八丈島観光協会blog

team8jo project presents




NEW !
テーマ:

2017年1月8日()、今年も新春恒例「第36回八丈島パブリックロードレース」が開催されました。

 

昨年まで例年好天に恵まれていた本大会でしたが、当日は低気圧の通過による強風と大雨に見舞われました。開会式の直前まで開催できるのかどうか関係各所との協議を重ね、中止の可能性もありましたが雨天決行で大会が開催されました。

 

その時の模様を、本大会編と懇親会編の2回に分けてご紹介いたします。

 

今大会には776名エントリーがあり、開催時間が近づくにつれて強まる雨風を心配し欠場する方が続出。加えて当日の朝の飛行機が欠航し、その便で合流しようとした人が泣く泣く不参加となる事態になるなど、レース出場の受付をされた方は621名となりました。

 

 

時間と共に雨足が強まりゆく中、開会式がはじまります。

式はスタート会場である富士中学校体育館の中で行われました。

 

司会の玉井さん

 

八丈島パブリックロードレース実行委員会 山下副会長

 

審判長、八丈島体育協会会長、八丈島パブリックロードレース実行委員会 菊地会長

 

3名からそれぞれ注意事項として、

雨天の中のレースについての注意点と悪天候になった場合の対処方法が説明されました。

 

 

地元の三原小学校6年生の4名による選手宣誓

 

自分達で考えてきたというスピーチは、レースだけでなく『懇親会でも沢山食べる』ことも誓うなど、じつに小学生らしい発想に会場にいる参加者達をどっと賑わせました。

 

 

今大会初となるトレーナーブースが開設されました。提案者は八丈島ふるさと観光大使でもあり、ひょうたん島接骨院院長を務める浅沼剛成さん。

東京柔道整復専門学校の学生や卒業生、先生方が接骨院のスタッフとともにマッサージやテーピングをボランティアで行い、大会中は約160人の方が利用し、大変好評でした。

 

 

左から山下栄太さん、浅沼剛成さん、山下玲佳さん。

 

島出身の柔道整復師、山下玲佳さんと弟で在学中の栄太さんは島に恩返しがしたいと来島し、大会中は選手達のケアやコンディショニング調整を行い、レースの裏方として奮闘していただきました。

今後も八丈島のスポーツイベントに協力していきたいと浅沼さん。

 

 

スタート時刻が迫り、いよいよ出走です。今年は例年より1時間早くスケジュールが組まれました。

 

 

10:00 ハーフコース スタート!

 

10:10 3㎞コース スタート!

 

10:50 10㎞コース スタート!

 

 

 

雨の中の激走を制し、ハーフコースのトップでゴールテープを切ったのは、昨年も制したディフェンディングチャンピオン西村好康(左)さん。このコンディションでタイムは落ちてしまったそうですが、見事に2年連続優勝を勝ち取りました!

2位の古川優太(右)さんとピースサインで撮影に応じていただきました。

 

 

3㎞の一般のトップ、宮竹南央哉君は今年も頑張りました!

 

 

雨が降りしきる中、子供達も大健闘!みんなよく頑張ったね!

 

 

雨合羽やゴミ袋を被ったり傘を差したりと、各自で雨除け対策をしながら走る選手達。辛い表情の方、笑顔の方と、雨のパブリックロードレースをみなさん思い思いに駆け抜けました。

 

 

レースを終え疲れて帰ってきた選手達の疲労回復にと、今年も登場したのは八丈フルーツレモン。砂糖で漬けたレモンのスライスを参加者が次々と口に入れていきます。

 

 

そして今年もトビウオのつみれ汁が振る舞われ、冷えきった体に染み渡る熱いスープに大勢の方が嬉しそうに召し上がっていました。

 

 

今年も大塚製薬様からご協賛いただいたポカリスエットやソイジョイが会場に用意され、選手達の水分・栄養補給に役立てられました。

糖分補給にとレース後の小腹に、やたけ製菓の小振りの菓子パンも好評でした。

 

 

断続的に雨風は強さを増し、いつしか暴風雨に。あられが降る過酷な状況からそれぞれのコースを走りきった参加者達が帰ってきます。

雨雲で覆われて薄暗いゴールの富士中学校の校庭には照明が灯り、全面水たまりのような状態に足をとられる方もいました。

 

 

全身ずぶ濡れでゴールを目指す選手達。

給水や誘導係のスタッフはもちろん、沿道から彼らを応援する側も濡れながら必死でエールをおくります。

 

 

降り続ける土砂降りの雨に冷たい風が重なり、まるでサバイバルレースのような過酷さ。風雨に耐えて帰ってきた選手のみなさん、本当にお疲れ様でした。

 

レース後、大勢の方が特典の温泉優待券を使って各温泉施設へと向かいました。

このあと三根小学校で午後3時からお楽しみの大懇親会と表彰式が行われます。

 

これまでにない悪天候がランナー達を苦しめ、記録の残る完走者は420名となりました。

みなさんの記憶に残るレースとなりましたが、大勢の大会関係者の皆様の献身的なご協力のもと、無事にレースを終了することができました。


この大会を開催するにあたり、悪天候の中ご来島いただきご参加いただいた選手の皆様、ご協力くださいました大会関係者の皆様に、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。

 



~第36回八丈島パブリックロードレース出場者様へ~

 

大会結果は下記のRUNNET(ランネット)のページから順位がご覧いただけます。

ランナー検索を空欄で検索しますと、全データがご覧いただけます。

 

第36回八丈島パブリックロードレース 大会結果


また、RUNNETページ内の大会レポに、今回のレースについて皆様のご意見やご感想をぜひお寄せください。ご協力よろしくお願いいたします。

 

第36回八丈島パブリックロードレース 大会レポ


今回残念ながら出場できなかった選手の皆様、また来年の第37回大会でお会いできますことを心よりお待ちしております。
 

大盛況の大懇親会の模様は次回ご紹介いたします。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年10月16日(日)、空間舎のテラスでフラサークル「コウ リマ ナニ エ」によるオハナコンサート『コウリマフェスタ』が開催されました。

 

八丈島はフラが盛んな島。「コウ リマ ナニ エ」は島で約9年活動しているフラサークルで子供からシニアの方まで幅広い年齢の方々が参加されています。

 

 

フラの動作には全て意味が込められています。

真剣な眼差しで踊る子供達の踊りはかわいらしく、そして堂々たるものでした。

 

 

ここでウクレレ隊が参加。来島されたウクレレの先生達と島在住のウクレレ奏者の演奏の生バンドの演奏がはじまり、グッと会場はハワイアンな雰囲気に♪

 

 

優しい歌声とウクレレから奏でる温かみのある音色が会場を心地良く包みこみ、その演奏に合わせて踊るフラガール達も気持ちよさそうです。

 

会場に注がれる夏のような強い日射し、汗ばむ顔に時折ぱらつく小雨が当たると気持いいほど暑い中、プログラムは進みます。

 

 

ここでフラキッズから家族へ、また日頃からお世話になっている方々へ向けてレイのサプライズプレゼント。

そしてメンバーがお客さんを囲むように踊って一緒にフラ体験をしたり、ここにいるみんなが家族のような、とても和やか雰囲気に包まれました。

 

 

このあとも多彩なフラが披露され、プログラムの最後はメンバー全員で踊る「プアアロアロ」で締めくくられました。

 

八丈島で2007年に行われたフェスティバルに招かれた際にアンクルヒューイット氏が作り八丈島に贈った唄が「プアアロアロ」です。

ハイビスカスのことでアロ には顔という意味もあり、八丈とハワイが頬を合わせて仲良くという意味の込められています。

 

 

「コウ リマ ナニ エ」のメンバーとウクレレ隊のみなさん。

この日のために日頃から練習を重ねてきたフラガール達の自信に満ちた顔がとても印象的でした。

 

 

カメラマンがメンバーとお客さん全員を撮影。人数が多いのでみんなで寄り添ったところを最上階のテラスからパチリ♪

 

 

いつも協力してくれている園芸家や生産者の方々と。

 

フラに使用してるティーリーフはメンバーが畑で育て、島の方から生花をいただいているおかげで9年間造花をつけて踊ったことがないそうです。島外でフラをしている人たちから見ればとても恵まれていると代表の栗田知美さんは語ります。

 

他に今回のイベントを終えてメッセージをいただきました。

 

今から9年前、八丈島の「コウ リマ ナニ エ」は生まれました。
結成当初からずっと応援してくれてる空間舎で、私達をずっと支えて来てくれた植物の生産者さん達と、いつも全力でサポートしてくれる家族と、家族のような友人達に見守られて9年間の集大成「コウリマフェスタ」を開催することができました。

練習場を貸してくださっている方、お花や植物を分けてくださる方、練習を見に来てと誘っても恥ずかしがってなかなか来ないけど裏方で支えてくれる家族のような人達に楽しんで欲しかったホイケ(発表会)です。
会場となった空間舎のオーナーは前の晩から140個のケーキを作り、当日も朝早く駐車場になりそうなスペースを草刈りしてくれました。

八丈島は園芸の島、南の植物はもちろんフラの神様ラカの化身(キノラウ)も沢山あります。生産者の方々が育てる植物はどれも極上品。それを編んでレイやヘアピースにするのはとても贅沢な経験です。

当日は澄み渡るお天気になり、皆さんが来てくれて、見ている皆さんの笑顔に包まれて、日頃の感謝の気持ちを込めて踊る事が出来ました。

私達を結成当初からずっと見守り応援してくれている空間舎さん、いつも私たちをサポートしてくれてる家族と、生産者さん達。そして家族のような友人達ととても楽しい最高の時間と空間を過ごせました!

メンバー一同、忘れられない素敵な1日になりました。みんなありがとう!

 

 

ハワイの方が八丈島に来島されると自分の島に良く似ていると話されます。

自然や景観だけではなくお互いに島に住む者同士の文化や精神に共感させられるのでしょう。「コウリマフェスタ」を終えて〝フラ〟に島人のルーツをみた思いでした。

 

ハワイがもたらしたフラの種は八丈島の地に芽吹き、いつしか島の文化となってしっかりと根をはっています。

これからもフラを通じて様々な国の人たちがオハナ(家族)になれたらとても素敵ですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

大賀郷地区にある「八丈カレー ヒロ」をご紹介いたします。

以前は中之郷にある「居酒屋むらた」でランチのみ営業していましたが、現在の大賀郷の店舗に移転し、昨年2016年8月には開店1周年を迎えました。

TVチャンピオン第2回カレー職人王選手権で優勝したシェフが経営するカレーの名店です。

 

 

みずほ銀行等がある都道から農協へつづく道に営業日はノボリが立っており、その道に沿って進むと右側にお店がみえてきます。

 

 

天井が高く落ち着いた店内はカウンターと座敷があり、おひとり様やご家族もくつろいでお食事ができます。

 

 

カレーはビーフカレー・チキンカレー・コーロカレー(豚肉)の3種類が定番。

メニューボード以外の他の種類のカレーがあるときは店内に掲示されています。

全品サラダ付きでその日の気分に合わせてチーズや卵などのトッピングも数種類用意されています。

 

 

オーダーするとカレーポットに入ったルーとライスがテーブルに運ばれてきます。

ライスには明日葉や大葉など季節に合わせた野菜が添えられます。

 

 

スパイスでソテーしたもも肉が入ったチキンカレーは女性に人気!

 

 

ごろっとした柔らかい豚肉が入ったコーロカレー、スパイシーな肉の旨みでやみつきになりそうです。

 

 

ランチはカレー以外に日替わり定食が数種類あり、この日はメンチカツ定食をチョイス。嬉しいことにカレールーの小鉢がついてきます。

ご飯にちょいかけしたカレーとおかずの両方が楽しめるので、ちょっとしたお得感があります。定食は限定数のためなくなり次第終了となりますので、早めの来店をオススメいたします。

 

 

八丈島出身の堀内礼一さんは幻のカレー店として名高い東京・本郷プティフのシェフだった方。テレビ東京「TVチャンピオン」第2回カレー職人王で優勝を飾ったのが、ほかならぬ堀内シェフなのです。

 

長時間煮込んだ味わい深いフォンド・ボーと数種類のスパイスを合わせることで、欧風カレーならではのコクと香りを織り成します。

 

お鍋や容器などを持参すればルーだけの販売もしてくれますので、自宅で召し上がりたい方や自炊の方にもおすすめです。

 

八丈島へお越しの際は「八丈カレー ヒロ」でチャンピオンが作る本格的欧風カレーをぜひご賞味ください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

八丈カレー ヒロ

東京都八丈島八丈町大賀郷1594-1

営業時間 昼 11:30 〜 14:30/夜 17:00 〜 19:30 

定休日 昼:無休/夜:月火 定休 

TEL:080-2554-6014 

 

八丈カレー ヒロ 八丈島観光協会の会員店です。

いいね!した人  |  リブログ(0)