Anniversary 30th since1977

2006年03月22日(水) 06時44分14秒

「医師不足が背景」と訴え 福島の医療事故で厚労相に(記事:共同通信社)

テーマ:医療一般

福島県立大野病院で帝王切開を受けた女性が死亡し、医師が逮捕、起訴された医療事故で、福島県立医大産婦人科の佐藤章(さとう・あきら)教授らが17日、「へき地医療が抱える医師不足などが背景だ」と再発防止策を取るよう訴える陳情書を川崎二郎厚生労働相に提出した。


賛同する医師ら6520人の名簿も添えられた。


陳情書は、この事故が産婦人科医が1人しかいない地域の病院で起きたことを指摘。一定の確率で起こり得る不可避な出来事に対し、専門医として全力の治療を施した医師ですら刑事責任を問われるのなら「ハイリスク患者のたらい回しが全国に広がることになる」とした。


佐藤教授は「結果が悪ければ逮捕というのは納得できない」と話した。

起訴された医師の加藤克彦(かとう・かつひこ)被告(38)は同教授の教え子。

起訴状は、加藤被告は大量出血の可能性がある女性の命の危険を未然に回避する注意義務があるのに、胎盤を無理にはがして大量出血で死亡させたとしている。


これに日本産科婦人科学会が「逮捕は不当」と異例の声明を出すなど、波紋が広がっている。 (記事:共同通信社)




これには、僕も同じ意見です。

民事訴訟なら納得がいきます。刑事訴訟というなら、つまり犯罪者となってしまいます。

事実、患者の受け入れ拒否に関しては、罪にはなりません。

つまり、こういうことになると、リスクの高い人は拒否するしかありません。

それが、自分を守る唯一の手段となってしまいます。


アメリカでは、産婦人科の総収入の60%が訴訟による支出として出ているそうで、産婦人科医が激減してきて、高いお金を払う人だけしか治療を受けられないようになりつつあります。

日本も、これが続くと、自由診療である出産は、高額となってきます。


整形外科でも納得のいかない、訴訟を見かけますが、あまりよい傾向とは思いません。

アメリカ的な考えでは、何か医療ミスをしても、金払うから文句言うなよ。と言うことなんです。

すべてビジネスになってしまい、もうけのないことはしない、

医者のリスクの高いことは高い金を請求する、ものを扱うような医療が行なわれるようになってしまうのです。

それでも、お金を取ってる以上、民事訴訟はしょうがないとは思いますが、刑事訴訟までは・・・。

と考えます。

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

16 ■>ありがとうございます

そうですか。
そろそろ落ち着いてきたし、子供ほしいなぁ。
僕も、写真取りまくりますよ。きっと。
術中の会話は、最近気をつけてます。でも、ついって時も多いです。

15 ■ありがとうございます

 大変ですが、子供はすばらしいです。育児は育自と言いますが、そのとおりで、Drとしてプラスになったと思います。
 私はカイザー3回目になります。毎回夫がOp室に入り、Op中の写真とりまくってます。ルンバールが高位になって私の血圧が80まで下がっていても、医者だからルンバールで一時的に下がってるだけって思ってるのだろうと私も医者なので分かりますが、私を無視してはしゃいで術者と世間話に花咲かせてると、おい!と思います。医者は緊急性の有無、経過観察してればよいかで判断し、患者の心情的なところを察しないのかもしれない と夫を見て思った。自分が医者で事情が分かっていても、なんて奴だと思うわけですから、医療関係者ではない患者様方はより強くそう思うだろうな。3回目のカイザーでの夫の態度が楽しみです。

14 ■>りんさん

コメントでありがとうございます。
さすが妊婦さんです。
妊婦さんにとっては現実的な問題ですね。
なくなった遺族の気持ちは、痛切ですよね。
一整形外科医が、とやかく言える問題ではない気がしてきました。

出産頑張ってください。子供が生まれるってすばらしいですよ。

13 ■>え~っと(*^_^*)

それはもちろんありますね。
今回は、刑事訴訟なので、検察側が訴えを受理してることに問題があるんですよね。
民事訴訟だけなら、納得がいくんですが。

12 ■>ガッツさん

出産とは、実は大変なものなんですよね。
男の人は、当たり前のように考えてしまいがちですけど。

11 ■>go-hospital

刑事訴訟だけは、慎重に行なってほしいです。
医師全体に影響してきますから。

10 ■無題

 記事を探して読んできました。憶測でコメントしてすいませんでした。前置胎盤+胎盤癒着の症例だったんですね。
 予見しえないとはいえ、必死だった医師の事情も、亡くなった遺族のお気持ちもイタイほど分かる。つらいですね。
 私ももうすぐ出産ですから、毎回、夫には、お産というのは死のリスクがあるんだから、私が死んだら、後のことを頼むと言うんですが、今回はさらに念を押して言ってしまいそうです。

9 ■無題

 胎盤早期剥離だとかそういう症例だったんでしょうかね。もしそうだとすると、予見不可能でありかつ致死的なすべての妊婦に伴うリスクですよね。妊娠は病気ではないですけれど、死の危険を伴うイベントだという認識が薄いような気がしてなりません。
 無理やり剥がしたのではなくて、そのまま放置していれば必ず命を落とすことでしょうから、救命のために緊急帝王切開を行ったのかな。予見不能であり、救命のためにOpしたが、救命し得なかった。もし、そういう症例だったとするならば、刑事訴訟もそうだけど、民事訴訟も気の毒な気がしてしまう。

8 ■え~っと(*^_^*)

だけど訴えられるって普段から信用がないというか、何かしら何かがあるのでは……意味不明m(__)m 実際に事故まではいかないヒアリハットっていっぱいあるし……私もおかしたことあるし………(泣)気を付けないと。

7 ■無題

よくわかんないすけど医者の人の命をあすがるってすげーて改めて考えさせられた。

6 ■無題

続報や産科婦人科学会の声明がなかったら、多くの人は「ひどい医療ミス」としか思わなかったでしょうね・・・

「産婦人科医は訴訟が多い」の訴訟は民事訴訟ですが、今回は刑事訴追ですからこれでは医師はたまらないと思います。

5 ■>医師

今後の医療はむずかしくなってきます。
自分を守る人が増えてくるでしょう。

4 ■>福耳さん

実際、拍車がかかってきてます。
産婦人科医自体が、やめろっていってますから。

3 ■手術

え、へそのおのとり方がいけないのでは?どうして悪くないのかな。

2 ■医師

手術って 開いたりやってみないとわからないことってありますよね。すべて責任が医師に問われるのであればリスクのないオペなんて1件もない、、極端な話、それではオペ廃止になるのではないでしょうか。 今働いている病院では100%患者様は 医師様様 扱いをしています。いろいろな覚悟で医師もオペをしています。過ちを起こしてないのであれば、、、

1 ■無題

ホント、この件に関しては医師の方はお気の毒だと思います。今後、リスクを負う患者に医師は躊躇してしまうのでは?色々なお医者さんのブログを拝見すると、医師の労働条件って決して優遇されているようには思えません。オマケにこのようなケースで訴えられると、益々産婦人科の医師不足に拍車がかかってしまいそうで心配です。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。