こんにちは。コーチング修行中のAkaneです。
 

GW明けに、実家の母(70歳)、娘(4歳)、と私で金沢港発着の5泊6日のクルーズ旅に参加してきました。

 

「船の旅がしてみたいわぁ」と言っていた母へのプレゼント旅行です。

 
乗船したのは、イタリア船の「コスタネオロマンチカ」です。
{D9D05ADC-6E41-4787-B826-5F0D5262F8E9}
乗客定員1,800人の「カジュアル・クラス」の客船です。
 
この「コスタネオロマンチカ」は今年の4月に日本に初就航し、10月まで日本海を周遊するクルーズをしています。
 
ちなみに、クルーズ船には3つのカテゴリーがあります。
 
1カジュアルクラス
一人当たりの単価が1泊US100ドル~
 
2プレミアムクラス
同じく単価が1泊US200ドル~
 
3ラグジュアリークラス
同じく単価は1泊US400ドル位
乗組員一人当たりの乗船客数は2人以下の場合が多い
 
私たちが利用した部屋カテゴリーは「海側プレミアム」という丸窓がついた定員4名までの部屋。
 
正規料金98,800円のところ、早割りで69,800円でした。
 
1泊あたり、3食に夜食やスナックも食べられて、船内のショーも見れて、1泊あたり約14,000円
 
しかも、大人2人につき、13歳未満の子供は無料でした。
 
「クルーズ旅行」って、時間とお金に余裕のあるシニア向けのものだと思っていたのですが、この価格設定、普通に国内旅行するよりも割安感があります
 
寄港地は
金沢を出港し
・境港
・釜山(韓国)
・博多
・舞鶴
そして最後に金沢に戻ってくるプランです。
 
金沢港のターミナルでパスポートのチェックや荷物のチェックインをした後、デッキ5階へとつながる結構急な階段を上って乗船です。
{25EC4B4B-E8E4-4F02-89B6-286FEC63E62E}
 
乗船すると、フィリピン人のクルーからGo to your room (「部屋へ行ってください」)という案内がありました。
 
日本発着だけど、やはり外国船!いきなり英語でした。
 
「コスタカード(鍵に代わりにもなるIDカード)を渡されてないのだけど、部屋には入れるの?」と聞くと、部屋は開いてる、コスタカードも部屋にある、とのこと。
 
エレベータに乗って、部屋を目指しました。
 
こちらが、「海側プレミアム」のお部屋。
 
{41A57CAE-2610-40E4-9407-F97AAB8B41FE}
母、娘、私の3人で申し込んだので、3人目のベッドとしてエキストラベッド(2段ベッド)が用意されていました。
 
ベッドの上に、船内でIDカード兼 ドア鍵 兼クレジットカード代わりにもなる「コスタカード」と、TODAYという当日のイベント等が記載された船内新聞が用意されていました。
 
こちらはトイレ&シャワールーム
{A7BE0A61-5198-4C6E-98C8-062394889475}
トイレは飛行機のトイレに似たタイプのものでした。
 
シャワーの水圧はしっかりとありました。
 
こちらは洗面台。お湯もすぐに出るし、水量もしっかりありました。
 
ちなみに、アメニティは「せっけん」のみ。
 
シャンプー、歯ブラシなどは付いていません。
{9CB4CED7-DF9F-47A6-94D8-9A2876272F15}
洗面台左側壁に掛けられた木の棚に、小物を収納できるようになっていました。
 
これは客室内に飾られていた複製画。14世紀後半ごろのフィレンツェの画家によるもののようです。
{583E2983-15EC-4C70-8572-75DF44EE5B3C}
こちらはテレビとその上の棚にあるセーフティボックスに、ライフジャケット収納庫。
{94B67152-458C-4A74-BE42-A36ECF951DDF}
ちなみにテレビはイタリア船らしく、イタリア語のチャンネルのほかに、日本語の「ディズニーチャンネル」も映りました。
 
これが部屋の丸窓からの眺め。
{04E1845E-2434-4AC4-A29D-5530EEF0F27D}
窓はパンプレットから想像していたよりは大きく、ちょっとした眺めや明かりを取るには十分でした。
 
こちらがクローゼット。
 
{7E358E98-2485-4EE8-9F87-30C5D1D05D71}
写真には写っていませんが、この左側にも腰高くらいまで引き出しが4段ほどありました。
 
なので母、私、娘の3人分の5泊分の洋服を十分に収納できました。
 
部屋に落ち着いて間もなく、「避難訓練」がはじまりました。
 
 
 
 
 

 
 
 
AD

コメント(3)