人生に意味を与えるなら

テーマ:
「奇跡の絶景 心を整える 100の言葉」 (いろは出版) という本にこんな言葉があります。


人生の意味とは

見つけたり発見できるような

どこかに隠されたものではありません。

自分自身で

自分の人生に意味を与えるのです。


カール・ポパー (哲学者)



--------------------



人生に意味を与えるなら、私はこのように思いました。


「生きることは、悲しみと共に歩くこと」



今日も悲しいことがありました。


明日は、きっと、楽しいことがあるかな
AD

説教です♪

テーマ:
説教です♪



口は一つですが、耳は二つあります。


これは、聞くことは、話すことの倍は価値があるということです。


誰でも話したいものです。

でも、人の話を本当に聞ける人は、あまりいません。

うまいことを話せても、全然、話しを聞いてくれない人より


ほとんど話さなくても、しっかり話しを聞いてくれる人のほうが好かれます


しっかり話を聞くことで、賢くなり、間違いが減り、人を幸せにします。


聞くことは、効きます♪
AD

選挙結果に思うこと

テーマ:
日本には、いろいろな問題があります。


それでも平和が保たれ、経済が安定しているなら、他国と比べ、恵まれています。


政府に求めることは、戦争を回避することです。


新聞を読むと、衆議院選挙では、立憲民主党にかなりの比例票が入っていました。


もし、立憲民主党の準備が万全であったら、かなりの議席を獲得したでしょう。

希望の党は、小池百合子氏の「排除」 の一言で、流れが変わりました。


希望の党が、政権をとっていたら、民主党政権の二の舞です。


不安定なところをアジアの国々に狙われたでしょう。

自民党のすべてが良いわけではありませんが、他の党に比べたら、自民党しかないように私は思います。


これから、国際的に混沌としていきます。


小池氏の一言は、神の一撃でした。
AD

スティーブ・ジョブズの言葉です。



---------------------


美しい女性を口説こうと思ったとき、ライバルの男がバラの花を10本 贈ったら、君は15本 贈るかい?


そう思った時点で君の負けだ。


ライバルが何をしようと関係ない。


その女性が本当に何を望んでいるのかを見極めることが重要なんだ。



----------------------

特別な人になるには、みんなと同じことをしていてはダメということですね。

 

こんなニュースがありました→慢性的炎症を抑えて心筋梗塞を予防。臨床試験で成功


以前、コレステロールの数値が高いのは、コレステロールの多いものを食べることが原因ではない、という記事(コレステロールは悪者じゃなかった)を書きました。


血管に炎症が起きると、それを補修するために、左官屋さんが壁を塗るようにコレステロールが増えるそうです。


コレステロールの数値が上がるのは、血管の補修をしているからです。


コレステロールの数値を下げることは、見当違いなのです。


心筋梗塞の治療に、コレステロールや血圧を下げる薬を使っていたそうです。


しかし、本当に使うべき薬は、血管の炎症を抑える薬です。


そうすることで、コレステロールや血圧の数値も結果的に下がります。



循環系の疾患を予防するには、血管を大事にする食生活がメインになりそうです。

ネガティブも必要

テーマ:
昔、ポジティブシンキングが流行った時期がありました。


ネガティブな人には、きつい流行でした。


まあ、暗い人より、明るい人のほうが好かれますよね。


ポジティブは大事ですが、ネガティブも必要だと思います。


仕事のとき、ポジティブすぎると、なんでも軽く考えて失敗します。


ネガティブだと、リスクを予測できて、失敗しないために準備ができます。


仕事ができる人は、心配症のようなネガティブな要素があると思います。


人生には、考えるべきことと、考えなくていいことがあります。


いろんなリスクを予測し、それを避けるための準備をすることは考えるべきことです。


しかし、起きてもいないことをあれこれ考えて不安になったり、過ぎてしまったことにくよくよするのは、考えなくていいことです。


ポジティブな楽天さとネガティブな心配症をうまく使い分けられるようになりたいですね♪

サンタさんへの手紙

テーマ:

もうすぐクリスマスですね。


息子が乱暴なことを言います。


そんなとき、私は手のひらをなぞります。


.....サンタさんへ。息子くんが乱暴なことを言うので、クリスマスプレゼントはいりません。パパより



息子は、焦ります。


すぐに、私の手のひらの上をくしゃくしゃにして、見えない手紙をポイっとします。



パパは、サンタさんのアドレス知ってるんだよ。

傲慢になるのは

テーマ:
傲慢になると、人は失敗します。


謙虚さが必要だったと反省しますね。


傲慢になるのは、謙虚さが足りなかっただけではないと思います。


それは、目指すものが低かったということです。


どこまでも伸びていく人には、高い目標があります。


フィギュアスケートの浅田真央ちゃんは、グランプリシリーズで優勝しても、浮かばない表情をしていました。


優勝が目標だったら、そこで満面の笑みです。


浅田真央ちゃんが目指していたのは、金メダルもそうですが、理想とするジャンプでした。



傲慢になりそうなときは、自分自身を振り返るときでもあります。



......こんなところで満足していいの?



目指すものは、はるか遠くにあります。