先日のMV 撮影現場

テーマ:
先日公開のうりゃおい!JAPAN MV撮影。




recording自体はイメージ的にシンプルに徹しようかなと思いましたがクリエイターがバンド感を重視しているのとデモの段階でカラフルでしたので結果的に自分のカラーも出しつつ凄くいい作品になったと思います。



そしてMVの撮影。


こちらは早朝からの大所帯作業でしたがバックバンドの演奏シーンでしたし、ご覧の通り校舎屋上での撮影。


エレベーターもないしあくまでバックバンドですからさすがにシンプルなセットで行こうと思いました。そもそも往々にして裏方の撮影とはそういうものです。


サウンドプロデューサー兼MD(バンドマスター)のSaya氏が「フルセットで」と粋な発言をしてくれたのでよし、やるか・・・と(笑


という訳で大がかりそのものでしたがこんな感じになりました。









天気が危ぶまれる中雨天にはならず開放感のある撮影現場になりました。




そして影の功労者がこちら。







アシスタントの啓太君。


自身のバンドの撮影、live、ツアー等が重なる中早朝から駆けつけてくれて、このドラムの量の運搬、セッティングをほぼ一人で。ちなみに地上1階から5階まで階段です。


大助かりでした。そんな彼は最近どんどんバンドマンらしい顔つきになっていくのを感じ取っています。僕も負けてられないですよ。愛すべき生徒さんの一人です。




そしてもう一人はこちら。








運搬、セッティングが既に終わった後に悠々と1時間半の遅刻をして現場入りした大物アシスタントの環。


愛すべきポンコツ。



・・・しかしながらかなりの体調不良の中駆けつけてくれてやはり大助かりしました。



帰り際に「ワンチャン(1チャンスの意/一度、とりあえずといった解釈です)このスネア持って帰って良いですか?」


と僕のサブスネアをくすねて帰りました。





とまぁ改めてドラムは大がかりだなと思いましたが、素敵なメンバーさん達、プロダクションの方々のお蔭で僕としても大変遣り甲斐のある一日になりました。


recordingの段階から関わらせていただけたので一緒に作り上げる感じが楽しかったですね。


やはり曲が良いと凄く入り込めるんですよ。改めてSaya君の万能っぷりには脱帽です。




そしてバックバンドの面子も初共演者有、懐かしい面子有。


撮影、スタッフチームも何度も一緒に仕事をさせてもらっているので本当に快適でした。



是非MVを見て4月7日発売のシングルを手に取ってください。


メンバーさん達は僕等何かより何百倍も頑張っているので感化されてこちらも成長出来そうです。













☆哲郎ツイッターはこちら☆



読者登録してね


アメンバー募集中


フォローしてね