★゚・:,。゚・:,。☆ 配 信 中 ★゚・:,。゚・:,。☆


Amazon Kindle版 配信開始!



『新 モルグ』


『ザ モルグ1』


『ザ モルグ2』


※ Kindelアプリは Appストア、

Google Play でもダウンロードできます!!


*☆*:;;;:* まんが王国でも配信中 *☆*:;;;:*


『焔(ほなか)に立ちて』 描き下ろし 


『 人 間 倶 楽 部 (本編)』


『 歴 史 の 中 の 女 た ち 』

『 エ ロ ス と 猟 奇 の 乱 歩 』


『 モ ル グ 』(単行本未収録分含む)  

『 妖 変 源 氏 物 語 』

『 A K I K O 』 『 悪 の 華 』     

『 愛奴 - 愛とエロスの復讐 - 』

『 獅 子 の 娘 』              

『 人 間 倶 楽 部 (番外編)』


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-23 23:02:23

平泉 中尊寺のツアー2

テーマ:ブログ
前回は中尊寺ツアーといいながら
毛越寺とお祭りだけになって
しまいました

ごめんなさいaya



で、今回こそが
中尊寺…と思って
シャメの画像を見たら


画像があまり無かったという…


多分御朱印の申し込みと
参詣の順番などを
考えていっぱいいっぱいで


仕方ないので
中尊寺のサイトを参考に
してくださいな


http://www.chusonji.or.jp/





ツアーバスの駐車場から
法要の行われる本堂まで
歩く途中の道の脇に咲いていた
ハスの花ですが「中尊寺ハス」と
呼ばれる古代ハスです



http://www.i-tiiki.biz/hiraizumi/cyu-k/hasu.html




何年か前に遺跡の中から
発見されたハスの種が
見事に発芽して花が咲いたという
ニュースを見た記憶があります


なので思わずシャッター







こちらが本堂ですね


ツアーが予約し特別法要が
ありまして震災回向法要を
してくださいました







法要が終わると
御本尊の姿は写真可で
ちょっとビックリ


懐広いな~
なので


法要の後にこんなものを
頂きまして

感激です





この中には”おはなびら”

ハスの花びらに仏様の姿が
描かれたものが3枚






その日は基衡公か秀衡公かの
命日だということで
(ガイドの説明を忘れました
午前中から法要もあり
色々と記念になる日に
当たったなぁと



その隣の座敷には
中尊寺の略歴が分かりやすく
案内されております



ちゃんと中尊寺ハスの
紹介もあるようですね


その後は讃衡蔵と呼ばれる
宝物館に行きまして
その下に今回御開帳される秘仏が
公開されておりました






この機会に是非足を運んでみては
如何でしょうか






そうそう中尊寺の一番有名なのは
こちらでしたね







ズバリ 金色堂です







小さい頃に何度も見たはずですが
今回はテレビでその由来や解説
(多分「ぶっちゃけ寺」で見た)を
聞いてから見ると
うーん


印象がぜんぜん違いますね


金が採れたという歴史や
藤原公滅亡の後に
伊達家が復興させて
今の姿があるという歴史…


神仏習合にその後の
神仏分離…政治的背景が
あるにせよ
庶民の信仰は変わらず
今日まで続いているんですね






御朱印帳は持って行きましたが
中尊寺で売っていたものが
とても格好良くて(不謹慎

つい買ってしまいました



これはカバーなのですが





こちらの表紙が
すばらしいんですよ



裏表紙と合わせると
こうなります



こちらのモチーフになったものは
宝物館にある金銅華鬘(けまん)という
仏具のひとつです


よく見ると翼を持った天女が
透かし堀りされてます





ここにあるように
4つの御朱印を集めるための
御朱印帳もありましたよ


これからの季節は
中尊寺ハスの見頃を迎え


8月には大文字のおくり火や
薪能もあるようです


薪能…いいなぁ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-19 01:37:13

平泉 中尊寺参詣

テーマ:作品紹介
世界遺産になった
平泉の中尊寺の金色堂








その秘仏が今年は
震災から五年の節目ということで
御開帳ということを知り


行かねば
と思っていたら

丁度良いツアーが
クラブツーリズムであったので
即決
      
何と 震災回向法要もするという




その日は丁度
平泉ではこんなお祭りもあり





なんとわれわれのツアーが着く時に
このお祭りがその場所から
出発するという偶然



その場所は毛越寺の近く
観自在王院跡


私たちのツアーが着いたとき
本当にお祭りの神輿が出発するところ




神輿は全部で3基あるということで




この担いでいる方達に
周りから皆で水をかけるという…





沿道には水の入った桶や
子供用プールなどがあり

ツアーの方も何人か
水をかけていました





こちらは広場のテントにいた
太鼓隊かな

やはりお祭りには
太鼓がよく似合う





神輿は毛越寺に向かい
その後は中尊寺まで向かうそうだ


歩けるんだね




観自在王院は
平泉で権勢を誇った藤原家
その二代目の基衡の妻が建設した寺院跡で
そのほとんどは消失している



ただ浄土庭園の遺構は残っていて
枯山水…いや
枯れてないだろと突っ込みたくなる
見事な庭園が残されている


この庭園の見える場所に
茶室があったらなぁと思う私




落ち着きますね







こちらは再建された阿弥陀堂です

参詣は出来ませんでしたが

近くには墓石があり
妻のものだという…





そして毛越寺





越という漢字が何故
「つう」と読むのか?

「もうえつじ」が次第に
「もうつうじ」になったとか…



私は宮城の北部が故郷なので
小学校の遠足や家族旅行で
幼い時によく来た記憶があるんですが


そんな歴史を知るのは
今回が初めてでした





参詣を終えて庭園を歩きます


こちらの庭園は
先ほどの観自在王院の庭園と
門でつながって行き来できるんですが


やはり中央におおきな池があり
その周りには様々な花々が
植えられております






あやめ祭りが終わった時で
ちょっと残念でしたが


それでもちらほらと残った花が
名残を惜しんでいます




そして山百合の群生





こちらは小川に咲いている
桔梗を撮ったのですが





この小川は遣水でわざわざ
当時作ったものだとか

そしてこの傍らで
歌会などが催されたらしい


それを再現したお祭りも
あるようです

http://u0u0.net/xdxH

この水でお茶会をすれば
良かったのに…と思ったら

まだ茶の湯は普及してない時代ですね




秋の花ですが萩の花もチラホラ



いたるところに萩が植えられているので
秋には見事だろうなと思ったら


やはり萩まつりもあるようで


次回は秋に来たいと思う寺館でした






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-10 21:47:53

里親が決まり、子猫ロスの毎日

テーマ:猫ログ

先週末
最後に残ったシャム風の男の子が
近くに住む方に引き取られて

これで全ての猫の里親が
決まったことになるわけですが…





ただこの子の里親先には
室内犬がいるので
その犬との相性しだいでは
どうなるか…


という状況ですが…

里親さんの若いカップルの
お二人は 人懐こい子猫を
とても気に入って下さったようで
毎夜一緒に寝てると…

でもケージに入っている犬にとっては
それがまた面白くないようだとか…


うーん どうなるんだろう



ただ子猫ロスになってる私には
帰ってきてもいいよ
なーんてね





こちらのやんちゃな女の子は
以前シャム風女の子が
引き取られた家に
二匹目として行きました
(一匹だと寂しそうなのでということで)


一ヶ月ぶりの再会とはいえ
姉妹だから仲良くするだろうと
思ったのですが


うーん猫は三日経つと忘れる
いや…三歩歩くと忘れる…?

って訳じゃないだろうけど

最初は仲良くしてるのか
ケンカしてるのか
分からない様子だったとか


先日 一緒に仲良く
窓際で外を見てる姿の写真が
送られてきて一安心






あんなに騒々しい子猫の集団が
いなくなって
以前の静かさ(?)が
戻ってきた我が家ですが



なんか寂しいというか…

やはり一匹はのこして
おきたかったな~



うちのマンションはペット可でも
頭数制限があり
既にいっぱいいっぱいの
我が家では飼う事が出来ず
里親探しに奔走したわけで…



でも一匹くらいなら特例として
認めてくれるよう
マンションの理事会で
検討してくれることにも
なってた矢先の
シャム君の申し出で…


有り難いとは思いつつ
どこかで戻ってくれる
可能性も考えたり…


うーん

難しい選択でしたね~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。