【福岡】真の自由を求めるあなたに意識のエスコートを……氷室ユリのブログ

真の意味であなたを自由にできるのはあなただけ。そのプロセスの伴走をします。深遠な香りの世界、意識の地図「ボイジャータロット」、そしてモノヅクリで、あなたの真実へと回帰してください。

【11月のご予約状況】(11月9日更新)
https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12322888507.html


●4大エレメント香の会【熊本・菊池】 詳細はこちら⇒

●4大エレメント香の会【福岡】 詳細はこちら⇒

●アウトバウンド・ライティング講座、開講です。 詳細はこちら⇒

●ボイジャータロット「私は誰?」な体験会
毎月開催しております。
詳細はこちら⇒

●自然香水1DAY講座、リクエスト開催いたします。詳細はこちら⇒

お香づくりワークショップ、リクエスト開催いたします。詳細はこちら⇒


●モノヅクリワークショップ、リクエスト開催いたします。詳細はこちら⇒

●ご提供中の定番メニュー
 ◆ボイジャータロットカードワーク(個人対面)
 ◆カードワークコーチング4回コース(個人対面)
尚、女性専用セッションを行なっております。
個人セッションに関しまして、男性は面識がある、もしくはご紹介者がある方のみ
承らせていただいております。講座・勉強会へのご参加はどなたでも歓迎です。

ご予約、お問い合わせはメールにて……

treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてご利用ください)

NEW !
テーマ:

マクラメ編みのワークショップの開催リクエストを頂きまして、

ちょっと緩めの「基本のキの会」を行なうことにしました。


ワークショップ開催や作品販売のお話をちらほら頂くことが増え、
これまではお断りしていたのですが……
この度、マクラメの師匠に相談し、お許しを頂きまして
前向きに考えていこうと思い立ちました。


というわけで、晴れて「基本のキの会」を開催します。


まずは、画像のようなブレスレットになります。


ひとつの結び方を覚えていただければ、あとは応用で作ることができます。


ワークショップというよりももっとゆるめな感じで、

マクラメ編みでブレスレットを作るお手伝いをしますよ的なw、そんな時間です。

お2人様から開催します。


①11月22日15時〜

②11月26日14時〜

12月も行なう予定ですが、日にちが未定です。

ご要望があればお早めにお知らせください。


その方のペースによりますが、所要時間は2〜3時間くらいだと思います。

参加費は3500円です。

場所は、福岡市城南区 城南区役所近く、です。個別にお知らせします。


最初から、石を囲むものが創りたい!と望まれる方がとても多いのですが、

思ったよりも技術が必要というのが私のマクラメ編みへの印象です。

せっかくのお品なので、仕上がりよく美しく作っていただきたいと思います。


まずは紐に触れて、結ぶことに慣れてから、です。

マクラメ編み自体が、自分に向くか向かないか、

それを知るのにも適した基本的なワークショップをと考えています。


やってみたいなぁと思われる方はお名前、お電話番号、
そしてご希望の日程をご明記のうえ、メールをお送りください。
treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送信してください)


人数と場所が整えば、出張もいたします。

まずは、やりたい!というお声があれば、ぜひお聞かせください。


via office morpho
Your own website,
Ameba Ownd
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しばらくお休みしていましたが、

3時間ほどの短時間で、カードワーク勉強会を再開します。


参加条件はSTAGE1(旧Basic)受講済みであること。

(ボイジャータロットカードを持参していただきます)

VTアルケミー会員、非会員は問いません。


チャレンジカードが苦手な方がいらっしゃるので、

当面、取り上げていこうと思っています。

11月はその初回として……

テーマカードは「Anger 怒り(Four of Cups)」です。

カードワークとしても、心理としても、

今一度、「怒り」を見つめ直したいと思います。


最近、怒ったことありますか?

悲しんだとことは?

怒りと悲しみには、ケースによっては深い関係があります。


怒りにはどんな種類があるのでしょうか?

これまでに、どんなことで怒りを感じましたか?

そのとき、あなたはどうしましたか?

怒りの解消法は?


生物学的に、脳科学的に、怒りはどのような仕組みで生じているのでしょう?

タロットカードの世界観の中の怒りは、一体どのようなものでしょうか?


ぜひ、今、抱えているあなたの「怒り」を持ち寄ってください(笑)

仕組みを知ることとカードワークで、

心の機微を掘り下げてみたいと思います(^_^)


********


11月21日(火)13~16時 【残席4名様】

もしくは

11月23日(木祝)10~13時 【残席2名様】


定員は4名。少人数制です。

お一人様から開催しますが、

3日前でお申し込みがない場合は中止とします。


参加費は6000円。

VTアルケミー会員様は5000円です。


場所はご存じの方はご存知の私の仕事部屋。

福岡市城南区 城南区役所近く。

お申し込み時点で詳細をお知らせします。


興味がおありの方はご連絡ください。

現時点では、23日は開催決定です。

21日はお1人様が検討中です。


********


ご予約、お問い合わせはメールにてよろしくお願い致します。

treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp

(☆を@に替えてくださいね)


via office morpho
Your own website,
Ameba Ownd
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、氷室ユリです。

さて、昨日の記事の続きです。

 

ちなみに昨日の記事はこちら。

見えないはずのものが見える仕組みの落とし穴①

https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12328581114.html

 

昨日は、Aさんからの投げかけられたことまでシェアしました。

スピリチュアルブーム的な能力者2名に(そもそもこの基準が曖昧)、

ひとつのことを見てもらったら、なんと答が違った!

2人とも本物だとしたらおかしいじゃないか、というご意見&疑問でした。

 

占いマニアの方なんかにも同じような話をされたことがあります。

同じことを数名の占い師に尋ねて回ったら、全部答が違った、と。

ちょっと似ていますね。

 

でも、今回のAさんのお話が面白かったのは、

両名とも本物だ、という前提からこの話が始まっていたからです。

いい機会だと思ったので、私はそのままその話題に乗っかることにしました。

 

能力のレベルもあるのでしょうし、

「本物」というとても観念的で主観的な部分もありますが、

今回はそれは横において話をしましょう、

そう前置きして私はAさんとの会話を続けました。

 

いい機会だと思いながらも、「なんでそんなことが!?」と見つめるAさんに、

どう話そうかと一瞬だけ迷う私がいました。

 

昔の肩書きはヒーラーだったり、当時はチャネラーまがいのこともしていたり、

そこそこの神秘体験もあったりするはで、

だからこそ、そこに夢中になる方の気持ちがわかる部分もあります。

問題にはなっていないんだろうから、そうですねぇ、と返すだけでも

その場は滞りなく終えられるのです。

これまでも、周りに発信に敏感な方々も多いので、明言は一応避けてきました。

 

しかし、誰かが他人に自分の人生を委ねようとしている場面に遭遇する度に、

ラットレース的なこの感じ、もやもやするわー、と常々感じており……

目の前のAさんにもそこを伝えてしまおうか、という迷いでもありました。

 

Aさんに尋ねました。

「甘口コースと辛口コース、どっちがいいですか?」

才気煥発で勇気あるAさんは、即答で「大辛で(笑)」とお答えになりました。

 

では、遠慮なく、と返した私の話の概要が以下です。

 

 

簡単な答としては、片方が、もしくは最悪の場合は

両名が本物ではないということなのですが、

そうじゃないと仰るので両名とも本物として考えるならば、

お2人とも機械ではなく人間なのだから

結果が違うことは優にあり得ますよね、というのが私の答でした。

 

目に見えない世界と繋がって

(これも今回は、どこと繋がっているの?という疑問は無視・笑)

それなりのメッセージを目の前に座る人に告げるとき、

それは間違いなくその自称見える人を通して伝えられるわけです。

言うなれば、その人がフィルター、翻訳機となります。

ということは、その人の受信の精度や心理状態、知識、言語化能力、観念、自我、

その他色々なものがそこにしっかりと乗っかるということです。

 

上の人、後ろの人、高次の存在、天使、守護霊、色々な呼び方はあるけれど、

それらの大いなる存在からのメッセージとしているものも、

結局はすべて、触媒的なつもりになっているその人の言葉であるということです。

 

そこをエゴなく超えて霊的なバイブレーションを言語化して言い渡せる人は、

そんな簡単に「見える人」と称して小商いしているとは思い難いのです、私は。

 

神の声であっても、守護天使からのメッセージであっても、

その人の言葉、観念、エゴで表現されてしまいます。

そして、その人の知りえない要素は、伝わりようがない。あたりまえだけど。

 

だから、Aさんが体験されたように2人のホンモノさんそれぞれの見識が違えば

(概ね違いますね、別人だから)

本来の伝達内容は違った形で発せられることは大いにあり得ることなのですね。

そして、Aさんに言い渡されたときは、それは誰の言葉になっているのか……

という疑念が生まれなくもないです。

 

となると、それは見えない世界からの絶対的なメッセージなのでしょうか?

昨日の和泉さんの記事をなぞれば、

ジャンヌダルクが聞いたそれは、神の声だったのか? それとも……? 

……という核心を突いた問いかけが生まれます。

 

そして、このジャンヌダルクという固有名詞を
別のものに置き換えて考えてみることもお勧めします。

 

私はAさんが気に入ってらっしゃるその方々を偽物だとは言いません。

ただ、上記のようなことをご本人たちがわかっているか否かということは

とても大事なことだと私は考えている、とAさんに伝えました。

 

この世には、見えるもの聞こえるものを伝えない方たちがたくさんいます。

その人たちは、きっとそのことがわかっているのだと思います。

 

ついでに言わせてもらうなら、私たちが生まれてきた意味を無視して

ああしたらいいよ、こうしたらいいよって、そんな容易にぺらぺらと……

いや、百歩譲って親切心で教えてくれるにしても、

そこにある真の意図までを

その媒体になる人は伝えきることが可能だろうか……それは甚だ疑問です。

 

Aさんは、自分の問題をその人たちに委ねているつもりはないと仰いました。

これは何度も伺っていますし、そうですか、と毎度私は答えます。

それ以上も以下も私の中にはありません。

 

今後もその方々に会うに行くことに必要性を感じられるのであれば、

訪れてみてもかまわないと思っています。

 

ただ、今回のように問われれば、同じように問い返すまでです。

それは本当に、大いなる存在の声なのか、と。

そこに、自分の人生を重ねる価値が本当にあるのか、と。

 

今回の記事の作成をご快諾くださったAさんに心より感謝いたします。

また、談義いたしましょう(笑)

 

********


お問い合わせや各種ご予約はメールにてお願い致します。
treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えて送信してください)

 

 

via office morpho
Your own website,
Ameba Ownd

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。氷室ユリです。
今日はちょっと辛口の似非コラムニスト的な私で行きます(笑)( ー`дー´)キリッ

********

 

数年前、「スピリチュアル系」という言葉が流行った。

そしてそれ以来、「私、ちょっと見える人なんです」という人が

一挙に増えた気がしているのは私だけでしょうか(笑)

 

そして、同様に、そういう発言にとても弱い

「スピリチュアル難民」のような人も増えたとも感じています。

実際、それがらみ(笑)のご相談が今でも結構ある、いや、増えているかも……

 

「とある見える人に、私の後ろの人が〇〇になるよって言ってると言われ不安」とか

「過去生で〇〇だったから、今、親子関係がうまくいかないと言われた」とか

他にも数えればキリがないです。

 

で、いつもお尋ねするのだけど

(私のところに来る前に)

なぜ、その人に解決してもらわなかったの?
ていうか、

なぜ、その人はその問題を放置しているの?

(・∀・)ん???

それが不思議でなりません。

 

加えて、むしろ、その告げた方に言いたいのは、

言いっぱなしかーい!(;´Д`)
それって妙な気持ちにさせただけじゃーん!
だったら、

自分のエゴのためにいらんこと言うなー!

……ってこと。

 

これ、その人のエゴを満たすために言っただけって可能性大ですから。

はぁ、やだ。(´Д`)ハァ…

意識的にもあるでしょうし、無意識もあるでしょうし。

伝えることで、何かが満たされている……そういう匂いがプンプンします。

あなたの後ろの人はやめなさいって言わないのですか?苦笑

 

他にもあるあるなのが

「その人はホンモノなんです」

と、ご相談者がそのお告げの人を擁護しているパターン。(;^ω^)

 

だったら信じろ(笑) それでいいじゃないか。以上。

 

……とはいうものの、不安や恐怖の種ってのは威力抜群。

それを利用している人もいるのでご用心。

もうそうなってくると内容にかかわらず、「呪い」じゃなかろうかと思ってしまいます。

 

その人がやめたほうがいいって言ったことをしたら、やっぱりうまくいかなかった。

その人が言ったことが当たったんです!!!

その人が「ご縁を感じる」って勧めた学校を受験したら合格しました。

その人のアドバイスのおかげなんです!

その人が友達のお腹の中の子と話して、女の子だって言ったらやっぱり女の子だった。

その人が言ったとおりだったんです!

こういうのもよく聞きます。

ま、後者は人畜無害だからどうでもいいけど……

 

これ、そんなにすごいこと?

「やめたほうがいい」「やったほうがいい」

「合格」「不合格」

「男の子」「女の子」

2分の1の確率じゃん(・∀・)

見える見えない、わかるわからない、じゃなくて、

ほとんど当たる当たらないの話にも聞こえます。

 

そもそもこの会話の意図は?

物事の程度もあるけど、有償無償に関係なく、

発言には責任が伴うことが往々にしてあると私は考えているので、

この手の会話にはしばしば首をかしげてしまうことがあります。

 

見えない世界。

私は信じる派です、こう見えて(どう見えて?)。

こんな辛口記事を書いていますが、霊的な世界はそれとして

真摯な気持ちで畏敬の念とともにとらえています。

 

でも、それだけでは、現世の波を乗りこなすには「足りない」と思っています。

自分の人生は自分で生きていく。

それを望んでもいるし、大事なことだと思っています。

だから、振り回される側にももちろん問題あり。

もういいかげんに自分の人生を他人の発言に任せるのはやめましょう。

そして、不安や恐怖の種を蒔きに、

他人の領域にわざわざ入り込む方もいかがなものかと思っています。

 

なぜこんなに辛口で書くかというと、

そういう「見える人」に振り回されて、頼って、だけど救われず、

泣いている人、ボロボロになっている人を少なからず見てきたからです。

 

繰り返して書きますが、私は見えない世界を認めています。

しかしそこにも「自分」というものを持って関わっていただきたいと思います。

 

先日、とても面白い質問を頂きました。

その方は「スピリチュアル」と言われる世界が大好きで、

時々私のところにお越しになり、たくさんの質問をされます。

仮にAさんとしましょう。

Aさんは「難民」や「ジプシー」になっている様子はなく、

私自身はお好きなものに関してはお好きにどうぞと思っていますので、

その話題やディスカッションを楽しんでいます。

別に何かをお教えしているわけではなくて、面白い視点をお持ちなので

私なりの解釈でお相手をし、私も( ゚д゚)ハッ!としたり、考えるヒントを頂いたり……

 

クライアントの中には、そんなふうに話すだけにお越しになる方も

多くはないですが、いらっしゃいます。

 

先日のお話は、まさにこのスピリチュアルブーム、ちょっと見える人、などなど

今日の記事の内容にまるかぶりなものでした。

 

Aさんのお話を要約すると……

驚異的に言い当てる「ホンモノの見える人」(基準は様々ですが)、

もしくは、チャネリングやリーディングできわめて精度が高い方は確かにいる、

けれど、共通の人物や事象に対峙したときに、

彼らから出てくる言葉が違うことがあった、

それはなぜか? それはおかしくはないか? 

……というのが、その日、私のもとにお持ちになった議題でした(^-^)

 

その口調からして、見えない世界を告げてくれていた人たちに対して

Aさんが寄せていた信頼に、おそらく不審が沸いたのかなと感じました。

 

ひとつのことを、自称見える人たち数名で囲んだら、どうなるか。

考えてみたことはありませんか?

同じことを全員が言うはず。それで検証できるじゃないかと。

 

ところが、Aさんが仰るには、

ご自分が知っているお2人においてそれが一致しなかったと。

(両名ともに、ホンモノであるというのがAさんのお見立てです)

これ、皆さんはどうお考えですか?

 

長くなったので、私がAさんにお伝えした話の内容は次回に書きたいと思います。

 

この話のヒントというか、とても考えさせられることを

私が講師として所属するVTアルケミーの

代表でありご自身も神秘体験をお持ちの橋本和泉さんが

ブログに再掲してくださっています。

 

私はこの記事がとても好きです。昨年もご紹介した記憶があります。

それほどに核心をついていると思う記事です。

ぜひ、こちらもお読みください。

お問い合わせやご予約はメールにてお願い致します。

treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp

(☆を@に替えて送信してください)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、氷室ユリです。

今日は、VTアルケミー認定コーチとしての目線で書いております。

 

まずは昔話をひとつ。(^_^)

 

大昔、語学学習に夢中になったことがありました。

英語とスペイン語、そこそこに意思の疎通ができるくらいになりました。

(今はさっぱりですwww)

 

英語は映画のセリフを聞き取れたのが嬉しかったり、

当時、海の向こうのお国の人が恋人だったりがキッカケで、

スペイン語は、一時期ハマったサルサが楽しくて、その音楽にもハマって。

 

発端はそんな感じのことでしたが、

いつしかそれは実験的な気持ちから、

3年続けるというミッションになりました。

(それも、やっている間は忘れるほど没頭していたと思います)

 

「継続は力なり」というフレーズが大嫌いでした。

だけど、職場のとある技術畑のおじさんに

「どんなものでも3年必死にやりゃぁ、どうにかこうにか形になる」

そう言われたことがずーっと引っかかっていました。

 

3年間、テレビも見ずに、会社の休憩時間も英語漬けになっていた、

本当のキッカケはそれです。

 

鼻っ柱の強い出向社員であった私が楯突いて

「どんなにがんばってもダメなもんはダメな気がするー」

そう言った時に、「けっ」と笑って、爪楊枝でシーシーやりながら、

そのおじさんはこう言ったのです。

「やってもないお前に何がわかるんだよ」

 

ぐうの音も出ませんでした。

その頃の私は常々、飽きっぽい自分が本当は恥ずかしく

薄っぺらな人間に思えていて、イヤでしかたなかったからです。

 

3年、それも必死で。

私には重みのある言葉でした。

 

天邪鬼はどこかでモノになることに憧れながら、

きっとダメに決まってる、それを証明してやるよ、そんなひねくれ根性で、

ちょっと面白くなっていた語学の世界に没入しました。

 

スペイン語は講師の関係で1年で断念しましたが、

英語はなんだかんだと3年以上、趣味でしたが、

私にしては一生懸命に勉強したと思います。

 

そしてその数年後、簡単な翻訳のバイトをしたり、

転職した別の会社でオーストラリア人の上司に日本語を教えたり、

という私がいました。

 

そして、不意にそのおじさん、K主任の言葉を思い出しました。

 

「ああ、アタシ、どうにかこうにか形になってる」

そう苦笑しつつ、大きな教えをもらったことに気づきました。

 

継続は力なり。

これは今も私の中で、真実として生かされています。

 

趣味の世界であろうと、ネットでの発信においてでも、

ビジネスに関してでも、これは言えることです。

 

お仕事のご相談やコーチングで、結果が出ないという方が多いです。

そして、その方々の傾向として、

継続力が低いというのも特徴的だと感じています。

 

例えばちょっとやってみて反応がないからやめてしまったとか、

気が向いたらブログに投稿するけれど、

気が向かないから最近、投稿してないとか、

そういうのも案外よく耳にします。

これらがすべてではないですが、

結果が出せない人の一要因とも言えると思います。

 

自分で営んでいくと決めた人の

大事なミッションのひとつは「継続」なのです。

その最たるものが売上を継続する、ということですね。

 

これは金額の多い少ないとも無関係です。
多くを望むなら多く、
少なくていい人は少なく、ただひたすらに続けていく。

 

そのために、特別なことじゃなくていいので、

業務を継続していくために継続すべきこと(ややこしいですね^^;)を

とにかく続けるというのは「とても大切なお仕事」です。

 

だけど、私たちはやらなくていい理由を見つけるのが、
天才的に上手い!のですよね(^_^;)
私にもたくさん身に覚えがあります!(笑)

 

自営業でもルーチンワークはあります。

むしろ、自営だから、でしょうね。

スモールビジネスのうちは、お掃除から社長業まで全部やりますから。

 

普通(自分にとっての当たり前の意)のこと。コツコツやること。

それをコンスタントにやり続けることは、意外と大変なことなのです。

だから、規模が大きくなったら人を雇う。

で、それらをやってもらうのですね。

 

特別なこと、すごいことでドカンと当てる人もいるでしょう。

だけどそれから低迷、低下する人がとても多いです。

 

何か大切なことが抜けたまま、だったのかもしれません。

結局は、やり続けた人が残る人であり、

他の人とは違うものを持っている人、ということなんですね。

 

できることを見つけてください。

必要性があり、且つ、継続が容易そうなことでいいので。

 

そして、その次にできそうなことも見つけましょう。

最初に見つけた簡単にできることを続けながら、

その次に見つけたことを並行して継続することに

ぜひチャレンジしてみてください。

 

発信においては、得意な媒体で得意な内容をコツコツと、

そして、プラスアルファをやります。

ちょっとがんばってみようかな、ぐらいのことにチャレンジ。

欲張らず、とにかく続けることを最優先事項に。

 

それが楽にできるようになったら、その次を。

そして、またその次……

 

これが、習慣化への早道です。

 

習慣になったものは、力を生み出します。

そして、さらにそれを育ててくれます。

 

続けるのは苦しいイメージかもしれません。

でも、習慣になってしまえば、少しくらい休んでも大丈夫。

 

続けないと気持ち悪くなったり、楽しくてやめたくなくなったり。

休んだとしても継続することのメリットを真からわかっていますから、

継続のリズムへの戻り方はわかっています。

習慣化されて力を帯びたものは、たとえ休んだとしても

ロスタイムの挽回は意外に容易いものなのです。

 

始めるのも、続けるのも、休むのも、自由自在になるための第一歩は、

継続することなのです。

 

「どんなものでも3年必死にやりゃぁ、どうにかこうにか形になる」

この言葉は、今も私にとっては真実です。(^_^)

これをお読みの方は3年もかからないかもしれないし、

もっと時間を要するかもしれません。

 

でも、それを確かめ受け取るには、

「私は継続し、力にすることができる人」

……という、今日の自分自身への約束が必要です。

 

あなたは、やりますか? やりませんか?

どちらを選ぶかによって、3年後に大きく道が違っています。

未来の力のためのあなたの「今」、大切にしましょう。

 

********

 

VTアルケミー認定、カードワークコーチングって、なに?

https://ameblo.jp/th-yuri/entry-11549864008.html

 

お問い合わせなどご連絡はメールにてお願い致します。

treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp 

(☆を@に替えて送信してください)

 

 

via office morpho
Your own website,
Ameba Ownd

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。