今後も進化し続ける


チームスガイレーシングジャパンを


どうぞよろしくお願いたします!!!!


       チームスガイレーシングジャパン




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-16 21:28:49

2017鈴鹿8耐 無事終了

テーマ:ブログ

スガイです。

 

今週から全日本の後半戦が始まるという時期ですが、

相変わらず雨ばかりの日々で、夏を楽しめませんね。

 

もはや半月前になってしまいましたが、
一年で一番の大仕事、鈴鹿8耐が無事に終了。

とにかく、無事に終えられてホッとしています。

 

関係者の多くも、一つの山を越えたと感じているところでしょう。


1978年から始まった鈴鹿8耐は、今回が40回目の記念すべき大会。

更に、世界耐久シリーズの最終戦として開催され、レースウイークでは数多くのイベントがあり、

とても華やかなレースになったと感じました。



そんな盛大なレースに、

自分のチームがエントラントととして、

自分が一人のライダーとして、

参加できた事はとても嬉しいことです。

 

お世話になった関係者の皆様のご協力のおかげです。
 

彼らはイタリアからの助っ人3人。強力な援軍!!

 

自分にとっては、今回が27回目の8耐でした。

初参戦は国際A級に上がった1989年、平成元年です。

 

その頃は、観客数がピークの時期。

翌90年の決勝日には16万人(74,000人であった今年の倍以上ですね)という観客数が記録されていました。

 

この数字に関してですが、その当時、今ではあまり話題に上がりませんがこんな噂がありました。

「実際は16万人を上回る観客が入り、正確に測れない観客数であった」、

「消防法や警察に配慮し、本当の観客数をサーキット側が発表できず、少なく修正して16万人であった。」というものです。

もちろん、今では確認も判断もつかない話です。

しかし、その当時の鈴鹿8耐がとにかく物凄い観客数であった、という事を表現する一つのエピソードだなと感じる噂です。

 

そんな噂があったほどの観客数ですから、

とにかく、レースウイーク中は物凄い数のオートバイや車がサーキット周辺に溢れかえり、サーキットの周りは大渋滞。

駐車場には、見渡す限りに物凄く沢山のオートバイが並んでいました。

 

8耐の参戦台数も数多く、約半数が予選落ちだったレースもありました。

スポンサーも数多く参入していましたので、予選終了後に不通過のチームが、スポンサーステッカーを予選通過したチームに貼って欲しいとお願いする、なんてことも見られた時代でした。(意味分かりますか?)

 

ピットBOXは今よりずっと狭く、今の3分の一くらいの広さでした。

台数が多いため、その狭い一つのピットに3チームが同居して、

狭いながらも譲り合って上手に活動していたと思います。

同居するチーム同士で色々工夫し合う面白さもありました。

 

今は広いピットを1台か2台で使えて、チームスイートやレンタルハウスを用意したり、ホスピタリティがあったりと、

エントラントとしてもライダーとしても、物凄く快適になりましたね。

その分、経費が掛かるのが悩みの種ではありますが。

 

 

さて、今回の8耐でも、少し自慢できる事を継続できました。

先に述べたとおり、自分は今回で参戦27回目になるのですが、

その全てでの「無転倒」を、今回も継続できたのです!

 

8耐に向けてのテスト、公式練習、予選、決勝を含めて、
これまでの転倒は一度もありません。

もちろん、転倒しそうになることは毎回あります。
「やってしまった!」なんて思うこともあります。

でも、幸い転ばずにやってこれました。

 

これは自分が集中できる環境を整えてくれる、
チームスタッフ全員の活動のおかげです。

ちょっと、自慢です!\(^o^)/

 

これには心がけている事もありますが、

もし転んだら偉そうなことが言えないので、伏せておきます。

 

来年もまた、貴重な縁のあるメンバーで、

更に大きな支援を獲得して、もっと上位で完走!目指します!

 

過去最高位は6位なのですが、

その更新を目指して、頑張りたいですね!!

 

そして無転倒の継続も!

 

まずは今週末、全日本後半戦を頑張りますよ!

 

ではもてぎで!!(@^^)/~~~

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-08-15 21:25:56

apriliaRSV4 ③

テーマ:ブログ

スガイです。

 

アプリリアRSV4は、2009年に最初のモデルがデビュー。

リッタークラスのSSマシンとしては、もはや基本設計が最古参のマシンです。


しかし、車体やエンジン内部、電子制御を毎年細かくアップデートし、

単なる継続販売ではなく、其々のモデルで進化し続けてるのが大きな特徴です。

 

独特なデザインの外観も、時間の経過を感じさせませんね。

各モデルで、其々に個性的なカラーリングもRSV4の特徴です。、

 

我がRSV4のエンジンですが、

昨年の8耐ではAPRCと呼ばれるモデルを使用。

カタログでの出力は184HPでした。

 

今年は16年から発売された、RFと呼ばれるモデルを使用しました。

カタログ出力は201HPと、大幅にアップ!

我々のシャシ測定では、カタログ値以上の出力向上が計測されています。

 

 

我がマシンの鈴鹿8耐での冷却系は、ラジエターはノーマルのままで、小型のオイルクーラーを増設したのみ。

これは昨年のAPRCモデルから同じ仕様です。

 

昨年の8耐のAPRCエンジンでは、水温問題は発生しませんでした。
今年はRFエンジンでパワーアップしたため、当然、水温が上がることが予想されましたが、
今年の8耐の事前テストで記録した水温はAPRCモデルと同様。

そのため、ラジエターの大型化等の水温対策は特に追加せず、そのままの仕様での参戦を決定しましたが、

8耐本番でも全く問題はありませんでした。

 

RFモデルは大幅なパワーアップに対応して、エンジン内部の潤滑系を変更しています。

今回の8耐での経過から、その変更の効果が大きく、冷却面で大きく向上しているのは間違いない!ということになりますね。
 

 

また、より低粘度のオイルが適しているようです。

我々の鈴鹿8耐での使用オイルは、アプリリア純正指定となっている
「モチュール300V」のラインナップの中から、

APRCモデルのエンジンでは15W-50、
RFモデルのエンジンでは10W-40を使用しました。


其々、エンジンのパワー感、シフトフィーリング、そして長時間の使用による変化も確認しての決定です。

さすがに純正指定されているだけあって、使用感のマッチングはとても良好。各粘度の違いを試し、好みを選択できると更に良いでしょう。


もちろん、エンジンをバラして内部部品の消耗も確認していますよ!

ですので、 RSV4のオーナーの皆様!
エンジンオイルはアプリリア純正指定の

「モチュール300V」を安心してご使用ください。

自分が保証します!!!('◇')ゞ

 

さて、盆休み真っ只中ですが、
今週末にはもてぎで全日本が開催されます!

これまでも、これからも、しばらくは雨が続くという天気予報ではありますが、今回は2&4というお得な開催です!

皆様、是非もてぎに来てくださいね!!
(@^^)/~~~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-14 21:37:31

SUGO選手権

テーマ:ブログ

スガイです。

 

土日はSUGOでした。

 

SUGO選手権が開催されるので、両日ともサーキットアドバイザーの業務です。

 

朝は、コース確認のためのバスツアーから始まります。



ところで、「サーキットアドバイザー」ってどんな役割か分かりますか?

簡単に言うと、「レースエントラントに対して、サーキットでの活動の仕方を案内する」仕事です。

 

現在の選手権では昔と違ってレースの門戸が広がったため、レースに参戦するエントラントの目的の幅が広がったことと

レースチームが減って個人での活動が多くなり、レースに必要な危険回避への「常識」の認知が至らない方が多くみられる、等があり、
安全でスムーズなレース運営のために設置されているという訳です。

 

「サーキットアドバイザー」として活動するには資格と経験が必要です。

 

もちろん、資格だけでは中身が無いし、

自分の経験だけで判断するような対応でも不十分と考えています。

 

単なる走行の先導役や、経験を話すだけの業務ではなく、エントラントへの影響も大きいものがあるので、非常に大事な役割であると自覚をして仕事を行うようにしています。

 

 

SUGOでは、アドバイザーの資格と経験を持っているのは自分のみ。

 

一人なので、全ての選手権にいますし、

バスガイド含め、コース管理、ライセンスの取得やエントリーのお誘い等、活動の幅は広く、早朝から夕方まで業務が続きます。

出来ることは何でも行います(^_^;)

他のコースでもサーキットアドバイザーの経験はありますが、そのためか、SUGOではエントラントとの距離感が近くてやりがいや面白味も深いと感じています。

 

業務の成果は、エントラントの活動次第とも言えるので、エントラントの理解と協力が欠かせません。

 

SUGO選手権のエントラントの皆様、今回もご協力ありがとうございましたm(__)m

 

次回は、SUGOオープン耐久、ビッグバイクの6時間耐久ですね!

 

ではまた!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-11 23:04:12

今日は筑波でライスポ走行会!

テーマ:ブログ

スガイです。

 

今日はライディングスポーツ走行会で筑波!

 

今日は日本中がお盆休みに突入!となった一日ですから、いつもより参加者はやや少なめ。

 

それは無理もありません(;^ω^)

このタイミングでサーキット走行に来れる!という、バイクの活動を家族に深く理解されている方々限定の開催日だった訳ですからね。

 

朝方までは雨模様でしたが、走行する頃の路面はすっかりドライ。
曇り空の下で過ごしやすい気温の一日でした。

 

早朝の到着から直ぐ、皆様の愛車の車検の手伝いから始まりました。

今回は特に個性的なマシンが多く、車検も楽しい時間でしたね。

 

その後、参加の皆様に青木編集長とブリーフィング。

諸注意の説明と、本日の走行で考えてみて欲しい事や、試してみて欲しい事のご案内。

 

青木編集長とのサーキットイベント仕事は、もはや20年を超える関わりです。

いつものように、スムーズに終了。

 

走行時間中は、

先導走行、併走、質問、相談等、個別のご要望に対応。

 

走行会は沢山の方々と話が出来るので、案内役である自分も発見できる事が多くあり、とても楽しい仕事なのです。


今回の参加の皆様は、全員が大人の走りで無理な走りや転倒も無く、穏やかに楽しく時間が過ぎて走行終了となりました。
 

なるべく多くの方と接することが出来るようにと活動しましたが、

お話出来なかった方、ごめんなさいm(__)m

ぜひ次回宜しくお願いしますm(__)m

走行会へご意見やご要望のある方は編集部か自分にメッセージをお願いします。

 

そして、

今回イントラ用にと持ち込んだ「RSV4RF17モデル」の撮影。

今回、更に熟成が重ねられました!
 

ライディングスポーツにRSV4RFのインプレ記事を書く予定です!

 

では!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-10 14:24:12

8耐後のアプリリアRSV4RF②

テーマ:ブログ

スガイです。

 

8耐後の各部の消耗を確認後、

先週の日曜日にはそのままのエンジンでSUGORSV4を走らせてきました。

 

土曜も日曜も朝方までの雨模様のせいか、両日とも週末なのにSUGOはガラガラ((+_+))

今週末はSUGO選手権のはずですが、最後の走行台数はなんと3台。

お盆前とはいえ、なんとも寂しい状況でした((+_+))

 

まずは、8耐ウイークでアプリリアの車体エンジニアのマウロと開発ライダーのダニエーレがセットアップを進めてくれたマシンの確認。

鈴鹿では、全日本でセットアップが進んでいない自分に対し、RSV4のマシン特性をより正しく理解出来るよう、方向性を示してくれました。

RSV4の講習会の様でしたね。

 

何しろ、彼らはRSV4を作った方々なので方向性が物凄く明確でした。

8耐ウイーク中の短い走行時間の中で、ライダーの話を聞いて、ロガーを見て、スパっと判断。

次の仕様を決定します。

 

印象的だったのは、こちらが理解できるように、とても一生懸命に説明してくれること。

「俺たちが決めんるんだから間違いない。それを理解して」
ではなく、

「現在こうなっている、だからこう考えるが理解できるか?」
「次の方法をいくつか提示する。どう思う?どう進める?」
という感じで、
自分達の造ったマシンと、それを使う我々に対しての思い入れが感じられる親しみやすい雰囲気でプログラムを進めてくれました。

 

聞くところによると、アプリリアというメーカーの特色か、

アプリリアのスタッフは、彼らのような真面目なイタリアンが多いそうです。
 

確かに、アプリリアのバイクの持つ雰囲気って、面白味というより、

機能を求めた「真面目」な雰囲気が漂っています。

同じイタリア産であるドゥカティのような独創性を重要視したマシン造りではなく、

あるべき姿で、機能を最優先でマシンを造る、という真面目さがアプリリアのバイクのデザインに表れているように自分は感じます。
 

ドゥカティも面白かったし、もちろん日本車も面白い。

 

されど、今はアプリリアRSV4が一番ですね!!(*^^*)

 

では!!(@^^)/~~~

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。