てつさんのアスペルガー症候群奮闘記

私は35歳でアスペルガー症候群と診断されました。今までの生き難さがなぜなのか少しずつですが見えてきました。週1回、子の刻に更新されます。

 私は35歳で「アスペルガー症候群」と診断されました。


 アスペルガー症候群は自閉症スペクトラムの中で、知的障害や言語障害のない人のことを指します。


 広汎性発達障害の一種です。


 当事者の視点で当事者の過去を振り返る作業を当ブログではやっています。広汎性発達障害でお困りの方に私のパターンがこうだったと言うことを発信することを主たる目的にしています。


 アスペルガー症候群にも100人いれば100通りの考え方があるため、必ずしも私の書いていることが当事者に当てはまるとは限りません。その点はご了解下さい。


(お願い)


 当ブログはリンクフリーです。ただし、当ブログの記事を引用される場合は必ず事前に私の了解を得てください。


 コメントは承認制です。運営者の私が適切であると判断したコメントのみ公開されます。

 


 文章だけで長くなりがちですが、どうぞよろしくお付き合い下さい。


テーマ:

前回の続きです。


私は職安の精神保健福祉士に相談に行ったのは主に昼間の居場所探しが目的だった。一般就労するには前回書いた体力・気力・意欲が入院以後大幅に低下していたのですぐには自信がなかった。就労移行支援なら体力の回復をしながら一般就労に向けた訓練ができるので病院の看護師も言う通り最適の方法かも知れなかった。


私はこの事業所に電話をかけサービスを受けたいので手続きしたいと告げた。


この就労移行支援事業所は当時は利用者も少なかったようで積極的に受け入れる方針のようだ。ただ私が手帳も住民票も京都にあるのがネックになるようだった。


それでもここの施設長は役所にかなりかけ合ってくれたようで、サービスが受給できる方向で話を進めてくれていた。役所での受給者証の申請にはわざわざ同席してくれた。そこで必要な書類(所得証明など)を教えてくれた上でサービス利用計画(←これは作成を依頼することもできる)の立て方も教えてくれた。
必要な書類を揃えて後日役所に出すと2週間以内に受給者証を発行しますとのことで正式にこの事業所に通所することが決まった。


この昼間の居場所探しを手伝ってくれたのは職安の精神保健福祉士だった。私は次の面談の時に就労移行支援事業所に通所が決まったことを知らせてお礼を言うことにした。


面談日に職安に行くと禿げた精神保健福祉士はどうですかと聞いてくる。私は紹介していただいた私が住んでいる市の就労移行支援事業所への通所が決まったことを伝えた。この精神保健福祉士も喜んでくれた。1時間の面談がこの用件を伝えただけで終わるので、2人で精神保健に関する話をするというよりも経験豊富な職安の精神保健福祉士の話を聞くだけだった。そして今回で目的達成に伴いこの一連の面談は終了になると告げ、お礼を言った。


まだ残暑が残る8月の下旬だった。私はまずは一般就労に耐えうる体力を身に着けることを就労移行支援に通うにあたり第一の目標とした。精神保健福祉士の知識を身に付けるのはそれからでも遅くはないと考えていた。



就労移行支援は2年間という期間制限があるので通所する段階である程度自分で計画を立てておかないと就労先とのマッチングが難しくなる。この事業所は新しいこともあって当時就職に結びついた人はいなかったがみんなが訓練を頑張っているところに私も入り、社会復帰へ向けた一歩を踏み出すことになった。


これでこのテーマに関する話は終わりです。次回以降は新テーマで就労移行支援に関する訓練にまつわるエピソードを中心に書いていく予定です。


これまでの感想などあればお聞かせいただけると嬉しいです。


次のテーマは「社会人時代(訓練期)」です。社会復帰に向けた訓練について話す予定です。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きです。


運が良いことに隣町の就労移行支援の事業所から私が住んでいる市にもできて間もない新しい就労移行支援の事業所があることを聞かされたことは前回の原稿で書いた。この事業所に職安の精神保健福祉士に連絡したもらったが担当者が不在とのことだったので後日連絡するとのことで私の携帯電話の番号を教えていた。


翌営業日に担当者から電話があった。私が一番恐れていたことは住民票が京都にあることで京都の事業所に行ってくださいと言われることだった。現在大阪で住んでいることには事情があったことをまず説明しなければならない。以前の原稿で書いたが入院を2回した関係で京都に1人で置いておくのは心許ないという理由で大阪にある母の自宅に身を寄せている。


以前の株式会社の事業所では京都の手帳でも受け入れるということなので他の事業所でもできない理由は見当たらない。私は京都で通うなら事業所はたくさんあることを告げたうえで京都から住民票を移せない事情について説明することになった。この当時京都の自宅はローンの返済中の物件だったのでそう簡単に住民票を移せない状態だった。


私はこの事業所に京都の手帳で受け入れてもらえるか賭けることにした。一度翌週辺りに見学に来てほしいというところで話は終わった。


この事業所は自宅から自転車で20分ほどと便利な場所にあった。就労移行支援の事業所は駅前にあるところが多いらしいが、ここは最寄駅から徒歩で10分はかかる場所だった。自転車を止める場所も狭いがあった。


事業所は民家を改造したような建物だった。そこの入り口で見学に来た旨告げると担当者が2階に案内してくれることになった。まずは事業内容についてひと通り説明したうえで私の詳細について聞き出していく。住民票や手帳は京都のままで変えられないこと、現在住んでいるのは南大阪地域で通所は問題なくできることを話した。


相手も私の職歴などを聞いてくるので、団体職員を10年、民間企業1年4か月、福祉事業所3か月などあることを話した。それぞれの期間にブランクがあるのでその期間に何をしていたのか問われると社会保険労務士や精神保健福祉士の勉強をしていたことを話し、精神保健福祉士については国家試験に合格したことを話した。これには担当者の方も驚いていた。


その後は事業所の作業風景などをひと通り見学させてもらうことになった。作業はシール貼りや100円均一の商品の袋詰めなど内職的な作業が多かった。


私は2度の入院を通じて、体力・気力・意欲がすべて低下しており、これらの回復は避けられない課題だった。大阪の母の自宅に来るようになっても昼間の居場所がなく、家庭菜園をやる以外はこれと言ってやることがなかったので昼間の活動場所ができることは喜ばしいことだった。就労移行支援についてはある程度知っているのでどのようなサポートを受けられるのかも楽しみだった。


数日後にはこの事業所でのサービスを受けたい旨連絡をすることにした。



話は次回に続きます。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 前回の続きです。



職安の精神保健福祉士に私の住んでいる南大阪地区の事業所の一覧をもらったことを前回書いた。


私はこのリストを見ながら住所を調べてどこにあるのかをインターネットで調べて通えそうな場所にある事業所を抜き取ることにした。最初は病院の看護師が言っていたように就労移行支援を中心に探していたが、意外と就労移行支援の事業所がないことに気付く。私が住んでいた市のリスト上では就労移行支援は1件だけであとは就労継続支援A型・B型の事業所だった。あと対象利用者に精神障害者が入っていない事業所も結構な数あった。



参考までに現在の障害者総合支援法では3障害(身体・知的・精神)分け隔てなく対象にしなければいけないことになっているが、実態では精神だけなかったり、知的や身体に限定して募集しているところもある。建前上3障害にしていても実際には募集していないというような事業所もある。



私はその1件しかない就労移行支援を軸に就労継続支援A・B型も近いところだけピックアップしていたが就労継続支援B型は初めから通所する気はなかった。そんなことを言っていると少し遠い隣町まで行かなければいけないかも知れないがそれは仕方がない。


3回目のカウンセラーとの面談では主に就労移行支援の事業所を求めて片っ端から連絡をしていくローラー作戦を始めることになった。


まずリスト上1か所しかない私が住んでいる市にある事業所から連絡を取ることにするとこの事業所はすでに閉鎖されていてないということだった。仕方がないので隣町の事業所にも連絡してみることにした。リストには対象障害者を掲載する欄があって精神が書いていないところでも聞くだけ聞いてみることにした。


最初に問い合わせた隣町の事業所は精神の記載がなかったので精神でも受け入れているのかまず聞くと受け入れているという話だったので就労移行支援の事業所を探している旨告げるとまず見学に来てほしいということなので日程の調整と場所の確認をしたが毎日通うにはかなり遠い場所にあるようだった。


事業所にも合う合わないの相性がある。そこで次の事業所にも連絡を取ってみることにした。そうするとこんな隣町まで来なくても私が住んでいる市に新しくできた就労移行支援事業所があるという。そこに連絡してみたらどうかと言ってくれたので連絡先を教えてもらうことになった。


その新しい就労移行支援事業所に連絡すると担当者が不在らしく、後日連絡をしてもらうことになったので携帯電話の番号を教えた。場所も自転車で20分前後と便利な場所にあるようだ。


この日は隣町まで行くことを想定して探していたのが近くの就労移行支援という私が最も望んでいる形態であることに喜んだが連絡待ちになったのでローラー作戦もここで終了して結果は次回教えてほしいということになった。ここで3回目の面談は終了し、私は職安を後にした。



話は次回に続きます。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。