1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-27 22:57:53

ビワマス釣り

テーマ:釣り
3月25日(土)




ビワマスのガイドで最も信頼のおける藤本キャプテンのお誘いでビワトロ(ビワマストローリング)へ出掛けてきました。




この時期のビワマスは一年の内で最も味が良く、最上級の味わいとの事です。




しかし、季節的に釣る事が難しく、悪戦苦闘は必須とのことですが、トップガイドの腕であれば問題なし。






事前にお誘いいたしました「くらさん」「ビワウグイ大好きtakaさん」と乗船し出撃です。





7:00頃に大浦ファイブオーシャンマリーナから出航です。

ドキドキワクワクの初体験のスタートです。



時速50km超でベタナギの湖面を滑るように走り、竹生島を横切ること約15分、藤本キャプテンのマル秘ポイントに到着。





早速、仕掛けの投入方法やアワセ方、やり取りなどをご教示いただき、歩く程のスピードでスプーンを流して行きます。






魚探には30~40mライン付近でビワマスの魚影が半端なく、引っ切り無しに映りますので誰もが楽勝かと思いきや無反応の時間が刻々と過ぎていきます。





途中、キャプテンが仲間と連絡を取り合うと直前に漁師の中引き(網引き)が入っていたようで、その警戒心が残っているとの事であり、一気にポイントを変更。





こちらは先ほどの情報収集で得られた有力なポイント。流し始めて10分程で最初のアタリ。




最初に釣れたのは35cmほどのビワマス。小型ですが一応キープ。

魚探を見てるとスプーンに向かう影、Uターンする影、ヨコエビの群れ、湧き水など見ていて面白い。




慣れてくるとどの竿にアタリが出るか等も分かり、最盛期にはモニターで食い付く瞬間まで見られるそうです。




第二ポイントでも魚影は頻繁にあり、太陽の光がたっぷり湖面に降り注ぎ、水温が7℃から8℃に上昇した途端に35~45cmが連続ヒット。

Wヒットもあり船上が一気に賑わうと同時に笑顔もこぼれます。




浮かない顔をされているのは藤本キャプテン。厳しい季節であるにも関わらず、ビワトロのトップガイド。

このサイズでは到底満足できず、狙うは60cmオーバー。




おっと、もう一人浮かない顔のお方が・・・。ビワウグイ狙いに来られていたtakaさん。

この時期はウグイは釣れないとのことですが、釣れない季節、釣れないポイントでウグイを釣る男こそがtakaさん。愛好家の目は輝いて野心に溢れていました。




少し流したところでWヒット。この2匹は良型であり、53~55cm。

takaさんはこのサイズのビワウグイが釣りたいとのことでした。8月に来るとウグイが連発できるそうなので、こっそりと一人で来られることでしょう。




こちらはこの時期には珍しい湖産のサツキマス。琵琶湖漁師では通称トンガリ。価値もなく最低レベルの捨てる魚だそうです(汗)。

今回は最低レベルのお方の竿にヒット。テンカラで釣れれば最高の魚の一つでもありますが・・・。




結局、この日は3人で14匹(50cmオーバーは3匹)。誰かさんがバラシ連発したため規定数まで到達しませんでしたが、自分の中では大満足の釣果であり、充実した一日となりました。

くらさんは良型2本のサイン、takaさんはビワウグイ2本のサイン。




6月頃が最盛期であり、少し味は落ちますが50cmオーバーが連発できるそうで、60cmも度々混じるそうです。




また、その時期に行ければと思います。16:30頃までビワトロを楽しみ、無事に寄航しました。





今回、お誘い下さいました藤本キャプテン、数々のサポートいただき誠にありがとうございました。




takaさん、くらさんお付き合い感謝いたします。また、お時間がお合いしましたらよろしくお願いします。




早速、帰宅した夜に40cm弱のビワマスの半身を刺身でいただきました。

超絶品の味わい。上品な脂が甘く口いっぱいに広がり溶けて行きます。この味はそうそう出会えれないです。




きっと、来月にはまた味わいたくなっていることでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-03-09 22:12:39

2017年 解禁釣行

テーマ:テンカラ
3月4日(土)




ヤマメよりもウグイが大好きtakaさんと解禁釣行に行ってきました。




takaさんとの解禁釣行は恒例行事になりつつあります。




この日は快晴であり、解禁を祝うかのような素晴らしい天気でありましたが、放射冷却の影響で底冷えするような冷え込みでした。




例年、適度に数が釣れ、良いサイズも混じる区間ですが今シーズンの不調が証明されるかの如く無反応であり、一度だけ触ったようなアタリがあったにも関わらず掛けれず仕舞い。




堰堤下流に移動して今シーズンのファーストヒット。今シーズンの初物はまずまずサイズのイワナ。

その後、アベレージサイズのヤマメ、ホウライマスと続けざまに釣り3種盛り。





上流へ移動して入渓場所を釣るもレギュラーサイズのヤマメ1匹と相変わらず後が続きません。






そのまま少し下流へ下り流れ出しを丹念に攻め、レーンを変えて次のアクションでヒット。




上流へ走り久し振りに心地良い引きを味わった後、無事にネットインしたヤマメは年越しした上々のサイズ。

ラッキーな1匹となりました。




釣り上げた後にmarkyさん
、川瀬アニキさんの登場です。




 

車で下流に移動するも反応乏しく、1匹だけニジマスが相手してくれました。






時間も正午に迫っており、4人で食事へ行き、前日無事に定年を迎えられたmarkyさんのお祝いを兼ねて食事会。

このような場所でも有意義な時間を過ごし釣り談義です。





大盛りの大盛り。






自分は所用のために午前中のみの釣行でしたが、ご一緒に遊んで下さいましたtakaさん、markyさん、川瀬アニキさんありがとうございました。




また、次回お時間がお合いしましたらご同行願います。いつもお世話になっている方々、今シーズンもよろしくお願いいたします。




さて、今週末は何処へ行くやら・・・。

 



【当日のテンカラ道具】

竿:ダイワ凛風(硬調)4.5m

レベルライン:ラインシステム社 筏かせ プレミアム1.75号(4.6m)。

東亜ストリング  レオイナ66メガフロート4号(7cm)

ハリス:東レ バウオ エクスレッド3ポンド(30~60cm)。
毛鉤:#14、16(黒)

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2017-01-28 21:15:45

解禁間近

テーマ:ブログ
いよいよ今シーズンの渓流解禁の足音が聞こえてきました。




今シーズンはどんな出会いが待っているか、想像しただけでもわくわくしてきますね。

着々と準備が進んでおります。





本日は今シーズンに必要なアイテムを揃えるために買い物です。






軽くドライブを兼ねて川の状況を確認。

久し振りに青空と太陽の下で1時間半のウォーキングを楽しみました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。