白金のプラチナ通りを1本入ったところにある一軒家のイタリアン「ボスケッタ 」。

リストランテ・キオラで腕をふるっていた鵜野シェフが独立されてオープンしたお店。

キオラ時代から行ってみたく、やっと念願かないました!


料理も楽しみでしたが、ここは器にも凝っていて、全てがガラス製。

イタリアから輸入していて、1階のショップでも購入できます。


その日は平日のランチということもあって、満席ではなく、ゆったりと過ごせました。

お料理は、3800円と5000円のコース。

2つの違いはパスタ、メインの数と、食材です。

どうしても試してみたかったパスタがあったので、5000円の方で。

品数からみて、食べきれるかちょっと心配でしたが、量はどちらも同じくらいだそう。


もちろんシャンパンでスタート♪


パン
boschetta

早速器に惹かれます。

アミューズ

フォアグラのムース
boschetta


前菜

海老のフランキャビア雲丹添え ほうれん草のソース
boschetta

雲丹とキャビアと金箔でかなりリッチな印象に。


サルシッチャを詰めたインボルティーニ
boschetta

これが意外とヒットで、食感と香りがGOOD。


パスタはプリフィクス

冷製パスタ

冷製カルボナーラ
boschetta

今回のお目当てはこちら。

生ハムとチーズとトリュフとジュレと卵をよく混ぜて食べると、想像よりかなり濃厚。


こちらご相手の冷製パスタ

フルーツトマトとイチゴのパスタ
boschetta

イチゴのパスタというのが珍しく、とても甘かったそう。


温製パスタ

唯一の手打ちパスタに。
boschetta


こちらご相手の温製パスタ

タコのラグー
boschetta


スズキのグリル パプリカソース
boschetta

カリカリで味もしっかりしていて美味。


イベリコ豚のロースト
boschetta

比べるのはあんまりですが、テラウチ に軍配!


ここでやっとデザート。

やっぱり量多かったです・・・

お腹いっぱい。


グラニテとショコラ
boschetta

ライム風味のグラニテですっきり。


デザート
boschetta


プチフール
boschetta

さすがに全部食べ切れませんでした。


紅茶はstaubのティーポッドででてきました。
boschetta

持ったのは初めてでしたが、かなり重かったですね・・・
boschetta


気付いたら3時間近くいて、最後の客となっていました。

これだけの種類がでて5000円というのは、場所的に考えても、かなりのコストパフォーマンスだと思います。

そうなると、夜は行ったことないので、はっきりとはいえませんが女友達とランチタイムに優雅にという方がお勧めかもしれません。

冷製カルボナーラは一度試す価値大です。


【住所】東京都港区白金台5-13-9

【TEL】03-5798-2442

【最寄り駅】白金台駅


AD

コメント(2)