☆妻の子宮体がん日記+その後のこと☆

子宮体癌(低分化類内膜腺癌 G3)ステージ4b、遠隔転移あり。
3年間の闘病の末、2016年7月、妻は永眠しました。
闘病と治療の経過、死別と立ち直りについて綴って行きます。

【病状など】
子宮体癌(低分化類内膜腺癌 G3)
原発は子宮・卵巣(切除済)。遠隔転移あり。多発性肺転移、左右肋骨、骨盤内への多発転移、腹膜内多発転移。
ステージⅣb。卵巣がんの疑いあり。
2016年7月、3年の闘病の末、永眠しました。

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(永眠)へ にほんブログ村 家族ブログ 死別へ にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ 

※文中の会話文はB国語からの超訳です。
※コメントやメッセージ、読者登録などは、
 闘病患者と死別者に限らせていただきます。
※SEO目的のスパム、あるいは宣伝目的のコメント
 は削除させていただきます。
※SEOスパムについてはこちらもどうぞ。
※アメンバーは、闘病ブログ、死別ブログを書いている方、
 コメントなどで遣り取りしたことのある方に限ります。

テーマ:

義父がヤバイです。

 

ここ一週間ぐらい、食事が喉を通らなくて

体重も5キロくらい落ちました。

 

 

 - - -

 

 

そもそもの始まりは、今月の始め頃、

義父が風邪を引いたことでした。

 

もうアホですね。

闘病サポートする人間にとって、

自分の健康管理はキホンのキです。

そのことが全然分かってない。

 

娘が亡くなっても分からない。

バカは死ななきゃなんとやら・・・

 

 

当然のようにみんなに感染ってしまい

まず、がん闘病中の義母がダウン。

続いて、僕、女中さん。

みんなゲホゲホになりました。

 

 

僕は、15、16日の週末、

布団を被ってひたすら寝ていたお陰なのか

僅か2日でほぼ回復。

 

いや、これは間違いなく"ジム通い"の成果ですね。

免疫力が半端なく上がった実感があります。

(ちょっと自画自賛♪)

 

 

義母と女中さんは、徐々に回復してきていますが

まだ少しゲホゲホしてます。

TC6クール目はちょっと無理そうかな。

 

 

そして、義父。

 

風邪の諸症状は収まったものの、

先週の始め頃より、食事が喉を通らなくなりました。

胃に違和感があって、ムカムカしているようです。

 

かろうじて喉を通るのは、

ゼリーやヨーグルト、少量の果物のみ。

他は一切受け付けません。

 

 

はじめは、薬の飲み過ぎかもとか

軽く考えていたのですが、

時間がたっても全く改善する兆候がない。

 

で、先週木曜日。

病院の救急窓口に連れていきました。

 

でもね、ダメですわ、B国の救急医療は。

レントゲンと血液検査の結果、異常なしとの判断で、

点滴を打って、胃腸薬を処方されて終わりでした。

 

 

義父は胃袋から生まれてきたのかというほど

食べるのが大好きで大食漢。

こんな風になるのは、よっぽどのことです。

彼自身も人生で初めてのことだと言っています。

 

 

火曜日に、消化器の専門医の診察を受けます。

 

僕的には、義母の闘病介護ストレスによる

胃潰瘍なのかなとも思っていますが、どうなのか。

もちろん、もっと重大な病気の可能性もあります。

 

とにかく原因を早く確定して、早く治療に入って

行けるように持っていきたいです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「妻のいない世界で」 の記事

テーマ:

先日、妻のFBの友達申請で保留になっているものが沢山あって、それらを承認したことがあった。

 

数日後、FBに次のようなメッセージが送られてきた。

※B国語からの超訳です。

 

 

お願い・・・このメッセージを読んでいる方へ

私は、○○(妻の実家がある街)のDSと申します。

(とはいっても彼女は現在別の街に住んでいる)


あんなに皆に慕われた彼女が亡くなったと聞いて、大きなショックを受けています。まだ信じられません。ここのところ彼女を思い出すことが多かったので、FBで彼女を探したんです。


お願いです。私の気持ちを家族の方に伝えて下さい。神のご加護がありますように。とても悲しい・・・

 

 

僕はすぐに返事を返して、

それにまたすぐ返信がありました。

 

 

はじめまして。旦那さんでしたか。

彼女のような素晴らしい奥さんをもらい、良かったですね。私の母も姉妹も皆とても悲しんでいます。

 

彼女とは学校の寮で一緒でした。彼女にはいつも感嘆させられることばかりでした。心が広く寛容で、とても優しくて温かかった。忘れられません。

 

彼女はいつも私たちの思い出と共にあります。神が貴方とご両親に慰めと力を与えますよう、私たちは祈ります。敬具。

 

 

「学校の寮」とのことなので、高校時代の友人でしょう。

 

妻は高校時代の話をよくしていました。でも僕は彼女の話を聞いたことは一度もなく、つまり、あまり親しい友人ではなかったと思われます。

 

 

それでも、メッセージを送ってくれた。

1年経ったのに送ってくれた。

 

 

僕にはそのことがよく分かります。

彼女にとって、妻はきっと「忘れられない人」だったのです。

 

 

妻は誰に対しても、(愛を)与える人でした。

そんな妻が皆にとって「忘れられない人」であるのは、

むしろ当然だとすら思います。

 

 

 

さて、翻って自分のことを考えてみると、

 

果たして僕は、誰かにとって「忘れられない人」

なれているのだろうか?

 

全然なれてない_| ̄|○

 

 

たぶん僕が死んだとしても、

泣いてくれるのは片手で足りる程度で、

そしてすぐに忘れ去られるのだろう。

 

 

ま、そういうのはもう受け入れるしかない。

今までの積み重ねだからね。

 

 

でも、まだ少しでもチャンスがあるのなら、

一歩でも妻に近づきたいと思っている。

 

 

 

 

【今日の義母】

TC 5クール終了。効いてる模様。

脱毛激しく、頭を剃りました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

一周忌は、カトリック追悼ミサの翌日、仏教でもやりました。

※諸事情により宗派名は書きません。

 

 

僕的には追悼ミサだけでサクッと終わらせたかったんですが、義母様の強いご意向により、四十九日に続いて、一周忌法要もやる羽目になってしまいました。_| ̄|○

 

もちろん、女王様は「絶対やるねん (`Δ´)!とツルの一声を発するだけで、あとは家臣(義父と僕)が忖度しながら完璧に準備していかなければなりません。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 

・・・・・もうね。

仏教は面倒くさいし大変すぎる。。。(TдT)

 

僕の住む街には、もちろんお寺なんてものはなく、拙宅も狭すぎるので、広い場所を借りなければなりません。イスやテーブルなども全てレンタルです。

 

その他、やるべきことは際限なくあって、

会場の予約、設営、坊さんの手配、お布施、お返しの用意、のしを手書き、弁当の手配、などなど・・・・

 

・・・・・もうイヤだーーーーっ!!!( p_q)

 

 

 

 

そして当日。

 

親族を中心に約50名が来てくれました。

完璧に準備していただけあって、進行はとてもスムーズ v(^-^)v。いや~ 良かったです。ホッとしました。

 

 

法要が終わりに差し掛かった頃、僕は最後のシメで、B国語で長めの挨拶をしました。いつもは緊張するのに、この時は何故か緊張することもなく、スラスラと言葉が出てきました。不思議ですよね。

 

内容は、いつもブログに書いているようなことです。ブログを書くことがある種の訓練になっていたのかなー。

 

参列者たちは感動してくれたようで、お坊さんからもお褒めの言葉を頂戴しました。日常でB国語でスピーチすることは殆どないので、いい経験にもなったと思います。少し自信がついたかな。

 

 

 

 

こうして、2つの一周忌行事を無事に終えることができました。

ホッとすると同時に、何か大きな山を超えたような感覚があります。妻も喜んでくれてるかなー。

 

 

これからは、少しずつ自分の人生を再構築して行くつもりです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。