1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-17

「ザ・チャレンジランド」Tシャツ通販キャンペーン!メンバーチェキのおまけつき!

テーマ:ブログ
前回の冬のツアーのTシャツが残っているため、この夏、みんなにゲットして欲しい!
ということで、通販でも「ザ・チャレンジランド」のTシャツ(白・黒)を販売するぜ!

今回は、メンバーチェキの特典つきコースと、セールコースがあるので、お好きなほうを選んでおくれ!


白→ ザ・チャレンジランド プレオープン・フリーライブ Tシャツ
黒→ ザ・チャレンジランド ジャパンツアー Tシャツ

■Aコース チェキの特典つき
白+チェキ:¥2800 (Size:S/M)
黒+チェキ:¥2500 (Size:M/L)

■Bコース チケットケースとセットでセール販売
白+チケットケース:¥3000(Size:S/M)
黒+チケットケース:¥3000(Size:M/L)



昨日のコースと色を明記のうえ、下記のメールにお名前、ご住所、電話番号をお送りください。
ご購入は、お名前と希望のコース(A/B)と商品とサイズを明記のうえ、
下記にご連絡ください。
thechalleshop@gmail.com
在庫確認をしたうえで、購入方法などの詳細をスタッフから返信させていただきます。
また、下記の注意事項をご確認のうえ、ご注文くださいませ。

※個数に関係なく「送料・手数料 一律1000円」をいただきます。
※お支払は、銀行振込のみになります。振込手数料はご負担ください。
※在庫は変動するため、在庫ぎれサイズぎれは、ご容赦ください。
※数日経っても返信がない場合、再度、ご連絡ください。
※基本的に返品、キャンセル等は受けつけません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-17

沢田チャレンジ生誕記念グッズ発売!受注生産のアイテムも!

テーマ:ブログ
8月3日の沢田チャレンジの誕生日を記念して、生誕記念グッズを発売するぜ!
去年は、話題騒然の通称「遺影T」を発売したわけだけど、今年は、なんと2タイプ!

■沢田チャレンジ生誕記念「BIG S Tシャツ」
SIZE: S/M/L/XL PRICE: 2,500円

8月3日開催のライブより数量限定で発売!



■【受注生産】沢田チャレンジ生誕記念「等身大 抱きしめるクッション」
SIZE:45cm×45cm PRICE: 3,000円(クッション+カバー)
※カバーのみ 2,000円

受注生産商品のため、事前に注文をくださった方に、
8月3日 下北沢GARAGE、8月21日 新代田FEVERの会場で販売させていただきます!
購入希望の方は、お名前と購入予定日と、カバーのみ(クッションなし)を希望の方はその旨を明記のうえ、
7月18日(月)23:00までに下記メールでご注文ください。※複数枚の購入も可能です。
thechalleshop@gmail.com

また当日、会場に行けない方のためのクッションのカバーのみ通販での販売も行います!
通販は、カバー+送料で、3,000円になります。
購入希望の方は、お名前、ご住所、電話番号と、通販希望と明記のうえ、
7月18日(月)23:00までに下記メールでご注文ください。
※複数枚の購入も可能です。 ※Tシャツの販売はございません。
thechalleshop@gmail.com


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-17

ザ・チャレンジ リクエストワンマンライブ「Request Challenge」結果発表!

テーマ:ブログ
みんなから募集した「Request Challenge」でやって欲しい曲、結果は、下記のようになったぜ!
1位と2位は、かなり意外な結果に!最近、ライブでぜんぜんやってないもんね。
2位と4位にいたっては、ちゃんとレコーディング音源化されてない曲だったり。おもしろいよねえ。

当日、ライブでは、14曲からのカウントダウン形式で演奏!
14位タイだった「ワンマンライブ」はアンコールの最後にやらせてもらったぜ。
曲紹介なしで演奏していったので、イントロが流れると、「あっ、あの曲だ!」って、
みんなが歓声をあげてくれるのが、やってて、とっても楽しかったんだ。
また、やりたい企画!みんな、リクエストありがとうなんだぜ!!


 1位 ウエディングソング 
 2位 11ヶ月 
 3位 お願いミュージック 
 4位 ツイッター 
 5位 メジャーデビュー 
 6位 あいうえお 
 7位 キラキラ 
 8位 恋のサービス残業 
 9位 君と○○ 
10位 マイガール 
11位 恋をしようよ 
12位 大きなミラーボールの下で 
13位 お元気ですか 
14位 ライブハウス 
14位 ワンマンライブ 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-18

今度の新曲のこととか、歌詞とか!沢チャレ

テーマ:ブログ
6月19日のツーマンライブで新曲を披露するぜ!
(どんな曲か知りたくない人は、読まないでおくれ!)



----------------------------------------------
1月にリリースしたアルバム以来の新曲だから、5ヶ月ぶり?
じつはまだ披露してないストックもあるんだけど、
今のザ・チャレンジが作った新曲を優先したかったので、
まずは、この曲から発表することにしたんだ!

で、ライブで新曲を発表する時って、バンド側もお客さん側も、
どうしても、ちゃんとやろう、ちゃんと聞こうっていう空気になってしまうのよ。
とくにザチャレの曲って、情報量が多いからさ。踊ってる人もいるし。
新曲を聞くときの気持ちは、俺もよく分かって、体よりも、心よりも、頭を使って聞いちゃうんだよね。
どんな曲なのか、理解しようとしちゃうから。
だから、ライブで、先入観なしで、聞きたいって人もいると思うんだけど、
俺は、ある程度、どんな曲なのか知ってから聞くのも、アリかなと思って、
先にタイトルと歌詞の一部だけ載せておこうと思うんだ。
なので、見たい人は見ておくて、見たくない人は見ないでおくれ!
お好きなスタイルで、ザ・チャレンジの新曲を楽しんでくれたらいいさ。

ライブを引っ張ってくれるような曲で、
楽しいとか明るいとかより、強いエネルギッシュな曲かな。
テーマは「最高」。最高って、なんだろうって、最近、考えていて。
最高ってのは、点とか瞬間じゃないんじゃなくて・・・みたいなことを歌詞にしてみたよ。
新曲が新曲として披露されるのは、1回だけ。ぜひとも、世に生み落とされる瞬間、体感しておくれ!

----------------------------------------------




「最高の男」(歌詞抜粋バージョン)

調子はどうだい? 俺は最高  君はどうだい? たぶん最高
気づかないの? 感じないの? 奇跡すぎる2人の出会いを 
君に愛を 捧ぐ毎秒 終わらないよ 続く最高

あれもこれもどれも 全部欲しいと願っても
この両手は君を 抱きしめるので手一杯さ

夢見てた日々とは違ったって 君がここにいるのが最高で
よかったね よかったね よかったよ よかったよ
気づいてないかもしれないけど 最高はすでに はじまってるぜ
よかったね よかったね よかったよ よかったよ イエイ!

あいつこいつそいつ 比べてもゴールはないぜ
君を幸せにする 俺が最高の男 

最低な夜も いつの日か 最高の一部になるんだって 
よかったね よかったね よかったよ 
夢のような世界じゃなくたって 君が笑っていれば最高で
よかったね よかったね よかったよ よかったよ
気づいてないかもしれないけど 最高はすでに はじまってるぜ
よかったね よかったね よかったよ よかったよ

調子はどうだい? 俺は最高! 調子はどうだい? 俺は最高!
調子はどうだい? 俺は最高! 調子はどうだい? 俺は最高!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-03

VIVA LA ROCK 2016を終えて。沢チャレ

テーマ:ブログ
さいたまスーパーアリーナで開催されるフェス「VIVA LA ROCK」。今年が3年目。
俺は、このフェスのプロデューサーである鹿野さんと、主催である雑誌「MUSICA」がとても好きで、
開催が決定した時から出たい出たいと騒ぎ、1年目に、すべりこみで出演。本編だけでなく、オールナイトの部にも出演した。
(鹿野さんのイタズラ心で、メンバーには秘密で、最終ラインナップ発表で出演を知るというサプライズ)
そして2年目も、出たい出たいと騒ぎ、出演。その時は、はじめて出来た屋外のTSUBASA STAGEという場所に立った。
メジャーデビュー直後ってこともあって、すげえ、たくさんの人が集まってくれたんだ。
そこから、また1年が経ち、3年目の今年。もちろん、出たいと思っていたけど、出たい出たいと自分からは騒がなかった。
その理由は、メジャーデビューから1年、そろそろ実力だけで、オファーをもらえるようにならなくちゃいけないだろう、と思ったのと。
去年より、ひとつ大きいステージでやれるくらいの実力に自分がなっていないと思ってしまったから。

そして、自分が感じていたように、結果として、出演のオファーはなかった。
残念だし、くやしかったし、楽しみにしていたみんなに申し訳ないし、今年は、自分があの場所にいられないと思うと、とにかく悲しかった。
そんな中、俺のビバラへの愛と想いを知ってか知らなくてか、鹿野さんから前夜祭の出演のオファーをもらった。
かなり直前だったし、メンバーのスケジュールも確保できてなかったんだけど、大好きなビバラに参加したかったので、全力で調整して出演させてもらうことになった。

そして、俺のバンド人生において、とっても希有でロックな3日間が始まった・・・


5/27(FRI) 17:00
「VIVA LA ROCK」の前夜祭、会場入り。昼まで小雨が降っていて、どうなることかと思ったけど、しっかり晴れた。
駅から会場に向かう。屋台から、なんか食べ物の匂いがする。あー、今年も、ここに来れたって、すげえうれしくなった。
GARDEN STAGEに到着。まだ、人は、まばら。そりゃ、平日の夕方だもんね。そこからリハを始める。
これは沢田個人の問題なんだけど、ここ3回くらいのライブが、自分的にしっくり来てなくて、どういうスタンスでライブをすればいいのか、見失っていたところがあった。ライブ自体としては悪くはないんだけど、沢田から、それ以上のメッセージが発されてないっていうか。とにかく、悩んでいる。
なので、今回のライブは、事前に悩むだけ悩んで、本番は振りきる。攻めの沢田でライブに臨んだ。


5/27(FRI) 18:00
「VIVA LA ROCK」の前夜祭がスタートした。人は、だいぶ増えたけど、満員って感じではない。
でも、十分に人はいるし、何より、ここからフェスティバルが始まるっていう気配が、そこら中に潜んでいて、俺までドキドキした。
そうなんだ。結果的に、今年のビバラは、ザ・チャレンジで幕が開くってことになるんだ。ザ・チャレンジに始まり、星野源で終わるっていうね。
SEが流れ、ライブがはじまる。夕暮れ前の青い空、そして、無表情なビル。誰かが飛ばしているシャボン玉。
フェスに出れる喜びを噛みしめながら、俺は30分間、ほぼ止まることなく走り抜けた。ここ数回のライブの迷いは、完全に、ふっ切れていた。たぶん、いいライブができた。
MCで、こんな話をした。1年目、CAVE STAGE。2年目、屋外のTSUBASA STAGE。そして今年は、GARDEN STAGE。
どんどんステージが中心から、遠くなってるんですけど!もしや、来年、駅前のKIOSK STAGEとかになってない?
来年は、室内に戻るぜー!と叫んで、ザ・チャレンジの「VIVA LA ROCK 2016」は終了した。


5/27(FRI) 19:00
前夜祭、ザチャレ後のCreepy Nutsのライブ、やついさん、鹿野さんのDJを楽しみながら、俺は、ひとりの参加者として、ビバラを楽しんでいた。
いろんな人と話したり、いろんなものを食べたり。やっぱ、このフェス好きだなーと実感。
全アクトが終わって、物販を片付けて、荷物が多すぎるので宅急便で送って、電車で帰路についた。
なんだかんだで家に帰ったら、24時をまわっていた。次の日もライブだから、準備をして、就寝。


5/28(SAT) 14:00
この日は、下北沢のサーキットイベント「下北沢サウンドクルージング」に出演。
ビバラに呼ばれる可能性を考えて、主催者の方に遅めの時間の出番をお願いしていたので、ザ・チャレンジはシェルターのトリで22時過ぎから。
それまでの時間は見たいアーティストがたくさんいたので、早めの時間から、けっこう積極的にいろんなライブを見て、回った。
出演者だろうと、入場規制になったら見れないので、みんなに混じって列に並んで、見たいのを見た。
で、ちょっと疲れた16時頃、鹿野さんから電話番号教えてというメールが来た。番号を返信した。なんだろう?


5/28(SAT) 18:00
鹿野さんから着信がきた。明日、ビバラに出演予定だった「The Winking Owl」がメンバーが体調不良のため出演キャンセルになった。
朝10時10分から、ザ・チャレンジが代わりにでることはできないか。というオファーだった。

え、マジ?

よっしゃー!とか、そういう気持ちは、まったくなく、ひたすら、マジかよ、、、という気持ち。そんなことある?
今まで、フェスの欠員を見るたびに、だったら俺たちを出せ!とか思ったけど、本当に、そんなオファーが来るとは・・・
でも、鹿野さんのオファーは、とても、まっすぐで誠実なもので、前日オファーという無茶を言っているということも踏まえてのものだった。
おまえらが無理なら、穴をあけたまま行くという話で、それはつまり、ザ・チャレンジしか、この代打を頼めるやつはいない、というメッセージでもある。

うん。出るしかないでしょ。

だって、俺たちは、ザ・チャレンジだぜ?チャレンジしないで、どうすんのさ。しかも、大好きなフェスが、困ってるっていうなら、なおさら。
すぐにメンバーのスケジュールを確認した。空いてないやつもいた。でも、みんな空けた。こういう時の、うちのメンバーの団結力は、すごい。


5/28(SAT) 19:00
鹿野さんに出演OKの返事をした。リハができるから、朝7時半入りとのこと。え、まじ?
そこから、チームチャレンジのスタッフを集めた。PA、照明、楽器、物販スタッフ・・・
たまたま別のアーティストの担当で、ビバラに来てる人が多かったのが、本当にラッキーだった。
持ち時間は何分?セットリストどうする?物販は?てか、昨日、埼玉から送っちゃったじゃん!
この時間からじゃ、在庫を倉庫から出せないし、今日のイベントの残りを持っていくしかない・・・でも、今日、ちょっとしか持ってきてない!!


5/28(SAT) 22:00
ばたばたの中、下北沢サウンドクルージングのライブがスタート!半日、ライブをたっぷり見て回ったから、体も心も暖まってるし、昨日の、いいモードが続いていて、いいライブが出来たと思う。
一瞬、明日の朝のライブのことが頭をよぎったけど、知らん!どうにかなる!と、全力で駆け抜けた。
じつは火曜日くらいから熱と喉の痛みがあって、風邪薬と抗生物質を飲んでいるせいか、尋常じゃない汗をかいた。でも、最後まで、喉がもって、本当によかった!
ザ・チャレンジのライブが終わって、サウンドクルージングのDAY TIMEが終了。ここからがオールナイトの部。
シェルターのトップバッターは、ヤンチャレ率いるHIGH FLUX。荷物を片付けてから、ハイフラを見る。


5/28(SAT) 25:00
重い荷物を担いで家に、帰宅。当然ながら、ぐったり。起きるのは5時半。
でも、まだ準備が何もできないから、寝るわけにはいかない。まずは、The Winking Owlさんの曲を聞く。どんなバンドかを調べた。ううう、、無念だろうなあ、、、
それから、ライブのセットリストの最終確認とライブの展開とMCを考える。よし、ひと通り準備ができた!と3時にベッドに入る。

でも、眠れない・・・眠れるわけがない。
だって、まだ体が火照ってるんだもん。汗がひいてないくらいな感じ。寝ようと努力をするけど、無理なので、横になりながら、何かできないかを考え続ける。
普通に代打でライブをするなら、他のバンドでもできる。ザ・チャレンジだから、できることはないか?
眠れないおかげで、たくさんアイディアが浮かんだ。時計を見たら、5時。はい、もう寝るのは、あきらめよう。


5/28(SAT) 5:00
ドンキホーテに必要なものを買い出し。俺、何やってんだろうと思いながら、白いTシャツとパーティーグッズを確保。
メンバーをピックアップして、車で、さいたまへ。普通に、眠くなってきた。おい、俺、もうちょっと早く、眠くなれよ。


5/28(SAT) 8:00
楽屋に入って、準備をスタート。今日、物販で売るものが、用意できなかった。昨日の残りがちょっと。
じゃあ、売るものがないことで遊べないか?と考えて、さっき買ってきた無地のTシャツに、俺が手書きで、CマークとThe Challengeって書いた。
オールハンドメイドのビバラ出演記念Tシャツの出来上がり!普段は、デザインやクオリティーにこだわるけど、こういう時だからこそ、ゆるくいっちゃえと!
だって、売り場の看板だって、昨日の今日だから、用意されてないし、今日は、くっそローファイで攻める!
そして、物販が用意できなかった事情と一緒にチャレマックがTシャツを着てる画像をツイートしたら、みんなが笑ってリツイートしてくれた。
最高にロックだ!とか、かっこいい!って声をくれた人もたくさんいて、うれしかった。
おーい!みんなー!ザ・チャレンジが代打出演すること知ってくれーー!!

リハがスタート。びっくりするくらい、体が重い。寝てないから、気分的には、33時・・・そりゃ、元気なわけがない。
でも、ある意味、体はスイッチオンのままなので、手短にリハを終わらせる。いつものスタッフが来てくれたおかげで、問題なくできた!


5/28(SAT) 10:00
いよいよ本番。楽屋に、The Winking Owlのメンバーが挨拶に来てくれた。喉頭炎になってしまったボーカルのルイザさん以外の3人。
ほんと、くやしいだろうよ。いつかツーマンやりましょう!と約束をする。
鹿野さんが始まる前に、お客さんに挨拶をしたいとステージに立つ。
事情を説明して最後に「今まで、いろいろ言って、ごめん。全部、撤回します!ザ・チャレンジ、ありがとう!」と言った。
いやいや、そんなこと言わないで、いいって!俺は、望まれたら、それに全力で応えるだけ。今までも、そうだったし、これからも、そう。むしろ、こんな逆境、ちょーロックじゃん!

SEは、The Winking Owlの曲にした。本当は、この時間、この場所には、彼女たちの音楽が流れているはずだったから。
この日を楽しみにしていたであろう、彼女たちのファンと、メンバーたちに捧げたよ。
会場のみんな大きく手拍子をしてくれた!

そして、登場。ネガティブな空気とか神妙な空気を1ミリも発生させたくないなって思って。
最初に、はい、今日は楽しんでいいんですよ!笑っていいんですよ!って提示したくて、
ドンキホーテで買ってきたパーティーグッズの「本日の主役」と言うタスキを、「本日の代役」って手書きで書き換えて、沢田は出ていきました。
うん、みんな笑ってくれた。よし、あとは、みんなで楽しもう!遠慮なんていらない!

そこからは、細かいことは覚えてないけど、全力でライブをした。朝10時だって忘れるくらいのテンションでやった。びっくりするくらい汗をかいた。
「一等賞」って曲で、いつもお客さんをひとり決めて、会場のみんなで応援するっていうのをやってるんだけど、
今日は、青山のオートロックのマンションで療養している(イメージ)ルイザさんを応援した。がんばれ、がんばれ、ルイザ!って。
(あとで、TWOのメンバーが撮影した動画を本人に送ってくれたらしく、彼女は喜んでくれたそうです。よかった!)
「サマーライダー」では会場中を走り回ったなあ。うしろの出入り口まで行って、そこを遮って、「退場規制です!出れません!」って、やったり。
最後のMCで、俺、いいことを言ってたらしいけど、もう忘れちゃったよ。とりあえず、誰よりも、ビバラロックを楽しませてもらったぜ!


5/28(SAT) 12:00
用意した手書き限定Tシャツが、あっという間に売り切れたので、駅のほうで白いTシャツを買ってきて、その場で、描いて販売。
40人分、書いて、腕が腱鞘炎になりそうになったので販売中止。ソールドアクト、センキュー!

そのあと、いろんな人のライブを見るが、まったく体に音が入ってこないので、夜になる前に帰宅。
ちょっと飲んで、泥のように眠った。



2日前に、また来年と行った俺たちは、思ったより、ビバラロックに早く戻ってきた。
なかなかない経験をした充実しすぎた3日間だった。ロックの神様と運命の女神さんは、まだまだ、ザ・チャレンジと遊びたいみたいだ。
そうそう、The Winking Owlのルイザさんは、回復してツアーに復帰したらしい。本当によかった。
彼女たちの代わりができたかは分からないけど、代打としての役割は、たぶん果たせた。
ライブレポートを書いてくれたライター柴さんの見出しがうれしかった。
「代打でトップバッター、ザチャレが初球満員ホームラン」


ここに書いたことは、わざわざ語らなくてもいい話。ぜんぜん知らなくてもいい話かもしれない。
でも、あの日、舞台裏で、どんなことがあったか、ここに記しておくよ。
間違いなく、そこには、いろんな人の想いがあったから。
やっぱり、ロックって、おもしろい。

鹿野さん、ビバラスタッフの皆さん。
来年は、前日じゃないオファー、待ってるぜ!!ありがとう!!


image


image


image
VIVA LA ROCK 2016出演記念Tシャツ


image
「ヤバいTシャツ屋さん」の隣で、手書きの看板の下、ヤバいTシャツを売るザ・チャレンジ。


image
3年で5ステージに出演した、俺たちがミスタービバラロックだ!
また、来年、さいたまで会おうぜ!!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。