2008-06-12 02:53:38

天皇賞

テーマ:天皇賞

天皇賞(てんのうしょう)とは日本中央競馬会(JRA)が年2回施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。



正賞は天皇賞・日本馬主協会連合会会長賞。



本項目では、現在京都競馬場(創設時は鳴尾競馬場)で施行する本競走を天皇賞(春)、東京競馬場で施行する本競走を天皇賞(秋)とし、天皇賞(春)を「春の競走」、天皇賞(秋)を「秋の競走」と表現する。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-06-12 02:53:07

天皇賞 概要

テーマ:天皇賞

本競走は1905年に創設された帝室御賞典を前身としている。1937年に日本競馬会が創設され、それまで各競馬場(札幌・函館・福島・東京(・池上・目黒)・横濱・鳴尾・小倉(三萩野・北方))でコース(芝・土)・距離も異なる条件で施行されていたものを、阪神・東京の年2回施行とし、同年秋の競走を改めて第1回帝室御賞典として施行した。



1937年秋は2600m、1938年春が2700mで施行されたが、1938年秋からイギリスのロイヤルアスコットレースミーティングで施行するゴールドカップを範して、長い距離の競走を制することが真の最強馬という理念から芝3200mの長距離競走に変更されている。



優勝賜杯について、御賞典(菊花御紋付銀製花盛器)が宮内省(現在の宮内庁の前身)から優勝馬の馬主に下賜されていたが、1941年からは太平洋戦争(戦時中)に伴う貴金属資源の不足により、御賞典と言えども時代の背景には勝てず、菊花御紋入り(競馬恩賞と書かれた)の木製の楯が代わりに下賜されるようになり、競馬関係者からは天皇楯と呼ばれた。楯が天皇賞の略称として使われる所以である。優勝馬主は表彰式で天皇盾を賜る際は白手袋を着用することが慣例になっている。



第二次世界大戦終結後は天皇賞を再び下賜されるよう調整したが1947年の春の競走には間に合わず、平和賞として施行、天皇賞が再下賜されるようになった秋の競走で「第16回天皇賞(秋)」として開催した。



中央競馬が誇る伝統と格式がある八大競走の2競走でかつては日本一の競走馬を決める競走でもあり優勝馬及び関係者には最高の名誉が与えられ、天皇賞で1回優勝した競走馬は再度出走して負けた場合、天皇賞馬としての威厳を下げてしまうため1980年まで再度の天皇賞への出走は認められない「勝ち抜け制度」があった。



また長年、クラシック三冠と同様に優秀な国内産種牡馬・繁殖牝馬を選定するという観点から国内産馬で尚且つ牡馬・牝馬のみしか出走できないことになっていたが、競馬の国際化などを踏まえ段階を追ってそれらが見直され2005年から国際競走に指定され、それに伴い外国産馬の出走頭数制限が廃止された。また2008年から騸馬(去勢牡馬)にも出走門戸が開放された。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-06-12 02:52:44

天皇賞 天覧競馬

テーマ:天皇賞

「エンペラーズカップ100年記念」(1905年の帝室御賞典からの100年を記念)と題された2005年の第132回競走において、明治天皇が1899年に行幸して以来106年ぶりとなる天皇、皇后の天覧競馬が実現した。



これに伴い当日の東京競馬場の競走数を当初予定の12から11に減らし、本競走は第10競走として施行された。競走前には天皇、皇后が場内の競馬博物館で実施されている「エンペラーズカップ100年記念 栄光の天皇賞展」を鑑賞した。競走後には勝利騎手の松永幹夫が貴賓席の天皇、皇后に対して馬上から最敬礼を行う場面が見られた。



前年の2004年に日本中央競馬会創設50周年記念競走として施行された第130回競走において天覧競馬が予定されていたが10月23日に発生した新潟県中越地震の被害を考慮して取り止めとなった経緯があり、2年越しの実現となった。



天皇、皇后は皇太子・皇太子妃時代の1987年にも、天皇賞施行50周年を記念して行われた第96回競走(優勝馬:ニッポーテイオー)を台覧している。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-06-12 02:52:23

天皇賞(春)

テーマ:天皇賞

天皇賞(春)(てんのうしょうはる)とは日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝3200mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。正式名称は天皇賞であるが施行季節から日本中央競馬会(JRA)が天皇賞(春)と表記し、競馬ファンや競馬関係者の間では「春の天皇賞」「天春」「春天」「春の盾」「(京都競馬場で行われることから)淀の盾」などと呼ばれる。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-06-12 02:51:39

天皇賞(春)概要

テーマ:天皇賞

1938年に4歳(現3歳)以上の牡馬・牝馬(外国産馬含む)限定の定量の重賞競走帝室御賞典(春)として開催、春の競走としての第1回は鳴尾競馬場の土2700mで施行、古馬の最強馬決定戦として位置付けされた。



1939年からは施行距離を芝3200mに、出走資格を5歳(現4歳)以上に変更、1944年は太平洋戦争(戦時中)の影響により阪神競馬場が海軍に接収されたため施行場を現在の京都競馬場の芝3200mの能力検定競走として施行、1945年は太平洋戦争の影響で開催中止、1946年は開催されず、1947年は宮内庁からの天皇賞の下賜の調整が遅れたことにより「平和賞」の名称で施行され、1948年から再び宮内庁から天皇賞を下賜された事により名称が「天皇賞(春)」に変更された。



1957年より当時の昭和天皇の誕生日である4月29日の開催となり、日曜日以外に行われることのある大レースとなり昭和天皇が崩御するまで続いた。ただし1989年は既に日程が決まっていた為、1990年は日曜日だった為4月29日に開催された。また1972年、1974年はストライキの関係で4月29日に開催されなかった。



1965年は京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝3200mで施行、1970年は阪神競馬場の芝3200mで施行、1972年からは前年における活馬(生きている馬)の輸入自由化に伴い外国産馬が出走できなくなり、1980年は京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝3200mで施行、1981年から勝ち抜け制度が廃止、天皇賞に1度優勝した競走馬も再び出走が可能になり、1984年からはグレード制施行によりGIに格付けされた。



1994年は京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝3200mで施行、1995年からは指定競走に指定、阪神大賞典・日経賞・大阪杯で2着以内に入賞した地方所属の競走馬にも出走資格が与えられ、2000年からは外国産馬の活躍による出走枠の見直しの一環により総収得金額順上位2頭(フルゲート18枠に満たない場合は4頭)まで出走可能になり、2004年からは外国産馬の出走枠が4枠に拡大され、2005年からは国際競走に指定、外国産馬の出走枠制限が撤廃され外国調教馬が5頭まで出走可能になった。



出走資格は4歳(旧5歳)以上の牡馬・牝馬の競走馬(外国産馬含む)及び出走条件を満たした地方所属の牡馬・牝馬の競走馬と海外競走馬(5頭まで)、種牡馬又は繁殖牝馬選定競走の位置付けにあるため、騸馬は出走できなかったが2008年より出走可能となる。



また、海外主要長距離GIとの連携の観点から、2008年よりオーストラリア最大のレースであるGIメルボルンカップの前年度(オーストラリアは8月~7月を1シーズンとしているため、オーストラリアの基準では同一シーズン)の優勝馬を招待することを決定。これ以前にも2003年、2004年、2005年メルボルンカップ優勝馬のMakybe Divaが2005年に出走しているが、この時は招待馬ではない。また、このレースの優勝馬は同年のメルボルンカップへの優先出走権が与えられる。



中央競馬で最も長い距離で施行される平地のGI競走で国営競馬時代からの長距離の大レースで勝利する事が真の最強馬という理念から長年芝3200mで施行されてきた。だが近代競馬におけるスピード化に伴い、本競走の施行距離を芝2400mにする短縮化の意見も日本中央競馬会(JRA)から出されたが、当面は現行の距離で施行されている。そのためか、長距離を苦手とし中距離を得意とする有力馬は本競走に出走せず安田記念や金鯱賞を経て宝塚記念を目指す場合や海外遠征でドバイミーティング・チャンピオンズマイル・クイーンエリザベス2世カップ・シンガポール航空国際カップ等のアジアの国際G1競走へ出走する傾向も見られる。しかし、3000m以上の長距離で真価を発揮する馬がいるのも事実なので、このような馬たちの活躍の場を奪ってしまうのもまた酷である。



優勝馬には多くの名馬が名を連ねており、その殆どが当レース以外のGI(級)競走を勝利している。



負担重量は定量で牡馬は58キロ、牝馬56キロである。2008年より出走可能となる騸馬は58kgである。



総額賞金は2億5120万円で1着賞金1億3200万円、2着賞金5300万円、3着賞金3300万円、4着賞金2000万円、5着賞金1320万円と定められている。



現在の優勝レイは紫地に金文字である。配色自体は秋施行のものと同じだが、開催競馬場における発注業者の違いから春秋でデザインが大きく異なる。



2008年度における、当競走当日の京都競馬場の開門時刻は午前7時30分であった。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-06-12 02:51:09

天皇賞(春)施行コース

テーマ:天皇賞

コースは京都競馬場の芝外回り3200m。向正面の真ん中辺りから発走。いわゆる「淀の坂」を2度駆け上がるため、スタミナと持久力、折り合う精神力が要求される。加えて、近年は高速馬場に対応できる瞬発力とスピードも強く求められている。また長距離戦ということでペース配分や仕掛けのタイミングが重要であり、さらには騎手同士の駆け引きも結果を大きく左右するものであり、騎手の技量も試されるレースであると言える


いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-06-12 02:50:15

天皇賞(春)歴史

テーマ:天皇賞

1938年
鳴尾競馬場の土2700mの4歳(現3歳)以上牡馬・牝馬の定量の重賞競走「帝室御賞典(春)」として創設。



1939年
施行距離を3200mに、出走資格を5歳(現4歳)以上に変更。



1944年
太平洋戦争の影響で能力検定競走として京都競馬場の芝3200mで施行。



1945年
太平洋戦争の影響で施行中止。



1946年
施行せず。



1947年
宮内庁との天皇賞の下賜調整が遅れた事により「平和賞」の名称で施行。



1948年
宮内庁から天皇賞を下賜された事により名称を「天皇賞(春)」に変更。



1957年
この年から昭和天皇の誕生日である4月29日に開催。



1960年
前年の9月1日から日本競馬の時計の変更に伴い、時計表示が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。



1965年
京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝3200mで施行。



1970年
阪神競馬場の芝3200mで施行。



1972年
前年の活馬の輸入自由化に伴い外国産馬が出走できなくなる。



1980年
京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝3200mで施行。



1981年
勝ち抜け制度(天皇賞優勝馬の出走制限)を廃止。



1984年
グレード制施行によりGIに格付け。



1987年
2位入線のニシノライデンが進路妨害により失格。



1990年
開催日が変更され4月29日固定から日曜日に変更される。
スーパークリークが前年秋制覇と合わせて史上2頭目の天皇賞連覇。



1991年
メジロマックイーンが史上初の親子三代天皇賞制覇を達成。



1992年
メジロマックイーンが史上初の春連覇。春2勝も史上初。
武豊が騎手として史上初の4連覇。
池江泰郎が調教師として史上初の連覇。



1994年
京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝3200mで施行。



1995年
指定競走に指定。
ライスシャワーが2頭目の春2勝


2000年
外国産馬の出走枠を2枠(条件付4枠)設ける。



2001年
馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上牡馬・牝馬」から「4歳以上牡馬・牝馬」に変更。
テイエムオペラオーが2頭目の春連覇(3頭目の春2勝)。前年の秋制覇と合わせて史上初の天皇賞3連覇。
岩元市三が調教師として2人目の連覇。



2004年
外国産馬の出走枠を4枠に拡大。



2005年
国際競走に指定。マカイビーディーヴァが外国調教馬として出走第1号となる。
外国産馬の出走枠制限を撤廃。



2006年
ディープインパクトがレコード3:13.4で優勝。



2007年
国際GIに格付けされる。



2008年
出走条件を「4歳以上牡馬・牝馬」から「4歳以上」に変更(騸馬の出走が可能になる)。
前年度メルボルンカップ優勝馬の招待を制度化。
近藤利一が個人馬主として、グレード制導入後で史上初のGI4頭(アドマイヤジュピタ(優勝)、アドマイヤフジ(5着)、アドマイヤモナーク(6着)、アドマイヤメイン(14着))出走。
近藤利一が春秋通じて9回目の挑戦で念願の初制覇となった。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-06-12 02:49:07

天皇賞(春)歴代優勝馬

テーマ:天皇賞

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主


第2回 1938年5月15日 ハセパーク 牡3 2:53 1/5 金者斤奉 門倉恒雄


第4回 1939年5月14日 スゲヌマ 牡4 3:31 0/5 伊藤正四郎 小山内重蔵 千明賢治


第6回 1940年5月19日 トキノチカラ 牡4 3:25 2/5 岩下密政 田中和一郎 菊池寛


第8回 1941年4月27日 マルタケ 牡5 3:25 4/5 清水茂次 榎壽逸


第10回 1942年4月19日 ミナミモア 牡4 3:25 1/5 佐藤邦雄 東原玉造 池得次


第12回 1943年4月11日 グランドライト 牡4 3:28 1/5 阿部正太郎 田中和一郎 加藤雄策


第14回 1944年5月28日 ヒロサクラ 牡4 3:29 0/5 渋川久作 鶴丸広太郎


第15回 1947年5月11日 オーライト 牡4 3:34 1/5 元石正雄 伊藤勝吉 伊藤由五郎


第17回 1948年5月16日 シーマー 牡4 3:25 3/5 長浜彦三郎 新堂捨蔵 島田幸次郎


第19回 1949年4月29日 ミハルオー 牡4 3:26 3/5 土門健司 久保田金造 石川了吉


第21回 1950年6月4日 オーエンス 牡4 3:34 3/5 土門健司 松田由太郎 桶谷辰造


第23回 1951年5月5日 タカクラヤマ 牡4 3:24 3/5 橋田俊三 伊藤正四郎 平島五郎


第25回 1952年5月3日 ミツハタ 牡4 3:23 1/5 渡辺正人 矢野幸夫 河野信一


第27回 1953年5月5日 レダ 牝4 3:24 2/5 佐藤勇 武田文吾 熊谷新太郎


第29回 1954年5月16日 ハクリヨウ 牡4 3:24 2/5 保田隆芳 尾形藤吉 西博


第31回 1955年4月29日 タカオー 牡4 3:22 3/5 古山良司 上村大治郎 高須銀次郎


第33回 1956年4月15日 メイヂヒカリ 牡4 3:22 3/5 蛯名武五郎 藤本冨良 新田松江


第35回 1957年4月29日 キタノオー 牡4 3:21 3/5 勝尾竹男 久保田金造 田中留治


第37回 1958年4月29日 オンワードゼア 牡4 3:23 4/5 野平好男 二本柳俊夫 樫山純三


第39回 1959年4月29日 トサオー 牡4 3:23 1/5 野平祐二 松山吉三郎 溝本儀三男


第41回 1960年4月29日 クリペロ 牡5 3:25.0 保田隆芳 尾形藤吉 栗林友二


第43回 1961年4月29日 ヤマニンモアー 牡4 3:22.6 浅見国一 藤本冨良 土井宏二


第45回 1962年4月29日 オンスロート 牡5 3:27.6 山岡忞 中村広 田村喜志


第47回 1963年4月29日 コレヒサ 牡4 3:22.5 森安重勝 尾形藤吉 千明康


第49回 1964年4月29日 ヒカルポーラ 牡5 3:26.8 高橋成忠 佐藤勇 坪田喜之助


第51回 1965年4月29日 アサホコ 牡5 3:27.1 加賀武見 藤本冨良 手塚栄一


第53回 1966年4月29日 ハクズイコウ 牡5 3:19.4 保田隆芳 尾形藤吉 西博


第55回 1967年4月29日 スピードシンボリ 牡4 3:24.2 野平祐二 野平省三 和田共弘


第57回 1968年4月29日 ヒカルタカイ 牡4 3:24.6 野平祐二 藤本冨良 長山善健


第59回 1969年4月29日 タケシバオー 牡4 3.29.1 古山良司 三井末太郎 小畑正雄


第61回 1970年4月29日 リキエイカン 牡4 3:25.8 高橋成忠 柏谷富衛 水上力夫


第63回 1971年4月29日 メジロムサシ 牡4 3:33.5 横山富雄 大久保末吉 メジロ商事(株)


第65回 1972年5月7日 ベルワイド 牡4 3:20.4 加賀武見 阿部正太郎 鈴木賢一


第67回 1973年4月29日 タイテエム 牡4 3:25.0 須貝彦三 橋田俊三 (有)名鯛興業


第69回 1974年5月5日 タケホープ 牡4 3:22.6 嶋田功 稲葉幸夫 近藤たけ


第71回 1975年4月29日 イチフジイサミ 牡5 3:22.1 郷原洋行 松永光雄 保坂勇


第73回 1976年4月29日 エリモジョージ 牡4 3.27.4 福永洋一 大久保正陽 山本慎一


第75回 1977年4月29日 テンポイント 牡4 3:21.7 鹿戸明 小川佐助 高田久成


第77回 1978年4月29日 グリーングラス 牡5 3:20.8 岡部幸雄 中野隆良 半沢吉四郎


第79回 1979年4月29日 カシュウチカラ 牡6 3:20.2 郷原洋行 矢倉玉男 吉田権三郎


第81回 1980年4月29日 ニチドウタロー 牡4 3:18.7 村本善之 坂田正行 山田敏夫


第83回 1981年4月29日 カツラノハイセイコ 牡5 3:20.6 河内洋 庄野穂積 桂土地(株)


第85回 1982年4月29日 モンテプリンス 牡5 3:19.2 吉永正人 松山吉三郎 毛利喜八


第87回 1983年4月29日 アンバーシャダイ 牡6 3:22.3 加藤和宏 二本柳俊夫 吉田善哉


第89回 1984年4月29日 モンテファスト 牡6 3:22.3 吉永正人 松山吉三郎 毛利喜八


第91回 1985年4月29日 シンボリルドルフ 牡4 3:20.4 岡部幸雄 野平祐二 和田農林(有)


第93回 1986年4月29日 クシロキング 牡4 3:25.4 岡部幸雄 中野隆良 阿部昭


第95回 1987年4月29日 ミホシンザン 牡5 3:25.4 柴田政人 田中朋次郎 堤勘時


第97回 1988年4月29日 タマモクロス 牡4 3:21.8 南井克巳 小原伊佐美 タマモ(株)


第99回 1989年4月29日 イナリワン 牡5 3:21.8 武豊 鈴木清 保手浜弘規


第101回 1990年4月29日 スーパークリーク 牡5 3:21.9 武豊 伊藤修司 木倉誠


第103回 1991年4月28日 メジロマックイーン 牡4 3:18.8 武豊 池江泰郎 メジロ商事(株)


第105回 1992年4月26日 メジロマックイーン 牡5 3:20.0 武豊 池江泰郎 メジロ商事(株)


第107回 1993年4月25日 ライスシャワー 牡4 3:17.1 的場均 飯塚好次 栗林英雄


第109回 1994年4月24日 ビワハヤヒデ 牡4 3:22.6 岡部幸雄 浜田光正 (有)ビワ


第111回 1995年4月23日 ライスシャワー 牡6 3:19.9 的場均 飯塚好次 栗林英雄


第113回 1996年4月21日 サクラローレル 牡5 3:17.8 横山典弘 境勝太郎 (株)さくらコマース


第115回 1997年4月27日 マヤノトップガン 牡5 3:14.4 田原成貴 坂口正大 田所祐


第117回 1998年5月3日 メジロブライト 牡4 3:23.6 河内洋 浅見秀一 (有)メジロ牧場


第119回 1999年5月2日 スペシャルウィーク 牡4 3:15.3 武豊 白井寿昭 臼田浩義


第121回 2000年4月30日 テイエムオペラオー 牡4 3:17.6 和田竜二 岩元市三 竹園正繼


第123回 2001年4月29日 テイエムオペラオー 牡5 3:16.2 和田竜二 岩元市三 竹園正繼


第125回 2002年4月28日 マンハッタンカフェ 牡4 3:19.5 蛯名正義 小島太 西川清


第127回 2003年5月4日 ヒシミラクル 牡4 3:17.0 角田晃一 佐山優 阿部雅一郎


第129回 2004年5月2日 イングランディーレ 牡5 3:18.4 横山典弘 清水美波 吉田千津


第131回 2005年5月1日 スズカマンボ 牡4 3:16.5 安藤勝己 橋田満 永井啓弐


第133回 2006年4月30日 ディープインパクト 牡4 3:13.4 武豊 池江泰郎 金子真人ホールディングス(株)


第135回 2007年4月29日 メイショウサムソン 牡4 3:14.1 石橋守 高橋成忠 松本好雄


第137回 2008年5月4日 アドマイヤジュピタ 牡5 3:15.1 岩田康誠 友道康夫 近藤利一

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-06-12 02:48:43

天皇賞(秋)

テーマ:天皇賞

天皇賞(秋)(てんのうしょうあき)とは日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝2000mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。



正式名称は天皇賞であるが施行季節から日本中央競馬会(JRA)が天皇賞(秋)と表記し、競馬ファンや競馬関係者の間では、「秋の天皇賞」「秋天」「天秋」「秋の盾」「(東京競馬場で行われることから)府中の盾」と呼ぶ者もいる。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-06-12 02:47:56

天皇賞(秋)概要

テーマ:天皇賞

1937年に4歳(現3歳)以上の牡馬・牝馬(外国産馬含む)限定の定量の重賞競走帝室御賞典(秋)として開催、秋の競走としての第1回は東京競馬場の芝2600mで施行、古馬の最強馬決定戦として位置付けられた。



1938年からは施行距離を芝3200mに、出走資格を5歳(現4歳)以上に変更、1944年・1945年の2年間は太平洋戦争の影響で開催中止、1946年は開催されず、1947年からは再び宮内庁から天皇賞を下賜された事により、名称が「天皇賞(秋)」に変更された。



1967年は東京競馬場の改修工事により中山競馬場の芝3200mで施行、1971年からは6月30日から実施された活馬(生きている馬)の輸入自由化に伴い外国産馬が出走できなくなり、1981年から勝ち抜け制度が廃止、天皇賞に1度優勝した競走馬も再び出走が可能になり、1984年からはグレード制施行によりGIに格付けされ、天皇賞(春)との差別化を図る為施行距離を芝2000mに変更、中距離の最強馬決定戦として位置付けられる事になった。



1987年からは出走資格を4歳(現3歳)以上牡馬・牝馬に変更、また天皇賞50周年を記念して当年のみ「天皇賞競走施行50周年記念」の副称が付けられて施行、1995年からは指定競走に指定、オールカマー・毎日王冠・京都大賞典で2着以内に入賞した地方所属の競走馬にも出走資格が与えられ、2000年からは秋の古馬三冠制度施行により、ジャパンカップ・有馬記念と共に三冠競走を構成、また外国産馬の活躍による出走枠の見直しの一環により、総収得金額順上位2頭まで出走可能になった。しかし2001年のクロフネの出走除外(フルゲートにも満たされなかったにもかかわらず外国産馬枠に外れて除外)で波紋を呼び、翌年からフルゲートにならなかった場合に限り4頭まで出走できるようになった。2004年からは外国産馬の出走枠が5枠に拡大され、当年のみ「日本中央競馬会創立50周年記念」の副称が付けられて施行、2005年からは国際競走に指定、外国産馬の出走枠制限が撤廃され外国調教馬が5頭まで出走可能になり、当年のみ天覧競馬でもあったことから(実を言えば前年に予定されていたが新潟県中越地震の影響で天覧が中止になる)「エンペラーズカップ100年記念」の副称が付けられて施行された。



春の天皇賞が古馬の牡馬・牝馬限定の芝3200mで施行するのとは違い3歳(旧4歳)以上の牡馬・牝馬限定で、更に近代競馬で最も主体な芝2000mで施行される事から、マイラーからステイヤーまで多くの有力馬が出走し、豪華なメンバーが揃う事が多くあり、ジャパンカップや有馬記念を凌ぎ、名実共に日本一の中距離最強馬決定戦として位置付けされている。また3歳(旧4歳)馬もクラシック登録なしでも出走可能であることや近代競馬のスピード化の流れから菊花賞の芝3000mの距離を嫌い出走してくる傾向が増えている。ほかにもマイルチャンピオンシップ等、短距離路線へのステップとして出走したマイラー競走馬が好走する傾向がある。ギャロップダイナ、ニッポーテイオー、ヤマニンゼファー、バブルガムフェロー、アグネスデジタル、ダイワメジャーといったマイルGI優勝馬が優勝することもある。またエリザベス女王杯のステップとして出走する牝馬の出走頻度も多くエアグルーヴやヘヴンリーロマンス(両馬とも、次走は牝馬路線ではなくジャパンカップを選択)が優勝している。



また以前は第52回競走でシンザンが1番人気で優勝した後、1番人気が19連敗した。芝2000mに距離が短縮されてから最初の第90回競走でミスターシービーが1番人気で優勝したが、第96回競走でニッポーテイオーが1番人気で優勝して以降、長年1番人気が勝てず、第106回競走で1位入線したメジロマックイーンが進路妨害で最下位(18着)降着処分を受け「府中の2000には魔物が棲む(秋の盾には魔物が棲む)」と言われて、第118回競走にいたっては圧倒的1番人気に支持されていたサイレンススズカが名物大ケヤキの向こう側過ぎで粉砕骨折を発症し予後不良となった。しかし近年は第122回優勝馬テイエムオペラオーなどが1番人気で勝利をしている。



出走資格は3歳(旧4歳)以上の牡馬・牝馬の競走馬(外国産馬含む)及び出走条件を満たした地方所属の牡馬・牝馬の競走馬と海外競走馬(5頭まで)、種牡馬又は繁殖牝馬選定競走の位置付けにある為、騸馬は出走できないとなっていたが2008年より出走可能となる。



負担重量は定量で3歳は56キロ、4歳以上は58キロ、牝馬は2キロ減である。



総額賞金は2億5120万円で1着賞金1億3200万円、2着賞金5300万円、3着賞金3300万円、4着賞金2000万円、5着賞金1320万円と定められている。



現在の優勝レイは紫地に金文字である。配色自体は春施行のものと同じだが、開催競馬場における発注業者の違いから春秋でデザインが大きく異なる。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。