テツ浪人の旅姿

鉄道で全国を巡る記録です・・

[JR最長片道切符の旅 2010/10/20] [2度目のJR全線完乗 2014/01/01]               
(注)画像データは2011年以前のブログに関しては消去されています。

鉄道線路での旅が大好きで・・・・・(*^.^*)

1998年には、JR西日本全線・全第三セクター乗車を完了。

2010年には、JR東日本最長片道切符の旅を終えて、

2014年には、2回目のJR九州全線乗車を完了。


現在は全鉄道路線に乗車すべく日本中を鉄道で巡って

いますが、特に、首都圏近郊の私鉄ロマンスカーには乗車できて

ないので、今後は積極的に乗車したいです。

鉄道のテーマでは無いですが、郵便局特に『風景印』のブログを

FC2ブログに掲載しています。 お時間ある方は覗いて見てください。

リンク[ http://teturonin.blog.fc2.com/] テツ浪人の風景in



テーマ:

2017年9月14日 

 

敦賀から今庄迄の北陸本線の廃止区間、杉津線区間を自家用車で走行し終え、

富山への帰路へと付きましたが、途中にある廃線区間へ立寄ることにします。

 

京福電気鉄道永平寺線は、古くは北陸本線金津駅から永平寺の山門近く迄を

結んでいました。 金津駅(現芦原温泉駅)~東古市駅間は昭和44年には廃線。

私は東古市駅永平寺駅間の時代に1度乗車しましたが、そのご列車事故など

平成14年に全線廃止となり、再度乗車する事ができませんでした。

廃線から10年以上経過していますが、現在の様子を見たく訪問してみます。

 

永平寺駅

 

永平寺駅は「中部の駅百選」にも選定されていた、古い木造駅舎でした。

京福電気鉄道が合併した永平寺鉄道からの駅舎が残っていましたが、現在はバス

ターミナルとして利用され、ホームの一部と思える名残が見られる程度となっています。

チナミに、福井駅からの直行バスが出ているので、現在はバス利用の方が便利に

っている様です。 永平寺駅跡より鉄路と並行していた国道364号線を下っていき

ます。

 

 

途中、鉄路の跡地を遊歩道とした名残が見られます。

 

遊歩道には京福電気鉄道の前身、永平寺鉄道時代の駅名標が設置されています。

京福電気鉄道時代には市野々駅と改名された荒谷駅の駅名標です。

永平寺鉄道時代の路線図も設置されています。 京福電気鉄道時代よりも駅数が

多かったようです。

 

遊歩道を散策して行くと、鉄路の名残やレールを復元した場所が見られます。

 

鉄路跡の遊歩道整備は完了している様ですが、駅名標などを復元して、もう少

し鉄路を思いだせる感じにしてほしいとも感じました。

 

東古市駅

 

東古市駅の駅舎は、一時はえちぜん鉄道永平寺口駅として利用されていましたが

現在は登録有形文化財の指定を受けたためか、地域交流館として残されています。

 

駅舎横には列車は到着しませんが、レールやホームも残されています。

地域交流館の内部には鉄道設備も保存されています。

 

京福電気鉄道えちぜん鉄道の写真も展示されています。 古き鉄路の様子も

見られます。 尚、地域交流館なので、地元の人の団欒の間ともなっています。

 

永平寺口駅

 

永平寺口駅は前駅舎の反対側に新築されました。 島式ホームを踏切で結んだ

有人駅となっています。 チナミに、永平寺鉄道時代のホームなとも残っている

ようです。

 

駅舎の隣には、レンガ造りの「旧京都電燈古市変電所」の登録有形文化財が保存

されています。

 

永平寺口駅の訪問を終え今回の三江線可部線北陸本線廃線跡の訪問を終

えて、帰路へとつきます。

今回は自家用車を利用してのテツ旅となりましたが、やはり列車に乗車してのテツ

の方が、ゆったりとして私には合っていると思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年9月14日 

 

昨日は広島県可部駅より自家用車で帰路へと付きました。 途中で色々な事も

行ったので、ゆっくりと高速道路に進み、14日の早朝に敦賀インターを降りました。

 

敦賀インターからは北陸本線の廃線区間の通称杉津線を自家用車で訪問するこ

とにします。 北陸本線の廃線区間は自動車道として残っていて、廃駅跡も残って

いるようなので、その風景は一度は見てみたいと思っていました。

 

敦賀インターを出て国道476号に入っていきます。 

 

樫曲斜坑トンネル

 

途中国道から少し離れた一般道に入ると「北陸トンネル樫曲斜坑トンネル」の入口

看板があります。 北陸本線の廃線区間とは直接は関係は無いですが、チョット気に

なる場所です。

 

新保駅

 

北陸自動車道と並行した国道476号線沿いに、記念碑と案内板が設置されています。 

新保駅はスイッチバックの駅として広大な駅だったようですが、現在は駅の名残などは

見る事はできません。

 

近代化遺産周遊ルート

 

国道476号線沿いに「近代化遺産周遊ルート」の看板が設置されていますので、

国道から細い道へと入っていきます。 しばらくは北陸自動車道沿いの道を進んで

きます。

 

最初の葉原トンネルには信号機が設置。 葉原トンネルの近辺は北陸本線

葉原信号所があった場所だと思われますが、信号所の名残は見られません。

待ち時間は5分とチョット長めです。その後も何機かの信号がありますが、一番

長い時間の信号機でした。

 

杉津パーキング

 

北陸自動車道杉津パーキング(上り)に立寄ります。 チナミにぷらっとパーク

ありますので、高速自動車道に入らなくとも、一般道から車を停車して入れます。

 

杉津パーキング(上り)のエリアは、元の杉津駅の跡地に造られました。 

駅の名残は無いですが、壁の絵や説明板があります。

 

杉津パーキング(上り)に立寄ったならば、少し足を伸ばしで杉津パーキング(下り)

にも立寄りましょう。  チナミに、パーキング(下り)ですが、場所は相当高い位置に

あるので、道路は急な坂道を上ることとなります。

 

杉津パーキング(下り)からは敦賀湾の景色が一望できます。 展望台には「恋人

の聖地 ハートロック」と銘うち、鍵が沢山付けられています。

 

山中信号所

 

古くから、近畿圏北陸・東北を結んだ山中峠に到着します。 山中峠にはスイッチ

バック山中信号所がありました。 チナミに、ハイキングコースもあるようです。

 

山中信号所の場所には案内板が設置され、レールは撤去されてはいますが、跡地

は残っています。

 

案内板の写真を見ると、信号所があった頃とは周囲の風景が全く異なっています。

しかし、周囲が開発されず人里から離れているので、鉄路のあった頃の様子を一番

残している場所と思われます。

 

大桐駅

 

山中信号所より進むと、大桐の集落に到着します。 大桐集落を抜けると大桐駅

跡地があります。 ホーム跡には案内板が見られます。

 

駅名標式の跡地名と大桐駅の経歴板からはスイッチバック駅だった事も判ります。

 写真からは相対式ホームだった様です。

 

D51の動輪が展示されています。 チナミに、南今庄駅から徒歩でも訪問が可能

だと思えますので、列車待ち合わせ時間に余裕がある方は訪問しては・・・(°∀°)b

 

南今庄駅

 

南今庄駅北陸トンネルが出来た事で、大桐駅の代替駅として開業した駅なので、

集落からは少し離れています。 その故に、秘境駅とも呼ばれています。

 

北陸本線の廃線区間である杉津線の訪問は以上です。 尚、敦賀駅から木ノ本駅

を結んだ廃線区間の柳ヶ瀬線にも訪問したいとは考えています。 この後は帰路に

付きますが、もう一つの廃線跡を見に行きますが、その様子は次回に・・・(^∇^)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年9月13日 

 

今回は折角広島県に訪れましたので、可部線可部駅からあき亀山駅間の

可部線延長区間が、JR路線では唯一の未乗車区間なので、今回乗車して

JR全線乗車を終えておきたいと思いました。

三江線の全駅訪問を終え、三次駅から可部駅へと自家用車で向かいました。

三次駅からは国道を走行して、約1時間程で到着できました。 可部駅の近く

の駐車場に車を停めて可部駅へと向かいます。

 

可部駅

 

可部駅には三段峡駅迄存在した時と廃線後可部駅が終着駅に合わせて、可部

の延長が決定した時の3度訪問しています。 4回目が延長が完了しての訪問

となりました。 延長して約1年経過しましたので、可部駅の改修も完全に終えて

いるようです。 駅舎は東西を自由通路で結ばれ、東口は古くから街並みとなって

おり、駅舎も以前からの形を残しています。 西口は全面的に改修されバスターミ

ナルとなっています。

 

駅ホームは東西自由通路となっている跨線橋で結ばれ、ホームへの入口が自動

改札機のみの改札口となっています。 無人化していますので、「青春18きっぷ

などの自動改札機未対応切符の場合は駅員を呼び出す事になります。

 

可部駅の相対式ホームで、あき亀山駅からの広島駅行の列車交換を行う駅と

なっています。

 

可部駅が電化区間の終着駅だった頃の頭端式ホームのレールは撤去されて

います。   乗車する列車は227系電車には初乗車となります。 通勤・通学時間帯

を終えているので、車内は空いています。

 

可部駅の駅名標は終着駅仕様より途中駅仕様に変化しています。

 

河戸帆待川駅

 

河戸帆待川駅可部駅あき亀山駅では唯一の途中駅です。 片面ホームの

無人駅ですが、駅前は商業施設も多い地区なので、乗降客も多い駅だと思えます。

待合室も無い駅舎ですが、駅前には帆船のモニュメントが設置された広場にベンチ

とトイレがあります。

 

簡易自動改札機が1機と簡易自動券売機が設置されています。

可部駅から三段峡駅間が廃線となった時には河戸駅がありましたが、河戸帆待川

とは異なる場所でした。

 

あき亀山駅

 

可部線の延長区間の終着駅のあき亀山駅は、1面2線式の頭端式ホームの無人

駅となっています。 留置線も複線が存在していますが、全て駅舎前での頭端式

となっているので、今後の路線延長は難しいでしょう。

駅前は広いロータリーとなっていて、周囲は古くから住宅地となっています。

 

簡易自動改札機が2機と自動券売機が設置されています。

廃線区間にあった安芸亀山駅は当駅からは相当の距離が離れていたので、駅名が

平仮名のあき亀山駅となったようです。

チナミに、あき亀山駅迄が広島市内となっています。

 

可部線の延長区間を完乗しましたので、JR全線完乗となりました。

この後は、可部駅へと戻り、自家用車で帰路へと着くことになりますが、この後も

少々立寄る場所がありますが、その様子が次回に・・・ o(^▽^)o

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年9月13日 

 

昨日より三江線の駅訪問を自家用車で行っています。 昨日は長谷駅で日没と

なりましたので、三次市内で宿泊し、本日は早朝より残りの駅の訪問を開始します。

 

粟屋駅

 

粟屋駅は片面ホームにホーム待合所のみの駅です。 駅の周囲には小さな集落

内にあります。 チナミに、三次市は「霧の町」と呼ばれていますので、前日に雨が

降っていたので、当日も深い霧が発生していました。

 

粟屋駅は道路からは奥まった位置にありますので、入口には小さな看板が設置

されています。 待合所には「さよなら三江線」の看板が掲示されています。

他の駅では「さよなら」の看板は未だ設置されていませんでしたので、粟屋駅

チョット早い感じがしました。

 

愛称駅名板は「神降し」駅となっています。

 

尾関山駅

 

三江線の途中駅では最後の訪問駅となる尾関山駅は、盛土された高い位置に

ある片面ホームに小さな駅舎の無人駅となっています。

駅の周囲は三次市の中心地近くの住宅地となっています。

 

元は有人駅だった頃の出札窓口の名残が見られますが、現在は待合室にベンチ

があるのみの駅です。

 

愛称駅名板は「紅葉狩」駅となっています。

 

三次駅

 

三江線の終着駅となる三次駅芸備線との接続駅で、福塩線も乗入れる広島県

北部では主要駅となっています。 前回訪問時は旧駅舎でしたので、新しくなった

三次駅は始めて見ることになります。

駅舎は少し小さくなっていますが、駅前には有料駐車場、駅横には広いバスターミ

ナルとなっています。

駅舎内にはセブンイレブンが入居しています。

 

みどりの窓口に自動券売機が設置されている駅ですが、ICカードの範囲外となって

いますので、自動改札機は設置されていません。

電光掲示板には三江線の時刻が表示されていますが、この掲示板も残り半年余り

となっています。 

 

今回の三江線の全駅訪問を終えましたが、出来れば廃線となる前に三江線には

乗車したいとも思っていますが、これからは冬となり雪のシーズンとなりますので

難しくはなるでしょうネ・・・(ノ_-。)

 

三江線の訪問を朝の内に終え、マダマダ時間があるので、自家用車でチョット寄道

を行いたいと思いましたが、この続きは次回に・・・・(^∇^)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年9月12日 

 

三江線の駅訪問も夕方となり、日没迄の訪問駅数も限られてきました。

 

式敷駅

 

式敷駅は島式ホームを踏切で結んでいます。 駅舎は山小屋風の待合室のみと

なっています。 三江南線口羽駅迄延長される迄は式敷駅が終着駅でしたの

で、名残の側線や貨物用ホームなどが残っています。

式敷駅からは広島県安芸高田市の駅となります。

 

愛称駅名板は「滝夜叉姫」駅となっています。

 

信木駅

 

信木駅は片面ホームにホーム待合所のみの駅です。 駅は小さな集落内にあり

ますが、江の川近くにあるので、道路からは見下ろす場所にあります。

 

愛称駅名板は「子持山姥」駅となっています。

 

所木駅

 

所木駅は片面ホームにホーム待合所のみの駅です。 駅は小さな集落内にあり

ます。

 

愛称駅名板は「玉藻の前」駅となっています。

 

船佐駅

 

船佐駅は片面ホームとなっていて、ホームから少し離れた場所に待合室のみの

駅舎があります。 駅舎とホームの間に駐輪場などがあり、空地が広い駅です。

周囲には数軒の民家が見られます。

船佐駅には一度訪問していますが、日没後で暗い時間帯に訪問したので、今回

は明るい時間帯での訪問ができ、ゆっくりと撮影できました。

 

愛称駅名板は「悪狐伝」駅となっています。

 

長谷駅

 

長谷駅は片面ホームに小さな待合室のみの駅です。 駅の周囲は江の川沿いの

小さな集落近くにあります。 長谷駅には一度訪問していますが、ダイヤの少ない

三江線内で、一部の列車は停車しない秘境駅として知られている駅なので、列車

訪問のダイヤ調整が困難な駅でした。 

長谷駅からは広島県三次市の駅となります。

 

愛称駅名板は「鍾馗」駅となっています。

 

長谷駅で日没となったので、三江線の駅訪問は終了します。 残りの駅は明日の

訪問としますが、この続きは次回に・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年9月12日 

 

三江線の駅訪問を行っています。 三江線の中間を過ぎ、広島県へと近づいて

います。

 

口羽駅

 

口羽駅は島式ホームを踏切で結んでいます。 待合室のみの駅舎となっています。

駅の周囲には民家が見られますが、口羽の集落からは少し離れています。

 

待合室にはロングベンチが設置されているだけです。 駅から少し離れた場所には

三江線全線開通記念碑」と蒸気機関車の「動輪」が設置されています。

口羽駅三江南線時代は終着駅でしたので、三江北線の終着駅浜原駅と同様に

記念碑が設置されたようです。

 

愛称駅名板は「神降し」駅となっています。

 

江平駅

 

江平駅は片面ホームにホーム待合所のみとなっています。 駅の周囲は小さな

集落となっています。 駅近くの江の川の橋を渡ると広島県となる県境の駅とな

っています。

 

愛称駅名板は「五龍王」駅となっています。

 

作木口駅

  

作木口駅は片面ホームにホーム待合所のみの駅です。 駅の周囲には民家が

数軒見られる程度です。 チナミに、駅の所在地は島根県ですが、駅名の作木

江の川を渡った対岸の広島県の地名のようです。

  

愛称駅名板は「胴の口」駅となっています。

 

香淀駅

 

香淀駅は片面ホームにホーム待合所のみの駅でしたが、ログハウス風の駅舎と

駐車場が造られたようです。 駅の周囲は集落となっており、香淀駅からは広島県

三次市の駅が続きます。

  

愛称駅名板は「羅生門」駅となっています。

 

三江線の駅訪問は広島県の駅となってきますが、この続きは次回に・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年9月12日 

 

三江線の駅訪問も後半の駅へと入ってきました。

 

石見松原駅

 

石見松原駅は片面ホームにホーム待合室のみの駅です。 駅周囲には民家など

は無く、数軒の集落を通過した山の中にあります。

 

愛称駅名板は「戻り橋」駅となっています。

 

石見都賀駅

 

石見都賀駅は築堤された高い位置に設置された島式ホームの駅です。 ホームに

待合所の駅ですが、駅の入口横には待合室が設置されています。

 

築堤下のトンネルが入口となっています。 階段を登った高い位置がホームとな

っていますので、駅周囲の住宅地や田畑が広がって見られます。

 

愛称駅名板は「髪掛けの松」駅となっています。

 

宇都井駅

 

宇都井駅地上20mの高さにある日本一の高い場所にある駅です。 三江線

廃線も決定したことで、宇都井駅がマスコミなどで紹介されることが多くなってい

ますので、チョット知られる駅となっています。 宇都井駅には2010年の「JR最長

片道切符」の旅で列車に乗車して訪問しています。

山間地の小さな集落にある駅で、116段の階段を上る駅なので、利用者は少ない

です。

 

片面ホームで階段を登った最上階が待合室となっています。 ホームの両端から

はトンネルが見られますので、この駅の設置理由が判ります。

ホームから見える集落の風景は廃線となると見る事は出来なくなると思えますの

で、少々残念です。 

 

愛称駅名板は「慶倫」駅となっています。

 

伊賀和志駅

 

伊賀和志駅は片面ホームにホーム待合室の駅となっています。 駅は周囲より

少し高く、坂の上の階段を登った位置にあります。

駅前にはアパートや民家も見られますが、利用者は少なそうです。

両隣の駅は島根県の駅ですが、伊賀和志駅広島県の駅となっています。

 

愛称駅名板は「鈴合せ」駅となっています。

 

現在は広島県の駅ですが再び島根県に入り、三江線の駅訪問を続けますが、この

後の駅紹介は次回に・・・

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

好きな鉄道は?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 テツ浪人としては、回答が必要ですヨネ。 (*^o^*)
 
スタンプは「0系」新幹線ですが、富山の住人には大人になって
見た車両なので・・・・ (*゚ー゚*)
子供の頃から見ていた車両は、485系スーパー雷鳥かな?
 
でも、「好きな鉄道」の質問なので、車両だけとは限りませんヨネ。
好きな鉄道・駅」は、土讃線坪尻駅で~す。v(^-^)v
しばらく訪問していないので、行きたいな~。 (_ _。)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年9月12日 

 

三江線の駅訪問を自家用車で進んでいます。 雨も完全に上がり日差しがさすと

少々蒸暑くなってきています。

 

粕淵駅

 

粕淵駅は片面ホームにホーム待合室のある駅だが、商工会議所の事務所と併設

された待合室がある駅舎となっている。 元は島式ホームでしたが、現在はレール

も撤去されています。 粕淵駅の周囲は美郷町の中心地でシュウには役場などや

商店も集まっている、美郷町の玄関駅となっています。

  

商工会議所と併設された待合室は美郷町の観光紹介も兼ね、委託駅として切符

の販売も行っています。 ホーム内の待合室はベンチのみとなっています。

 

愛称駅名板は「神武」駅となっています。

 

浜原駅

 

浜原駅は相対式ホームを跨線橋で結んだ無人駅です。 跨線橋を渡った2番ホーム

にはホーム待合室も設置されています。

三江線の途中駅では唯一の跨線橋となっています。 列車交換が可能な駅なので、

列車待ち合わせや折り返し運転も行う、重要な駅となっています。

美郷町の外れにある駅で、周囲は民家が集まっていますが、利用者は少ないようです。

 

木造駅舎の待合室には古い木製ベンチや改札横には国鉄時代からの駅名標?

が残っています。

 

建物財産標に開業時の昭和12年となっています。 駅前には昭和50年8月に全線

開通したことで、三江線となった記念碑が設置されています。

三江線としては約90年の歴史ですが、全線開通からは43年と短命となってしまい

ました。 

 

愛称駅名板は「大蛇」駅となっています。

 

沢谷駅

 

沢谷駅は盛土された片面ホームにホーム待合室のみの駅です。 駅は道路に

面していた、周囲は小さな集落内にあります。

 

愛称駅名板は「猿丸太夫」駅となっています。

 

潮駅

 

潮駅江の川の堤防沿いの高台にあり、駅舎へは坂道となっています。

片面ホームにホーム待合室の駅です。 駅の周囲には民家が集まり、近くには

潮温泉があります。

 

愛称駅名板は「潮払い」駅となっています。

 

今回の紹介はこの駅迄とします。 続きは次回に・・・

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年9月12日 

 

三江線の駅訪問を行っています。 雨も上がり始め、列車の運行も開始している

ようです。

 

竹駅

 

竹駅は片面ホームにホーム待合所のみの駅です。 駅の周囲には民家が1軒ある

だけで、元は民家があったと思える場所は空地となっています。

 

愛称駅名板は「鹿島(国譲り)」駅となっています。

 

乙原駅

 

乙原駅は片面ホームにホーム待合室のみの駅です。 駅は集落の外れの高い

位置にあり、坂と階段を登る事になります。 

 

愛称駅名板は「帯舞」駅となっています。

 

石見梁瀬駅

 

石見梁瀬駅は片面ホームに小さな木造駅舎の駅ですが、元は島式ホームを踏切

で結んでいた名残が見られます。 開業当時は終着駅だったので、折返しが可能

な駅として造られた様に思えます。

 

待合室にはベンチがあるのみです。 建物財産標では昭和10年なので開業当時

からの駅舎だと思われます。

 

愛称駅名板は「岩戸」駅となっています。

 

明塚駅

 

明塚駅は片面ホームにホーム待合所のみの駅です。 駅周囲には田畑が広がり

民家が数軒見られる程度です。

 

愛称駅名板は「黒塚」駅となっています。

 

今回の三江駅の駅紹介は、この駅迄となります。 続きは次回に・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。