前回の続きです。


私の入院は早くも1か月を経過しようとしていた。任意入院に変わってからはほぼ毎日のように外出をしていたことは前回の原稿でも書いた。部屋は観察室を出てからは6人部屋→2人部屋→6人部屋と目まぐるしく変わり続けていた。6人部屋でも1番廊下寄りの場所で廊下での話し声やテレビの音がよく聞こえる。私に聴覚過敏があることは過去のカルテで知っているので消灯時間(午後9時)にはボリュームを下げてくれるようになった。


これは私の隣の部屋での話になるが、病棟内いじめがあった。部屋にボスの親玉みたいな奴がいて、同室の人を手下のように扱っていた。ほとんどの人が相手にしないので対象者は徐々に絞られていく。手下はこうして1人の青年だけになった。看護師への問い合わせもこの手下を頻繁に使っていたので看護師も気づいていないはずがないのだが静観の構えだった。私がこんな扱いを受けたら翌日にでも退院するだろうというほどだった。入院してまでいじめられたくはない。この手下にされた青年もトイレに立てこもるなどして抵抗したがなぜかこの青年が悪いことになって保護室に行くことになり、気の毒で仕方がなかった。このボスは何事もないかのように退院していった。


あとこの病棟にはもう1人特徴的な人がいて比較的高齢の男性だが言葉遣いが荒く、看護師に対しても人間扱いせず、呼ぶときも「おい!」と大声で呼びつけるので看護師たちは全く平気だが他の入院患者の方が驚いてしまう。この爺さんは結構長く入院していて入院患者みんなに怖がられていた。でも本当はすごくいい人だった。


たまたま入浴の時この爺さんと2人きりになったことがあるがはじめは怖くて仕方がなかった。お湯がぬるいというので私が熱いお湯が出る蛇口をひねった。そうしたら、


「有難うございます」


という言葉が返ってきたので驚いた。ただ熱くならないというのでそんなにすぐには熱くならないですよ(大きさは家庭用の浴槽の約3倍くらい)と言うと分かったと言ってくれた。


人は見かけだけでは判断できないと改めて思った。私はこの時からこの爺さんそんなに怖くないと思うようになった。それでもその日は看護師を呼ぶときの口調は変わっていなかった。ただ時間が経過して少しでもこの爺さんの口調が柔らかくなることを看護師が知ったときには、


「おい!」(返事なし)→「ちょっと」(返事なし)→「すみません」(返事あり)


と呼びかける口調によって対応を変えるようになった。


私は午前に作業療法、午後には外出していることが多かったのであまり病棟内の交流はなかったが午後5時から就寝までの間は時間を持て余すので本を読んだり一部の入院患者と話したり将棋を指したりしていた。将棋は弱いので負け続けだったが楽しかった。


外泊も自宅と母の自宅と2回したころには体調も安定していたので1週間後には退院することを主治医の金先生に告げることにした。



話は次回に続きます。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村


こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

↓ ↓

人気ブログランキングへ







AD

前回の続きです。前回退院までの作業療法で1話使ったので、作業療法以外の入院生活について述べていきたいと思います。


任意入院に切り替わってからの生活は平日午前は作業療法、午後からは自由時間である。以前の原稿で述べたとおり、この病院は解放処遇が原則なので外出もできるようになる。私の場合は午後5時までに帰院さえすればどこへ外出してもいいことになっていた。もちろん許可が出れば外泊もできる。外泊が何度もできるようになると退院も近くなる。


外出先の最有力候補は近くに図書館があるので1番時間つぶしができる。図書館のカードを持ってきているので本を借りてきて病棟で読むこともできる。


自宅も昼食後でも十分行って戻れる範囲内の距離だった。私は京都市の精神障害者保健福祉手帳を持っているので京都市のバスと地下鉄は無料で乗れる。私が入院している地域の民営バスも無料だった。この無料パスを利用して繁華街に繰り出すなどちょいワル入院患者を演じたこともある。


入院中は何かと口さみしくなるので買い出しも行かなければならない。自宅に外出した時には近くのスーパーでカップ麺やお菓子などを買い込んで病棟に持ち込む。これは精神科独特のもので荷物を持ち込むときには刃物など危険物を持ち込んでいないか簡単な検査がある。プライバシー性が高いものを持ち込むときなどには注意が必要である。買い物したものを持ち込むだけなら何も言わない時もある。


入浴が週2回しかないのでどうしても体がべたついたりかゆくなったりするので入浴するために自宅に行くこともしばしばあった。


この時期ちょうど確定申告の時期で税務署にもいかなければいけなかった。これも病院からバスと地下鉄で十分行ける距離で書類をもらうのと提出とで2回行った。もちろん所得税を還付してもらう手続きである。


外出をしても午後5時には病棟に戻らなければいけない。ほとんどが昼食を取った後に外出するのでそんなに遠くに行くことはできない。申し出れば朝から出て昼欠食にすることもできるのだが言い出しにくい。


前回の入院と違ってこの入院ではあまり仲間を作らず、孤独な闘いをすることに決めていた。それでも前回の入院から知っている人も複数在棟していた。うるさいほどひどい空笑がある人やアルコール依存症の女性などは私の前回の入院から知っていると言っていた。京都でアルコール依存症専門病棟があるのはここだけである。その病棟は男性だけなので女性は私のいた病棟で治療をすることになっていたようである。なぜ分かるのかというとシアナマイドという抗酒剤が出ているほかマックという依存症者が通う施設に定期的に通っているので大体わかるようになっている。


私は任意入院になってからの回復は早かった。ただ頭痛の激しい時や眠れない時がしばしばあったのでその時は頓服をもらってしのいでいた。



話は次回に続きます。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村


こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

↓ ↓

人気ブログランキングへ




AD

前回の続きです。


私が金先生の診察を受けたその日に作業療法士が私の病棟にやってきた。作業療法士はパンフレットを持ってきており、作業療法の大まかな内容について説明してくれて、自分のペースでやればいいらしい。


余談だが昔は作業療法と称した事実上の使役がまかり通っていた。入院患者は本人の意思に関係なく働かされてろくな給料も支払われず病院が総取りしていたような時期もあった。


話を元に戻すとこの病院の今の作業療法は平日の午前中だけらしい。参加もしたいときだけ参加できるような仕組みになっている。作業療法士は、


「一度見学に来ませんか。どんなことをやるのか知ってもらえるしやりたいことも分かるかもしれません」


という。この病院では作業療法やデイケアはリハビリテーション棟と言って入院している病棟から外に出たところにある。私はこの時まで外出制限がかかっていたが、主治医の金先生はこの外出制限を解除してくれていた。外出先も午後5時までに戻ってさえ来ればどこに行ってもいいことになった。


翌日に見学に行くと簡単なアンケートをした上で活動内容を見せてくれる。主な活動内容は編み物、裁縫、料理、音楽、貼り絵、塗り絵、園芸、革細工など様々である。作業の途中で何かわからないことがあったときは担当の作業療法士が教えてくれる。作業療法士は6人近くいた。


私も病棟にずっといてもヒマなので、作業療法に参加することにした。私は上手ではないが裁縫ができるので裁縫の腕を磨くことをこの作業療法の目標にした。


この作業療法では刃物や針など鋭利なものを使う必要が生じる。精神科の場合ハサミや針などは危険物にあたるので使用時間になるまでは鍵がかけられている。使用時間になると鍵が開いて道具を取れるようになるが、すべての道具にナンバリングされていて、何番のハサミを誰がいつ使っていつ返したかが分かるようになっていて、終わったときにちゃんと戻っているか調べることになっている。


作業療法士に裁縫をやりたいと告げると最初は簡単な刺し子をやってみましょうという話になったので簡単に縫えるものを1枚持ってきてくれた。刺し子の針も借りなければいけないので何番の針をいつ持ち出したかを書いて使うことになる。作業療法室での使用に限られており、病棟などで使用することはできない。


この刺し子は初心者向きで象の柄だったが縫い目の点線が布に印刷されており、それに沿って縫うだけでいい。糸の色を途中で変えながら縫うと鮮やかに仕上がる。これは3日くらいでできた。


次はみんながかばんを作っていたのを見て自分でも作りたいと言ったら布を切る段階から挑戦することになった。布も普通の布ではなくキルティングの布を選んだので切るのも大変だった。病院としてもキルティングの布は高いのであまり何枚もは使わせてくれない様子だった。裁ちバサミという大きなハサミで布を図面通り切ったら裏側から縫い付けていく。難しい縫い方も何か所かあったが完成させて今は薬入れの袋になっている。


あとはかばんと同じ生地を使ってポーチも作った。これは今母が縫い直して使用している。作業療法には退院直前まで1か月くらい通ったが結構楽しかったことを覚えている。


少し時系列が前後しますが、話は次回に続きます。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村


こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

↓ ↓

人気ブログランキングへ












AD