトレイルランニング(スカイ

ランニング)は今や黎明期ではなく、

隆盛期に移り始めており、勢いは

止まりません。

毎年、右肩上がりで新しい大会が

生まれています。

その状況で、先の記事にあるマラ

ソン大会(市民マラソン)の没個性

化と照らし合わせてみると・・・、

やはりトレイルランニング(スカイ

ランニング)の大会は、マラソンの

それとは全く状況が異なると思い

ます。つまり個性的な大会が多い。

突き詰めると1つのことに気付き

ます。

 

マラソン大会はフルマラソンなら

42.195km、ハーフマラソンなら

21.0975kmと距離が決まっており、

全国どこの大会でも同じ距離です。

もちろん景色、コース、雰囲気など

は違うにせよ、一定の距離の道路

を走るという点ではどの大会も同じ

です。

 

対してトレイルランニング(スカイ

ランニング)は山を走ります。

山は1つ1つ全て異なります。

それどころか同じ山でも、北から

登るのと、南から登るのとでは

全く表情も違います。

さらには、同じ山の同じ場所で

あってさえ、季節によって、新緑、

盛夏、晩夏、紅葉、初冬など、

全く表情が違います。

 

同じ主催者が、同じ運営内容で

2つの大会を開催したとしても、

大会参加者が受けるイメージは

2つの大会で異なっているはず。

 

もちろん、ある程度の部分まで、

大会の「やり方」や「枠組み」とい

うのは共通せざるをえず、そうい

う人間がやる部分での没個性化

は起こりうると思います。

同じ主催者が年間に複数の大会

を主催というケースも多いので、

その主催者の大会はどれも似て

いるなあということはありえます。

 

が、走るフィールドである山その

ものは没個性化するとは思えず、

そこがマラソン大会との最大の

違いかと思います。

(もちろん、同じ山の同じコースで

2週連続で別の大会があったら、

それはさすがに没個性化ですが)

 

マラソン大会の場合、「ランナー

が主役」なのだと思いますが、

トレイルランニング(スカイランニ

ング)では、ある意味で「山が

主役」と言える気もします。

人は山に、「入らせていただき、

走らせていただいている」という

畏敬の念が根底にある気がしま

す。だから、参加者も大会運営や

主催者に対しては不満があった

としても、山に対しての不満は

ないと思うのですが。

人間の奥底にある山(自然)へ

の畏怖、畏敬。それがトレイル

ランニング(スカイランニング)の

出発点なのかも。

 

 

トレイルランニング(スカイラン

ニング)への考察は今後も続け

ていきたいと思います。

(なぜ私自身が、トレラン計測に

惹かれるのか、まだ言葉で説明

できる結論に達していません)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。