計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。

NEW !
テーマ:
160524
日本のトレイルランニング界の
第一人者・プロトレイルランナー
石川弘樹氏が、このたび新しい
チャレンジを達成されました。

(写真は弊社で計測をさせて
いただいた2011年の信越五岳
トレイルランニングレースにて)


今回の石川さんのチャレンジ
とは・・・、

東京・高尾から大阪・箕面まで
伸びる
東海自然歩道(総延長
1697.2km)のうちメインルートの
約1000kmの道のりを毎日走り
続け、このコースの最速記録
(FKT)を目指すチャレンジ。



FKTとは、ファステスト・ノウン・
タイム(Fastest Known Time)
の略称。トレラン界で急速に
知られてきた新しいアクティビ
ティです。ある特定のトレイル
コースを、大会(レース)では
なく各個人がそれぞれ自分で
走り、そのレコードをWEB上で
比較し合って最速を競うという
アクティビティです。

石川弘樹氏は、今回の挑戦で
2016年5月7日に東京・高尾を
スタートし、本日2016年5月24日
に大阪・箕面にフィニッシュ


実走距離は1060-70km程度。
所用時間は、17日10時間18分
だったそうです。
もちろん、このコースを過去に
走って走破した人は皆無だと
思われ、今回のタイムがこの
コースのFKTとなるでしょう。


石川さんの公式facebookに
記載された出発前のご本人
コメントによると、(以下引用)

私はこれほどまでの距離を
日々走り続けるのは人生で初め
て。距離も時間も身体がどうな
るのかも未知の世界です。
あえて誰もが知りアスファルトも
多いとされる東海自然歩道での
FKTに挑戦します。
まずはこのコースの「基準」を
打ち出しロングコースFKTのロン
グレースなどにはない様々な楽
しみ方をお伝えしたいと思いま
す。こんなチャレンジはランナー
にとってとても贅沢なことです。
こんなに日々走れることは今の
自分にはとても嬉しいことです。
自然の魅力、トレイルランニング
の魅力、過酷さなど、日々すべ
てのものを楽しみ尽くしたいと思
います。
」(以上引用)


色々な文脈において、このタイミ
ングで石川さんにしか出来ない
チャレンジ。

もちろんアスリートとしての類まれ
な石川さんの力を大前提としつつ
も、長期に渡って帯同するサポー
トクルーが存在すること、プロ選手
として契約メーカーによるサポート、
さらに専門メディアが随行報道、
そして公式facebookにリアルタイ
ムに実況がUPされ数千人のトレ
ラン関係者がWEBで見守る、とい
う、これだけの環境を作ることが
できたのは石川さんだからです。

(以前、タレントの間寛平さんが、
地球一周を走って走破するアース
マラソンを達成されましたが、
文脈としては今回の石川さんの
チャレンジに通じるものがあるよう
に思います)



160524-2
実は石川さんと私は同い年。
写真は初めて石川さんと仕事を
ご一緒した2010年9月に開催さ
れた上越国際での大会にて。

この翌年の2011年から石川さん
プロデュースの信越五岳トレイル
ランニングレースを計測させてい
ただくようになったのを皮切りに、
石川さんが携わるトレランレース
はほとんど計測工房で計測をさ
せていただくようになりました。
(信越五岳、斑尾、伊勢の森、
身延山七面山、奥三河など)


プロトレイルランナーの石川さん
と、プロ計測会社の私。
立場は異なりますが、トレイル
ランニングレースという場が、
同い年の我々を結び付けてくれ
ました。

今回の石川さんのチャレンジ
達成を心から祝福するとともに、
大いに刺激をいただきました。

プロ計測会社もまだまだチャレ
ンジします。



AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
160523
会社で洗濯したスタッフビブスを
干しています。

社屋が広くなって洗濯物も大量
に干せるようになりました。

広いというのは良いですね。
何をするにも選択肢が多くなる。





AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160522-4
本日は、東京都品川区にある
大井ふ頭中央海浜公園陸上競
技場第31回NTTデータ駅伝
が開催され、計測工房でタイム
計測を担当させていただき、
私・藤井が計測ディレクターを
務めさせていただきました。

この大会はNTTデータ さんの
社内駅伝大会です。


160522-2
スタート地点兼中継地点兼フィ
ニッシュ地点です。
地面にはタイム計測用アンテナ
マット
が設置してあります。


160522-3
スタート風景。
社内駅伝ですが、大企業さんです
ので約1,200人が参加します。


160522-5
タスキ渡し風景です。
今大会ではタスキに装着された
ICチップ
によって計測をおこない
ました。


160522-1
私の仕事場となった記録室です。
記録集計、賞状出力などをおこ
ないました。



NTTデータさんはこの社内駅伝を
一年に2回開催されており、社内の
コミュニケーションイベントとして、
駅伝を非常に有効的に活用されて
いると思います。

また一年に2回開催されていること
から、すでに弊社で計測させてい
ただいた回数が今回で14回目。

同一の大会の計測回数としては
弊社史上で最も多い大会です。



This is timing man.
We are professional timing man.
Born this way.
This is an everlasting journey.


今回も一期一会の貴重な仕事の
機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がり
ますように。



AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160521
本日は明日開催のNTTデータ駅
伝の機材積み込み。

どうということはない作業ですが、
1つの週末に4つ5つと大会が重
なった時は、レンタカーも3台4台
と納車されてきます。一気に同時
には出来ないので、社内での
各担当者間での準備の調整と
いうか融通が重要です。




いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160520
本日は、今週末に担当させて
いただくNTTデータ駅伝のシス
テムテストをおこないました。

大会の現場に行く準備の最終
段階として、必ず社内でおこなう
のがシステムテストです。

計測工房が重視している仕事
の局面の中でも、これはかなり
上位に位置付けられます。

本番で使用するPCとプリンタを
すべて本番通りにセッティング
して、設定の確認をおこないます。


そして、各計測ディレクターが
自分で確認が終わると、必ず
私が最終確認をおこないます。
ここが計測工房の秘伝の1つ。


1つの週末に最大で4つ5つと
大会が重なりますが、社屋も
移転して広くなったので、快適
に(スペース的に)システムテス
トができるようになりました。











いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週末(2016年5月21-22日) 
の計測工房は2大会です。


5/21(土)
経ヶ岳バーティカルリミット
(長野県) 二見

5/22(日)
NTTデータ駅伝
(東京都) 藤井


160519
昨年(2015年)の経ヶ岳バー
ティカルリミットより。

今大会は2016年スカイランナー
ジャパンシリーズ のSKYカテゴ
リー第1戦でもあります。



いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160518
本日5月18日は計測工房の設立
記念日でした。

2007年5月18日に創業。
満9年が経過して、10年目突入と
なりました。

これまでの歩みを計測大会の数
で振り返ります。

第1期(2007年5月~)
33大会

第2期(2008年5月~)
53大会

第3期(2009年5月~)
65大会

第4期(2010年5月~)
77大会

第5期(2011年5月~)
100大会

第6期(2012年5月~)
114大会

第7期(2013年5月~)
129大会

第8期(2014年5月~)
140大会

第9期(2015年5月~)
144大会


第9期は創業以来、大会数の
増え幅が最少の期となりました
が、成長が鈍化したというよりは
「単に数があれば何でも良いの
ではなく、計測工房のやるべき
仕事にシフト」し続けてきた変化
の一年だったと思います。

そして社屋の移転。
社員の増加。

会社は第2ステージへ。
来年は10周年。












いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
陸上競技専門ウェブサイトである
寺田的陸上競技WEB にて、計測
工房の近況を記事で掲載してい
ただきました。

記事タイトルは、

計測工房2016春 創業10年目
に新社屋へ移転 計測業界の
オンリーワンカンパニーが第2
ステージへ



image

特に、記事の最後で取り上げて
くださった部分、

(以下引用)
まだ40歳になったばかりで青年
経営者という雰囲気だが、藤井
社長は後継者の育成も気に懸
けるようになった。これまではプ
レイングマネジャー的な頑張り
方で、計測ディレクターとして難
易度の高い仕事はほとんど、
社長自身が担当してきた。それ
を徐々に、若い社員に任せる割
合を大きくしていく。
「いつかは自分もリタイアします。
そのときに計測工房がなくなって
は、創業した意味がなくなってし
まう。会社は自分1人のものでは
ないと思っていますし、社員全員
が成長してほしい」
(以上)

これはメディアに掲載されたのは
初めてだと思います。
今いちばん自分の中で気にかけ
ている部分がここです。


マイルストーンとして良い記事を
書いていただいたと思います。
寺田的陸上競技WEBさん、あり
がとうございました。



いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
薫風5月。
暑くもなく寒くもなく。

5月は仕事の谷間の月。
今年は特に大会数が少ない月
になりました。
忙殺から、しばしの開放。

と言っても、先々への仕込みは
着々と。


160515
(近所のペンギン)




いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。