この前の土日、3/10と11に新潟にいがた酒の陣2018に行ってきました。

…で、各酒造を回ったリポートでも、と思ったものの、何というかとんでもない混雑で、

去年よりも隙間がないかなぁって思ったり(あくまで個人の感想ですが)。それゆえ

回るところは限られた感じです…。

 

並んだのが8:30ごろで、会場の中に入れたのが10時ちょっと過ぎだったのですが、

その時点ですでにマスカガミ酒蔵のF40(精米歩合40%の普通酒)は大行列。

それを横目に毎年最初に行く田原酒造に顔を出して、その次に君の井酒造に行って

予約しておいた「繋ぐ」を購入。

 

家に帰って飲んだんですが、「美味しいところ」「キレイなところ」を集めて酒にしたような感じで

味はしっかりしているし後味は全く嫌なものが無いしで贅沢な酒だなぁって思いつつチビチビ

飲んでおります。

 

そのあと、会場を徘徊していた歌瀬吟嬢に遭遇したものの、自分はそのあとにセミナーに

行ったので結局そのコンタクトが最初で最後(2日間通じて)となったというのが今回の

混雑を物語っていたような気がしないでもありません。

 

受けたセミナーはこんな感じ。日本酒学、と言う事で新潟大学の学部を縦断的にまきこむ

ような内容…でしょうかね。お酒の経済学とか医学的な部分とか。

薬学部は無いですが、新潟県には新潟薬科大という私立大学が存在してしてまして、

別の所でお酒の試飲を行っておりました。

 

セミナーの部屋を出た後は、試飲しながら杜氏さんと話をするブースというのがありまして、

そこで色々飲ませてもらったり話を聞いたりしてなかなか楽しかったです。

なぜか写真が横になってしまいましたが…久保田の純米大吟醸。萬寿ではなくて通年販売

だそうで。

 

やっぱり横になっちゃいましたが八海山の雪室貯蔵酒。八海山に対するイメージを覆して

味わい深いお酒でした。値が張るみたいですが…。

これも横ですが、雪椿酒造(加茂市)の純米大吟醸・雪椿酵母使用という代物。

これまたとんでもなく美味しくて、買いたい!と思ったものの、ブースに行ったら5400円という

トップクラスの値段であり、それはあきらめて月の玉響(たまゆら)を購入しましたが、

これでも十分美味いです。雪椿酵母を使わない純米大吟醸、という感じ。

 

んで、相変わらず人が引かないというか結構お酒を飲んでいたので14時過ぎに早々に

撤収しました。で、おなかがすいていた(飲食ブースも結構並んでいたんですよね…)ので

外食に、というか

バスセンターのカレーを食べてきました。でも14時半過ぎだったけど混んでいましたね…。

初日はこんな感じで終了いたしました。

 

…ずっと更新忘れていましたが、また酒の陣が近くなってきたのもあって

ちょっとだけ書いてみようかなと。

 

モンハンはMHWは完全スルーで、ダブルクロスもさっぱり進展がない状態。

忙しいというのもありますが…。そうこうするうちににいがた酒の陣2018が近づいてきて

そっちに気を取られている感じではあります。

 

最近、というか銀の達人受かってからその先がサッパリですが、今年も頑張って

金を目指そうと思っております。利き酒は難しいのですよ…。

 

白河のイベントはつまりはご当地キャラ、ご当地ヒーロー、ご当地萌えキャラなどが

終結していたわけで、多分おそらく吟嬢も萌え枠で呼ばれたんだと思います。

 

んで、当然ほかにもそういうキャラは存在するわけで…白河には小峰シロちゃんという

キャラがいます。新白河駅にもポスターあったような気がします。

そして吟嬢同様に実写版も存在するわけで…

ツーショットも撮っておりましたのですよ。

 

また午後から吟嬢と音々のステージがあると言う事でしたが、ちょっと時間があったので

会場を散策していると…

 

ご当地ヒーローのブースでどう見ても敵の戦闘員っぽい人が子供たちにバルーンを

作ってプレゼントしているのを発見したのでしばらく見入っていましたw

どうやら「2号」らしいのですが、1本でできるバルーンを子供とやり取りしながら

作って渡しているのを見て、多分プロの人だろうなと何となく感じたり。

でもこういうのは途切れるタイミングを逃すと大変なんだよなぁ…と思っていたら

上手く途切れて撤収となりました。勉強になりましたね。

んで、ほどなくして「1号」が現れ…バルーンこそしなかったものの明らかに

パントマイム・大道芸を強く意識する動きであり、やっぱりこの人たち本職だわ、と

勝手に納得した次第です。

 

さて、吟嬢も音々ちゃんもステージに向かう途中、こういうイベントですからそりゃほかにも

新潟のキャラはいるわけで…レルヒさんはもちろん、ダンゴンにも遭遇しまして

吟ちゃん強く抱き着いてきました。

そしてダンゴンがしぼむというね。

 

一応音々ちゃん含めた3ショットもあったのです。

 

そしてステージ脇に控えていたのですが、その時も吟嬢はガタゴロウの持っている

ワラスボ(どちらかというとかわいくないドジョウみたいなもの)を抱えてシロちゃんに

押し付けようとしたりとまぁむちゃくちゃやっていました。

 

そして迎えたステージですが、午前と同じように音々ちゃんのセリフがあったのですが

やっぱり吟嬢が邪魔して、音々ちゃんはセリフがあるにも関わらずバルーンをする有様。

今回は吟嬢が描いた絵を当てさせるクイズコーナーが突発的に生じまして…、

これがまた「ピーマンみたいな絵を描いて正解はパプリカ」とか、当てさせる気がない

問題の連発でありました。

 

ただ、そこらへんから小峰シロちゃんも入って、流れで吟嬢がシロちゃんの画を

即興で書くことに。これは無事に終わって

 

描いてもらった絵を掲げるシロちゃんと、後ろでバルーンで作った剣で何やらやってる

二人組。

 

この後即興で音々ちゃんもバルーンで剣を作ったりする流れとなり、なんだかんだあって

シロちゃんがバルーンのポンプを手にして…こっちに向かってポンプの空気を

吹き付けてきたんですね。多分お遊びみたいな感じだったと思うのですが。

 

ただ、困ったことに私は先週同様にバルーンもポンプも持ってきていまして、

このアクションを「バルーンがしたいのでは??」と思ったのがそもそもの間違いで…

寄ってきた音々ちゃんと共にバルーンを1本ずつ渡し(音々ちゃんはブルー、シロちゃんは

紫だったかな)、バルーンをやってもらう流れになりました。

 

…予想の斜め上を行く展開でした。

シロちゃんは多分おそらく初心者で、何となくワチャワチャやってお茶を濁して

えへへ、みたいな展開を想像していたのですが、空気がうまく入らない・

入れても入れ口を押さえ忘れたせいか抜ける、風船捻ってもほどける…という

予想外のドタバタ展開を経たうえで、風船を足に挟んで必死で何かをしようとする

姿に「これは『地』が出てしまうのでは!?」と違った意味でハラハラしていたのですが、

ここで音々ちゃんがやってきて手助けして、花を作って事なきを得ました。

 

凄いものを見てしまった…と思いながらも時間となり、そのまま白河を去ったのですが、

なんか2日目も吟嬢と音々ちゃんがなんかいろいろやってたと言う事を聞くにつけ、

そっちも行ったほうがよかったのかな?と思ったとか思わないとか…。