大胆に...Secret Green

さてと、こういうのは、オンタイムで、書いた方が、いいわよね。

なんたって、発売された、ばっかりだし。



実は、オーダーしていた、CDが、届いたの。
イギリスから、エアメールで。


Stairway to a Lady  ***女の子への階段を上り始めたわたし***-SecretGreen01
  To Wake The King/Secret Green


ホントは、ちゃんと届くか、心配だったのよね。


だって、「country」で、「Japan」が、選択できちゃったから、頼んじゃったけど...
梱包と送料代金、£2.50だったんですもの。


えっと、日本円で、¥360くらい。
そんなんで、届くのかしら...

ちょっと、不安だった汗


結果は、ちゃんと、届いたのよね、昨日。
貼付されている切手は、£2.19分。

あはっ、ちゃんと、£2.50以内だった音譜


Stairway to a Lady  ***女の子への階段を上り始めたわたし***-SecretGreenPKG01

しかも、プレ・オーダーで、本体は、£10.00(ホントは、£14.99)だったから、トータル、£12.50。
日本円換算、約¥1,800。


わ~ぃ、西新宿の「ガーデンシェッド 」で、買うより、安かった(笑)


って言うか、英語、よくわからないのに、大胆なこと、するわよねあせる



ここから、本題ね。


このグループ、Secret Green(シークレット・グリーン)は、The Enid(エニッド)の初期メンバーだった、Francis Lickerishをリーダーとして、同じく初期メンバーの、William Gilmourも、いるのよね。

  そういえば、William Gilmourは、「Craft」って、

  バンドを結成していたのよね

  これが、黄道12星座を、テーマにした

  コンセプトアルバムだったのに...

  1stで、6星座分が発表されたまま

  次は、なかったのよね...しょぼん


     Stairway to a Lady  ***女の子への階段を上り始めたわたし***-Craft01

そして、アルバムでは、オリジナルThe Enidの、リーダーRobert John Godfreyと、Dave Storeyまで、ゲスト参加してるし。
さらには、現Enidメンバーの、Jason Duckerもゲスト参加、Max Readはプロデュースと、エンジニアとして参加。


これは、もぅ、F.Lickerishが、全曲手がけた、The Enidよね。


アルバムジャケットは、紙の3面見開き。

ちょっと、中世っぽいでしょぅ。


Stairway to a Lady  ***女の子への階段を上り始めたわたし***-SecretGreen02

Stairway to a Lady  ***女の子への階段を上り始めたわたし***-SecretGreen03

肝心の、デビューアルバムの感想は...


アーサー王伝説をモチーフにした、コンセプトアルバム、みたいなんだけど...
一言でいえば、


あっ、初期のEnidが、帰ってきた(笑)


だって、イメージが、そうなんですもの。
随所に、The Enidの、あの、フレーズがあるし。

  Craftもそうだったけど...

  そのあたりは、共同作名義ということで、いいのかしら


中世イギリス風シンフォニックロック、って言えばいいのかしら。


Enidの、3rdアルバムほど、近代(って行っても、ロマン派くらいだけど)寄りではない、もうちょっと古い、バロックというよりは、ルネサンスね。
リュートとかも、使っているしね。


とにかく、シンセによる、雄大なオーケストレーションと、ロック楽器が、見事に、融和してるの。

E.ギターが前面で、泣いているのは、F.Lickerishが、ギタリストだから。

そのあたりが、キーボードが中心になっていた、The Enidと、違うところかも。


Enidほど、ガチガチのシンフォニックではないから、クラシック苦手な方でも、聴きやすいかと思うのね。
女性ボーカルも、フューチャーされているし。
もっとも、プログレッシブ・ロックが、苦手な方は、受け入れ性、無いと思うけど...


Secret Greenの音楽、聴いてみたい方は、彼らのWebサイト(ここ で、メニューの「music」からね。


こうなってくると、ますます、The Enidの、ロンドン・コンサート、行きたいわよね。

誰か、連れて行って、くれないかしらラブラブ



   (by 紅実)


AD

コメント(8)