てつさんのアスペルガー症候群奮闘記

私は35歳でアスペルガー症候群と診断されました。今までの生き難さがなぜなのか少しずつですが見えてきました。週1回、子の刻に更新されます。

 私は35歳で「アスペルガー症候群」と診断されました。


 アスペルガー症候群は自閉症スペクトラムの中で、知的障害や言語障害のない人のことを指します。


 広汎性発達障害の一種です。


 当事者の視点で当事者の過去を振り返る作業を当ブログではやっています。広汎性発達障害でお困りの方に私のパターンがこうだったと言うことを発信することを主たる目的にしています。


 アスペルガー症候群にも100人いれば100通りの考え方があるため、必ずしも私の書いていることが当事者に当てはまるとは限りません。その点はご了解下さい。


(お願い)


 当ブログはリンクフリーです。ただし、当ブログの記事を引用される場合は必ず事前に私の了解を得てください。


 コメントは承認制です。運営者の私が適切であると判断したコメントのみ公開されます。

 


 文章だけで長くなりがちですが、どうぞよろしくお付き合い下さい。

NEW !
テーマ:

前回の続きです。


夏になった。作業は新しく開拓した取引先もあって安定して作業がある状態だったが、作業が途切れた場合は求人情報を閲覧したりグループワークをしたりレクリェーションをしたりして時間を過ごすことが多かった。

 

私もこの事業所に通いだしてから早くも1年が経過しようとしていた。私の4回目のモニタリングでは私の希望を聞きながら将来の目標の設定や就労に向けた課題の解決に向けて話し合うことになった。

 

私の就労の希望は精神保健福祉士の資格を生かした職業に就きたいという当初の考えが変わることはなかった。以前の話でこの法人が隣町に就労継続支援B型の事業所を開設することが決まっていたので職員の募集をしているので来ないかという話は引き続きあった。それでも私は自信がまだなくていい返事ができなかった。

 

理事長も私を早く雇用して人員不足を解消して私が持つ資格も活用したいと考えていたようでその意向は施設長の宇賀さんや副施設長の谷さんにも伝えられていた。私が当初から資格を生かした職業に就きたいと考えていることは知っているので施設長の宇賀さんや副施設長の谷さんも何とかして私を説得したいと考えていた。

 

私は求人閲覧などをしている時は精神保健福祉士で求人がないか見ることも多かった。私は病院の精神保健福祉士で働くことも検討していた。大阪の南部地区ではそんな求人出ていないだろうと思っていたら意外と有料の求人広告でも出ていることに驚いた。職安でもパソコン検索をすると私の希望する求人は何件もあった。

 

ただ病院の求人は公共交通機関では行けないような場所に勤務先があることが多い。これは時代背景から述べると戦後の精神医療政策で人里離れた山奥などに病院が多く作られたからである。病院が最寄りの駅までバスを出しているところもあるがそのバスで20分以上かかるような不便な場所にあるので車での通勤が前提とされている場合が多い(駐車場は広く取れるケースがほとんど)。車の運転が不得意の私にとっては厳しいハードルだった。そもそもマイカーというものを持ったことがない。

 

私は診療所の精神科デイケア職員などにも関心を持っていたが、京都市など都市部では多くあった精神科デイケアを扱う診療所はこの南大阪地域ではほとんどなかった。

 

小規模作業所にも関心はあった。求人を閲覧していると隣町まで出れば資格不問の求人もいくつかあった。でもこの選択肢を使うというと必ずと言っていいほど今の事業所(就労移行支援)か新しく作る就労継続支援B型の事業所があるだろうと言われることは必至だった。

 

モニタリングの話では就職するために必要な知識を一度利用者さんの前で話してほしいということになった。また担ぎ上げてはしごを外されるなと私は読んだがこういうプライドを少しくすぐられると昔から弱い。それも1年近くも私と接していると相手も百も承知で話を持ち掛けてくる。これを足掛かりにして本格的に雇用の話を進めようとする姿勢は見え見えだったが、私も自分の勉強したことを分かりやすく話すくらいならいいかと思いこの話を引き受けることにした。

 

テーマはどうするのか決まっているのかというとそうでもないようで、精神保健福祉士の知識で私が話したいと思うことを話していいらしい。このパターンは一番困るが、私が自分でテーマを選んで話の内容を組み立てることになった。とりあえず誰にでもわかる内容にしなければいけないので話の組み立て方に苦労することになった。

 

 

話は次回に続きます。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

 

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

 

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きです。


この事業所では職員が常時不足していて公募するなどしていても条件も良いとは言えないので応募者もないに近いくらい少なかった。なかなか人が定着しない現状に手を焼いていた施設長の宇賀さんや副施設長の谷さんは何とか私を早く雇用に結び付けたいと考えていた。そうすると私の雇用実績と職員不足の解消両方が実現できるからである。

 

そんな中で私が訓練している期間中多くの職員がやってきた。私が入所してから定着した職員は前年11月から来たトイレ行くな事件の桜川さんと1月から来ることになった御厨さんの2人だけだった。職員は以前からいる玉本さんと施設長と副施設長合わせて5人だった。

 

新たに職員を雇用しても1週間持たないこともしばしばで中には1日で退職してしまう人もいるほどだった。この定着率の悪さに職員たちもあきらめモードだった。

 

ところがこの事業所を運営する法人が新たに隣町で別の就労継続支援B型の事業所を開設することがこの年の秋に決まったことで当然のことながら人員が必要となる。就労継続支援B型の事業所の職員も必要になるので事前に就労移行支援の事業所で研修をして開所とともにそこの職員になってもらうという構想を描いていた。

 

この法人は人手が足りなくなると縁故に走る傾向にあった。表面上分からないようにはしているが待遇を公募で来た人よりも手厚くするなど利用者である私がらみてもこの職員は縁故で来ているなというのがわかるほどだった。

 

余談だが私は精神保健福祉士に合格した年(2013年)に職安を通して仕事を探していたがなかなかいい返事をもらうことができなかった。だからこんなに常時人員不足で経験のない人でも雇用する現場を見て驚いていた。京都で精神保健福祉士登録者は現在約1700人いるがこれでも過剰であると言われている。ちなみに大阪では5000人以上いる。

 

それだけに精神保健福祉士有資格者の私は手放したくなくて何とか雇用したいと理事長(この法人では社長と呼ばれている)も考えている様子だった。私がなかなかいい返事をしないので人員の計画が立てられないが私にも職業選択の自由がある。前述の看護師の奥村さんにも声がかかっていたものとみられる。

 

福祉の業界は低賃金の割に負担が重いことで知られている。ただ費用の出どころは自己負担が一部ある場合を除いて公費(介護保険や障害者総合支援等)なので運営さえしっかりやれば他の業界と比べると安定しているとは言われている。

 

この事業所で人がなかなか定着しないことには大きな原因があった。この時はその原因までは分からなかったが実際に雇用されることが決まった段階で分かった。詳細はこのテーマの最後の話でしたいと思う。

 

 

話は次回に続きます。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

 

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

 

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 

それでは早速前回の続きです。

 

4月になった。支援学校の卒業生も2人入って事業所も少し活気が見られだした。就職も少し吃音のある松本さんが就職決定となり、就職の実績も少しずつではあるが表れ始めていた。とはいっても裏で聞いた話では縁故だった模様である。障害者雇用の制度はあるとはいっても障害者の雇用を取り巻く環境はまだまだ厳しい現状である。

 

そんな中本格的にアメリカ産オレンジの選別の作業が始まることになった。主に選別する種類はダブルマーコットという小さいオレンジとミネオラというデコポンのような形をしたオレンジ、普通のオレンジや中身の赤いオレンジなど多様であった。

 

どんな選別作業が待っているのかというと、海路で届いたオレンジが港から委託先に箱詰めされた状態で届けられる。それらをすべて開梱し、カビが生えていたり腐っているものは除いて数を数えて袋詰めしてから一定の袋数を箱に戻して梱包する作業が1日に70箱から100箱ある。その日に出荷しなければならないので翌日に持ち越すことはできない。

 

この頃から徐々に気温が上がり始めるのでカビや腐りが増えて歩留まり(良品の占める割合のこと)が悪くなる。手袋をはめているとはいえカビの生えたミカンを取り除くのはあまり気持ちのいいものではない。カビのついた部分はタオルでふき取るだけでカビの胞子は良品の中にも表面に残っていると考えていいので作業のしたことがある人がいざ店頭に並んでいるのを見たら絶対買わないだろうと思うほど劣悪な作業環境であった。

 

作業場所は委託先のスペースを借りて作業をするが、4月を過ぎると段々暑くなってくる。そのような中窓を閉め切った場所で、暗い作業場所で作業するのでどうしても殺伐とした空気になる。それも量が多い時はスピードも求められるので時間内にできない場合もあった。その時は職員が残って作業することもあった。

 

私は口にこそ出さないがこのような作業環境で障害者である利用者を働かせることは障害者を利用した搾取に近いと考えていた。それでも割り当てられたら行くしかないので行ってはいたが通常の通院(2週間に1回)で休みをぶつけたり、呼吸器の調子があまり良くない私は呼吸器科の通院をぶつけて休むなどして対抗していた。

 

暑くなってくるにつれてあまりにも作業環境がひどいので作業時間中に帰りたいと思うこともしばしばあった。この作業場所は自宅に近い場所にあったので逃げ出して家に帰ることは十分可能な場所だった。5月のある日には劣悪な作業場環境だけでなく、オレンジの品質まで悪い日もあってそんな日には私も、

 

「もう帰ろっかなあ…」

 

と思わずつぶやいてしまった。職員の人がまあそんなことを言わないでとなだめてはくれるが、私一人がイライラしていた訳でもないようだった。

 

スーパーの店頭で比較的高い値段で売られているオレンジがこんなに劣悪な場所で作られていることに驚いた。私の呼吸器の調子が本当に悪くなったほか、アレルギーで鼻水なども出るようになったので最後の方はオレンジ選別の作業から外してもらうよう頼むようになった。

 

選別に漏れた規格外のオレンジは事業所に持って帰ってもいいということなので持って帰って利用者に配分されたが作業に行った人はたくさんもらえると言ってもとても割に合わない。私みたいに体調が悪くなっても何の保障もないので、もうこの作業には行かないよう家族には言われていた。

 

 

話は次回に続きます。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

 

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

 

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。